春に新しい挑戦を

今週半ばが卒業式という学生さんが多いようですね。おめでとうございます。新生活に向けての準備も進められている事でしょう。不安と期待が入り混じって、やることだらけで・・・大変だと思います。身近なところでは、5人いる姪のうち3人がそうで、あんなに小さかったのに、立派になって・・・、なーんて、つくづく感慨深いです。

学生さんたちは、何年か毎に節目があるから、半ば強制的に変われるけれど、大人になると「新たな門出」というものがなかなかなく、日々マンネリになりがちです。ずっと同じ環境下では、時に刺激が欲しくなりますので、正直ちょっと羨ましいです。変わらないという選択もアリですが、折角の?春ですから、ちょっと変わりたいです。

冬の間寒くて伸ばしてた髪を、バッサリ切ってしまおうかしら?そんな些細なことも考えつつ、でもやっぱりお仕事で、新しいことに挑戦です。

ディアガーデンは、今春からインテリアの分野にも力を入れることにしました。単に観葉植物を並べるだけではない、新しい魅せ方です。それはまるで、部屋の中に庭を作ったかのような、新鮮で素敵な癒し空間。お洒落で他にないインテリアです。

 

画像をクリックしていただくと詳細ページにアクセスします。

 

ディアガーデンを始めた時から、エクステリアや庭づくりだけにとどまらず、植物に関することなら何でも、ご依頼に合せてやってまいりました。建物の内外問わず、大小にかかわらず、植物と共に暮らすためのノウハウやデザイン、ものづくりをご提供するのが役目だと思っております。

インテリアグリーンにしても、もっとシンプルな形ですが、これまで何回もお客様に納めていました。だから今回の取り組みは、実はとりわけ新しい訳ではありません。時代に合せて更にブラッシュアップさせた進化系と言うべきか。

 

春っぽいテーブルコーディネートに緑をたっぷりいかがでしょうか?

 

商業的なサービスやオフィスでの働き方が多様化する中、自然の少ない都会では、インテリアグリーンは貴重な癒しを得るものとの認識で、とても受け入れられていました。建物に合せた洗練された植栽デザインがなされており、実際そういう空間に入ると、自分が特別な時間を過ごしているように感じます。色々視察していると、その場所で過ごす方たちは、敢えて選んでその場にいるようでした。

一方、滋賀のような自然に恵まれたところですと、デザイン性のない普通の植栽では、当然過ぎて見向きもされません。だってドアを開ければ、そこに当たり前にあるものだからです。結局はどこでもデザイン性のあるカッコイイ植栽が求められてるのです。自宅でなかなか出来ない植栽が、商業施設にあると、それは特別な魅力となるようです。

というわけで、今春からインテリアグリーンの分野もより一層深めてアピールして参りますので、どうかお見知りおき下さいませね。ご縁をいただける方との出会いがすっごく楽しみです。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください