花のように明るく、明るく。 

三月も半ばを過ぎて、もうひどい冷え込みもないかしら?さすがに雪はもう降らないよね?と、そろそろ春物の洋服の準備を始めています。

着るものに関しては、シルエットが身に合っていてカッコイイことが第一条件。清潔感があって、自分の気持ちを引っ張っていってくれるような服が好きです。更にお仕事では、自分がどう見られたいかを優先して選ぶようになりました。外見は内面を表すものです。地味で無難な服の人よりは、光を放つようなセンスのいい服を着た人と仕事したい。私自身はそう思います。

覚えてもらいたいときは、思い切った色を着ることもあります。きれいな色を着るとテンションが上がりますしね。元々身体が大きい私は下手すると派手さ倍増なので、気を付けないといけませんが、顔色もよく見えるので、なるべく上半身だけでも明るく明るく!していたいなぁと思います。少々疲れていても色がパワーをくれます。それも有難い。

 

DSC_0001

ローズガーデン改修プラン。完成イメージパースは、新しい庭へのワクワクする気持ちを更に盛り上げるように、明るく華やかに描いてみました。

 

昨日花の絵を描いていましたら(↑上の絵ね)、その色に自分で魅せられてしまいました。やっぱり花はいいな~って。花にはなれませんが、私の作る庭が誰かを元気にできたら夢のようです。周りを照らす花のように。ガーデンデザイナーとしての夢ですね。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください