節目の年に向かって、つつがなく、厳かに、粛々と、準備 

また大きな地震。夕食後ゆっくりされていた方も多かったと思います。速報に胸が騒ぎました。ただでさえ慌ただしい年末、なにもこんなタイミングで起こらなくても・・・と本当に恨めしいですね。どうか余震がひどくなりませんように。静かな年始が迎えられますように。

我が家では、昨日お正月の室礼をほぼ済ませました。あとは30日にお花を買い活けて鏡餅を飾って終了です。こうして準備をしながら、来る年に思いを馳せています。私にとっては節目の年。つつがなく年神様をお迎えし、よいスタートが出来るように、平安でありますように、祷る気持ちしきりです。

そう、節目なのです。ここらで今一度、原点に戻って、進む道を考えたいです。

さて、今日のブログはその室礼の様子です。こうして一つ一つ飾っていくと、お正月だなぁという実感が湧いてきますね。

正月事始めから諸事はかどり、時間が出来たこともあって、今年は餅花づくりに挑戦しました。本来は小正月の飾りものらしいけれど、お正月らしい華やかさがある可愛らしい飾りで、年始に街を歩くと見かけることもあります。人の目に触れない自宅ですし、形をかりて招福の祈りを込めて飾ることにしました。

こうやって作ると、自分好みの色合いに出来るのが楽しいです。ピンクのお餅は薄色から濃色と3色位作ってグラデーションをつけてみました。手始めに枝ほんの50本ほどですが、なんとなくそれっぽい仕上がりに。手がベトベトになりますけど、粘土遊びのようでもあり、お子様のおられる家庭でみんなで作っても楽しいのではないかと思いました。万が一、口に入れてもお餅ですから。でも乾くとお餅に見えなくて、本当に可愛らしい飾りです。

 

この前を通るたび「可愛いっ!」と悶絶してます(*´∀`)

 

玄関扉に飾るお飾りは、今年の新米をメインにして作ってみました。私の弟が天塩にかけて育てた稲穂です!年神様に捧げる気持ちでありがたーく使わせてもらいました。あとは、庭の緑や大好きな水引、その他あるものでね。毎年作っているので、組みだすと早いです。

稲刈りの前に頼んで取り置きしてもらっていた稲穂です。美しいカタチを活かすべく、出来るだけこのまま使いたいと思って。

 

 

出来上がった自宅玄関用のお飾り。稲穂の長さを活かすとこんなに大きくなっちゃった。白と金の水引で上品に。でも松をアシンメトリーに使って躍動感もアリ?毎年のことながら、不思議なお飾りが出来ます(笑)

 

昨日28日に何とか間に合いました。

 

ディアガーデンの事務所ドア用にも作りました。こちらは紅白でコンパクトに。自宅用のデザインとは稲穂つながりです。

 

先日いただいていた獅子柚子は縁起物だそうで、事務所に飾りました。柑橘類は橘の音が吉に通じ、お正月に盛りたい果物の一つです。晩平柚を飾っているのも見たことがあります。

 

冒頭の餅花は、玄関の坪庭を望むFix窓にかかる感じでしつらえました。飾った夜、出張から帰ってきた夫が「正月って感じ♪」と喜んでくれました。出て行く前はクリスマスでした。

 

大好物でたくさん食べたい黒豆は、昨夜から仕込みスタートです。若かりし頃は、30か31日に使い回しのしめ縄をドアにペッと吊り下げて、夫の実家にGO!でした。何もせず、お節を美味しい美味しいと頬張っていたあの嫁がねぇ・・・と、天国にいるお義母さんはきっと苦笑していることでしょう。

 

 

年行事の飾りもの入れ替え 

昨日は長く楽しんだクリスマスの室礼を撤収。各コーナー少しずつ飾っていった経緯を思い返すと、片付けるのも骨が折れそうと思っていたら、午前中であっさり片付いてしまいました。掃除機をかけてリセット完了。今日からお正月の室礼を始めます。

 

年々増え続けるツリーのオーナメントを収納する便利な箱を発見。IKEAの仕切り付きボックスです。軽く拭いて種類別に分けて入れてます。4箱にちょうど収まりました。

 

日本の年末が慌ただしいのは、この作業が大いに関係していますよね。毎年のことながら、出して仕舞ってまた出して、忙しいったらないです。でもね、私の中ではやらない選択はないです。自己満足と言われようがとにかくやります。面倒くさい中にも、いや中にこそ?幸せがあるような気がして。それにこういう年行事は、庭(植物)と切っても切れない関係なので、奥深い世界に学ぶ点を多々見い出すのです。

面倒くさい年行事は、意外と身の周りを整えるキッカケにもなります。出し入れの度に、ものや収納方法を見直します。飾る場所はいつも空いていないと、タイミングよく飾れませんから、雑多に物を置けません。飾るときは部屋ごと掃除しますし、場を拭き清めないと、何となく気持ち悪いものです。窓ガラスが曇っていると、飾り物がイマイチ映えません。

年行事は大抵、神様や先祖に対して、捧げたり祈ったり感謝したりするもの。普段お客様をお招きするときでさえ、掃除をするのですから、神様をお招きするなら尚更きれいにしないとです。私は、毎月なにかしらある年行事を意識するようになってから、自然と部屋が片付くような実感があります。だから年末の大掃除は、普段の掃除の延長という感じ。

 

お正月の風景はクリスマスと同じくらい華やかなのに、静けさがある。日本の飾りものに宿る精神が現れているかのようです。

 

さて、そんなお掃除と並行して、そろそろお正月飾りも作らねば。5年ほど前からお飾りはオリジナルです。これもクリスマスリースを手作りするようになって、その延長で始めたことです。作る楽しさや他にないものを飾れる嬉しさに賛同していただける方もいて、よく一緒に作っています。

今日は作る約束で、お越しいただいたのですが、自分のはどんなデザインにするかまだ決めかねていて、結局お手伝いだけで終わってしまいました。明日には飾るつもりですが・・・、作るのは楽しいのでね、まぁ何とかなるでしょ。

そんなこんなで?私は何も作れていないけれど、お疲れ様のティータイムはしっかり(笑)おもたせのカヌレをいただきながら、ゆっくりと一年を振り返って、話に花を咲かせました。

 

本店は福岡で今年大阪に初上陸したLA SOEUR(ラ・スール)のカヌレをご持参くださいました。カヌレは近場でなかなか買えません。レアなお店のクリスマスバージョンでテンション上がります(´∀`*)♪

 

このモチモチ感はカヌレならでは。風味豊かで美味しかった~。ご馳走様でした(ノ∀`)

 

今日明日あたりで仕事納めという方も多いと思います。私も既にディアガーデンの仕事は納めさせてもらい、年賀状もとっくに出して、こんな気分的に楽な年末は久しぶりで、我ながら驚いています。あと4日間、お正月準備に追われるとは思うけれど、楽しんでやれそう。

ブログは年末年始つづけて書こうと思います。お忙しい中、少しのお慰みやご参考にでもなれば幸いです。

 

 

クリスマスディナー 

クリスマスホリデー、三連休でしかもいいお天気続きですね。

クリスマスは本来厳かなものでしょうが、華やかで暖かな感じがとても好きです。庭や野にある植物をふんだんに飾れるところも好きだし、家族や周りの方々との絆を改めて感じます。本当に感謝しかないですね。

毎年どこに行くわけでもないけれど、クリスマスっぽい雰囲気の中で、ゆっくりいただく夕食の時間は、やっぱり特別かな。色々な体験をして、色々なものを見たりして、若い頃に比べればね、少しは工夫もできるようになりました。

 

イブのディナーテーブル

 

テーブルコーディネートは、ディアガーデンのクリスマスワークショップの時とそう変わりません(↓下の画像)そう言えば、あの時作ったスワッグは、乾燥して少しボリュームダウンしましたが、まだまだ綺麗です。お越しくださったお客様のはどうかな・・・。約ひと月間、しっかりとお役目を果たしているといいのですが。これも明日には外すのかと思うと勿体無い気分です。でもまたすぐお正月飾りを作るしね。

 

ワークショップのときはこんな感じ。今回はティーカップをワイングラスに変えただけ。

 

クリスマスディナーの前菜は「和風ローストビーフ~いちごソースのサラダ仕立て~」。クリスマスらしい色合いでしょ?ローストビーフはレンジ作る簡単バージョンですが、結構うまく出来ました。

 

メイン。クリスマスといえばチキンだけど、今年はリンゴ煮豚。

 

お料理は洋風に見えますが、実は和風味なので、アッサリしています。茅乃舎だし「冬の御料理読本」に載っていたレシピを参考に作りました。見栄えするのに、私でも作れる程簡単。和風出汁が苺やリンゴにこんなに合うなんて驚きです。

夫も気に入ったので、うちの定番メニューにします。

 

ケーキは毎年夫が用意してくれます。今年はモンブランのタルト。

Merry Christmas!

 

 

クリスマスデコ、昼間も堪能 

晴れやかなイブの朝です。冬の日差しは弱いけれど低いので、部屋の奥まで照らしてくれて、お陰で明るくて暖かい。クリスマスといえば、イルミネーションの光が思い浮かびますが、昼間の光を受けたデコレーションの様子もまた趣がありますね。

 

朝のテーブル。光がダイニングの奥まで入ってきてポカポカでした。ローズヒップの影がクッキリ。ガラスに反射した光も綺麗です。

 

階段室に飾ったスノーフレークのモビール。光の加減で思わず見入ってしまう時があります。

 

ツリーのオーナメントは、シルバー中心なので、日差しを受けるとキラッキラッ。明日でもう見納めかと思うと、少し寂しいです。

 

街のショーウィンドウも昼間に堪能。これは京都BALのレイチェル・アシュウィルで。白いツリーもいいなぁ。あえてオーナメントなしがとても上品でした。

 

今夜のディナーは、夫を労って、私なりにおもてなししようと思います。華やかさやドキドキはないけれど、くつろげて、穏やかで、暖かな夜にしたいな。これから仕込みまーすo(^▽^)o

 

 

冬至も過ぎて、とりとめもなく最近のこと 

昨日の近江八幡市は、ほぼ一日中深い霧に覆われていました。引っ越してから十数年経つけれど、こんな日はあまり記憶にありません。夜なんてね、まるでホラー映画の世界・・・本当に気味が悪かったです。車を運転していると、視界が極端に悪く、闇の深さはいつもの何倍にも感じられて、ちょっとハラハラ。

奇しくも昨日は冬至。陰が極まるとはこんな感じなのかもと思いつつ、帰宅してすぐに柚子風呂に入りました。冬至に入る柚子湯には、身を清める意味もあるそうですし、清々しい香りとほっこりする暖かさに、とても安堵しました。こんな風習があって、やっぱり日本っていいよね。

こういう場合、どうして柚子で清められるの?なんて、ごちゃごちゃ考えないこと。そういうものだと頭から信じて従うのが風習というものです。だから訳もなくあっと言う間に気持ちが切り替えられる。大体、新鮮な植物にはいい「気」しか感じないしね。単純でいいの、いいの。

 

時々義兄が、畑で育てた野菜をこんなふうにドーンと送ってくれます。綺麗でしょ?珍しい野菜も入っていて開けるのが毎回楽しみです。贅沢にいくつも浮かべて柚子湯を堪能できるのも、実は義兄が送ってくれたから。本当に有難い。お陰様様です。

 

冬至が過ぎて、これからは陽が満ちてきます。これまで割と暖かい日が多く、ディスプレイガーデンでは、まだバラも咲いていますが、何故か椿が遅いです。わずかに咲いている花は、ヒヨドリが蜜をついばみに来てつつくので、生花用のが切れません。落葉の宿根草はとうに姿を消して、今はただ土が見えるばかりです。

冬になると、ビオラを植えない頃はなかったのに、今は花いっぱいじゃなくてもいいかという感じです。冬らしい枯れた庭にも見所があると気づき、潔い土の空白を「間」と捉え、清々しく感じるようになりました。これも人それぞれで、花好きの方には「放ったらかしやなぁ」と思われるかもしれません。

でも、一応ね、落ち葉や枯葉などは、手箒で地面を撫でてすっきり取り去り、リセットしてあるのです♪

 

集めた落ち葉は堆肥にします。この箱は苔が入っていたものを再利用しています。普段は軽くカバーをかけ、底あげもして通気性を保っています。時々かき混ぜたり、野菜クズや米ぬかを入れたりしてると、そのうちフカフカの堆肥になります。私は花壇のマルチングに使っています。

 

さて、今週末はいよいよクリスマスホリデーです。私は仕事の関係で、11月の初め頃既にクリスマスモードだったから、本当言うとかなり飽きてます。が、ケーキを予約してくれている夫のために、何かそれっぽい食事くらいは作ろうかと考えています。皆様はどんな週末を?

 

今月初めに開いたクリスマスワークショップで既に燃え尽きているので、気分的にはお正月モードのマブチです。画像は、そうもいかないかと、また飾りを足して気分を立て直した今朝の様子です。

 

 

 

昨日と今日、そして来年こそは!

昨夜14日は、今年最後の満月の夜。雨でしたが、夜中に止んでくれたので、テラスでお月見をしていました。

静かでクリアな寒さが、月の存在をより一層際立たせていました。ずっとずっと眺めていると、私と月の間に一本のまばゆい道が表れて、どんどん引き寄せられるような不思議な感覚になります。お月見していると無の境地に近づけるような。

 

テラスにて12月のお月見。クリスマスのイルミネーションライト越しに満月を望む。月は目にやさしいところも好き。太陽は直視できないものね。

 

今年の初め頃、長年自己流で続けているヨガから派生して、瞑想に興味をもちました。あれから専門書を読んだり、TVの特集などを見たりして情報収集したのですが、どうやら心身共にとても良い効果が得られるようです。これはやらない手はありません。それ以来たまーに練習しています。

瞑想は何も考えず、頭や感覚すらも空っぽにする行為。簡単なようで、それが、やっぱり出来ません・・・(T_T;)ムズカシイ。数十秒もすると、もう何か考えてしまうのです。どこかが痒いとか、外の音が聞こえたり、それが引き金になって、もう色々考えちゃうの。お月様を見て無になってるのも、その実、1分もないかも。

これは訓練するしかありません。初心者でも行いやすい作法があるのです。来年は少しでも上達したいです。

 

さて、さて、今日はひとつ図面を仕上げて発送、気分もスッキリです。それに、年賀状は今日から受付ですが、ナント、わたしく、もう出してまいりました!( ̄^ ̄)ゞ すごくない?こんな快挙、初めてです。気持ちいいー!

 

いつかのティータイム。図面やパースを書いている時には、この時間がないとダメなんです。この日は、頂き物の和菓子で贅沢なひととき。植垣米菓さんの鶯ボールきなこ味、津和野三松堂さんの源氏巻、たねやさんの落雁です。カリコリ、モチモチ、ポリポリのちシュワン、3種の食感の違いが楽しい♪たまには緑茶でほっこりです。

 

今週末はのんびりプライベートを楽しみます。

って、まだ木曜か~。

 

 

師走の事始め、2017年の手帳を準備

恒例の時事ネタ、手帳にまつわるアレコレです。皆様はもう来年の手帳をご準備なさいました?そもそも手帳なんて持たない派ですか?

スケジュール管理に関しては、アナログ派のマブチです。さっと開いていろいろ書き込める手帳が断然使いやすく、長年HIGH TIDE社製で、タスク管理出来る手帳を愛用しています。そろそろ注文しないと、と思っている矢先に、先日買った婦人画報の付録に手帳がついていまして。

婦人画報1月号の付録で「幸運を呼ぶ和ダイアリー」がついていました。表紙は2017年のラッキーカラーになっているそう。(エメラルドブルーですって)

 

所詮は付録。紙は薄いし、メモのページもありません。しおりも、ポケットも付いてなくて、あんまり使えそうな気がしません。でも、心惹かれる点がひとつだけ。それは和の暦情報が詳しく掲載されていること。新暦と旧暦が併載されて、二十四節気七十二候や雑節、月齢などがマンスリーのページに載っています。

私は仕事は、もちろん新暦ですが、暮らしでは和の暦を重んじています。それで、手元にいつも高島暦を置いて見ていましたが、この手帳だと、それを見る手間が省けて、しかもウッカリ忘れることもなさそう。

まだ迷っているけれど、来年の手帳は、浮気して、この付録にしようかなーっ?!

 

今日は一日雨模様。朝から薄暗い日は、日中もキャンドルを灯して。これは事務所の飾り棚です。ちょっと前までは、ワークショップの花材で溢れかえっていましたが、終わってすぐ片付けて、飾りものも変えました。

 

今日は師走の事始め。昔はこの頃より大掃除を始め、お正月の飾り付け準備を行ったそうです。現在では、その前にクリスマスがあるし、まだお正月準備という雰囲気ではありませんね。私は11月に主だったところの掃除をほぼ終えたので、事務所の資料整理をはじめようと思います。

手帳も用意できたことだし?こんど晴れた暖かい日に、お正月飾りの松を採りに行こう。

 

 

今年こそ余裕をもって!年賀状づくり 

今日は寒いですねーっ{{ (>_<) }} 皆様、あったかくされてますか?

12月もあっと言う間に半ばに差し掛かろうとしています。ここから時の流れが一気に加速していきそうな予感・・・。今年こそは年賀状を早めに仕上げ、余裕をもって年末を迎えたいものです。

ガーデンデザインするのに頭を使わないといけないのに、年賀状のデザインにまで凝ってね。時間もないのにアホみたいと毎年思いながら、それでも年の初めのご挨拶だし、私らしくしたい!と、いつもオリジナルデザインにこだわっています。2017年度版はどうしようか?酉年かぁ・・・鳥ねぇ・・・と、ぼんやり考えていたら閃きました。

私の中の鳥といえば、アレしかありません。アレ、ってこのブログの読者様なら、きっとおわかりかと(♡ˊ艸ˋ)ムフ。

・・・ということで?今年の年賀状はオリジナルデザインではなくて、アッサリと余裕で仕上がりそうです。私をよく知っている方は、いつもと毛色の違うデザインですが「あぁ、なるほど。マブチさんだよね。」と、思っていただけるでしょう。年賀状と同じものを、元日のブログに新年のご挨拶としてUPしますので、答えはその時に。

 

いつも新春号だけは買う画報系雑誌。今年は婦人画報を買いました。

 

大好きな柿、そろそろ食べ納めでしょうか。フルタヨウコさんのレシピにあった「柿のシナモンバタートースト」を作ってみました。バターとシナモンとの組み合わせは初めてでしたが、合いますね。作り方は画像を見たまんま、バターを塗ったパンの上に、薄切りした柿を並べ、焼きます。仕上げにシナモンとバターをトッピングして出来上がり。

 

年賀状を作り終えたら、13日から師走の事始め。仕事も無事納められるように。今週はいろいろと忙しくなりそうです。いっぱい食べて、いっぱい動きます。風邪も根性でひきません!

 

 

薪ストーブの季節です 

今日は特別な体験をさせていただきました。憧れの薪ストーブで、ずっとずっとやってみたかったこと!

ブログで時々紹介させてもらってますが、ディアガーデンの近所で、いつもお世話になっているやわらぎ住宅(株)様のモデルハウス「LOAFER」にお邪魔しました。こちらのモデルハウスには滋賀では珍しく薪ストーブがあるのです!造園と外構を担当させてもらったご縁で、建設時からその存在は知っていて、よく拝見していたのですが、実際火が入っているのを見るのは初めてです。

先日のスワッグ作りのワークショップにも参加いただいて、嬉しいことに早速飾ってくださってました。

 

モデルハウスの玄関ポーチにスワッグが飾られています!

 

木のドアに赤が似合ってますね。 とても素敵です(*´ω`*)

 

憧れの薪ストーブ♡ クリスマスツリーとの合わせて撮るとやっぱり絵になりますね。

 

モデルハウスの中に入った途端、木のいい香りがします。おうちの香りもあると思いますが、薪が燃える香ばしいような香りも混ざっているようで!

吹き抜けのあるLDKはちょうどいい広さで、クリスマスの室礼も素敵で、BGMが静かに流れています。淹れたてのコーヒーをいただきながら、そんなお洒落な空間で、薪ストーブにあたらせてもらい、気持ちが高揚しない訳がない!暖かいのはもちろんですが、火を見るとどうしてだか子供みたくワクワクして、それでいてCOSYなんですね。あぁいいなー、こんなおうちに薪ストーブ!

折角来たのですから、庭の様子も見せてもらいながら、来年はこうしようかとかお手入れの話もしましたが、それは、はっきり言って、付録みたいなもので・・・、メインはやっぱり薪ストーブ! スミマセン(´Д`;)ヾ

冒頭に書きました、ずっとずっとやりたかったこと、それは「スモア(S’more=some more)」を作って食べること!

海外のドラマや映画で見かけた方もいらっしゃると思うのですが、スモアとは、キャンプファイヤーや暖炉、BBQの火でマシュマロをあぶり、グラハムクラッカーで挟んでいただくおやつです。語源は、子供が食べ終えた後に、Give me some more!(もうひとつ頂戴)と言ってしまう程のおいしさを縮めたものと言われています。外サクッ!中トロッ!がたまらなく美味しそうなんですよね~。

随分さかのぼりますが、あれは20代のころ、NHKBSでやってた「Martha Stewart Living」という番組で見て、いつかやりたいなと思っていたのです。それでスモアセットを持参し、やわらぎさんに「ベタなことなんですが、やりたいことがありまして…(>人<;)」とお願いしました。

 

スモアセットです。グラハムクラッカー(全粒粉の薄いクラッカー。甘くなくてあっさりしています)と、チョコレートと大きめのマシュマロ。それに70cm程の小枝。この枝はディアガーデンにあるエゴノキの枝で、前日に切っておいたものです(←前の日から楽しみで仕方なかった)

 

ストーブは当然ながら熱くて危険ですから、枝先にマシュマロを差して、こんなふうに炙ります。燃え盛っていると、すぐ黒焦げになるので、弱火の状態です。うまく焙れるように火の加減を見計らっていただきました。

 

初めは恐る恐るで、失敗もするけど、だからこそ盛り上がる!長いスティック系なら何でも良さそうですが、ここは庭にある木から選りすぐりのmy小枝に拘りたいところ。

マシュマロは2、3分も炙れば、ふっくらと膨れてきて、いい感じの焦げ目がつき、次第にトロッとしてきます。予めクラッカーにチョコをひとかけ載せておいた上に、その焼きたてのマシュマロをオン!そしてすかさずクラッカーで挟んだら出来上がりです。馴染ませるためにちょっと指で押して、チョコが程よく溶けたら食べごろデス。

 

マシュマロがとろけてチョコと混ざって・・・、あぁ!もうね、素朴だけど、間違いない美味しさです!グラハムクラッカーが甘くないので、ちょうどいい感じ。あぁ、またやりたい。

 

とろとろのマシュマロが食べるそばからはみ出してきて、アワワとなりますが、それもまた楽し!小さなお子様も、炙るときにだけ大人が気をつけてあげれば、絶対喜ぶと思います。薪ストーブや暖炉がある方、キャンプなどで焚き火をするときなどに、絶対オススメです。

やわらぎさんの社員の方も、初めは「スモアって何ですか?」という感じでしたが、こんな子供みたいな私に付き合ってくださり、火加減を何度もチェックしてくださって、一緒に焼いてくれました♡ めっちゃ楽しかったです。

今度もしかしたら、イベントでこのスモアがいただけるかもしれませんよ。ウェブサイトを要チェックです!!!(→モデルハウスの情報はコチラ

 

 

静かすぎるような 

先週はクリスマスのワークショップでお客様の出入りが多く、とても賑やかでした。お客様以外にも、実はオカメインコをお預かりしていたので、鳴き声もするし、鳥を見に子供さんも来てくれたりと、毎日ワイワイ♪してました。

来客のない今週は、その反動で、めちゃくちゃ静かに感じます (;´д`) それに、なんかねー、もうクリスマスが終わった気がしてなりません。( ̄▽ ̄)フー

 

img_3903

久しぶりにお泊りに来たクッキーちゃん。私が用事をしていると呼ぶのですが、近づくと逃げちゃう(^^; ワークショップの合い間にあの手この手で気を引きましたが、なかなか手に乗ってくれないの。次こそは!

 

ワークショップ中、昼間はお客様に対しては粗相がないようにと、どこか気を張っていて、夜は夜で図面を仕上げていた私。お客様の差し入れにとても癒されました。お心遣い誠にかたじけなけなく存じます。私にとってはどれも珍しく貴重な品々、本当にありがとうございました。大切にいただきます♡

 

mrsishii-roses

お客様からいただいたバラ。全部違う品種で、香りもそれぞれ。ワークショップの後に毎日かいで、緊張を解いていました(*´ω`*) 部屋は暖かいので蕾も開いてくれました。最期まで楽しみます。

 

また日々の仕事に戻って、一人黙々とね。一人の時間がなければ深く考えられないし、でも一人では何も成しえないし。個人事務所を持ってから、このバランスを、よく考えるようになりました。

一人でいることは、とても楽だし、好きです。負け惜しみでもなく、全然寂しくありません。でも、自ら求めて出ていかないと、何も得られないのが今の状況。待っていても望むところには連れて行ってもらえない。自分で動いたり、招いたりしないと、ずっと一人です。

なので、声を掛けてくださる方や、会いたい人にも、時間とお金を惜しまず会うことを心がけています。そして、自分に出来ることはさせていただく。自己満足の人生は嫌です。誰かの役に立ってこその我が人生。でもね、年を重ねると、どんどん下半身が重くなるのも現実で。

自分に動け動けと言っています。