水遣りのあと 

庭をお持ちの皆様、毎日の水遣りお疲れ様です。

私は部屋の植物も定期的に持ち出して、ついでに遣っています。葉を洗い、鉢底から水がたくさん流れるくらい大胆にやると、植物がとても気持ち良さそうです。大量の水により、土の中に新しい空洞ができて、そこに新鮮な空気が通ります。根も呼吸しているからね。大事なことです。

水遣り直後は(雨の後もそうですが)、植物からふんわり爽やかな香りが立ち上ります。特に囲まれた場所ですと強く感じます。

(雨上がりによく感じるもうひとつの香りについてはコチラ

 

ディアガーデンのテラスに激しく降る雨。囲まれた空間&レイランディ(針葉樹)の生垣、ローズマリーやミントがあるせいか?雨が上がると爽やかないい香りがします。いつもじゃないので、香りがする時はここで深呼吸してる。

森林浴でいう森林揮発性物質(フィトンチッド)は、春から夏にかけての雨上がりが最も多いとされています。春から夏は蒸散が多い時期ですから、芳香物質を含む水分量も増えるためと、雨がもたらす刺激と湿度によるものだと思います。

ちょうど今頃、庭に水を遣ることで、それと似た状況を作っているわけですね。環境や樹種、量にもよりますが、おうちで森林浴気分に浸るのも可能かと。

 

庭と部屋の植物の水遣りを終えて。事務所のポーチにいい風が吹いていたので植物を見ながらちょっとここで一休み。

ところで、ディアガーデンの前庭(↑画像の場所ね)は北向きなので、午前中は建物の影にすっぽり入っています。

いい香りのテラスもいいけれど、朝はサンサンと日が当たるため、こちらの方が過ごしやすいの。特に風があるときは、事務所の中にいるよりも心地いいです。ポーチはとても狭いのですが、椅子位は置けるので、たまに持ち出して涼んでいます。

 

事務所の椅子。買ったのは20年以上前ですから、ちょっとしたアンティークもの?座面を何度張り替えたやら。軽いのでヒョイとどこへでも。

 

目の前は車が行き来する道路ですが、朝は歩行者含め通行量が少ないので、慣れると案外リラックスできたりして。カフェのオープンテラスに座っている時の気分です。

事務所へは住居スペースの玄関からも入れるし、いっそこの場所もテラスにしてもいいかも?階段スペースも含めると2.1m四方と、こじんまりしちゃあいるけれど一人二人寛ぐには十分な空間が取れそう・・・などと妄想が広がりますw

テラスがひとつあってベランダがふたつあるのに、まだ作る?どんだけ外に出たいねん?!ってね。(ノ≧ڡ≦)

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください