木陰

木を1本植えると、四季折々の美しさを味わえるだけでなく、恩恵を受けるというか、ありがたいなと思うことがあります。

これからの季節は木陰が出来ること、かな。

ディアガーデンの庭の木も、苗木だったころは頼りなかった影が、十余年の時を経て、今や美しい緑陰を作るようになりました。何だかね、年々蒸し暑さを感じるようになってきましたでしょ。熱帯化する夏、この緑陰の恩恵は計り知れません。自分でも実感しています。

木陰に入ると、日向に比べ、体感温度はかなり下がります。葉裏からは蒸散による天然のシャワーが注がれるのでひんやり気持ちいい。そしてヒトは五感の中でとりわけ視覚から得られる情報がウエートを占めているため、目で涼しさを感じることも大切。

 

ディアガーデンのテラスに映る淡い美しい影。奥の方は肉眼で見るともっと明るいのだけど。

 

梅雨前の影は、夏ほど濃くなくて、まだ淡いです。何気なく外を見たとき、その淡い影色がとても美しくてしばらく眺めていました。

そういえば、印象派の画家モネの影には、対象物によって、それぞれ違う色彩がありました。そして昨年見た日本画家田中一村の影色は濃い緑でした。一見黒に見えて黒じゃなかったな、なんてことも思い出したりして。

今日のディアガーデンの影色もちょっと青みを帯びたグレーというか、優しい色です。

 

こちらは坪庭。椿の葉陰が美しくて。ドラゴンさんも気持ちよさげ。

 

もうすぐ6月。木を植えても根付きやすく、おすすめの時期です。

緑のカーテンを毎年作るより、木一本植える方が楽しみは多いように思いますが、いかがでしょうか。

ブログでは過去にも木蔭について書いてます。よろしければ→ 緑と健康の関係木陰の気持ち良さって

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください