最近少し余裕が出来まして~

事務所で使っているPCの動作が重くて、仕事に支障を感じるようになり、この度新しくしました。初期設定やアプリのダウンロード、データの移行などようやく済ませて、ブログを書いています。

サクサク速くて気持ちいい(^^

サクサクついでに施工例もUPしました。コチラ→works

 

右が新しいPC。移行ついでにデータも整理整頓しました。

 

このところ有難いことに業務多忙で、確定申告もあったし、加えてプライベートでも大きな変化が。その準備に結構な時間がかかり、3月はホントにバタバタでした。

今は諸々一区切りついた感じ。またブログ更新に精を出したいです。

誰にも期待されていないディアガーデンブログですが、ちゃんと営業してます的なことが伝わる要素でもあると思うのでこれからも続けたいと思っています。相変わらずガーデンの話に留まらず、話題があっちこっち行きそうですが、よろしければお付き合いくださいませ。

 

++++++++++

 

そんな訳で気持ちの余裕が出来たので~。

先日、諸用を済ませたあと、好きな照明を見にインテリアショップに寄ってみました。

私の中で照明器具は、年々重要な存在になりつつあります。どんな高級な家具に囲まれた素晴らしい豪邸でも、それが蛍光灯に均一に照らされた空間だったら、興ざめです。照明は光を灯すものですが、同時に影を作ることもできます。美しい影を作る照明こそが理想の照明、そう思います。

ライトアップした夜の庭の景色を眺めるとき、室内の照明は暗い方がいい。室内が明るいと窓ガラスに家具やら自分が映りこんでしまい、せっかく照らした庭の景色が見えません。だからインテリアの照明器具は要所要所を照らす間接照明でなければならないのです。

そんなことで次買うとしたら、どんな照明器具がいいかなぁと思い巡らせて見ていました。

 

この中に意中の照明アリ(^m^

 

折り紙のような。プラスティックペーパーが使われていて陰影もきれい。事務所にどうかな?これは大きすぎるかな。

 

次に寄ったのは書道具でお世話になっている鳩居堂さん。長らくリニューアル工事中でしたが、お稽古仲間からオープンしてたよって聞いて行ってみました。以前のお店は落ち着いた重厚感ある雰囲気でしたが、さてどんな風になっているのかしら?

 

耐震工事が終わってリニューアルオープンされた鳩居堂さん。モダンな和でかっこよくなってました。

 

吹き抜けが気持ちいい。商品は以前より少なくなったような?選りすぐりのものが置いてあるのかな。

 

木とアイアンのインテリアは今時どこでも見かけますが、それを和の雰囲気に納めるには?またファサードの石の貼り方がモダンで、でもなんでモダンに見えるのだろう?なんて、ついデザイン的な観察をしてしまいます。

なんとなくお洒落~と感じるだけでは、漠然とした記憶しか残りません。じっくり観察&自分なりに考察することが大事だと思っています。こちらの場合、部材の寸法にヒントがありそうと感じたので、石の寸法を測ってメモ。実測の記録は必ずデザインの役に立ちます。

どこでどうしてても常に仕事のことが頭にあるというか、デザインに生かせそうか?という目で見てしまうって、どうなんでしょうね~(^^;

 

 

花活けの仕事

先月、花壇を作らせてもらいました京都祇園「仁々木」さんに、引き続き、店内装花のご依頼をいただきました。初めは観葉植物をご提案しましたが、もっと自然なもの、季節感のあるものをという社長様のご意向で、お生花を活けることになりました。

花壇の詳細 →コチラ

普段、根っこの付いたものばかり扱っているディアガーデンが、花活けをするなんて?でも、自分でも意外な程あっさりと、庭のお仕事と同じように、このご依頼を受けていました。

 

・・・というのもひとつは、私自身、日常生活の中で毎日当たり前に花を活けているから、かもしれません。

花屋さんで買ってきた花材に、庭で育てているちょっと虫に喰われたような葉っぱや曲がった枝を加えて活けるのが得意です。庭と部屋がそこで繋がった感じがして気に入ってます。

来客がある時などは、地元には気の利いたお花がないから、仕方なく京都で探すことになります。月2回お稽古で行くので、その帰りにいろんな生花店を周りお洒落な花を調達しています。そんな経緯で、市内のどこにどんな材料を置いてあるかやお値段なども、漠然とですが把握していました。当然ながら、季節の植物は分かっていますしね。

また、花好きの延長で、これまで洗練されたお店やアーティストさんの素敵なアレンジをたくさん見てきました。それに、大昔の話になりますが「嵯峨御流」という流派で准華範(師範のひとつ上)までは一応取得していたので、和の活け込みの経験もあります。

全部ただ植物のことが好きで、見たりやっていたことで、それが花活けの仕事に役立つ日が来るとは思ってもいませんでした。専門にやられている方と同じようには出来ませんが、庭づくりの要領で、そこで育った姿を知っている私っぽい活け方でやれればとお請けした次第です。

お菓子づくり、特に和菓子は季節を大切にされます。また、前栽やお花はおもてなしの気持ちの表れですからこの仕事はとても重要。心を込めて当たらせていただきました。

++++++++++

 

例によってまた前置きが長くなりました(^^;

メインの花活けは、入口から見て突き当たりの壁に。店内で一番目立つところです。大きな花器を据え、サンシュの枝と白玉椿をふんわりと投げ入れました。

サンシュはミズキ科の落葉小高木で、3月以降に鮮黄色の小花を木一面に咲かせます。素朴な花ですがとても可憐で、春の山を連想させてくれます。椿は蕾が玉のようで野趣ある薮椿の風情。大きなしべの色が黄色なので、サンシュに合うと思い選びました。白玉椿は茶花にも使われますし、和菓子店にあってもよいかと。

お客様が何気なく目を落とした先に花があってふんわり笑ってるといいな。お菓子を買う、そんな楽しい時間がより特別になりますように。

 

お店の一番目立つ所に大きな活け込みを置きました。看板に花を添えるようにサンシュと椿をざっくり投げ入れ。向かって右にベンチがありお客様が通るため、邪魔にならないようそちらの枝は控えています。

 

椿はたくさん挿しているように見えますが。大枝1本の他は2,3本挿しただけです。はじめから根締めにするつもりで、幅のある暴れた枝を選んで仕入れたもの。計算通りおさまってくれました。

 

口の大きく開いた水鉢。活けやすいように流木に苔を貼った小物を添えました。こういうのも全部自分で考えて作ります。

 

たぶん白玉椿?ころんとした蕾、どっしりとしたしべをふんわり包むように咲く筒咲きの品種。素朴な感じがいい。

 

大鉢の向って右側にあるベンチには和の寄せ植えを。ご要望が草盆栽っぽく、だったので苔を貼りました。土が見えないので清潔な感じになります。

このベンチは、お菓子を包んでいるあいだ腰かけてお待ちいただく、そんなスペースだそうです。ここで食べてもいいそうで、そんな時少しでもおもてなしできたらと、花を添えたいとのことでした。素敵ですね。

小さくまとめながらも、生き生きと枝先葉先が踊っている感じにしたつもり。待っている間、お菓子を食べている間、しばらく眺めていられるように何種類か寄せています。結構安定感あるので、ちょっと当たったくらいでは倒れることはありません。

 

草盆栽。これも春を感じさせる小手鞠をメインに寄せ植えしてみました。

 

足元に苔をこんもり大らかに貼って。意識してまあるい感じに作ってます。

 

入口脇、揚げ菓子の傍にはトクサの緑を配しました。常緑で手入れの簡単な植物です。入り口の近くですが、他より控えめな印象の場所となっており、そのためあえて抑え気味にしています。その方がメインを引き立てそうな気がして。

 

木賊は庭でよく使う植物です。乾燥に強くとても丈夫。すっと立ってくれるので邪魔にならないところがいい。

 

器は3つとも滋賀県産の「信楽焼き」です。

和の空間に合うものの中からシンプルでモダンな鉢をご提案しました。色目はお選びいただきましたが、壁の色とよく合っているなと思います。花活けの器としてだけでなく、鉢カバーとして、また水鉢としても使えるようになっているので、色々なアレンジが楽しめるお得なデザイン。

ディアガーデンでは、鉢は和洋問わず、大きさ問わず、色々取り扱っておりますので、場に合わせてご紹介できます。よろしければご相談ください。

 

+++++++++++

 

そうそう、昨日(7日)のお昼頃、日本テレビの「ヒルナンデス!」で、仁々木さんが紹介されたそうです。ご覧になった方おられますか?

萌え断(きゅんとする断面)グルメツアー特集で取り上げられたこちらのフルーツ大福、私も何度かいただきましたが、ジューシーでふわふわで食べ応えあって大満足の美味さ!しかも種類がいっぱい。オススメです。ウェブサイトからお取り寄せできますよ~。

 

不用な枝は切り落としますが、まだこれから咲きそうな部分はゴミとして捨てるには可哀想。こうして活け直して愛でてます。器はアンティークの火鉢です。

 

私も仕事で伺うたびに違う種類のお菓子を買って、その日の夕食後に夫と楽しんでいます(^m^*

 

 

年末のお仕事事情、庭仕事・・・でもFestiveSeasonを楽しんで

今年提出するべき案件は大方おえて、やれやれと肩の力が抜けてます。

みなさん年末はバタバタされてますから、納期がタイトになるのは仕方がありません。急なご依頼であればあるほど納期が厳しいってもんです。こういう場合、私もしんどいですが、一番しんどいのはお客様・・・と思って、出来るだけ応えます。

本来なら余裕をもって事が進んでいたはずなのに、何か手違いがあって、急ごしらえを余儀なくされた・・・そういうことって、時々ありますよね。時間がない中、信じてご依頼くださって、私が作業する間は待つしかないんです。相当辛い状況です。これが逆の立場なら、耐えられへんわって思います。だから絶対間に合わせます。

しんどいけれど、こういうシチュエーションで、集中力や瞬発力が鍛えられるんですよね。

思えば造園や外構工事って、建築の一番最後の工程です。建物の工事がどれだけ遅れても、引き渡し日や開店の日は延期されないので、帳尻を合わせるのは私達です。それは予算の場合でもしかり。何でなん?って思っても仕方がない。やるっきゃないって状況は、いつものこと・・・だから、鍛えられて出来るようになりましたし、肝も据わるwww

 

++++++++++

 

今は、凪いでます。2018年を締めくくる作業、年賀状づくりや内外の掃除、整理整頓を始めました。

普段、小掃除をやっているので、大掃除ってほど大層なことはしません。庭も11月末に庭師さんに完璧に掃除してもらったので、それ以降たまった落ち葉を取ったり、植栽の手直しをしたりするくらい。落ち葉は集めてコンポスト作りに使います。

 

スギゴケが入っていた木箱を再利用してコンポストを作っています。この通り、場所はそんなにとりません。通常は雨除けにカバーをかけてます。

 

庭の落葉樹の落ち葉のほとんどがこの杉箱の中に納まります。常緑樹の葉っぱは、なかなか腐敗しないので入れません。

コンポスト作りは、そこに土と米ぬかを加えベースを作ったら、あとは日々の野菜屑や果物屑など放り込んで、かき混ぜるだけ。スイカの皮とか、たくさん入れてもいつの間にか無くなっているの。ブラックボックスだなぁっていつも思います。秋になると随分と嵩が減って、ほぼ堆肥の状態になっています。全然臭くなくて、土のいい香りがします。

ただ完熟、とは言い切れないので、花壇の土には混ぜ込まず、表面に撒きます。マルチングですね。いつも冬に撒いています。寒気に晒すことで病害虫退治にもなりますし。

小さな庭で命が回ってる・・・それが目で見てわかります。無駄なものは何もないのよね。

 

++++++++++

 

12月初めに行ったクリスマススワッグのワークショップの片づけも今頃ようやく。

花材やオーナメントを多めに用意しているせいか、どうしても余ってしまうの。処分するモノ、来年使えるモノに選り分けながら、でもイキイキした枝を見ると、どうしても捨てられないのよね。

気が付くと、リースを作りはじめてしまっていて、なかなか片づけが終わりません(^^;

 

余った材料てんこ盛りの賑やかなリースになっちゃいました。トウガラシにピンクペッパーベリーと香辛料のオーナメントが目立つのでキッチンに飾ろうかと。

 

私がいつも立っている流しのあたりから見える壁に掛けました。

 

クリスマスのフェスティブシーズンもいよいよ大詰めですね~。

日暮れも早いこの頃。夕方には、イルミネーションライトやキャンドルを灯します。私は木に巻きつけず建物に付ける派。植物に付けると傷をつける可能性大だし、なるべく負担になることは避けたいのです。

都会ならあちこち凝ったイルミネーションが輝いて、歩いているだけで、華やいだ気分になるのでしょうが、ここ近江八幡市ではそんなイルミネーションは全くありませーん(T_T)

なので、ディアガーデンなりにささやかながら、街にクリスマスムードを提供しようかと。

 

通りに面した事務所の小窓に小さな灯り。街にクリスマスの雰囲気を少しだけこぼして。

 

こちらは、表通りからは全く見えないテラス。主にリビングから楽しむイルミネーションですが、ご近所さんはなんとなーく見えるかな?

 

小さなクリスマスツリーにも灯りをつけて。夜はソファに座ってこの眺めに癒されています。

 

これらの飾り、25日が過ぎると片づけて今度はお正月の準備と、何とも慌ただしいことです。雰囲気が一気に洋から和に変わるので、滑稽だなぁって思う程。今まさに、クリスマス飾りを見ながらお正月飾りの準備をしてて、なんとも変な感じ~。

邪魔くさいし疲れますが、やっぱりね、ないと寂しい。私の場合、クリスマスに先立ってそのワークショップをする関係で、必要に迫られ飾っていくうちに、どんどんハマっていきました。

クリスマスまであと少し。皆様のクリスマスのご予定は?

 

 

住まいのインサイド・アウト、アウトサイド・イン 

 

 

本日10月31日はハロウィンだそうです。でもディアガーデンでは普段と変わらぬ一日。何の興味もないのですが、カボチャは可愛いので、インテリアには小さいのをいくつかデコレーションして楽しみました。(→こんな感じ

明日からはもう11月ですね。

秋が深まりこのごろは日中もかなり寒くて、ブランケットが欠かせません。事務所はもちろん、部屋のあちこちに置いています。ふわモコの見た目に合わせて、ソファのクッションカバーを変えました。

 

クッションカバーを新調。特に深い緑が気に入ってます。手持ちのグレージュのカバーとつなぐ色として、またアクセントとして、柄物のターコイズも。

 

今冬の気分は緑色です。しかもこれから出すクリスマスツリーの緑とも合うんじゃない?いいじゃん、いんじゃん♪

欲しいと思っていた色味がちょうどIKEAにあって、たまたまお買いものに行くよというマダムに声をかけていただいたので、厚かましくもお願いして買ってきてもらいました。

 

マダムのお宅に商品を取りに伺ったときのこと。素敵なカップで紅茶をいただきました。聞くとオールドノリタケだそうです。シックで落ち着いた色使いと柄、優美な形にウットリ。こういう雰囲気も大好きです。チョコレート風味の紅茶も美味しかった~。ご馳走様です。

 

カバーは季節やその時の気分でしょっちゅう変えています。部屋に占める割合は小さいけれど、意外と雰囲気を左右するアイテムです。今回緑のカバーに変えて引きで見てみると、窓外の緑と繋がってなんかいい感じ♪

庭の色を部屋にも取り入れる・・・こういう手法を「リレーティブ」もしくは「アウトサイドイン」というそうです。逆バージョンの「インサイドアウト」という手法もあります。

言葉は何かで聞かれた方も多いかもしれませんが、ここでいうそれは住まいのことです。

屋内だけ、屋外だけと別々に分けないで、ゆるやかにつなげていったり、取り入れたりする手法。窓の外とインテリアをつなぐことで、感覚的に自由な広がりを味わえます。

 

テラスの緑を部屋に取り入れています。逆に部屋にあるはずのテーブルやイスをテラスにも置いています。狭いリビングですが開放的。

 

「リレーティブ(連続性)」「インサイド・アウト、アウトサイド・イン」という考え方は、ガーデンデザイナーの吉谷桂子先生の講座で教えていただきました。先生はイギリスで暮らしておられた時に知ったそうです。いまや「レイヤード(重なり)」という手法と共に、私のガーデンデザインでも欠かせないものとなりました。

アウトサイド・インの他の例としては、庭の植物を屋内でも育てるとか、天窓から光を入れるとか。風を通すなども含まれます。インサイド・アウトの例では、庭にクッションを置いたり照明やキャンドルを灯して、お酒を楽しんだりして、外にも部屋と同じような居住性を持たせる。部屋ですることを外でやるんですね。すると寛ぎながら凄い開放感が得られると思います。

そうして、それぞれが狭くともつながると、一つの大きな空間となります。視線も自然に流れるので、広がりが感じられます。

 

植物を窓際に置くのは、植物の為だけでなく、視覚的に外の緑とつなぐ意味もあります。また庭にあってもおかしくないような大きな植物を置くことで、部屋が生き生きとして見えます。

 

それには窓のつけ方、窓外の庭づくり、このふたつがポイントになると思います。インテリアは、誰もが当たり前に整えること。でも窓や庭のことをあわせて、同じ比重で!考える方は少ないのかも知れません。とても勿体ない話です。

もしもいま、暮らしに閉塞感を感じておられるのなら、外との「リレーティブ(連続性)」、「インサイド・アウト、アウトサイド・イン」という手法を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

 

ハロウィンのデコレーションが災害の備えにもなっている件

またしても猛烈な勢いの台風が列島縦断しています。先の21号による被害の補修工事も未だ終わらぬお宅も多い中、もう心配しかありません。

ディアガーデンでも、前回の台風の際に処置したことに加え、ガーデン家具や鉢植えを風の当たらぬ隅に寄せ、掃除や片づけを済ませ、今こうしてブログを書いています。

前回は停電がなかったけれど、もしかして今回はあるかも・・・?と念のため、充電・電池・カセットコンロのガスなどなどの備えを確認。飲料水の確保や入浴後も風呂水を溜めておく、等々も。

このところ薄ら寒い日も増えたこともあって、既にキャンドルをそこらじゅうに出しておいたので、いざと言う時、それも大いに役立ちそうです。もちろん懐中電灯も常備していますが、キャンドルの備えだけは、災害とは関係なくね、単に好きなのでバッチリなんです。

 

明日からは10月。秋らしく、またハロウィン月間に因んで、キャンドルと共にちょこっとカボチャも飾りました。

今年のカボチャは何となく「白」が気分なんですよねー(^^*

 

リビングの小さなテーブルの上。大人ハロウィン。

 

事務所のカウンターが一番盛ってる。

 

ハロウィンらしく?よく見ると、蜘蛛もいますよ~。もちろんオモチャですからご安心を。

 

事務所の打合せテーブル。センターピースとして。

 

何だろ?カボチャって、フォルムがユニークだから?とってもディスプレイしやすいです。アーティストの草間彌生さんが惚れ込む気持ちが、すこーし理解できました。それに、ここに飾ったサイズですと、重さといい、ツルンとした質感といい、手に納まる感じがとっても気持ちいいです。個人的に好きな感触♡

今月いっぱいは飾って、触って、地味にハロウィンを楽しもうと思います。

 

はぁ・・・それにしても台風。先の21号が怖すぎたので、必要以上にビビってます。どうか被害が大きくありませんように。

 

 

緑視率とは?パフォーマンスが最も向上する値

久しぶりに事務所の本棚を整理しました。最近ほとんど見ていない本や洋書、雑誌、古いカタログ等々かなり処分して、めっちゃスッキリ!

本棚は、小さな事務所なのでね、床面を空けたくて、壁付にしてもらいました。ご覧のように↓浮いている感じです。天井近くにはガラスが入っているので、光が差し、抜け感もあります。

一応、目いっぱい詰めても大丈夫なように作ってもらってますが、なるべく軽くした方がいいかなと気を付けています。いまどきはインターネットでカタログの閲覧や画像検索が出来ますし、SNSでも海外の庭とかすぐに見られますから、以前に比べ必要数は減りましたね。別の部屋にまだ本棚があるので、そちらに置けますし、図書館も利用しています。

 

片づけ後です。随分スペースが空いて取り出しやすくなりました。植物をたくさん飾っています。

 

見たところ、本棚のような?飾り棚のような?また新しい情報が入る予定のスペースには、グリーンや思い入れのある小物、実用的な雑貨などを飾っています。

この本棚の下がワーキングデスクと書庫になっていて、立つと資料にすぐ手が届くという訳です。座ってPCで作業しているときでも、見上げると植物がふわーっと垂れさがっていて、なかなかいい感じです(^^*

 

天井までの空きスペースにはポトスを飾っています。柔らかな光が入るせいか、元気に育っています。

 

「癒しのツボ」と呼んでいる石で出来た小壺。いつでも手に取れるところに飾っています。持つと意外とズッシリ。スベスベして気持ちいいの。(この壺について書いたブログもあります。画像をクリックするとリンクします)

 

CDのスペースにシュガーパイン。小さな鉢でも目の高さに置くと存在感が出ます。この本棚は下に空間が広がっているので垂れ下がるタイプの植物がよく合います。

 

ディアガーデンの事務所には、この本棚以外の所にもグリーンや季節のお花が飾ってあります。私が座っている場所から、右を見ても左を見ても上を見ても、何かしら植物がいます。振り返ると窓で、そこからは前庭のアオダモや街路樹のクスノキ、その他育てている様々な植物が間近に見えます。

こんな風に適度に植物が視界に入るオフィスにしたのは、単にお洒落に見せたいとかではありません。植物好きが高じて、いつの間にか家中に繁殖しているというのもありますが、本来の目的は、リラックスして自分の能力を最大限に引き出すため、更には、ここに来られたお客様とより良いコミュニケーションを取るため、なのです。

ところで皆様、「緑視率」って言葉、聞いたことがあるでしょうか?

 

本棚の下のスペース。その時によって植物の種類は変わりますが、置き場所はだいたい同じ。

 

人の視界に占める緑の割合のことを「緑視率」と言います。

国土交通省が平成17年8月に発表したデータによると、緑視率25%以上で、人は「緑が多い」と感じ、緑視率が高まるにつれ、「潤い感」「安らぎ感」「さわやかさ」などの心理的効果が向上する傾向が見られるといいます。随分前から緑視率という言葉はあったのですね。

その緑視率と人が感じるストレスの関係性を明らかにしたのが、豊橋技術科学大学の松本博名誉教授を中心とするグループ。緑視率10~15%の環境にいる時に、人のストレスが最も減り、パフォーマンスが最も向上するという。このデータに基づき、オフィスに植物を取り入れる取り組みが始まりました。

更に緑視率以外にも、わかってきたことが様々あります。

例えば、

  • オフィスの場合は、人の近くに緑があり過ぎると逆にストレスを感じ、仕事の効率が下がってしまう。多ければよいというものではないのです。
  • 時間的変化もあります。まず始めに拒絶反応が出て、そのあと好転反応が現れます。
  • 植物の種類によっても効果に差が生じる。
  • 視線が下だとネガティブな思考が強くなり、視線が前方の直立状態だとストレス耐性が強く、比較的ポジティブな思考でいられることから、植物の配置によっても感じ方は変わるのでは。

そして面白いのは、

  • フェイクの植物だとわかると、ストレス低減効果がなくなる。

これは植物に限った話ではないと思います。どんな物でも偽物ってわかったらやっぱりテンション下がりますよね。もし、5つ星ホテルでフェイクグリーンが置かれていたら、ゲンナリすると思うなぁ。夢や癒しを提供されていたり、自社製品は本物ですごく自信がある!という企業様は、避けられた方が賢明かと。

今のフェイクグリーンは、ひと昔前に比べると種類が増え、質感もUPしてます。空気を浄化する機能までついている商品もあるくらいです。本当に凄いです。でもね、それを見てまず思うのは「良く出来てるな~」です。おばちゃんはね、覚めた目で見ちゃうから。

フェイクと分からなければ。肉眼で見て質感が分からない位高いところに飾る場合は、フェイクでの代用もアリかなぁとは思います。

 

吹き抜けの空間に作られたディスプレイスペース。気軽にいける場所ではないので、フェイクグリーンでと、建築家さんから依頼がありました。この位離れているとフェイクかどうか分かりにくいので良いかと思います。ちなみにこれは赤のニューサイランのフェイクです。

 

たぶんフェイクを選ばれる方は、ポスターを飾るのと同じような感覚で選ばれているのではないかと思います。生きた植物の世話をすることの方がストレスになるのでしたら、本末転倒ですしね。

確かに育てるのは大変かもしれませんが、自分で選んだ植物を自分で育てると、これまで述べたような効果が更にUPするというデータもあります。植物の気に包まれる感覚を肌で感じていただきたいです。

 

さて、企業様には、是非取り入れていただきたいオフィス緑化。まずはよく使う会議室を緑化してみるというのも面白いと思います。緑を置くことで、コミュニケーションが良好に進みますので、いいアイデアが出たり、短時間で意見がまとまったりする可能性があります。

また、気軽に取り入れてもらえそうな事例としては、スタッフにその日の気分で好きな植物を一鉢選んでもらい、デスクに置いて仕事をしてもらう、というのはいかがでしょうか?

オフィスのインテリアに合う植物や鉢カバー、虫の発生しにくい土など、細かなご提供ができます。

 

スタッフがみんなが使うスペースを緑化する、きっといい反応が起きるに違いありません。(画像提供:㈱パーク・コーポレーション)

 

ディアガーデンには様々なアイデアがあり、ブレーンもいるので、実現のお役に立てると思います。

 

 

ショップデザイン観察ーFRANZE&EVANS LONDON

庭をデザインするにあたり、自然から学ぶことが多いのですが、それとは別に街からヒントをもらうこともあります。和洋問わずお洒落なショップのデザインにも興味津々です。

見てきた中で、これからお庭や住宅を作る方の参考になりそうな事例を時々ブログに書いています。

今回は訪れたのは、先月末、京都・麹屋町三条にオープンしたばかりの「FRANZE&EVANS LONDON」さん。イーストロンドンにあるカフェレストランで、日本では表参道に次ぐ第2店舗目なんだそうです。

 

ロンドン店、表参道店と同じテイストのファサードデザイン。敢えて?京都感ゼロです。京都らしいといえば、パンのコーナーが目立つ所にあるところ。京都ってバン屋さん多いんです。

 

いかにもインスタ映えしそうなお店・・・というのが第一印象。イマドキのカフェデザインですが、ちょっと可愛いらしい要素も散りばめられていて、例えばシャンデリアとかケーキスタンドとかね、女子にウケそう。20代の頃の自分を連れて行ってあげたいな、なんて思いながら「映える仕掛け」を観察しておりました。

イギリスのお店なのに植物がどこにもない・・・と思ったら、わ、わ。ケーキが並ぶカウンターの所、ブーツみたいな花瓶にお花がギュウギュウに突っ込まれていました。食べ物の近くに本物ではないとしても靴?!・・・遊び心なんでしょうかねぇ。

 

見ただけでテンション上がる店内。スイーツ、パン、惣菜はどれも華やかな見た目。そしてものすごいボリュームです。スイーツのディスプレイの仕方が凝ってて素敵♡

 

イートインスペース。チャッカー柄の床が印象的。かっこかわいいインテリアでした。壁にいろんな鏡をまとめて飾るアイデアは面白い。

 

ちょうどお昼の12時に着きましたが、そんなに並んでなくてホッ。休日はすごい行列らしい。ランチは2種類デリor2種類のデリ+ホットディッシュ。それぞれバケットとドリングがついて、ワンプレートにまとめてくれます。あとサンドイッチや3種のサラダのセットもあったかな。私はすごくお腹が空いていたんので、デリ+ホットディッシュ(アランチーニ)のにしました。

味がシッカリしてて、とっても美味しかったです。お野菜の食感が生かされてる調理で、盛り付けもいい。ただ私には量が多すぎた・・・。食べられると思ったのに。今度は少な目の方にしよう。

 

ランチメニューにはバケットとドリンクが付いています。野菜がめっちゃ美味しい。ライスコロッケもアツアツ。おなか一杯になってバケット食べられず!(包んで持って帰ったw)

 

ロンドンのお店を出て徒歩2分、今度はパリのお店「JEAN-PAUL HÉVIN」さんへ。

F&Eさんのスイーツはすごいボリュームなのできっと持て余しそう。こちらのを手土産に買って帰りました。上質なのは折り紙つきで、しかも程良いサイズ感。大人にはちょうどいいんですよね。ショーケースの所は照明も落とされて落ち着いた雰囲気です。2個包んでもらって出ました。

それから駅までテクテク歩く道すがら、和のお店の露地を見学。

 

いつもながら整然と並んだショーケース。F&E出店の影響か?すごく空いてました。

 

俵屋の天ぷらのお店「点邑」さん。私が行くときは定休日に重なる多く、改装後まだ訪れる機会に恵まれない。こちらの緑豊かな露地は狭小地のアプローチのお手本になります。

 

場所がら関西が多くなりますが、今後とも気になるショップへは出来る限り足を運んで、トレンドやスケール感、全体の雰囲気など、観察したいと思います。

 

 

ドライフラワーの洗練化 

夏の花アジサイ「アナベル」のドライフラワーを使ったクラフトを紹介します。寒い寒いこの時期に夏の花?って、ちょっと不思議な組み合わせですが、単に私の都合です(^_^;)

ディアガーデンのアナベルについて詳しくは過去ログをご参照ください→「やっぱり好き!西洋アジサイ「アナベル」の魅力」

 

アナベルとはこんな花。私の大好きな植物のひとつでブログにもよく登場します。この頃が一番美しい。綿帽子のように真ん丸になります。

 

さて、材料は庭で立ち枯れて自然にドライフラワーになったコレ↓庭にあるときは侘びて渋く見える茶色も、部屋に飾るとなると、どうも清潔感に欠けます。そこでひと手間かけて白くしてみることにしました。

 

11月末頃に全体をバッサリと切り詰めましたが、花は捨てずに取っておきました。カラカラに乾燥しています。さすがにこのままでは部屋に飾れない感じ。

 

白くなったら、すっかり洗練されて!上品な雰囲気に生まれ変わりましたよ♪↓ 盛りの頃の白とはまた違った趣きがあると思いませんか?

 

半乾きの状態ですが、ほぼ出来上がり。本当に真っ白になりました。

 

では白くする方法をご説明します。やることは少ないのですが、放置する時間が長く、出来上がりまでに1週間くらいかかります。

アジサイを育てておられる方で、他と違うドライフラワーを作りたい方、是非挑戦してみてください。たぶんアジサイ以外でもうまく出来ると思います。

【準備するもの】バケツや大き目のボウルなどの容器(蓋付きがおすすめ)、漂白剤、水、ラップ

【作り方】

1.水に漂白剤を溶かす。洗濯用でも台所用でもどちらでも良い。規定の希釈よりも3倍以上と相当濃くするのがポイント。そこにドライアナベルを浸けます。枝は好きな長さに残してもいいいけれど、途中でちぎれる可能性大です。塩素が蒸発しにくいように、表面をラップで覆って更に蓋をしました。

 

1日目、漂白剤に漬け込んだところ。今回は洗濯用の酵素系漂白剤(粉末状の)を使いました。

 

2.1日おきに漂白液を変えながら白くなるまで漂白を続ける。私の場合、3回変えてもオフホワイトにしかならなかったので、キレて4回目に煮洗い(漂白液に浸けて弱火で30分程煮る)という荒業に出てしまいました。花の形がカナリ崩れてしまったけれどようやく真っ白になりました♪

3.塩素抜きするため、熱めのお湯にさらすこと2回。冷めるのを待って取り出し天日しする。

4.8日目に完成

※何度も液を変えている途中に、どうしても絡まって形が崩れてしまうので、崩したくない方は、個々に容器を用意して漂白する方がいいかもしれません。

 

++++++++++

 

出来上がった白いアナベルを使って何を作ろうかな?フラワーアレンジメントやリースにするのはありきたりだし、この繊細なディティールを生かす何か・・・と考えた結果、照明のシェードがいいじゃないか、という考えに至りました。

出来上がってみると・・・ふわふわの雲が浮かんでるみたい♡

この世に一台しかない照明。自己満足ですけれど、とても気に入りました~(ノ∀`*)

 

事務所のペンダント照明をリメイク。アナベルを小房に分けて両面テープでくっつけただけですなので、簡単に外せます。

 

点灯したらシルエットがめちゃめちゃ綺麗なの!(*゚▽゚*)

 

お揃いのスタンド照明も合わせてリメイク。こちらはワンポイントにハート形にしてみました。

 

やっぱり自然のデザインには脱帽です。

 

事務所の雰囲気が随分と柔らかくなり、この照明に合わせて他の部分も変えてみたくなりました。画像より実際見た方が断然キレイなんです。実際に見ていただきたいな~♡

アフターガーデニングの手仕事は、庭仕事が出来ない冬のお楽しみ。来春の植栽計画にアナベルを加えてみてはいかがでしょう?アナベル以外でもアジサイは本当に優秀な植物なので、私のお客様には必ずと言っていいほどオススメしています。和風洋風どちらにもしっくり合いますよ。

 

ディアガーデンのテラス。7月のアナベルです。

 

いつも書いていますが、庭づくりやエクステリア計画は、そのあとの楽しみ方暮らし方まで、合わせて考えたいもの。

高い買い物ですもの!思いっきり味わいつくさないと勿体ないのです。庭があることで、暮らしのクオリティが上がる・・・ディアガーデンでは、作らせてもらうだけでなく、そのあとのご提案も心掛けています。

このブログでも、ディスプレイガーデンを例に、沢山のアイデアをご紹介しています。過去ログはキーワード検索できるのをご存じでしょうか?サイドバーの一番上にSearchという欄がありますので、そちらにお好きな言葉を入力して探してみてください♡

 

 

冬だからこそ緑のインテリア

今日は小正月ですね。

 

年末からずっと飾っているこの餅花は、本当は小正月用の飾りだそうな。私は雛祭りまで飾っておくつもり。だって可愛いんだもん。

 

お正月飾りはとんど焼き(どんど焼き、左義長とも)へ、鏡餅も開いて、生花はアレンジを小さくして飾り直してと、家の中からお正月色がほとんど消えた中、唯一、餅花だけがその余韻を漂わせています。

 

お節の残りもリメイクして完食。これは栗きんとんパイです。ミルクとバターを少し足しながら温めなおしたものを、冷凍パイシートに包んで焼きました。うまーい(^ー^○)v

 

先週は、お正月の室礼を片づけるついでに少し模様替えしました。他の部屋に置いていた大小のグリーンを、リビングダイニングのあちこちに配置。温室っぽい雰囲気を作りました。

庭の植物は根っこだけになっているか、色のトーンを落として凍えているけれど、部屋の植物は生き生きと生命力に溢れています。小さな蕾を付けたものもありポツポツと花が咲き始めました。

葉に厚みのある植物は冬越しが上手。うちではそういう子たちがどんどん増える傾向にあります。冬に空間の密度が低いと、殺風景で何やら寒そうだから、瑞々しいグリーンで密度をあげると、温かそうに感じると思います。

(逆に真夏は、あんまりあっても暑く苦しいので、幾つか外に出します)

 

部屋のあちこちに瑞々しい緑を置いて。

 

暖房で乾燥するので加湿器は必需品です。

最適な置き場所というのがあるそうで、電気機器から1m以上は離して、出入り口や窓辺ではなく出来るだけ部屋の中心で、高めの所・・・等と言われますが、それがなかなか難しい。

窓辺に近いけれど、いつもグリーンを置いている場所に置くことにしました。

 

見た目と実益兼ねて加湿器の周りにもグリーン。窓外の生け垣と繋がってみえるよう窓近くには必ずグリーンを置くようにしています。面積以上の広がりが感じられます。

 

今週は凌ぎやすい日もあるようですが、寒さはこれからが本番です。どうかあったかくしてお過ごしください。

 

 

十三夜の室礼&クリスマスのこともちょこっと。  

霜月最初の夜は十三夜です。十五夜のときのように美しい夜になりそう。

皆様も良ければ一緒にお月様を眺めましょう。

 

栗名月と呼ばれる十三夜の室礼。ハロウィンもそうでしたが、その時期採れるもので供物や飾りものをして心を託します。

 

離れていても同じ月を眺めていると、何故かその人と繋がっているような気がします。太陽とか星ではそんな風に思わないのです。何故かお月様だけそう思うのね。

そういえば、9月に行われた秋篠宮眞子様と小室圭さんの婚約会見で、小室さんが「きれいな月を見つけると嬉しくなり宮様にお電話をおかけしています」とおっしゃられていましたよね。お月様を見ることで同じ瞬間を過ごしている、そんな実感がおありだったと思います。月フェチの私はTVの前で「きゃー小室さん、粋なこと言わはる」「あぁ、こんなことされてみたいわ~♡」と悶絶していました。

・・・たぶん、一生ないなw

 

だいぶ日差しが低くなって、今朝ふと見るとダイニングの奥、西側の壁まで朝日が届いていました。

私だけが感じる冬の気配。一枚撮りました↓

 

ダイニングのデコレーション越しに低くなった日差しを感じて。

 

このお気に入りのガラスのハンギングポット↑は、元々エアープランツを入れるもののようですが、私は季節によって好きに飾っています。今は秋っぽく赤い実を入れてて、もう少しすると、クリスマス用のヒカリモノに変えるつもり。赤でもクリスマスっぽいけどね。

だいぶ気が早いのですが、クリスマスのディスプレイをどうするか考えているとワクワクしてきます。クリスチャンじゃないけれど、ディスプレイだけはやります。だってきれいなんだもーん。デコレーションライトも増やして、シック&キラキラ路線をより極めて行こうと思っています♪

 

2016年のデコレーション。キッチンカウンターのところ。

 

インテリア中心ですが、エクステリアもモチロン、同じ路線でデコレーションします。ドアや窓辺からそんな雰囲気を感じていただけると思います。ディアガーデンのクリスマスをお楽しみに。