文化・美術展情報と初めてのタルトづくり

夏の終わりは、夏休みに出来なかったことをやって、まだ行けていないイベントへも足を運びたい。ようやく夏日から解放されそうなので、少しは出歩くかな~(^^

 

まずは京都の文化財特別公開に合わせて町屋見学へ。これは次の現場のための勉強も兼ねて行くつもりです。

〇第44回 京の夏の旅文化財特別公開https://ja.kyoto.travel/specialopening/summer/2019/

2019年7月6日(土)〜9月30日(月)10:00~16:30(16:00受付終了)
※一部公開期間が異なります。詳しくは各公開箇所欄をご覧ください。

次は従来の展覧会にはない新しい日本美術の楽しみ方を提案してくれるという展覧会。どんな展示なのでしょうか?!すっごく楽しみです。

〇京都文化博物館「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」(http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/hyakkaryouran2019/

2019年8月25日(日)〜9月29日(日) 10:00~18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館(ただし9月2日は臨時開館))

 

あとは趣味の書に関する展覧会二つ、観劇が一つと、それに仏像ガールと共にまた仏像巡りへも行こうと計画中。

 

++++++++++

 

夏休みに出来なかったレモンメレンゲタルトづくり。一週間たちまして挑戦しました。

今年の夏はレモンがマイブームで、レモンカードの作り方を覚えました。優しい黄色の爽やかなクリームをアイスクリームにかけて食べるのがツボで、この夏はこの味に癒されてました。

そもそもレモンカードとはイギリス生まれの保存食。それを使ったいタルトはイギリスやフランスでは一般的なスイーツで、どんな小さなパティスリーにも必ず置いてあるそうです。

家庭によってオリジナルのレシピが存在していたり、要はおふくろの味的な存在でもある、それほどポピュラーなタルト。そういえばアメリカでも。一世風靡したドラマ「デスパレートな妻たち」で完璧主婦のブリーがレモンメレンゲタルトのレシピを巡ってなんかやってたような?懐かしいな。

 

 

レモンメレンゲタルト、うまく焼けました。酸味の効いたなめらかなレモンカードに甘くてもっちりしたイタリアン・メレンゲがのっかってます。

 

メレンゲに焦げ目をつけてレモンの皮を飾りに散らし出来上がり。タルト台も難しそうに思っていたけれど、やってみれば案外すんなり出来て拍子抜けした。

食後のデザートでいただく。メレンゲは生クリームより軽いので、すごいボリュームですがペロリといけます。タルトもサクサクに出来た♡

 

初めてのタルトづくりでしたが、ビギナーズラックで成功したのかも???

でもこれで変な自信がついたので、これからタルトばっかり作りそう(^m^