最新の施工例UPしました

いよいよ2017年も残すところ、あと2週間となりました。

年中に提出しなければいけない案件や、年賀状の準備やお掃除などお正月を迎えるためのアレコレ、そう言えばクリスマスも…と、何かと気忙しい日々です。パーティや忘年会のハシゴ、なんて方もいらっしゃるでしょうね。

11月末からこれまでの3週間は、連日来客があったり、ワンコもお預かりしたりと、出張もあったっけ。とにかく毎日が目まぐるしく、とっても賑やかでもうバタバタでした。でも、今日からは一転、作業に集中出来る状態に戻りましたので、やり残しのないようにコツコツとこなし、今年をしっかりと締めたいと思います。

+++++++++++

先ずは延び延びになっていましたウェブサイトの更新がようやく。

10月初めにお引き渡ししましたお庭をウェブサイトに掲載しましたのでお知らせ致します。

施工例紹介 → WORKS(近江八幡市 NK様邸)

常緑樹の中ヤマモミジの紅葉が映え、素朴な景石が印象的な坪庭。晩秋の趣を感じていただければと思います♡

こちらはとっても広い敷地のお宅です。平屋建ての母屋、新宅、納屋が贅沢にゆったりと配され、それら建物をつなぐ様に、既に立派なお庭や植栽があります。そのお手入れに入らせていただいたのがご縁でお庭づくりのご相談を受けました。

改修前の場所。カシの生け垣や、老いたモクセイなど沢山の木があり、林の中にいるような雰囲気。

植物が大好きな施主様で、ご自分でも小まめにお手入れをされています。目隠し用に植えられたカシの生け垣は、スッキリと透かし剪定をされてありました。元は幼木で、ご自分で植えられたそうですが、今では屋根を超すほどに大きくなっており、この先持て余すのではとご心配な様子。

話のついでに本当に何気なくですが、何本か整理して庭を小さくしていくのもひとつの手段では?とお話ししたところ、トントンと話が進み、空いたところに坪庭を作ることになりました。

 

完成イメージパース

 

常緑のカシを除けたので、日が差すようになり、草花が楽しめる庭になりました。アクセントの景石に沿わせるように植えるといい感じ。

植物好きな施主様の楽しまれる部分をたくさん残すのこともご希望にあったので、敢えて全てを仕上げてしまわずに完成。お引渡ししてから、紅葉するのを待って撮影してまいりましたが、その間にかなり様変わりしていました。

奥様曰く、ご主人様が仕事の終わりや休日にしょっちゅう庭で作業されているとか。これからグランドカバーの小笹が増えていく様子が楽しみです。

作庭中は雨に降られた日もありましたが、施主様は現場に興味津々。職人さんと話をしたり、石を据える様子に興味深く見入ったり、少年のようなキラキラした目をされて楽しそうでした(^^*

ディアガーデンのパートナーの造園会社さんや職人さんは、皆仕事熱心でフレンドリーな方達ばかり。私自身が尊敬できて話しやすい人しかパートナーに選ばないので、それも然り、なのですが。時間が許せば頼んだこと以外のことをやってくれたり、手入れのアドバイスなども気さくに話してくださるの。直接話しづらいなぁという場合も、私が間に入って雰囲気作りますので、是非作庭の機会に職人さんと触れ合ってみてはいかがでしょうか?

移植するカシの準備作業(根巻き)中の職人さん。造園の職人さんはシャイな方が多い。

庭づくりの行程は、計画から材料選びに始まり、作庭、維持管理と続きます。私達にお任せでも、もちろん都度ご報告は致しますが、せっかくの機会です。これからは、安全な下草を植える作業など、お客様を誘って一緒にするのもいいかもと考えています。

お庭への愛着も増すでしょうし、育てるコツが分かるのでは?と思うのですが、いかがでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください