庭仕事時の蚊&日焼け予防セット 

夏の庭仕事、昼間は危険だから、そろそろ控えていただきたいのですが、朝夕の水遣りは欠かせませんよね。そのときに、ウッカリ無防備に外に出てしまい、蚊に刺されたり、日に焼けてしてしまったという経験がありませんか?虫刺され痕はすぐには治らないし、ましてやシミなんて!女性なら絶対に増やしたくないですよね?ほんの少しの時間だけと思っていても、ついでにあれもこれもと手をつけてしまい、結構な時間作業してしまうこともあり、要注意です。

対策として、庭への出入り口近くに、虫除けスプレーと虫刺されの塗り薬、日焼け止めクリームの三点セットを置いておきませんか?

夏の庭用セット

私は小さな籠にひとまとめにして入れています。右手前が虫除けスプレー、真ん中が虫刺されの塗り薬、左奥が日焼け止めローション。

 

これらは普段、割とバラバラに置いてたりするものです。でもこうしてまとめておくと、庭へ出る前に必ず目につくので塗り忘れがありません。万が一、虫に刺された場合、出入り口に薬があれば、靴を履いたままでもすぐ塗れます。かゆみが出る前に塗るのが悪化させないコツなのです。

肌に優しい虫除けスプレーは、エッセンシャルオイルで簡単に作れます。ハッカやシトロネラ、ユーカリ、などのオイルが効果的で、私は薬局でも手軽に買えるハッカ油で作ってみました。スプレーすると、スースーして気持ちいいです。香りによる忌避剤なので、長時間の効き目はありませんが、30分くらいなら刺されません。作り方はネットを検索するとたくさん出てきます。お好みのでどうぞ。

参考までに…

【私の作り方】
1)スプレー容器に、消毒用エタノール10mlを入れ、その上からハッカ油20滴を入れる。
2)容器のフタを締め、エタノールとハッカ油が混ざるようによく振る。
3)容器のフタを開け、精製水90mlを加える。
4)再度フタを締め、よく振る。

10日程で使い切るのが理想的です。

 

あと、意外と便利なのはアームカバーです。短時間の作業で、わざわざ長袖の服に着替えるのは邪魔くさいとき、アームカバーを装着すれば、腕まるごと守れます。

アームカバー

愛用品はワークマンで買った竹の繊維を編み込んだもので、その名も「竹糸くん」。付けると冷んやりします。女性だからか?伸ばすと二の腕の途中までカバー出来ます。フワフワした可愛いのが苦手な私は、ワークマン、結構重宝してます。優れもの多し。近所だしね。

 

仕事で作業するときは、長袖のシャツスタイルですが、意外とカフスあたりが邪魔。で、袖まくってこのアームカバーつけたり、袖の上からつけたりして作業をすることが多いです。刃物を扱うことも多いし、材料や木の枝葉による擦り傷も結構あるので、守ってくれるアームカバーは必需品。庭師さんの中では「手甲」という武具由来のものを付けている渋ーい方もお見かけします。

こういうちょっとした用心の積み重ねが、きっと将来大きい差になるのではないかと思っています。庭もきれい、そして、あなたもきれいでいて下さい♡

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください