夏休み後半ノコト

夏休み後半は、お習字の試験に向けて、稽古に励みました。

毎月2回は先生の元に通っているので、日常的に書いていますが、こんなに集中してお稽古したのは初めてかも。ホント言うと昇級や昇段とかどうでもいいんだけど、でも段階に応じた課題をこなすことで、色々な学びや気づきが得られるのよね。私の場合、いくらお月謝を払っていても、締め切りがないとやらない怠け者ですから、やはりこういうシステムでもないと続かないんだろうな。

最終提出は来月半ばですから、時間を見つけて、まだまだ頑張ります。

 

++++++++++

 

さて、そんなお稽古の合間。

夫が「マグロの解体ショー」に誘ってくれたので、気分転換に見てきました。

お兄さんが力強くさばいていく様がめっちゃカッコよかったです。マグロって重いし、皮が結構堅そうで、骨を切る音も大きくて、かなりの力仕事。でも手際よくあっという間に、びっくりするほど量の切り身が並びました。

 

マグロの解体ショーはじまりはじまり~。澄んだ目が新鮮の証。じっと見ていると結構怖い顔に見えてきます。

 

出刃1本で威勢よくさばいていくお兄さん。これは背骨を外しているところです。ネギトロは、背骨についている身を「ねぎとる」ことから付いた名前だそう。私、ずっと葱と関係あると思ってました。

 

お寿司にして振舞われました。やっぱ新鮮で美味し~♡

 

休み最後の昨日。夕方水を撒いているとアゲハチョウが来て、優雅にバーベナの周りを舞っていました。蜜が美味しいのか、私がいてもお構いなしにヒラヒラとずうっといて、その様が夕日に照らされて、それはそれは優美でした。

毎日いろんな鳥や虫がきて、驚いたり感激したり、時に怒ったりしていますが、彼らは私のことを怖くないのか、それともこの庭が気に入ったのか、来る日も来る日も姿を現すのです。

それが昨日は蝶でした。

休みの日の最後として出来過ぎな感じ、と思いながら、日が暮れるまで蝶といました。

 

バーベナ・ボナリエンシスは蝶が好きな花。この子は女の子みたい?いくら蜜を吸ってもいいけど、ここで卵は産まないでねー(>人<) アゲハの幼虫の食欲には参る!

 

暑いけれど夕暮れどきの庭の美しさは格別。黄金に輝くこの植物はペニセタム・ジョメイニク。雑草じゃないよ~(-“-)

 

それにしても、毎日、外は暑い、暑い、づくづく暑いお休みでした。

でもまぁ、やりたいことは8割できて(スイーツづくりが出来なかった^^;)涼しいインドアでゆっくり過ごせたので、体力は温存出来てます。

また秋に向けて庭作りに頑張れそう。

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください