テラスdeランチ-April2016 

テラスの活用方法をご紹介するシリーズ「テラスdeランチ」今回は近所のお友達を誘って、持ち寄りでのお手軽ランチです。

IMG_1556

気負わない程度に持ち寄れるものを。お友達がパンとかぼちゃのスープを持ってきてくれました。私はサラダとノンアルビールをご用意。可愛い可愛いお子ちゃまも一緒に( ´艸`)

 

画像のスープは手作り。温めてラップをかけて持ってきてくれました。なめらかで玉ねぎの風味が効いていて本当に美味しかったです。あぁスープの冷めない距離って、まさにこういうことを言うんだなぁって、内心ね、ジーンときちゃいました。「すごいなー、こういうの普段から作ってるの?」と聞くと、ハンディータイプのフードプロセッサーを使えば手軽に作れるとのこと。フープロに興味があった私は、根掘り葉掘り聞いて教えてもらいました。

いくら家が近いといっても普段は立ち話程度。機会がなければ、なかなかゆっくり喋れません。お出掛けするのもいいですが、小さな子供がいる方にとっては、慌ただしくなりそうだし。

そんな私達にはテラスdeランチもありかなぁ。外なので私も準備がラクだし、気兼ねなく来てもらえるところもいいです。たった二時間ほどですが、いっぱい喋れて、いい気分転換になりました。一歳半のお子ちゃまも、外で食べるのを普通に楽しんでくれたみたい。多少こぼしたりしてもテラスだから気遣い不要です。

この子、男の子ですが、めちゃめちゃ可愛くって、どう見ても女の子にしか見えません。男の子の服を着ているのでわかるようなもんです。歩いていても足がプランプランで、そこがたまらなく可愛いです。何度も「カンパーイ」ってやったり、ハイタッチをしたり。色々なことが出来るようになってきたみたいで、時々ドヤ顔をするのが本当に愛らしい♡おばちゃんメロメロです♡♡♡

テラス0425

今朝の様子。テラスではイロハモミジの新緑が眩しいくらい輝いてます。

 

朝食の片付けを済まし洗濯機が回っている間、テラスの緑を眺めつつタブレットでメールやブログ、FBなどざっと見ています。今朝の光は本当にきれいで、テーブルに置いたフラワーアレンジとマグカップが春らしい感じに見えました。グリーンのワシャワシャしたものは「てまり草」というナデシコ系の花です。今月初めに買ってまだ元気。(その時のアレンジ→コチラ)切り戻しながらもう少し楽しみます。

テラスを作って活用するには、ただ空間として開けておくのではなく、部屋と捉えてインテリアを整える感覚で設えるのがコツです。気が向いたらすぐ使えるようにしておかないと意味がありません。部屋からどんな眺めが見たいですか?自分好みの眺めを積極的に作ってしまいましょう。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください