のんびり三連休 

夏の定番メニュー、かどうかは定かではありませんが、トウモロコシがお安く出回るようになると、我が家では炊き込みご飯にします。

もちろんそのまま茹でたりポタージュスープにもします。

トウモロコシ、大好きなんです。

 

旬のトウモロコシで炊き込みご飯。芯も一緒に炊くと風味が増します。

 

1日に2合しか炊かないので、いつも炊飯器ではなくお鍋で炊いています。その方が時短で嵩張らないし、手入れもラクです。

そんな炊飯専用お鍋を、この春、STAUBの「ラ ココット de GOHAN」に変えました。炊いたらそのまま食卓へ出せる愛らしい見た目が気に入っています。

STAUBのお鍋は鋳物ホーロー鍋。デザインや性能は折り紙付きで保温力もあります。でも重いからずっと敬遠していました。このシリーズは本当に小さいのでギリOK。

 

とうもろこしご飯にコーンポタージュ。暑い日だったのでスープは冷製にしていただきました。

 

関東では日照不足で農作物に影響が出始めているとか。太陽が出なければ光合成も弱まって、葉の成長や花付きに悪影響が。旬の野菜をお安く買って美味しくいただくのが、その季節を元気に乗り切る方法のひとつだと思うので、この状況は心配です。

でもこと天候に関しては祈るほかなく。

関西でも梅雨らしい天候が続いて、庭の植物は全体的に徒長気味。特に背の高い植物がどうしても倒れがちなので、雨の止み間を狙っての切り戻しをオススメします。

 

万年日照不足のディスプレイガーデン。こちらはテラスの花壇です。夏は明るい白斑とライムグリーンで爽やかなコーデに。アジサイの花は雨を受けて重くなるので、止み間に水分を払ってあげます。

 

 

+++++++++++

 

さて、私の三連休はちょこっとお買い物に行っただけ~ですが、欲しかったものを買ってもらったので、大満足の三連休です(^m^

あとは御三どんとスイーツ作りを楽しんで。

 

お手軽スイーツ「あんこの揚げトースト」。耳を切り落としたサンドイッチ用の食パンを薄くのして、こし餡を塗り、巻いて揚げるだけ。揚げるのがミソで香ばしくて餡に深みがでます。揚げたてが最高。

 

のんびり出来たので、もうお休みモードは終了。

午後から仕事しまーす。

 

 

一人生えに注意!

関西では観測史上最も遅い梅雨入りとなった26日、ここ近江八幡市では朝からピーカン。

とある店舗さんの庭のメンテナンスを請け負っており、天気予報では午後から降るようなことを言って心配していましたが、自称「晴れ女」のワタクシ、仕事を全うして?この日はとうとう一滴も降らせませんでしたw

雨が降らなくても、滝のような汗で結局ビショビショになるんですけど(^^;

 

こちらのお客様のお悩みは、植えた覚えのない、勝手に生えてきた木を放置していたら、いつの間にか大きくなってしまって、お店のシンボルである看板が見えにくくなってしまったこと。

見ると5m近くにも育っています。花壇枠ギリギリのところに生えているものが多く、普通で考えて造園関係者がそんな端っこに植える訳がないので、これらの木は、近くの木から種が飛んできて発芽した、もしくは、実を鳥が食べて糞を落とし発芽したものに違いありません。こういう現象を「実生」とか「一人生え」と言います。

 

メンテナンス前の状態。動画の切り取り画像なので再生しません。なのでかなりブレてますが。左の黒いのが看板で、その付近にクスノキやエノキやクロガネモチがニョキニョキ育っていました。恐らく「一人生え」かと思われます。

 

一人生えの木でよく見かけるのは、高木ではクスノキ、シマトネリコ。クスノキは街路樹に多く、たぶん鳥が運んでいます。シマトネリコは庭木に多く、種を飛ばしているものと思われます。低木ではナンテンやマンリョウなどをよく見かけます。

そもそも木の実は繁殖のために生らすもので、熟すことによって鳥や動物に食べてもらい、遠くに運ばれるように出来ています。生き物の体内で発芽しやすい形に加工され、適度な水分や栄養分と共に排出されることまでも植物は計算済みで、その種のDNAには親から受け継いだ土地の情報も満載だから、根付きやすく成長も著しいのです。

そう考えると一人生えは起こるべくして起こる現象、ですね。

ディアガーデンの庭でも、一人生えはしょっちゅう。以前、侘助椿の根元にツヤツヤの葉をつけた苗が10cm程に育っていて、もしかして椿?と思っていたらクスノキでした。どこかでみたような?と思ったらマンリョウだったとか。ナンテンはさすがに分かりやすいのですが、葉が小さいうちは見分けが付きにくい場合もあります。嬉しかったのは山椒の木。ヒペリカムもあったな。うちの場合はもともと小さな庭だし、おまけに植栽が飽和状態なので、今は見つけ次第全部抜いてます。

一人生えで特に気を付けていだたいきたいのはクスノキ。「小さいからまだいいや。葉っぱもきれいだし、目隠しにちょうどいい」なんて思って放っておくと、あっという間に大きくなって、根も張って抜けなくなり、どうしよう~ってなります。広い庭ならいいけれど、普通のご家庭の庭先にクスノキがあると、剪定は毎年しないといけませんし、切り枝はワンサと出るし、落ち葉はすごいし、大変だと思います。

 

メンテナンス完了。画像手前の花壇に生えていた「ひとり生え」の高木を伐採。ツツジの枯れ木を取り除き剪定、デッキ周りは除草して防草シート敷き化粧砂利を蒔きました。花壇と歩道の間の雑草もキッチリ抜いて掃き清めたらこの通り。めっちゃスッキリ♪照明がちゃんと当たるようになって夜の看板も明るく。

 

この店舗さんのように低木を植えている花壇内に一人生えが起きると、どうしても発見が遅れがち。これからもこのような現象が起こる確率は大で、日々の観察と、こまめに花壇のメンテナンスを行うことが一番です。

梅雨に入り、これから植物の成長が加速します。見かけない木を見つけたら、すぐ調べて正体を突き止め、冷静に判断してください。たぶん抜く方がいいかなぁと思います。

 

 

梅雨前に剪定のお仕事

先週は現場や展示会などで、外に出る日が多かったのですが、晴れの日ばかりで助かりました。

造園の仕事はお天気に物凄く左右されます。雨だと実質的に出来ない作業も多いし、出来たとしても効率や仕上がりに差が出そうなので、降らないといいなぁと願って、しょっちゅう天気予報をチェックしています。

関西の梅雨入りはもう間もなく。「出来れば梅雨までに剪定を」と伺っていたお得意様宅の仕事が済んで、ホッしています。

 

そのお宅、広い敷地に色々な庭木が何本もあります。高さ7~8m近く育った木が多く、ご事情があって長年茂らせた状態でした。実は2年前に「あまり切らないで」とのご希望で少しだけ手を入れましたが、また元の状態にまで復活してモリモリ茂っていました。

それで、今年は状況が変わったこともあり「強めに切り戻したい。枝も透かして庭に光を入れたい」とのこと。それならと、樹形を作り直すつもりでバッサリ切らせてもらいました。といっても、切ったのは私ではなく、パートナーの職人さんですけれど。今回は一人で二日間頑張っていただきました。

ビフォーアフターを見ていただくと、スッキリ加減がよくお分かりいただけるでしょうか。

 

剪定前。塀の向こうに見える庭木が剪定する場所。家が見えない程高く、またかなり茂っています。梯子で手が届かない木は、ユニックにゴンドラを付けて作業していただくことに。

 

今回のように樹形を作り直すには、目指す樹高を考慮しつつ、良い枝があるところまで下って切り詰める必要があります。良い枝というのは、樹種により一概には言えませんが、緩やかに外を向いて伸びており、他の枝と重ならない健康的な枝。変に上を向いて真っ直ぐ立った元気すぎる枝は徒長枝と言って樹形を崩すのでイケマセン。

プロじゃないと、太い枝を切るのはなかなか勇気のいること。それでつい枝先ばかり切ってしまう。すると、そこからまたたくさん枝が噴出して「ずんぐりむっくり」した樹形になってしまうんです。

いい枝を見つける目、ダメージを与えない切り位置、時に思い切りよく、でも全体的には一定のリズムがある切り方。また、将来の樹形を想像しながら切れるかどうか。プロとアマの違いはそこじゃないでしょうか。

職人さんは何年も前に鋏を入れた場所もしっかり覚えておられます。厳密に言うと、覚えている訳ではないそうですが、見たらすぐ分かるんだって。

 

剪定後。一直線にならないよう樹高を考慮しました。1.5m~2m近く切り戻し、枝にもかなり鋏を入れていただいた。おかげで大屋根の姿も鬼瓦も見えて、柔らかく明るく、そして涼し気な雰囲気になりました。

 

軽快な鋏の音が静かな庭に響きます。それが耳に心地良くって。早朝から夕方までずーっと、全部の木を鋏1本で仕上げられます。太い枝は鋸を使われますけれど、ほとんどの枝は鋏です。

それで思わず馬鹿な質問・・・「こんなにたくさん切って腱鞘炎にならへんの?」

「え?どこが腱鞘炎になるって?」「別にならへんけどwww」

誰に聞いてんねんって。ねー。

ホント失礼しました(*ノωノ)

 

それで私は何をしていていたかというと。

お客様の意向を職人さんに伝え、どう切ってもらうか全体のバランス考えるのが役目です。初日はお客様がいらっしゃったので、見ていただきながら微調整もします。大きな木の場合、離れたところからどの枝を切るか見たり、また、落ちた枝を片付けたり掃除をしたりと手元(職人さんの補佐)的な仕事も結構忙しいの。

手元の方が別にいらっしゃると、ここまではやりませんけど、大抵の現場で、時に図面を見ながらそんなことをしています。

造園の職人さんは皆さん「気は優しくて力持ち」という方が多いんです。特にディアガーデンのパートナーさんは接しやすく丁寧な方ばかりなんですけれど、一般的に、職人さんにどう伝えていいのかわからないという方は割と多いと思うの。私のような者が間に立つことで、要らぬストレスも減るのではと思います。

 

庭の中から剪定後の木を仰ぐ。剪定前はあまり見えなかった空がよく見えます。スッキリしました。

 

画像の部分以外にも、シンボルツリーのケヤキや、前栽の方やら、かなりたくさんの木に鋏を入れました。これから定期的に手入れをさせていただけそうなので、今回大手術的な剪定をした木も含め、良い樹形になるよう、職人さんとしっかり見守りたいと思います。

 

++++++++++++

 

それにしても天気がいいのは有難いけれど、蒸し暑くてねー。

でも最後、さっぱりした庭の姿を見るとめちゃめちゃ気持ちいいし、お客様の笑顔で疲れも一気に吹き飛びます。

充実感に包まれて、この仕事をやっててよかったなーと思う瞬間です。

 

 

初夏のディスプレイガーデンより近況諸々。

今週はディアガーデンの前庭に植えたエゴノキの花が見事でした。

事務所の扉や窓を開けると、木の花らしいスッキリとした香りが漂ってきて、それはそれは贅沢な心地。

 

前庭にあるエゴノキ。満開。見事でした。

 

中から見る。ここはキッチンの小窓。朝夕この眺めを堪能しています。

 

窓際に植えてあるので、室内からの眺めがもう!

鳥の鳴き声しか聞こえない静かな早朝は荘厳な雰囲気、昼間は青空と白のコントラストが爽やか、夕日を浴びて少し赤味みを帯びた眺めは形容しがたいくらい美しいです。

 

降るように咲いて。

 

花蜂はこの花を目ざとく見つけて、忙しそうに飛び回っていますが、人はこんなに咲いていても案外目に入らないようです。ご案内して初めて「オォーーーッ!」って感じで驚かれます。

桜と違って葉っぱの裏側に垂れ下がるように咲くからでしょうね。私だけ眺めるのはあまりに勿体ないのでここでご紹介しました。

 

 

ところで白い花って、どうして白に見えるかご存知でしょうか?

アサガオの花を水の中ですりつぶすと色水が出来ますが、白い花では同じように出来ません。白い色素はそこにないからです。

花が白く見えるのは花びらの中に小さな気泡がたくさんあるからだそうです。気泡に光が当たると白く見えます。波しぶきやビールの泡が白く見えるのと同じ原理だというと分かりやすいかしら。だから白い花びらから、その空気の泡を追い出したら、白色ではなく透明になります。

無色の色素しかもたない花たちは、そのままでは虫に気づいてもらえません。そこで小さな泡を込めて白く目立たせるという知恵を働かせたのですね。そういう風に進化したというか。

 

エゴノキの花、虫に見つけてもらえて受粉に成功です。この蜂とのお話、また改めて書きます。

 

植物の知恵にはいつも感服します。

そんなことで首尾よく受粉し実らせることが出来たエゴノキの実。土に落ちると結構な確率で発芽しますから抜くのが大変です。まずくて食べもできないので、たくさん生っても私は全然嬉しくないのですが。

そこは人は蚊帳の外というか。植物と虫たちの営みのおこぼれをもらっているだけの存在ですから、文句は言えません。

 

+++++++++++

 

道路沿いに建つ我が家(兼事務所)は、大きな窓は裏側に設けており、表側は小窓しかありません。中でもキッチンの小窓は一番道路に近いので、目隠しと防犯を兼ねてエゴノキを植えました。土も少ないし、日当たりも悪いからあまり育たないだろうと思っていたら、何故か気に入ったみたいで、よく育ってしまいました。

場に合わせて、小さくするために、数年に一度幹の代替えを行っています。太い幹を根元からバッサリ剪定してしまうという荒業です。

 

剪定といえば、

庭木、特に寒さに弱い常緑樹は、今からが剪定適期です。夏前にスッキリさせておくと、見た目も涼やかですし、病害虫対策にもなりますからおすすめです。

ディスプレイガーデンの常緑樹は、前庭にアオキ、生垣のヒイラギモクセイとイヌツゲがあります。

先日、ひとまずアオキの剪定を済ましました。ビフォーアフターをご覧ください。↓

 

前庭のアオキの剪定前後を比較。かなりスッキリしたでしょ?和庭だったらもっとむしってるところですが、ウチは草花と一緒なのでこんなもんで。

 

低木ですが、大きな葉がたくさんつきます。苗木を植えて10年以上経つので、何もしないと隣に植えている植物を覆ってしまう程モリモリと茂ってしまい、かなり嵩高く暑苦しい見た目になります。

まずは不要な枝を切り戻し、折角出てきたきれいな葉っぱも半分以上は千切ります。

アオキの枝先の細い部分は手できれいに千切れます。葉っぱは千切るというよりむしるという方が伝わるかしら?これが結構ストレス発散になって楽しいです。少々失敗しても問題ありません。むしってむしって、むしりまくり!

アオキには気の毒だけど、庭木としては、ちょろっと葉っぱが付いているくらいがカッコいいって、最近思います。

 

+++++++++++

 

宿根草が勢いよくなってきたディスプレイガーデン。アジサイの花芽も順調に育っています。

これから梅雨までは輝きの季節。庭のあちこちが命のきらめきで溢れています。

ガーデンライフをめいっぱい楽しみましょうね。

 

 

ツールバッグのエイジング

植栽現場には必ず持っていくツールバッグ。自分で作業するしないに関わらず、腰にぶら下げています。

革製品だけど、現場ではワイルドに使うので、どうしても泥だらけになってしまいます。なので、時々は真剣にお手入れする必要があります。前回は年末の片づけの時に、しっかりと磨きました。

 

WORKS&LABOのボータブルツールバッグを愛用中。

 

このバッグは、剪定鋏や移植ゴテ、スケール、ペン、メモなどがきれいに収まるようになっています。しかも内ポケットが外せるようになっているので、用途も広がるし、メンテナンスもしやすいです。ユニセックスなデザインの優れもの、とっても気に入ってます。

買った時お店の方が「上手に使えば美しくエイジング出来ますよ」って言われていたので、お手入れにも力が入ります(^^*

ご存じの方も多いと思いますが、革のエイジングとは、使い込むうちに、落ち着いた深みのある色になったり、艶が増したり、手触りが柔らかくなったり、いい意味で変化していくことを指します。

 

ツールバッグ。鋏を入れる部分もこのようにパーツをバラして、ひとつひとつ革専用のクリーナーで丁寧に磨いていきます。赤いペンカバーも革なので同じく。最後に防水スプレーをふって乾かします。

 

バッグ自体は使い始めてまだ一年とちょっとですが、赤いペンカバーは10年以上は使ってて、上手にエイジングできたと思うもののひとつです。

確かWhitehouseCoxの製品。今はもう売られてないかも?

買ったときは、現場用にするつもりはありませんでしたが、普通の鉛筆もお洒落に見せてくれるし、何より落としても目立つから、外で使う筆記用具として重宝しています。実際、現場でフタの部分を落としたことがありましたが、職人さんが気付いて届けてくれました。そのまま失くしていたら結構落ち込んでたと思うので、その方には今も感謝しています♡

 

現場って、何故か物を失くしがち。私だけでしょうか?

ペンやスケール・手袋は、これまでどんだけ失くしたか。知らない間に落としたり、置きっぱなしにして、気付かずそのまま帰ってしまうのです。鋏はさすがに失くしませんが、当時持っていたバッグに入らなかった移植ゴテは忘れて帰ったことがあります。シルバーの華奢なデザインのスケールなんか、あっという間にどっかに消えちゃいました。すっごく気に入っていたのに (T_T)ウウ・・・

現場では、決して趣味のいいとは言えない奇抜な色とか、ゴツサとか、やっぱり土や緑の中では目立つのでね、大事です。

しっかり収納してくれるこのツールバッグも、失くし物を減らすのに大いに役に立っています。大事に使って、美しくエイジングさせたいと思います。

 

 

年末のお仕事事情、庭仕事・・・でもFestiveSeasonを楽しんで

今年提出するべき案件は大方おえて、やれやれと肩の力が抜けてます。

みなさん年末はバタバタされてますから、納期がタイトになるのは仕方がありません。急なご依頼であればあるほど納期が厳しいってもんです。こういう場合、私もしんどいですが、一番しんどいのはお客様・・・と思って、出来るだけ応えます。

本来なら余裕をもって事が進んでいたはずなのに、何か手違いがあって、急ごしらえを余儀なくされた・・・そういうことって、時々ありますよね。時間がない中、信じてご依頼くださって、私が作業する間は待つしかないんです。相当辛い状況です。これが逆の立場なら、耐えられへんわって思います。だから絶対間に合わせます。

しんどいけれど、こういうシチュエーションで、集中力や瞬発力が鍛えられるんですよね。

思えば造園や外構工事って、建築の一番最後の工程です。建物の工事がどれだけ遅れても、引き渡し日や開店の日は延期されないので、帳尻を合わせるのは私達です。それは予算の場合でもしかり。何でなん?って思っても仕方がない。やるっきゃないって状況は、いつものこと・・・だから、鍛えられて出来るようになりましたし、肝も据わるwww

 

++++++++++

 

今は、凪いでます。2018年を締めくくる作業、年賀状づくりや内外の掃除、整理整頓を始めました。

普段、小掃除をやっているので、大掃除ってほど大層なことはしません。庭も11月末に庭師さんに完璧に掃除してもらったので、それ以降たまった落ち葉を取ったり、植栽の手直しをしたりするくらい。落ち葉は集めてコンポスト作りに使います。

 

スギゴケが入っていた木箱を再利用してコンポストを作っています。この通り、場所はそんなにとりません。通常は雨除けにカバーをかけてます。

 

庭の落葉樹の落ち葉のほとんどがこの杉箱の中に納まります。常緑樹の葉っぱは、なかなか腐敗しないので入れません。

コンポスト作りは、そこに土と米ぬかを加えベースを作ったら、あとは日々の野菜屑や果物屑など放り込んで、かき混ぜるだけ。スイカの皮とか、たくさん入れてもいつの間にか無くなっているの。ブラックボックスだなぁっていつも思います。秋になると随分と嵩が減って、ほぼ堆肥の状態になっています。全然臭くなくて、土のいい香りがします。

ただ完熟、とは言い切れないので、花壇の土には混ぜ込まず、表面に撒きます。マルチングですね。いつも冬に撒いています。寒気に晒すことで病害虫退治にもなりますし。

小さな庭で命が回ってる・・・それが目で見てわかります。無駄なものは何もないのよね。

 

++++++++++

 

12月初めに行ったクリスマススワッグのワークショップの片づけも今頃ようやく。

花材やオーナメントを多めに用意しているせいか、どうしても余ってしまうの。処分するモノ、来年使えるモノに選り分けながら、でもイキイキした枝を見ると、どうしても捨てられないのよね。

気が付くと、リースを作りはじめてしまっていて、なかなか片づけが終わりません(^^;

 

余った材料てんこ盛りの賑やかなリースになっちゃいました。トウガラシにピンクペッパーベリーと香辛料のオーナメントが目立つのでキッチンに飾ろうかと。

 

私がいつも立っている流しのあたりから見える壁に掛けました。

 

クリスマスのフェスティブシーズンもいよいよ大詰めですね~。

日暮れも早いこの頃。夕方には、イルミネーションライトやキャンドルを灯します。私は木に巻きつけず建物に付ける派。植物に付けると傷をつける可能性大だし、なるべく負担になることは避けたいのです。

都会ならあちこち凝ったイルミネーションが輝いて、歩いているだけで、華やいだ気分になるのでしょうが、ここ近江八幡市ではそんなイルミネーションは全くありませーん(T_T)

なので、ディアガーデンなりにささやかながら、街にクリスマスムードを提供しようかと。

 

通りに面した事務所の小窓に小さな灯り。街にクリスマスの雰囲気を少しだけこぼして。

 

こちらは、表通りからは全く見えないテラス。主にリビングから楽しむイルミネーションですが、ご近所さんはなんとなーく見えるかな?

 

小さなクリスマスツリーにも灯りをつけて。夜はソファに座ってこの眺めに癒されています。

 

これらの飾り、25日が過ぎると片づけて今度はお正月の準備と、何とも慌ただしいことです。雰囲気が一気に洋から和に変わるので、滑稽だなぁって思う程。今まさに、クリスマス飾りを見ながらお正月飾りの準備をしてて、なんとも変な感じ~。

邪魔くさいし疲れますが、やっぱりね、ないと寂しい。私の場合、クリスマスに先立ってそのワークショップをする関係で、必要に迫られ飾っていくうちに、どんどんハマっていきました。

クリスマスまであと少し。皆様のクリスマスのご予定は?

 

 

ディスプレイガーデンの高木剪定

今週はディスプレイガーデンの高木や生け垣の剪定をしてもらいました。職人さんのお陰でスッキリとした気持ちで2018年を締めくくれそうです。

庭を作ってしばらくは自分で剪定していました。だんだん木が大きくなって手が届かなくなり、切り枝の処分にも苦慮するようになってきましたので、職人さんにお任せすることにしました。このところは1年~1年半に1回のペースでお願いしています。

私の専門は設計・工事監理ですので、どこを切るとか不要な枝、目指す形等はわかるのですが、実際剪定するとなるとすごく時間がかかります。その点、本職の植木職人さんの技と手際の良さは素晴らしい。掃除ひとつとっても、道具を駆使して本当にあっという間にサッパリ!綺麗にしてくださいます。

整った庭を見るこの気持ち良さはねー、もうね、悶絶級(^^♡

 

ディアガーデンの前庭全景。作業前の様子です。

 

上下↑↓の画像を見比べてみてください。

一見どこを切ったか分からないけれど、Afterの方がスッキリしています。これが職人技なんですね。幹や枝のバランスを整えてもらったのです。いかにも「切りました!」的なゴツゴツした印象はなく、あくまでしなやか。

2本ある落葉高木(左がエゴ、右がアオダモ)はもう少し伸ばすつもりですので、今年は幹の代替えはしませんでした。小さな庭の株立ちの木は、時々幹を更新しながら育てていくと、繊細で美しい姿を長く楽しめます。どの幹を残すか?切るか?ご自分では判断しかねる場合、私達が的確にアドバイスさせていただきます。

 

左に見える高木(エゴノキ)と右に見える高木(アオダモ)は不要な枝や幹を抜いてもらいました。足元の宿根草はこれから冬眠に入るので地表部を短く切り戻し、落ち葉も掃除しました。

 

3か所ある生垣もスッキリと整えてもらいました。角や面が出来ると品良く見えますし、場も広くなりました。

これがまた見てて超気持ちいい。

 

建物の東側、お隣さんとの境界にそってヒイラギモクセイの生垣があります。かなりボサボサ。通路側に枝を伸ばしているので狭く感じていました。葉の虫食い痕も目立ちます。

 

境界ブロック内に納めてもらいました。この面のキレイさね。ピシーッとした生垣をおかずにご飯食べられそうです。例え方がおかしい?

 

テラスのレイランディの生垣。面が揃ってスッキリと気持ちいい♡かなりスケスケになっちゃいましたが、またすぐ茂るので。モミジは以前芯の枝をうっかり折ってしまい形が崩れています。今はあまりいじらずに枝を作っているところ。

 

レイランディに「スギドクガ」という芋虫が沢山ついていたみたいで、処分するのに切り枝をトラックに積んだら、次々と這い出してきて気持ち悪いことになってしまいました。

ドクガといっても、毒はないのですが、気持ち悪さは相当なもんです。今年の夏はあまり見なかったので油断していました。職人さん、本当にごめんなさーーーい(>人<)

でも、剪定で害虫駆除が出来るって、こういうことなんです。

 

++++++++++

 

今回、木の方ばっかり見ていて、職人さんの勇姿を撮り忘れてしまいました。うっかりしていました~((+_+))

仕事中は寡黙で怖いくらい真剣な顔つきで切っておられますが、普段は面白い話をいっぱいしてくれます。植木職人さんは、木に登るため皆さんスリムだったり小柄だったり。共通しているのは、本当に植物が好き、木が好きってことかな。一緒に庭の話をしているとあっという間に時間が経ってしまいます。

ディアガーデンはビジネスパートナーとして、色々な職人さんや造園会社さんと繋がりがありますので、お客様や庭に合わせてお手配できます。職人さんは一見怖そうで(誤解なんですけどね)言いにくいわ・・という方、特に奥様方には、同じ女性である私の方がアレコレ伝えやすいのではないでしょうか?

12月いっぱいは、どの職人さんも大忙しで無理なんですが、年明けからは、ご希望に合わせられると思います。この機会に庭の整備をされませんか?1本でもお伺いします。

まずは見せていただいて見積もりをします。お値段があえばご依頼くださればと思います。以前にも書きましたが、こまめな剪定が庭や木の健康とプロポーションを保ちます。

 

++++++++++

 

そうそう、話は変わりますが。

この度ディアガーデンのオフィシャルサイトのfacebookいいねカウントが「200」越えしました(^^)v ブログのいいねのように、どなたがポチッとして下さったのかわからないのが残念ですが、この場で御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

いま見るとまた増えていて「207」に♪ ありがとうございます。

 

これからもブログやお知らせの更新が中心になりますが、このブログを見てくだされば、旬の植物や庭のデザイン、その時々にやるべき庭仕事、ディアガーデンの作庭風景、私のおすすめしたい事、情報などなど、わかるかと思います。

(たまっている施工例を美しく撮影してUPしなければ・・・^^; )

少しでも皆様のお役に立てるようなサイトに出来ればと思います。今後共どうぞよろしくお願い致します。

 

 

庭木の剪定の大切さ(X’massワークショップの告知あり)

今週は、とあるお庭の整備を行いました。

ご自分で好きな木を植え、これまでずっと手入れをされていたのですが、ご事情があって、手を掛けられず伸び放題に。今回は、一度リセットする意味で伐採抜根もしつつ、大掛かりな剪定をさせていただきました。

伐採したのは、今後も到底手に負えないであろう育ちすぎた木。ある木などは、初めは50cmにも満たないほどの苗木だったそうですが、十数年たって6m超えの立派な木に成長。脚立に登っても手が届きませんし、隣地境界を越境する鬱蒼とした葉張りで、幹は根本で直径30cm。

見るからに健康なので切るのには気が引けます。いつものように、まずは感謝と陳謝のお清めをお客様と一緒にして作業にかかりました。

 

+++++++++++

 

同じ針葉樹で十数年たっても、それほど幹が太らない場合もあります。例えば、ディアガーデンの生け垣のレイランドヒノキ。もう植えてから12年経ちますが、直径は根本の一番太いところでも10cmです。

その差は何でしょうか???要因は様々ですが、目に見えてわかるのは、葉の量の違いです。私は毎年剪定して、風も通るように枝を調整しています。生け垣ですからコンパクトに整えています。

剪定せずに葉を伸ばし放題にすると、たくさん光合成できるので、栄養がどんどん運ばれ、すくすくと成長します。幹も太ります。庭木も放っておくと山の木のようになります。でも庭は山と違って広さが限定されるので、そこに納まるように樹高や葉の量をこまめに調整しながら、付き合っていくものなのです。だからこそ身近に高木を植えられるとも言えます。

透かすと台風の時にも風を逃してくれますし、病害虫も発生しにくくなります。見た目の圧迫感が減り、足元も明るくなるので草花も育ちます。いいことだらけです。

 

+++++++++++

 

例えば、代々引き継がれたお庭で「毎年剪定するのはわかっているけれど、代金がバカにならないのよね~」という方は、思い切って今の生活にあう庭に変えることをお勧めします。

元の庭の体裁を残しながら、木を減らし、地被植物を減らし、見た目も気分的にもサッパリと!負担にならないお庭に変えられます。長い目で見ると、そちらの方がお得で、本当に気に入った木と長く付き合えると思います。

実は今回、お庭の整備を終え、お客様からいただいた言葉が「ものすごくスッキリして庭のストレスから解放されました」でした。それを伺って私もすごく嬉しかったです。これからはまた以前のように「癒しの庭」になることを願っています。

 

++++++++++

 

話はごろっつと変わりますが、

毎年恒例のクリスマスワークショップの告知、もう見ていただけましたか???

 

 

今年の予定は次の通りです。

■ディアガーデンのお客様:11月28日(水)29日(木)

■ビジター様:11月30日(金)12月1日(土)2日(日)

詳しくはコチラ→クリスマス・スワッグづくりワークショップのご案内

 

皆様にも作っていただくスワッグ。デザインの一部に、実は今回剪定した枝を使わせてもらっています。通常なら処分してしまうところ、あまりに生き生きと美しいものですから、出来ることなら良いイメージで生かしてあげたい・・・そんな風に思いました。

お陰でミスティーグリーンの雰囲気ある上品なスワッグになりました。

皆様のお宅にもきっと似合うと思います♡

 

 

台風一過。お庭は大丈夫ですか?

昨日の台風は本当に恐ろしかったですね。皆様のところは大丈夫でしょうか。ニュースやSNSを見ていると、21号の爪痕は凄まじく、被害に合われた方々はどんなにか驚かれ、どんなにかお困りのことでしょう。心よりお見舞い申し上げます。

この辺り(滋賀県東部)でも、枝葉を大きく広げた木は、風圧をまともに受けてしまい、倒れたり折れてしまったり。自然の猛威をまざまざと見せつけられた感じです。

幸いディアガーデンは被害を免れることが出来ました。あの荒れようを思い出すに、ラッキーとしか言いようがありません。

そんな中、報道は本当に危機迫る感じで、詳細でいてかなり正確に伝えてくれました。そのお陰で、迎える覚悟や対応も出来たのかもしれません。「これまで経験したことがない位の○○」という表現が多すぎるこの頃、しかもそんな人の想定など軽く超えていきます。日本の気候は、地球は一体どうなってしまうのかと憂いでしまいますが、何とか凌いでいかなければなりません。

 

台風一過の後始末。道路に面してオープンな前庭には、街路樹の枝が吹き飛ばされてひっかかっていました。その他は飛んできてなくて、近所も無事のよう。良かったです。

 

昨日の暴風は予報どおり初めは東南から吹いてきました。ディスプレイガーデンでそれが当たりそうな木、針葉樹の生け垣の一部に植え直してまだ2、3年ほどの木があって、見るからにヤバそうだったから、急きょ支柱をしてしっかり結わえておきました。

案の定、可哀想な位ブンブン揺さぶられてはいましたが、何とか耐えてくれました。針葉樹は背丈のあるわりに根が小さいから、何もしないと絶対傾いていたと思います。

紐一本でも、要所に効いていると、効果は大きいなと実感しました。ちょっとしたことですが、支柱があることの安心感は大きかったです。

 

針葉樹の生け垣。元々あった丸杭に、新しく竹を渡して(矢印のところ)それに幹をしっかりと結わえました(丸の部分)。造園では普通にやる「男結び」という結び方で、一度結ぶと自然には解けません。

 

実は、暴風が当たった木には、このところ支柱はしていませんでした。植えている場所は、隣地境界付近。建物と建物の間の狭い空間で、普段は風が吹きつけるようなことはないからです。

10年以上前でしたか、最初に植えたときには支柱をしていて(生け垣用の支柱で「布掛け支柱」といいます)、今でもその丸杭は健在ですが、横桟の竹は腐ってしまって捨てちゃいました。それ以来ずっと支柱なしですが、全く問題ありませんでした。

でも、さすがに今回は危険だと判断しました。支柱をやり直して正解だったなぁと思います。

普段はパートナーである造園の職人さんがやってくれますが、緊急事態なので自分でやりました。方法は知っているし、いつも見ているし、材料もあるので、大丈夫なんですけどね。あんまりやらないから、久しぶりで新鮮でした。

+++++++++++

支柱は、その木の姿と根鉢のバランスを見て、また植える場所によって、するかどうかを決めます。そしてするとなると、なるべく悪目立ちしないように、その立て方を考えて、しっかりと打ち付けたり結わえたりします。

でも支柱はない方がいいんですよね。

大きな木は支柱も大きくなってしまいますし、落葉期なら木本体よりも目立ってしまう時もあり、何だかなぁと思います。地下支柱という目立たない支柱がありますが、これも大きな木ですとそれなりの金額になります。

支柱がないと、木は自らしっかり立たないといけませんので、踏ん張るように根を張るといいます。木を甘やかさないためにも支柱はない方がいい、という方もいらっしゃいます。私も出来るだけしたくないと思っています。

苗木のうちは支柱をしていても、何年も経って、それがボロボロに腐る頃には外して大丈夫です。大抵の木はもう根を張って十分自力で踏ん張れています。腐っているのに外さないと、そのうち幹に食い込んだりしてよくありません。あとは定期的に適度に枝を透かすように剪定して、風害や病害虫から守ってあげましょう。緊急事態には仮支柱をする、そんな臨機応変な対応も大事なことですね。

今回の災害を踏まえ、支柱のことをもっと深く考えたいし、剪定の重要性も改めて訴え、個々に対応していきたいと改めて思いました。

 

 

梅雨明け後のお庭点検訪問

関西は梅雨が明けたら、いきなり猛暑の日々です。暑さが苦手なので、始まったばかりですが「夏よ、早く過ぎてくれー!」ってなんて毎日思ってますが、先は長いです。

今日は、梅雨前に植栽工事を行ったお宅へ様子伺いにお邪魔しました。ディアガーデンでは、お引渡し後ひと月ほど経った頃、1年後、数年後と、何回かお庭の点検にお伺いしています。

もしも状態が良くない場合でも、ひと月後ぐらいなら、すぐに手当をすれば回復する可能性は大きいです。ご自分で実際に世話をしてみて疑問に思われることも、早い段階で解決しておけば安心されると思いますし、ね。

1年後の時は、大抵春先に伺いますが、ちゃんと芽吹いているかどうかの確認です。季節が一巡して思うように育ったところ、そうでないところなど見せていただきながら修正を提案します。植物は新芽が展開する春先に水を欲しがりますので、それを伝えて水遣りの念押しをしたり、気になるところ諸々お伝えします。

数年後の時は、もうお庭全体が大きく育っている頃ですので、メンテナンスのご相談が中心。病害虫が発生しやすい頃でもあり、個々をしっかり観察させてもらいます。ご自分でメンテナンスされる場合はその方法を細かにお教えしたり、私どもにご依頼いただける場合は見積り金額のご了承後入らせていただきます。

どの時も「どうなっているかなぁ」とワクワクドキドキなんですけれど、想像以上によくなっている場合なんか感動しちゃいます。それにお客様とは、お庭以外の話も結構してて。そっちの方が長いかも?という場合も多々ありますが・・・(^m^ とっても楽しい時間です。

++++++++++

さて、今回伺ったお庭の様子はというと・・・。

今年の梅雨は結構な雨量があり、またお客様がこまめに手入れをしてくださっているお陰で、木も草花もとっても順調に育っていて、まずは良いスタート切れた様子。植物それぞれがピン!と立っていて植え付け当初より一回り大きくなっていました。もうしっかり根が広がり始めているようで一安心。

あぁ、良かったです。嬉しいです。(^^*

夏場の水遣り方法を確認したり、いくつか質問にお答えしたり、数年先のこと等、色々お話出来ました。

 

花もよく咲いていました。特にこのマツムシソウがいい色で!

 

お庭でお話した後、涼しいお部屋でお茶をいただきました。お若いご夫妻ですが、ほのぼのとお幸せそうでね~。私はいつもお二人のやりとりをニマニマしつつ聞いているのです。何だかほわんとあったかい気分にさせてもらえて、ホントご馳走様です♡

それで、今回も特別なお菓子をご用意くださったのに、私ったら撮り忘れてしまいました (>_<)オーマーガー

代わりに、持参したお花を素敵に活けて下さった画像を。

 

ディスプレイガーデンの秋色アジサイがそろそろ秋色っぽくなってきたので、何本か切ってプレゼントしましたら、早速いい感じに飾って下さいました。嬉しかったです♡

 

こちらはお客様のお庭のアジサイ。シブい色になっています。インテリアが超素敵だから、何気なく飾ってもお洒落です!きっと数年後は、もっとたくさん飾れるようになります。楽しみですね。

 

この先何かお困りのときは「御庭番」のディアガーデンを思い出していただけたらと思います。