植物のある暮らし、のヒント 

4月になりました。

ディアガーデンでは、植物のある暮らしをご提案するインテリアグリーンのショップをオープンする運びとなりました。ショップの名前はそのまんまで「Dear Garden」といいます。地域の皆様にとって、インテリアや庭づくりのアンテナショップとなれるよう努めてまいります。

 

 

 

なんちゃってー!エイプリルフール!www

そういえば、何年か前のエイプリルフールでは、夜だけ日本酒のバーになるって語りましたっけ・・・(๑≧౪≦)テヘペロ

でもこれ、まんざら嘘でもなくて。ディアガーデンの将来像の一つとしては無くもない。様々な仕入れルートは既にあるので、あるお客様から何気なく「(雑貨ショップを)されたらいいのに。」とおっしゃっていただき、可能性もあるなぁと。

因みに上の画像は、インテリアショップACTUSさんの店内ディスプレイです。これを見たとき、ちょうどこの部分が、今の事務所にスッポリ収まりそうだったので、頭の中で想像が膨らんだというわけ・・・(^^;;

 

話題はかわりましてー。

そのACTUSさんに伺ったおり、ハンギングプランツ用の器を買いました↓

 

ガラスでまん丸なところが、うちのダイニングに合いそう!とひらめいて買ってきました。

 

ショップのディスプレイでは、エアプランツを入れて3つ繋げて吊り下げてありましたが(一番上の画像参照ください)、私は別々に吊り下げてこんなふうに使ってみました。

↓↓↓

 

少し水を張ってポトスを差してみました。これから成長して垂れ下がると、もっといい感じになりそう( ´艸`) このガラスのボールは、天井に設置された機器に自作の金具をはめ込み、テグスで吊るしています。

 

ダイニングのペンダント照明と形がリンクしているので、たくさん吊り下げても違和感がなくて、うまくアレンジできたかなぁと思います。3つといわずもっと下げても良さそうですね。植物が宙に浮いているのって不思議な感じで新鮮です。ポトスの明るい葉色が春らしくて。

そうそう「ダイニングに春」つながりで、最後に春のテーブルコーディネートをひとつご紹介します。

 

素敵なおもてなしテーブル。これはディアガーデンのお客様のお宅でのショットです。春らしいコーデに、目がハート。淡いグリーンとガラスの組み合わせが爽やかです。ユーカリを散らされたりオリーブのプレートを使われているところがナチュラルでいい感じ。

 

マリアージュフレールの紅茶をチョコやフルーツ、奥様手作りのクグロフといただく至福のひととき。特にクグロフが素晴らしく美味しくて!ナッツとりんごがザクザク入っていて、シナモンや洋酒の風味といい、しっとりとした食感といい、このまま売れそうな本格的なお味でした。

スイーツもそうですが、小物のあしらい方がお洒落。こんなふうにうまく使えたらなぁ。目で楽しめて、器やお花にまで話題が広がるテーブルコーディネートは、茶道に通じるところがあるように思います。

 

インテリアやテーブルの上を飾り、更に庭を愛でるって、贅沢なことかもしれません。なくても十分生活していけますものね。でも「暮らし」というものは、ただ暑さ寒さを凌ぐものではありませんし、ただお腹を満たせばいいというものではないはずです。

「暮らし」とは、その方の生き方そのものです。それは値段や質・量ではなく、その方のお心がどれほど掛かっているか、どれほど楽しまれているか、なのでしょう。

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.