熱海・湘南景観旅行記-旧南葵文庫 

旅先での滞在は、何故かしら?年を経るごとに和に傾きつつあります。世界情勢が不安定な中、日本ですらも安心は出来ないかもしれませんが、それでも移動は楽だし、大抵のところは清潔。大好きな和風旅館に泊まって、手厚いもてなしを堪能しゆったりと癒されたいと思う。

そんな私ですが、今回は珍しく洋館&フレンチのコースです。

 

Kai7

門がもう既に雰囲気ある!木々の向こうに奥ゆかしく見える洋館「ヴィラ・デル・ソル(太陽の館)」。こういう佇まい、エクステリアで作れるのに、むき出しの住宅のなんと勿体無いことよ。

 

この建物は「旧南葵文庫」ともいい、登録有形文化財に指定されています。元は明治に徳川の侯爵様が建てた図書館。その後2度の移築、持ち主も何度も代わります。でも美しく残されたことが素晴らしい(詳しくはコチラ)。内装も調度品も重厚感があり素敵です。年代を感じさせてくれるので、和風旅館に通じる落ち着きがありました。

 

Kai5

エントランス。ガラスがお洒落だな。

 

Kai6

 

 

Kai4

豪華なダイニング♡シャンデリアに徳川の葵模様があるとか。華やぎの中、それはそれは、優雅に落ち着ける感じで。とっても大人な時間を過ごさせてもらえました。

 

 

Kai2

アンティークのランプが灯る図書室。ルイス・C ティファニー氏の作品だと言われています。一般的に「ティファニーランプ」といわれており、お弟子さん作のものも出回っているので、信ぴょう性は定かではないということですが、間近でみると、とても凝った細工。溜息が出ました。

 

Kai3

部屋はモダンスタイル。全室オーシャンビューで快適です。これは朝日。滋賀に住んでいるので、太平洋に馴染みがありません。物珍しくて、ずーっと見てました。穏やかで果てしない感じ、いいな。

 

人は自然を求めて旅をし、その美しさ、雄大さに感動し癒されます。庭でこの雄大さはなかなか表現できないし、自然ってやっぱり凄いな、自分って小さいなと思いました。

でも実際の話、海が自宅の庭にあったら怖いですよね。自然に憧れつつも安全第一の癒しが得られることが、人の作る自然(庭)のいいところ。言うなれば、庭は・・・大自然のカケラです。日々の暮らしの中で、小さな自然に触れておくと、こうして大自然を見たとき、改めて気づくことや感じるものがあるのです。

同じ木でも庭にあるのと山にあるのとでは、風情が異なり、その違いに気づくことは楽しいことです。何も知らない人は、こういう自然の中に入ったら、名前すらわからない。ただの木、ただの花、ただの石、なのです。普段小さな自然に接していると、子供でも自ずと覚えるものです。自然がかけ離れたものではないことを知ることは、大事なことだと思うの。

 

Kai1

海を眺めるお洒落なテラスがありました。お風呂上がりにここで、デザートや飲み物をいただきながら、飽きるまで太平洋を眺めてました。

 

建物探訪で隈さん建築を見ましたが(→詳しくはコチラ)、なんとここには隈さん設計の露天風呂がありました。もちろん入って堪能しましたが、それにしても、色々な仕事してはりますな~。

このあたりのお湯は、私にとって、今のところ日本一肌に合う湯です♡ 湯上りツルン&スベスベで、大、大、大好き!住んでる方が本当に羨ましい限りです。また行きたいな。

次回は旅行記最終回。湘南でのこと、あれこれ。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください