ワークショップ用のデコレーションに奮闘中 

3日後に開催するクリスマスワークショップの準備が大詰めを迎えています。

材料はあらかた揃い、後は、おもてなしの用意や、各部屋のデコレーションの仕上げ、お掃除など。一人で用意しているため、なかなか捗りません。毎年やっているので慣れているのですが、毎年同じデコレーションは嫌という変なこだわりがあるので、とにかくめっちゃ時間がかかります(T_T)

時に「何か物足りないなぁ???」と気になり、真夜中に突然オーナメントを作り始めたりねw

本業と直接は関係ないけれど、こういうモノづくりが本当に好きみたい。性分というんでしょうかねぇ。楽しいです。だからやれてるのかも。

 

パッと見、紙粘土で出来ているように見えないノーブルなオーナメントが出来ました。庭から葉を切ってきてスタンプするだけ。カンタンです。

 

この紙粘土は以前、庭の模型を作った時に買ったもの。中途半端に余っていたので、使いきれてよかったです。オーナメントは、巷で流行りの「枝ツリー」に飾りました。

庭木や公園や山などに落ちている枝で作る「枝ツリー」。一回やってみたかったんだ~。

庭木の場合、重なり合っている部分の枝や、内側に向いて伸びているような枝を切ると、木の姿も良くなって一石二鳥です♪場に合わせて、適当な大きさにカットして使います。

私は枝ぶりの面白さや、繊細な枝先を生かすようにしました。バランスがうまくとれるよう、立てるフラワーベースは重めの物、オーナメントは軽めの物がオススメです。

 

紙粘土のオーナメント。葉っぱの陰影がしっかり出てて、なかなかいい感じなのでは?

 

松ぼっくりのオーナメントも以前手作りしたモノで、黒いのは昨年IKEAで買ったものです。プラスチック製なのでかなり軽く扱いやすいです。

 

日が落ちてくると、模様がより浮き出てくるよう。

 

足元のキャンドルを灯すと、枝の影が壁に映ります。

 

2017年ディアガーデンのクリスマス・ワークショップは「ワイルド・シック」スタイルを提案しています。例えるなら、野趣ある素材を落ち着いた大人な雰囲気でまとめる感じ。スワッグもそのスタイルで作っていただくので、部屋のデコレーションも合わせようと思っています。

頭で考えているデコレーションプランを実際に試して、何度もバランス修正したり、イルミネーションを飾るのに脚立に登ったり、結構な運動になります。お客様にいいサプライズを感じてもらえたらと頑張っています(^^*

 

そんな時、素敵マダムからスイーツの差し入れいただきました♡

可愛らしいラッピングを見ただけでテンション上がります!ありがとうございます。

 

サツマイモのケーキ。疲れた頭と身体に染みわたる美味しさです♡

 

続いて、夫の東京土産。彼は美味しいモノ探しの天才で、いつも目新しくて珍しいご当地スイーツを探して買ってきてくれます♡重いスーツケースがあるのに、更にスイーツの入った大きな紙袋を抱えて、大荷物で帰ってくるの。

今回は開けてビックリの中華スイーツ?!

 

ラーメンと餃子ではなく、なんとモンブランケーキとアップルパイ!本当に良く出来ています。

 

ラーメンのスープをカラメルゼリーで表現しているところが凄いです。麺がモンブランでその下にクリームとスポンジが入っていました。餃子、じゃないアップルパイはオーブントースターで温めて食べるようになっていて、皮、じゃないw パイのサクサク感が堪りません。

めっちゃウケました&ご馳走様でした(^人^)

 

コメントを残す