未知なる自分、芽吹かせてみよう 

今週は、新入学・新学期・新入社と新しい生活をはじめられる方も多いでしょうね。オメデトウ(^▽^)ゴザイマース! 自分を変えるチャンスでもありますね。ご本人はきっと大変でしょうが、自分自身振り返るとすごく刺激的だったなぁと思います。新たな気持ちで再スタートを切れるワクワク感やドキドキ感、長いことそういう気持ちで春を迎えていないので羨ましい限りです。

ディアガーデンの新しい顔といえば、ディスプレイガーデンにいっぱい出てきた新芽達。ヌルヌルしていたり産毛が生えていたり赤かったり、それぞれ特徴的です。新芽は紫外線に慣れていないので、そんな形で防御しているのだそうです。樹齢を重ねた木でも枝先いっぱいに新芽をつけてね。そうやって毎年新しい自分を更新している様子を見ると、あぁ自分もこうありたいなと思います。

 

モミジの芽吹き

赤みを帯びたモミジの新芽。これから手のひらを開くように葉が開いていきます。

 

でもよくよく考えたら新陳代謝で毎日新しい細胞に入れ替わっているのです。そのスピードは年々ゆっくりになっているでしょうが、細胞レベルでは数ヶ月前の自分とは違っている訳で、身体は知らないうちに更新しているのに気持ちが追いついていないというか。

 

ドウダンツツジの芽吹き

ドウダンツツジの枝先につぼみがいっぱい。ここから葉っぱは上に伸びて花は下にこぼれるようにして咲きます。背後にはアオキの新芽も写っていますね。新鮮な黄緑色にハッとします。

 

社会人になってもう随分経ちますが、まだまだ知らないことがいっぱい。これから何にでもなれる自分、伸びしろいっぱいな自分がいます。謙虚な新人の気持ちを思い出してみます。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください