来年の手帳

来年もお仕事の予定がある、というのは、フリーで仕事をしている者にとって有難いこと。

OLをやってた時はそんな風に考えたこともありませんでした。行くところがある有難さはすぐ忘れ、あぁしんどい、休みたい、気を抜くとすぐそんなこと思ったりして。

今はやりたいことをやりたい放題出来る反面、当たり前ですが、自分の仕事は自分で作り出さねばなりません。でもそれを、大変なことと思いたくはないのです。来年も、変わらずお声がけくださる方を大事に、ドキドキワクワクするような仕事と、ウキウキの予定で埋め尽くしたいな。

出来ることなら・・・いや、全部自分で決められるんだから、そう出来る。そうしよう。うん。

来年の手帳を前にそんなことを思いました。

 

来年の手帳。カバーは携帯のトープ色に馴染ませてベージュにしました。長年HIGH TIDE社製のタスクタイプでしたが、ここ最近は外に出ることが増え週間バーチカルタイプを愛用。

 

スケジュール管理は昔からアナログ派で、ディアガーデンを創めた年からの手帳は全部残しています。大抵の出来事は書いてあるので、昔の手帳を見ると感慨深い。

やりたいことや展覧会へ行くことなども、手帳に書いたからこそ、忘れず実現出来ました。

私にとって手帳は、単にスケジュール管理だけのものではありません。

 

++++++++++++

 

そしてカレンダーもそろそろ用意しないと。

私は公私ともデスクトップタイプ派です。壁にはアートを飾りたいし、これだったら一時的に片付けもできます。

以前、うっかり壁掛けタイプをもらってしまった時は、苦し紛れにドラフターにその月のを破いて貼っていましたが、何だか落ち着かない。捨てられなくて、いっそ他の絵と同じく額装してやろうかと思ったけれど、そこまでする必要ある?って思い直しました。

たかがカレンダー、でも一年間その場にあるのですから、されどカレンダーです。

それで事務所には、ちょこんと置ける無印のミニカレンダーをチョイスしました。デザイン的には黒が好みですが、事務所の雰囲気には白の方が合うので。

真っ白で可愛い上に、インテリアの邪魔にならないデザインがいいー。無印のバガスペーパーデスクトップミニカレンダー 白・卓上約60×60mm・12月~12月 (画像拝借)

 

 

今朝のディアガーデンの事務所です。テーブルにクリスマスデコレーション。こんな景色を見ながらブログを書いています。クリスマスが終わったらここにミニカレンダーを置くんだ♪

 

来週はいよいよクリスマス・・・だけど、例によって私の中ではワークショップの時がピークだったので、もう終わった気しかしない。

一応ディナーはそれっぽく作ろうかな。