クリスマスデコ、昼間も堪能 

晴れやかなイブの朝です。冬の日差しは弱いけれど低いので、部屋の奥まで照らしてくれて、お陰で明るくて暖かい。クリスマスといえば、イルミネーションの光が思い浮かびますが、昼間の光を受けたデコレーションの様子もまた趣がありますね。

 

朝のテーブル。光がダイニングの奥まで入ってきてポカポカでした。ローズヒップの影がクッキリ。ガラスに反射した光も綺麗です。

 

階段室に飾ったスノーフレークのモビール。光の加減で思わず見入ってしまう時があります。

 

ツリーのオーナメントは、シルバー中心なので、日差しを受けるとキラッキラッ。明日でもう見納めかと思うと、少し寂しいです。

 

街のショーウィンドウも昼間に堪能。これは京都BALのレイチェル・アシュウィルで。白いツリーもいいなぁ。あえてオーナメントなしがとても上品でした。

 

今夜のディナーは、夫を労って、私なりにおもてなししようと思います。華やかさやドキドキはないけれど、くつろげて、穏やかで、暖かな夜にしたいな。これから仕込みまーすo(^▽^)o

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください