Happy Valentines day-2020

最近のバレンタイン事情、友チョコや自分へのご褒美チョコが増えているそうですね。

特別なこともドキドキ感も全くありませんが、今年も家族で食べる生チョコをいっぱい作ります。そしてついでに自分へのチョコも。

 

これは自分のためのチョコレート。

 

年を重ねるにつれ、神経は図太くなり、行動力は増し、こだわりも少なくなり、物事を良い方に考えられて、忘却力にも拍車がかかり・・・お陰で自分のことで思い悩むことが少なくなりました。その反面、自分以外の者やことにやたらと心配をするようになってしまいました。

愛ゆえに心配が止まらないのでして、余計なお世話とわかっていても、どうにも止まりません。そのストレスで免疫が低下しています。自分でも呆れる反面、まだこんな繊細なところがあったのかと驚いたりもして。

そんなとき考え方を変える言葉に出会いました。

相手に譲る、避ける、好きなようにさせる、相手にならない。同じ土俵に立って考えない。そうすれば、イライラや心配事、不愉快な悩みは消え去る、というもの。そして、厄介な問題を持ち込まれたときは「それはそちらの事情ですよね?」と言うと相手も冷静になるとのこと。

愛はあっても、好きなようにさせる、同じ土俵に立って考えないことにしよう。そう思うと、気持ちが軽くなるような~。

 

柔らかくしたホワイトチョコレート(120g)とクリームチーズ(100g)に苺ジャム(大さじ1)を混ぜて丸めたもの。TVおは朝で紹介されていたレシピです。モチモチ触感がいい!

 

結局のところ、私の心配は杞憂に終わり良かったのですが、ちょっと精神的にしんどかった今週。好きな音楽でも聴きながらチョコを食べ、馬鹿な自分を慰めています。

皆様には、どうか愛溢れる一日を。

 

 

 

初雪

この冬初めての雪です。

立春を過ぎて、もう降らないのかなぁとちょっと寂しく思っていたところでした。

 

事務所への階段。真綿を掛けたようにふっくら積もりました。

 

確かに寒いけれど、降り方に勢いがなくて、せいぜい5cm積もるのがやっとという感じ。

でも、そんなわずかな積雪で庭の景色は一変します。

雪化粧したディスプレイガーデンをご覧ください。

 

侘助椿

 

テラス

 

雪景色を庭で楽しむ場合、積雪10cm迄くらいが一番美しく見えるのではないかと思います。その位だと植物や庭の骨格が埋もれてしまわず、うっすら化粧した感じに見えるからです。

白銀の世界というのにも憧れますけれど、白銀の苦労もそれなりに味わったことがあるので・・・(^^;

そういう意味でも10cm迄がちょうどいいなぁと。

 

「この日を待ってたよ~」と現れた雪だるまくんです。

 

今日は全国的に寒波の影響が。

お出掛けされている方は無事のお戻りをお祈りしています。

 

 

追儺

古来、季節の変わり目には鬼が出てくるとされていました。鬼とは、病気やら不幸やら不作やら悪いことすべての「象徴」です。今なら新型コロナウィルス肺炎がまさにそう呼べるかと。そして世界で広がりつつあるアジア人に対する偏見の心も鬼でしょうか。

しばらくは続くであろうこの不穏な雰囲気。でも今日ぐらいは、そんな目に見えない鬼に豆を打ち、気晴らしをしたいものです。

 

例年通り節分の室礼。豆に鬼ならぬお多福の面を添えて。

 

明日は立春。春の気配が感じられる頃という意味ですが、2月ですから寒いのは当たり前。立春は寒さのピークとも言えます。

立春を迎える喜びとは、寒さに中に一瞬のゆるみを感じること。峠を越えた瞬間、ふと次を感じさせてくれるような景色をみると、安堵と期待が混じったような嬉しい気持ちになります。

例えば、玄関先の坪庭に咲く椿。冬になると咲く花です。厚い葉は少しづつ力を増していく陽の光を照り返し光っています。そんなところに寒さのゆるみを感じ希望を重ねるのです。

庭ある暮らしは、このように僅かな変化を前向きなものと捉えます。それが気晴らしにもなるように思います。

 

 

餅花の向こうに見えるのは坪庭。ただいま椿が満開です。

 

木偏の春と書く椿は春を呼ぶ花。

 

龍(ドラゴン)のオブジェの近くにまだ色艶の残る落椿。

 

とはいえ、今年は暖冬。何となく椿もほっこりとして見えます。

それにいつもなら、ヒヨドリが椿の蜜を求めて花を食い荒らすところ、今年は割と綺麗に残っています。彼らは他に食べるものがいっぱいあるのかしらね?