ツールバッグのエイジング

植栽現場には必ず持っていくツールバッグ。自分で作業するしないに関わらず、腰にぶら下げています。

革製品だけど、現場ではワイルドに使うので、どうしても泥だらけになってしまいます。なので、時々は真剣にお手入れする必要があります。前回は年末の片づけの時に、しっかりと磨きました。

 

WORKS&LABOのボータブルツールバッグを愛用中。

 

このバッグは、剪定鋏や移植ゴテ、スケール、ペン、メモなどがきれいに収まるようになっています。しかも内ポケットが外せるようになっているので、用途も広がるし、メンテナンスもしやすいです。ユニセックスなデザインの優れもの、とっても気に入ってます。

買った時お店の方が「上手に使えば美しくエイジング出来ますよ」って言われていたので、お手入れにも力が入ります(^^*

ご存じの方も多いと思いますが、革のエイジングとは、使い込むうちに、落ち着いた深みのある色になったり、艶が増したり、手触りが柔らかくなったり、いい意味で変化していくことを指します。

 

ツールバッグ。鋏を入れる部分もこのようにパーツをバラして、ひとつひとつ革専用のクリーナーで丁寧に磨いていきます。赤いペンカバーも革なので同じく。最後に防水スプレーをふって乾かします。

 

バッグ自体は使い始めてまだ一年とちょっとですが、赤いペンカバーは10年以上は使ってて、上手にエイジングできたと思うもののひとつです。

確かWhitehouseCoxの製品。今はもう売られてないかも?

買ったときは、現場用にするつもりはありませんでしたが、普通の鉛筆もお洒落に見せてくれるし、何より落としても目立つから、外で使う筆記用具として重宝しています。実際、現場でフタの部分を落としたことがありましたが、職人さんが気付いて届けてくれました。そのまま失くしていたら結構落ち込んでたと思うので、その方には今も感謝しています♡

 

現場って、何故か物を失くしがち。私だけでしょうか?

ペンやスケール・手袋は、これまでどんだけ失くしたか。知らない間に落としたり、置きっぱなしにして、気付かずそのまま帰ってしまうのです。鋏はさすがに失くしませんが、当時持っていたバッグに入らなかった移植ゴテは忘れて帰ったことがあります。シルバーの華奢なデザインのスケールなんか、あっという間にどっかに消えちゃいました。すっごく気に入っていたのに (T_T)ウウ・・・

現場では、決して趣味のいいとは言えない奇抜な色とか、ゴツサとか、やっぱり土や緑の中では目立つのでね、大事です。

しっかり収納してくれるこのツールバッグも、失くし物を減らすのに大いに役に立っています。大事に使って、美しくエイジングさせたいと思います。