黄昏どきの木

夏の黄昏どき。事務所いると夕日が差してきて、窓の外の木の陰が壁で揺れていました。窓枠で切り取られてまるで絵のようです。少し涼しい風が吹き始め、空の色が刻々と変わる。この動くアートもあっと言う間に見えなくなってしまいます。

IMG_2153

陰影の美しさに目が釘付け。もう少しハッキリ撮れたらよかったのですが、光がどんどん変化するので追いつかない!(>_<)

 

これはやや西よりの北窓。そばに落葉樹を植えたので、西日がダイレクトに入らず、助かってます。こういう落葉樹は、グリーンカーテンと同じ働きをしています。グリーンカーテンは実用的かつ一時的なもので、景観的にはあまり素敵とは言えませんが、落葉樹の場合は、春の芽吹きと花、夏の緑陰、秋の紅葉、冬は落葉し暖かな日差しを遮らない、等など一年を通して見所や役目があり、更に景観的にも優れています。

スペースと少しの手間さえ惜しまなければ、こんなに暮らしに貢献する木はありません。ただ、その感覚を知らない方、味わったことのない方には、残念ながらなかなか伝わらない。外断熱など建物の工夫はできるのに、庭を有効活用できないとしたら、とても惜しいと思います。

 

アオダモ05-2

シルエットの正体はこの木です。ディアガーデンのシンボルツリー。北西にあって過酷な条件をものともせず、伸び伸びと育ってくれています。

 

私は植物好きだし、商売柄か?庭の手入れの大変さよりも、メリットの方が圧倒的に多いと感じています。庭の大きさも植物の数も、その家や住まい手にあったものであれば、そして楽しもうとする感性があれば、メリットの方が多いものです。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください