ハーブは使ってこそ 

ハーブがぐんぐんと成長しています。もし増やしたいなら、いま切り戻して芽の数を増やしておくと、夏頃にはいっぱい収穫できそうですよ♪もともと野草のように丈夫で繁殖力がある植物ですから、うっかりするとボサボサになります。小まめに刈り取って使う方が草姿が整います。

ディスプレイガーデンでは、自分が使いこなせる和洋ハーブを少しだけ、ローズマリーとミント、ネギ、サンショウ、ミツバを育てています。ローズマリーは料理やクラフトに、常緑なので植栽としても優秀。ミントは主に夏のカクテル「モヒート」用に。フラワーアレンジメントにも使ってます。和ハーブは料理の薬味としてで、買うより育てたほうが絶対便利で断然経済的です。サンショウは鳥からのプレゼントなんですよ。

 

mint05-2

剪定したミントで、本日はミントティにしました。爽やかな香りと味、緑のグラデーション、五感が喜んでます。

 

mint05-32

ハーブティーにはいつもハチミツを少し入れます。飲みやすくなります。更に何を垂らしているかというと・・・怪しいものではありません(笑)フラワーレメディのエッセンスです。植物のパワーを頂いてる感じ、すごくします!

 

ガーデニングをはじめたばかりの時は、憧れだけでいろいろなハーブを育てていました。洋書に載ってる素敵なハーブガーデンのページを見てうっとり。「こんなに自然な雰囲気の庭になれば素敵!しかも食べられるし。ハーブ使ってるってなんかお洒落!」ってな感じです。あの頃私は若かった(笑)

いざ育ててみると、料理のスキルがないのでうまく使いこなせないし、食べ慣れないエキセントリックな味にも馴染めません。収穫しないので徒長して育ってしまい、本当に雑草のように見えてたっけ。鬱陶しい程はびこって全然ガーデンの雰囲気じゃない、洋書のページとは大違いです。ハーブは摘み取らないと美味しくないし、形よくならない。庭で形の悪いハーブは、眺めを損ねること著しい!ということを身をもって体験しました。やはり自分にあったものを植えることが大事です。

mint05-1

更に残ったものはグラスに入れてテーブルにちょこん。飾るのは花でなくてもいいということを、出来ることなら昔の私にも教えてあげたい。

 

そんなこんなで、現在は単体で鉢に植えて、キッチンからすぐ収穫できる場所に置くという方法に落ち着きました。色々やってみないとわかりませんから、失敗も無駄ではありませんよ。こうしてブログのネタになってくれましたしね。

 

 

街の造園屋さんとして

馴染みの画材屋さんから仕事を紹介していただいた。「有難い」という言葉通りの気持ち、というか。こういうこともあるのだなぁと、びっくりと感謝の思いが混ざっています。そのお客様との最初の顔合わせもお店の一角でセッティングしてくださって「僕の親友ですから。」と聞いてびっくり。そんな大切な方を紹介してくださった。もう誠心誠意頑張るしかないです!

私を知ってくださっている方が、その方のお知り合いを紹介してくださるというのは、私をどこか認めて信頼してくださっているのかなと思います。知らない者同士でも、その方が間にいるというだけで、話がスムーズに進んでいくので、出会いのパターンとしては理想的ですよね。

打ち合わせのあと御礼をと、お店を訪ねた時のご主人様と奥様のニコニコ顔。それを見て改めて身が引き締まる思いがしました。

パースa

筆、絵の具、コピック、パステル、色鉛筆、紙、額やマットまで、画材に関しては何でも相談できる専門店がすぐ近くにあるなんて!引っ越してきたときはラッキーと思いました。

 

キッカケはなんだったんだろう?画材の相談にのっていただきながら、何気なく自分の生業について話していました。設計したイメージが伝わるように、少しでもうまく仕上げたい思いから、下絵を見せながらアレコレ質問しまくってました。「こういう場面で使いたいので」と具体的に言わないとご主人様もピンとこないだろうと思って。本当に売り込むつもりは全くなかったのですが。

 

また別のある日のことです。

ディスプレイガーデンを手入れしていると、いつも車の点検でお世話になっている自動車屋さんのご主人が通りかかられて「杉苔の手入れについて教えてくれへんか?」と声をかけられました。ディスプレイガーデンにほんの少しだけ植えている杉苔が、あまり条件がよくない場所なのに長年育っているので、いっちょ聞いてみようと思われたようです。

 

前庭2016040517

事務所前(北側)のディスプレイガーデン花壇。ここは通りからよく見えるので、色々な植物を植えています。といっても自生植物中心で誰でも真似しやすい植栽。北風ビュンビュン西日も当たるし最悪の場所ですが、これだけ緑が保てるってとこ、見て欲しくて。

 

そこで、普段私がしている手入れ法など、半時間ほどおしゃべりしました。実はご主人様とは初対面でしたが、従業員の方や奥様らしき方とはよく喋っていたので、私のことを間接的に聞いて知っておられたようです。ウチがその会社様の顧客だったこともあって、話しかけやすかったのでしょう。

 

こんなことがたまたま続きました。なんだかね、この街の人々に造園屋さんとして認められたようで?嬉しいのです(*^_^*) 長年暮らしてはいるけれど、他所から来た身なので、自分がどれだけ馴染んでも、この街の人々がディアガーデンをどう思っているのかわかりません。今のところは有難いことに、ご紹介とお得意様で仕事がつながっておりますが、普段は全く宣伝していないし、営業マンがいるわけでもない。マズイなと思ってはいます(汗)。

これから先、この街の造園屋さんとして!ガーデンデザイナーとして!今以上に貢献できるよう努力していきたいと思います。

 

 

Cleaning Day-Finland Market- in 京都 

フィンランド発祥の「クリーニングデイ」をご存知?本当に良いデザイン、北欧デザインだからこそ叶えられるアップサイクル。リサイクルバザーのフィンランド版ですね。それが京都で開催されるという情報をキャッチして誘ってくださったのは、北欧雑貨に精通した素敵マダムです。いい出会いモンがあればなぁ、と出掛けてきました。

 

IMG_1849

Bazaar Cafeのお庭が会場。オープン30分後位に到着したのに、もう行列が出来ていてイキナリ入場制限!目の前でたくさん買われていくーっ(焦)

 

IMG_1845

Bazaar Cafeは今出川駅の近く。趣ある建物は、我が街近江八幡市縁のヴォーリズ建築だそうです。

 

北欧雑貨のことは、まだよく知らないので、何が掘り出し物なのかさっぱりわかりません。とにかくピンときたものを握りしめてマダムに「これどうでしょう?」って伺って、迷って迷って買ったのがテキスタイル↓。

マリメッコのテキスタイルは色目が気に入って。大きな花のデザインで「SYLVIA」という女性の名前がつけられています。「Discount please!!!」ってお店の方にマダムが言ってくれて、「英語で言われたら仕方ないなー(笑)」って、ナント500円まけてくれました。言ってみるもんですね~、さすがマダム!ありがとうございます。これで何を作ろうか?色々迷ってますが、ワンピースを作りたい。いい型紙があればなんとか縫えるかもしれません。鳥と植物柄のテキスタイルは、ガーデニング用の帽子でも縫おうかしら。なかなかいいアイデアでしょ?

 

IMG_1871

戦利品はテキスタイルです。マリメッコのは鈴木マサル氏デザイン。柄が切れていない大判。現在は廃番になっているのでなかなか手に入らないものなのだそう。鳥の絵は2008年のイケア製。可愛いいし300円と安かったので。

 

午後から別の新しいテキスタイルが並ぶということで、ひとまず会場を出て近くのThread cafeさんでランチをすることに。そこもマダムが連れて行ってくれたのですが(^^; この方のおメガネに叶うお店は間違いなくお洒落なので、いつもワクワクしながら付いていきます。

IMG_1851

「Thread cafe」さんの何気ないエントランスを入ると京都らしい路地が伸びています。といってもチョークペイントでイマドキな雰囲気。奥はどうなってるのかな?期待が高まります。

 

IMG_1862

路地の奥を入っていくと現れる隠れ家のようなカフェです。ブルックリンスタイルの素敵な空間。

 

白と黒+グリーンの配色がかっこいい。店名のThread(スレッド)=糸は、ここが織工場だったこと由来だそう。チョークペイントがあちこち効果的に使われていて、とってもいい感じ。例えば、恐らく昔ここにあったであろう古い窓枠。ガラス部分にペイントして本日のデザートの絵が書いてあったり。ガラスにも塗れるんだー?そういうの見ると真似したくなりますね。

IMG_1864

炒めパッタイ(タイの焼きそば。米粉の麺、ナッツ風味で甘めなお味)メインのランチプレート980円。食べたことない味だったので新鮮。女性にはちょうどいい量で美味しかったです。

 

北欧雑貨はやっぱり可愛い!とても楽しいイベントでした。帽子が出来たらまたUPしますね!

 

 

木陰の気持ち良さって 

青葉が茂る木陰、緑陰とも言いますが、その中に入るとひんやり気持良くて、ほっとしますよね。これって生き物として自然な行為なんですって。

植生や環境に関する優れた研究を多く発表されている方がおっしゃるには「人間が最も快適さを感じる植生は、落葉樹の疎林、そして草原」だそうです。太古、ヒトは狩られ捕食される方だったので、外敵から命を守るためには、見通しが効いて且つ身を隠すこともできる場所というのが一番な安心な訳です。芝広場にある木陰の下にいると、とっても癒される気がするのは、遺伝子にそういう情報が刻まれているからなのでしょう。

ですので、庭にも木陰があると更に落ち着きますし、家にも木陰的な部屋があるといいと思います。日当たりがいい造りにこだわっている方が多いでしょうが、良すぎるのも疲れるものですよ。以前日当たりが良すぎる家に暮らしてつくづくそう感じました。

夏は特に逃げ場がない。いくらいい断熱材が入っていようとも、日差しはカーテンを締めなければ防げません。女性としては紫外線も気になります。明るい家でも結局暗くして冷房いれてと、なんだかなぁと思ったものです。日本はその期間が長いものですから、日当たりにこだわらなくてもいいのかもと考えを改めました。寒さは何とでも凌げるけれど、暑さはどうしようもない。吉田兼好さんもおっしゃってます。

風通しのいいちゃんと陰のある部屋、更に見通しの効く明るい庭が見えれば最高ですね。安全な隠れ家、落ち着きは遺伝子レベルで保証されてるかと。

IMG_1783s

暑い日に昔ながらの和風建築の家に入ると、木陰に入ったようで気持いい。ヨガマットを引いているここは実家の仏間です。無作法ですが、天井が高く清浄な空間なので(^_^;) 明るい前栽を見ながらヨガをしてみましたら、すごくリラックス出来て気持ち良かったの。

 

もうすぐ6月です。衣服を替えるように家も衣替えしたいですね。旧家の夏の室礼は、ふすまを簾に替え、畳にはあじろを引いて・・・等々かなり大掛かりなものです。蔵もない小屋のような我が家では、そんな風情もありませんけれど、涼しく暮らせるように、ちょっとした室礼をと思っています。

 

 

バラ園へ 

一週間のご無沙汰です。諸用で実家に帰省した折に、小一時間程空いたので、十数年ぶりに「播磨中央公園」の内にあるバラ園に寄ってみました。整形式で周囲の樹々を取り込んだ修景が素晴らしいバラ園。歩き疲れない程よい大きさ、どこから見ても絵になる、植物の状態の良さ、等々おすすめポイントいっぱいのバラ園です。

IMG_1804m

兵庫県加東市にある大きな公園内のバラ園です。いいお天気で素敵な写真が撮れました♪

 

十数年ぶりと書きましたが、以前見たときは造園の仕事を始める前でした。当時は色とりどりのバラがたくさん咲いているだけで満足で、ピンポイントでバラばかり見ていたように思います。今は設計者の立場で見てしまうというか、自分が作るならどうする?と無意識に考えてる。もちろんバラを十分楽しみつつも、構造的なことや演出的なことにも目がいってる自分が可笑しい。

しかし良くも悪くも、以前見たのと全く変わっていないことに驚きました。庭の骨格は変えられないにしても、植栽デザインがずっと変わらないのは何故?モダンローズが中心なのでちょっと硬い。今時のバラ園はもっと柔らかい雰囲気です。それにバラ園といえどもバラしかないのはちょっと勿体無いような。バラを更に引き立てる植物いっぱいあるのになぁ。けれど、前の自分はバラだけで大満足していたのだから、このままでもいいのかもと思ったりね。おせっかいなことが色々頭に浮かぶ(笑)

IMG_1800m

満開!元気いっぱいのバラにいい気をもらえました。マルチングも完璧で、手入れが行き届いているのがわかります。

 

それにしても懐かしい。この花園にいると昔に帰ったみたいです。以前と変わらないでいてくれることは、故郷を離れている者からすると有難いこと。花が好きで庭が好きで。ただそれだけだった純真な?ワタシ。言葉が悪いかもしれませんが、素人目線というのも残しつつ、更にブラッシュアップしていきたいです。

 

IMG_1789m

水しぶき、水音、水面に光が反射してキラキラ。水の景色があると庭は俄然面白くなりますね。バラと水がうまく合ってていい感じ!

 

以前、バラの開花時期は入園料を払ったように思うけれど、今は無料になっていました。「春のばらまつり」は今週末(5月29日)迄です。お近くの方は是非。

 

 

初夏の水遣りについて 

このところ週に一度は結構な量の雨が降りますね。ここ滋賀県近江八幡市では昨日の夜~未明にかけて、台風か?!と思うくらいの風と雨。しっかりたーっぷり降りました。お陰で庭の植物たちは生き生き。苔もモフモフになっていい感じです。

ガーデナーの勝手な要望としては、夕方洗濯物を取り込んでから(ここ重要! 笑)~夜の間にたっぷり降って、朝はカラッと晴れてくれるといい。できれば3日に1回位のペースで。水遣りの手間が省けてありがたいのです。

前庭2016040517

ディアガーデンの前庭花壇。雨で苔が生きかえりました。

 

これから梅雨までの間、意外と乾燥します。今年は今のところいい感じで雨が降ってくれていますが、この先どうかなるか?新芽が固まりつつある時期、木々たちは水をどんどん吸い上げています。昨年植え付けたばかりという木の場合、芽吹きを確認して「ちゃんと根付いたみたい」と思って安心している場合ではありません。

繰り返しになりますが植物は水が欲しい時期です。今ごろ水不足になると生育ダメージが後々必ず出てきます。天気予報と照らし合わせてどうか水遣りをお願いします。3m以上の木なら、バケツに3杯~5杯の水量はあげて欲しいです。え?そんなに?と思う位の量をやってください。

水遣りはプロでも難しい仕事です。やりすぎると根腐れするか木が甘えてしまいます。実はほとんどの植物に対して基本はひとつです。「乾燥したら、たーっぷりと」言葉でいうのは簡単ですが、庭の状態をいつも見ていないと出来ません。

どんな植物も土が乾燥している時期は根が呼吸しています。土の隙間の空気を吸っているの。そして水が入ってきたら水や養分を吸いますし、澱んだ空気も押し流されて、また新鮮な空気が入ってくるというしくみです。だから乾燥&湿潤が交互になるのが理想です。根が深く張れば、雨がかかるところだとほとんど心配いらなくなります。

 

 

庭から広がる人間関係 

昨日ご近所のお友達から芍薬とかすみ草をいただきました。この芍薬、実は今の家に越す前、私の庭にあったものです。

新しい庭は日当たりが悪いため、うまく咲かせてあげられない、どうしようと困っていた時にちょうどその方と会いました。広い庭をお持ちで、とても花好きの方だったので、何げに事情を話すと、もらっていただけるとのこと。あぁ、よかった。その芍薬には愛着があったので、幸せを願う母親の気分で見送りました。

それ以来、春に花がたくさん咲くと、こうしてわざわざ持ってきて下さるのです。美しく咲かせてもらった上に、一番いい状態のときに切って届けてくださる。なんて有難いことでしょう。こんな素敵な方に育てていただけてこの芍薬は、私は、幸せ者です。うぅ、泣きそう。ホント、いつも良くしてもらって。

それで早速アレンジして飾ってます。いつものようにガーデンから好きな花や葉っぱをとってきて、こうかな?ああかな?と楽しみながら。

 

アレンジ0515

花材が多い時はブーケにします。茎を斜めに重ねて螺旋を描くようにイメージしながら組んでいきます。習った訳ではないので、見よう見まね。ふんわり咲いた芍薬に見とれちゃう。

 

アレンジ0515-1

濃いピンクのシランの花、濃い赤の金魚草の花を合わせて、大人っぽい雰囲気にしてみました。かすみ草はふわふわ散らすとメルヘンになるのでギュッとまとめて使ってます。雑草扱いされているコバンソウ(道端に生えています)をわざと飛び出す感じに配置して遊んでみました。コバンソウって面白い形してるよね。

 

ガーデンや道端(畦)にある植物をアレンジに使うと、そう工夫しなくとも「こなれ感」が出るような気がします。きっちりまとめない雰囲気って最近はどんな分野でも流行っています。プロの方から見ると「何じゃコリャ?」ブーケでしょうね~(;^_^A それでも間近で見るときれいなんですよ。新鮮な花のチカラですね。

 

dining201605

ダイニングに飾りました。

 

庭があると、ご近所さんと知り合いになるいいきっかけになるのかもしれません。手入れや水遣りをしている時、通りがかりに挨拶→何げに世間話(花好きな方ならガーデニング話)→情報交換(あるいは苗交換)ってな感じで、自然な感じで交流を深めていけます。家に入ってもらわなくてもいいので、どちらも気軽に声をかけやすいのです。

私の場合最近だと、近所のBF達(小1&幼稚園児)と近況話して彼の新車やカブトムシの幼虫を見せてもらったり、二筋向こう辺りに住んでいるらしいクロラブと知り合いになったり。飼い主さんが「いつもここの花壇を楽しませてもらってます。」っておっしゃってくれて嬉しかった。

どこに住んでいるのか存じ上げないおばさまとも挨拶はお互いにします。とにかく顔見知りがたくさんできました。そういう関係を邪魔くさいと思うか、楽しいと思うか。私はいろいろ楽しませてもらってるし、かなり助けても頂いています。気心知れた人がすぐ近くにいてくれる。それがどんなに心強いか。遠くの親類より近くの他人って、よく言ったものだなーと思います。

それもこれも家の中にばっかりいては、経験できなかったこと。庭があればこそかなぁと思います。

.

.

バラは特別 

バラのシーズン到来です。ディアガーデンのバルコニーで育てているバラもポツポツ咲き始めました。

植物はみんな素敵だけど、バラは・・・やっぱり特別な存在。植物に疎い方でもバラはわかるでしょう?もらって嬉しいい花、育ててみたい花ナンバーワンじゃないでしょうか。

私は地植えできる場所がないので鉢で育てています。花数は少なくなりますがコンパクトにまとまるので手入れしやすい、気象条件や生育状態によって移動できる、等のメリットも感じています。私が育てているのは3鉢だけですが、バラの雰囲気は十分楽しめていますよ。

鉢仕立ては、手近においてじっくり観察しながら育てられる為、バラを知るのに丁度いいかもしれません。ガーデニング初心者の方にオススメです。また、スペースのない方、私のように色々な植物をたくさん育てたいという欲張りさんにもオススメです。

ベランダ05-03

ディアガーデンのバルコニーガーデン。ここで3種類のバラを育てています。他には、地植え出来なかった植物が色々。

 

鉢でバラを育てる場合のポイントは、

  1. 地植え株より肥料切れを起こしやすいので、少なめの量で回数多く施肥していく。
  2. 植え付けは固めにしっかりと行う。柔らかく植え付けにしてしまうと、根腐れを起こしやすくなってしまいます。
  3. 面倒ではありますが乾きやすい環境をつくり、乾いたらたっぷりと水をやることが重要。乾いて、湿ってという健全なサイクルにより、植物は根を伸ばしていきます。
  4. 枝数の多い半直立から直立気味に形よく茂る品種が適しています。
  5. 土は2、3年に一度変える。
  6. コガネムシの幼虫対策として水仙を一緒に植える。私の場合は効果が出ています。

 

アレンジ05014

房咲きのバラ「あおい」。蕾を残して咲いているものだけカットすると、花首で取ることに。勿体無いので、こんなふうに水に浮かべてしばらく楽しみます。

 

バルコニーで新鮮なバラに触れるのが毎朝楽しみです。あんなに完璧な美しさはちょっとないと思うの。だから特別。小さいけれど幸せな瞬間です。

 

 

お洒落過渡期 

季節が変わるごとに悩むのがファッション。もしかしたら庭以上かも(笑)今の自分は中途半端な年齢。体型もまぁるくなって、何を着てもモッサリして見えるというか、サイズ感が本当に難しい。ここ数年、まさにお洒落過渡期という感じです。

それでも2016年の夏はもう二度と来ない。そして今日、この瞬間が将来から見ると一番若いわけで、楽しまないと損!ですよね?なので「キレイめにまとめてさえいれば、大きくはハズないだろう」という持論でもって、果敢にいろいろなスタイルに挑戦です。

理論的に腑に落ちるスタイリングで何かと参考にさせていただいている方、スタイリストの大草直子さんによると、

年齢を重ね、嬉しい変化も目を背けたくなるような変化も。ときに、服は受け止めてくれるし、ときに、拒絶されます。そんなことも含めての、おしゃれ更年期ですが、わかっていることもはっきりあります。

デニムとTシャツは、とにかく新しく――ということです。

またまた腑に落ちるアドバイスです。「おしゃれ更年期」ですか・・・なるほど(^^; 今季のデニムといえば、幅広系とかダメージ系でしょうか。ダメージデニム、カッコ良く履きこなしてみたいっ。で、手始めにダメージもキレイめに見せてくれそうなアイテム買いました♪マキシ丈のボトムスなら何でも合いそうです。

 

夏靴とクラッチ

今シーズン気になる靴、足の甲を覆うデザインのウェッジソール。見た目よくても、足あたりが硬かったり重かったりソールが安っぽかったり・・・色々履いてみて、これが一番合いました。好みのものが見つかって嬉しい。シックなペディキュアして、夏らしいクラッチと合わせてみようかなー。なんて、考えることが楽しいのよね。

 

そうそう、ファッションといえば。

北欧を代表するファッション・ブランド「マリメッコ」創業者アルミ・ラティアの波瀾万丈な人生模様を描いた映画がまもなく公開されます。ファッショナブルな映像も楽しみですが、女性起業家が珍しかった時代、いくつもの荒波をくぐっていった彼女の情熱に感化されたい!そのうち見に行こうと思っています。

映画「ファブリックの女王」公式サイト→http://www.q-fabric.com/

 

 

小筆のお稽古 

月2回のお教室へ変わらず楽しく通っています♪ブログに書くのは数カ月ぶりでしょうか。

最近は自分で選んだ句を書いてます。初めに先生が目の前でお手本を書いてくださるので、墨継ぎのタイミングや筆の運び方なんか、間近で見れるのがすごく有難い。先生の字大好き!バカみたいにポーッとのぼせて見とれてます(笑)字の選び方やバランス、余白の使い方等など、結構細かく教わり、あとは繰り返し繰り返し練習です。いずれは自分で詠んで書に出来たらいいな。それまで色々な句に触れて勉強です。

sho0511-1

折手本帳にお手本に書いてもらいました。うっとりです。

 

季節や気分に沿った句、好みの情景が描かれてる句(月とか植物とか)を選んでいます。今回選んだ句はコチラ。

 「春惜しむ いのち惜しむに 異ならず」 (高浜虚子)

春が過ぎ去ろうとしています。惜しんでも自然の移り変わりは止められません。そして同じように人の命も意のままにはなりません。折しも熊本大震災のあとです。美しいけれど無情な自然。その中でなすすべもなく失ってしまった尊い命を思うと本当に切ない。悲しいけれど、人は自然の一部なんだと思い知らされました。

先生は初心者でも書き易いようにいつも工夫してくださるのですが、「惜しむ」という言葉を書き分けて、単調な眺めにならないようにまとめてくださいました。2行目が平仮名でやさしい雰囲気になっているところが素敵だなと思います。

sho0511-2

書を学んでいると、美しい紙や小道具にたくさん出会えます。ほとんどが職人さんの手作り品なのでとても趣があります。折手本の表紙にある唐草模様も光の加減で見え方が違って素敵!手の届く範囲で、ゆっくりお気に入りを揃えていこうと思います。

 

字をただ書いているのではない、探れば探るほど奥深い世界です。まだ踏み入れたばかりですがどんどん深みにはまりそう。若かりし時には想像もしなかった世界にいて、それがなんとも心地いいのです。大人になるってこういうことかしらね?