年行事の飾りもの入れ替え 

昨日は長く楽しんだクリスマスの室礼を撤収。各コーナー少しずつ飾っていった経緯を思い返すと、片付けるのも骨が折れそうと思っていたら、午前中であっさり片付いてしまいました。掃除機をかけてリセット完了。今日からお正月の室礼を始めます。

 

年々増え続けるツリーのオーナメントを収納する便利な箱を発見。IKEAの仕切り付きボックスです。軽く拭いて種類別に分けて入れてます。4箱にちょうど収まりました。

 

日本の年末が慌ただしいのは、この作業が大いに関係していますよね。毎年のことながら、出して仕舞ってまた出して、忙しいったらないです。でもね、私の中ではやらない選択はないです。自己満足と言われようがとにかくやります。面倒くさい中にも、いや中にこそ?幸せがあるような気がして。それにこういう年行事は、庭(植物)と切っても切れない関係なので、奥深い世界に学ぶ点を多々見い出すのです。

面倒くさい年行事は、意外と身の周りを整えるキッカケにもなります。出し入れの度に、ものや収納方法を見直します。飾る場所はいつも空いていないと、タイミングよく飾れませんから、雑多に物を置けません。飾るときは部屋ごと掃除しますし、場を拭き清めないと、何となく気持ち悪いものです。窓ガラスが曇っていると、飾り物がイマイチ映えません。

年行事は大抵、神様や先祖に対して、捧げたり祈ったり感謝したりするもの。普段お客様をお招きするときでさえ、掃除をするのですから、神様をお招きするなら尚更きれいにしないとです。私は、毎月なにかしらある年行事を意識するようになってから、自然と部屋が片付くような実感があります。だから年末の大掃除は、普段の掃除の延長という感じ。

 

お正月の風景はクリスマスと同じくらい華やかなのに、静けさがある。日本の飾りものに宿る精神が現れているかのようです。

 

さて、そんなお掃除と並行して、そろそろお正月飾りも作らねば。5年ほど前からお飾りはオリジナルです。これもクリスマスリースを手作りするようになって、その延長で始めたことです。作る楽しさや他にないものを飾れる嬉しさに賛同していただける方もいて、よく一緒に作っています。

今日は作る約束で、お越しいただいたのですが、自分のはどんなデザインにするかまだ決めかねていて、結局お手伝いだけで終わってしまいました。明日には飾るつもりですが・・・、作るのは楽しいのでね、まぁ何とかなるでしょ。

そんなこんなで?私は何も作れていないけれど、お疲れ様のティータイムはしっかり(笑)おもたせのカヌレをいただきながら、ゆっくりと一年を振り返って、話に花を咲かせました。

 

本店は福岡で今年大阪に初上陸したLA SOEUR(ラ・スール)のカヌレをご持参くださいました。カヌレは近場でなかなか買えません。レアなお店のクリスマスバージョンでテンション上がります(´∀`*)♪

 

このモチモチ感はカヌレならでは。風味豊かで美味しかった~。ご馳走様でした(ノ∀`)

 

今日明日あたりで仕事納めという方も多いと思います。私も既にディアガーデンの仕事は納めさせてもらい、年賀状もとっくに出して、こんな気分的に楽な年末は久しぶりで、我ながら驚いています。あと4日間、お正月準備に追われるとは思うけれど、楽しんでやれそう。

ブログは年末年始つづけて書こうと思います。お忙しい中、少しのお慰みやご参考にでもなれば幸いです。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください