ジャムのある暮らし

前回のづつきです。

無花果をたくさんいただいたので、半分ほどはジャムにしました。

 

皮をむいてザクザク刻みます。

 

基本的には、旬の果物を細かく切ってお砂糖と一緒にコトコト煮るだけ。小一時間もあれば完成してしまう簡単なものなのに、作る喜びというか達成感があります。ガラスの小瓶に詰めて見ると、なんてきれいな色をした食べ物なんだろう、こんなに可愛らしくて愛おしいものはそうそうないなー、なんて思ってしまいます。

市販のジャムも美味しいけれど、自分で作る場合は、材料の良い部分を選ったり、アクを丁寧に取ったり、甘さを調整したりと、納得した過程を経たものだから、余計に美味しく感じてしまうの。

煮ているとき、焦がさないように鍋をかき混ぜていると、すごく集中していることに気が付きます。庭の草取りと同じように無心状態というか。もしも嫌なことがあっても、作っている間はそのことを頭の中から追い出せるし、出来上がった可愛い小瓶を見ると、もうそんなことなんて忘れてしまってるの。果物の甘い香りにも癒されます。

・・・単純かなぁ。そうやって、自分の機嫌は自分でとっています。

 

無花果のジャム(手前)と、ラスト1瓶のプラムジャム(奥)。とってもきれいな色、これ自然の色ですよ。イチジクのジャムは粒々の触感がいいです。癖のないマイルドなお味。

 

実は初夏に作ったプラムジャムがもう無くなりそうだったところ。グットタイミングです。朝食はパンなので、こういうものは沢山あればあるほど嬉しい。一日のうち、果物を食べるなら朝がおすすめとのことですから、ジャムもしかり?!たっぷり塗っていただきます。

 

ホームベーカリーで焼いたパンに手作りジャム、あとは有り合わせのワンプレート。昼はあまり食べないので、朝はモリモリ。

 

最近はいろいろな素材を掛け合わせたジャムを見かけます。そういえば、鎌倉のジャム専門店「Romi-Unie-Confiture」さんで買ったTerrasse(テラス)という名のジャムは、白桃にミントと白ワインを加えて煮たもので、大人のジャムって感じでした。そういうのに挑戦してみたいです。

 

良さげなレシピ本発見!

 

ジャム作りがマイブームになりそうです。

これからこの本を見ていっぱい作ろー!それでもって、

棚に可愛く並べるぞーっ!(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

 

 

コメントを残す