ドラマティックな空間に

つまらなく退屈だと思っている空間も、少し工夫と見え方の変換で嘘みたいにドラマティックになります。狭い空間こそ、広さや奥行を出す工夫が成功したら、それはそれはドラマティック。

歩いていても、惹かれるのは、そういう空間。

例えば、丸見えでない、奥に何かありそうと勝手に想像を膨らませてしまう・・・という場合は、実際に空間も膨らんで感じていて、見えている何倍も広さを感じているものです。コレはお得な効果です。

 

IMG_1504-1

格子の木戸の奥に伸びる石畳。緩やかに左に折れて先が見えません。塀が建ち、幅は狭いのですが、奥行き感がスゴイ!吸い込まれそうで、思わず立ち止まってしまいました。

 

entrance3

ディアガーデンのお客様宅。モダンな格子の奥に緑が揺れていて、絵のようです。低い門扉ではこうはいきません。思い切って2mで設計しました。スクリーン効果で、ドラマが生まれています。

DSC09279-1

これは商業空間の道路際のスペース。境界に塀を立ててしまうと、閉鎖的で暗く、ただの空きスペースとなってしまいます。雑木のトンネルにして、歩けるように舗石を伸ばし、宿根草をたくさん植えるとこんなにドラマティックな空間に。富貴草が伸び伸びと育ち、雑草が生える隙もありませんね。こういうの、個人邸でも応用できますよ。

 

折角の土地、遊ばせておくのは勿体無い。ウットリするような空間にしませんか?

アイディアは、まだまだあります♪o(゚▽゚)o

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.