クリスマススワッグづくり 1dayワークショップのご案内

 

クリスマス用の飾りものとして大人気の「スワッグ」を製作体験するワークショップの参加者募集お知らせです。

開催期間中、ビジター様向けに一日だけお席をご用意できることになりました。

ディアガーデンで育てた植物ほか、自然素材をふんだんに使ったフレッシュなオリジナルスワッグ。クリスマスに向けて、今年は手作りをしてみてはいかがでしょうか。

束ねるだけの簡単な作業です。ガーデニングや植物のこと等、いろんなお話をしながら楽しく作りましょう。ご家族・ご友人もお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

今年のスワッグは「ワイルド・シック」スタイルをご提案。ナチュラルな素材をあれこれ取り揃えてお待ちしております。

 

ディアガーデンに飾った昨年のクリスマススワッグです。

 

ワークショップ詳細

募集日時:12月2日(土曜日) 13時~16時

定員:2名様

場所:ディアガーデン

内容:スワッグ製作体験。完成後ティータイム

参加費:5,000円(税込)※材料費、お茶、お菓子含みます。当日お支払いください。

持ち物:汚れが気になる方はエプロンや手袋。道具類はご用意いたします。

定員になり次第締め切ります。

 

 

募集は締め切りました。

 

 

「Houzz」特集記事掲載のお知らせ

家づくりを考えている人々と住宅のプロフェッショナルが交流できるビジュアルサイト「Houzz(ハウズ)」さんの、2017年6月21日付の特集記事「涼しさ満点。水を庭に取り入れる」でディアガーデンの施工例が取り上げられました。

涼感たっぷり!藤山佳織氏による現代住宅でもできる水の取り入れ方、是非ご参考下さい。

[houzz=https://www.houzz.jp/ideabooks/87534086/list w=300]

 

記事中で「つくばいで水を取り入れる方法」という部分に、ディアガーデンの施工写真が紹介されています。水の流し方、モダンにアレンジした蹲踞(つくばい)、など工夫した点がたくさんあって、とても思い入れある作品のひとつです。様々な出会いに感謝。

こちらのお宅の庭をもっと見る→Works

掲載された庭について、その他お問い合わせはコチラ→Contact

 

 

初めてのスタイルブック完成 

ディアガーデン初のスタイルブックが出来ました!

 

庭で育てた花で作ったブーケを持って、ディスプレイガーデンを背景に撮影。こういうことが「庭と暮らす」醍醐味であり、ディアガーデンが大切にしていることの一つです。表紙のカバーにはそんな意味を込めて。

 

残念ながら書店には並びませんよ~(^^;; それは、近い将来の実現させるとしてw

でも、でも、とっても可愛く仕上がりましたので、お披露目でーす。

コンテンツは次の通りで、これまでのディアガーデンの施工例の中から、敢えてスタイルの違うお庭をピックアップして掲載しています。手前味噌ですが、どれも素晴らしい出来で、私自身すごく気に入っている庭ばかり!

  1. ディアガーデンのディスプレイガーデン
  2. 施工例1:個人邸のモダンな庭
  3. 施工例2:個人邸のナチュラルな庭
  4. 施工例3:個人邸の和庭
  5. 施工例4:モデルハウスの庭
  6. 施工例5:モデルハウスの庭(デッキ)
  7. 施工例6:商業施設の庭
  8. インテリアグリーンの参考例  (全24ページ)

 

中身チラ見せ。ディアガーデンの前庭、初夏と晩秋の様子です。見開きフラットなので写真がとても見やすいの。

 

 

こんなふうに雑貨と一緒に飾りたくて、馴染む大きさにこだわりました。CDより一回り大きめの15cm×15cmサイズ。本棚に飾っても可愛いと思います。

 

植物の組み合わせ方、お洒落な門扉やガレージの例、デッキやテラスの飾り方、照明の使い方、凝ったディティール、インテリアにカッコ良く緑を取り入れる方法などなど、色々な視点から見ていただいて参考になるように、心を込めて作りました。

主に私が営業資料として持ち歩いたり、事務所で打ち合わせする時に使ったりするつもりですけれど・・・、

いきなりですが、ここで告知でーーーす。

2017年度 ディアガーデンにご来店ご相談くださったお客様で、希望された方に、もれなく一冊プレゼントいたします!

お庭を作りたい方や、新築やリフォームでエクステリアを整えたいとお考え中の方、植物を使ったインテリアに興味をお持ちのショップのオーナー様、とにかくいろんな方々に。ディアガーデンのスタイルブックを参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

ウェブサイトのメンテナンス 

昨日お昼前くらいから、当サイトへのアクセスが出来ない状態が続いておりましたが、本日無事復旧しましたのでお知らせ致します。ご心配をおかけしてすみませんでした。

現在のデザインに変更して1年。普段は投稿が中心で、メンテナンスといえば、背景を変えたり、サイドバーを変えたりするくらい。あと、アプリケーションの機能を拡張するための追加のプログラムのバージョンUPがありますので、更新ボタンをポチッとすることです。それで、不具合もなく、問題のご指摘も頂戴することなく、閲覧できておりました。

今回の場合ですが、

いつものように、その更新ボタンをクリックしたら、途中でエラーが出て、以後アクセス不可能になってしまったのです。そのプログラムのバグだと思われますが、たまたまサーバーとの相性が悪かったのか、他の小プログラムが変に干渉したのか、恐らくそのあたりが原因かと。ウイルスや侵入等の不正なアクセスはありません。アクシデントでした。

復旧の作業事態は30分位で済んだのですが、その前段階、サーバー会社とのやり取りに時間がかかってしまいました。ほとんどが待ち時間です・・・( ̄▽ ̄) なんとか復旧できて良かったです。

 

いつもこの場所で作業しています。プランツ達が応援団o(^o^)o

 

実は大昔ですが、OLだったころ、業務上必要だったので、プログラミングの基礎の的なことを勉強したことがありました。どんな経験も無駄にはならないものですね。今のシステムとまた全然違うでしょうが、お陰で変な拒否反応がないのです。「自分には不可能だ」という思い込みがないだけで、なんとかやってみようと挑戦できます。

このサイトを作るときも、大変さは少しはありましたが、ウェブデザインとかめっちゃ面白かったです。基本的に、デザイン関係の仕事は何でも好きなので、ウッカリのめり込んでしまうの。なんでもやりたがる・・・それが自分の悪いところでもありますけれど。

しかし、今回久しぶりに「ヤバっ!」と思いました。心臓がキューッと締め付けれられるような感覚も久しぶり。でも対処出来たので、今度何かあってもきっと大丈夫だと思います。乗り越えると強くなるよね。

 

 

「植物を使ったインテリアデザイン」業務開始のお知らせ

 

いつもディアガーデンをご愛顧いただき誠にありがとうございます。この度、植物を使ったインテリア関係の業務を開始することになりましたのでお知らせいたします。

ディアガーデンは、造園で培った植栽のノウハウや感覚を活かし、室内でもガーデンにいるような心地よさを感じていただけるような空間をご提案します。毎日を元気に過ごしたい方へ、植物のパワーを洗練されたデザインでお届けします。窓外の景色を合わせて作ることが出来るのも、私共の強みです。

例えば、こんな場所におすすめします。

  • 事業所のオフィスに。植物のある空間では単にリラックスするだけでなく、仕事の効率を上げたり職場の人間関係を良くしたりといった効果も確認されています。新しい働き方がどんどん取り入れられている昨今、快適でお洒落なオフィスは、優秀な従業員の離職率を下げると言われています。
  • カフェや小売店、モデルハウスに。インテリアデザインにおいて、最も差別化が求められる場所。植物をメインにした雰囲気作りは、お客様に深い寛ぎと新鮮な感動をもたらし、大切な商品をより生き生きと見せることでしょう。清潔感を第一に計画いたします。
  • 病院や幼稚園に。植物にはその人の体調を最適な状態にするための「調整機能」があることがわかっています。病んでいる方、ご家族の方、元気いっぱいな子供さん達など、色々な方が行き交う場所に、植物は万能なツールです。明るい雰囲気を作ってくれ、空間を浄化してくれる作用もあります。

皆様からのご依頼を心よりお待ちしております。

 

ディアガーデンのオフィス。たくさんの植物に囲まれてデザインしています。是非いらしてください♪

 

新規追加業務

事業所のオフィス、店舗、個人病院、幼稚園、個人邸、等の

1.植物を使ったインテリアデザイン(設計 / 施設環境計画)

2.施工監理 ・施工物件のメンテナンス(既にある観葉植物のメンテナンスは対象外とさせていただきます)

※一定規模の物件については、各分野の専門家とコラボレーションしつつ進めてまいります。

 

業務開始年月日

2017年2月26日 より

 

お問い合わせ

e-mali:info@deargarden-style.com  こちらのお問い合わせフォームが便利です→ Contact

電話:0748-33-5747(馬渕)まで

 

 

秋の大相談会開催のお知らせ

event2016%ef%bd%81%ef%bd%95%ef%bd%94mn_image

ディアガーデンでは15日(土)16(日)・22日(土)23日(日)の2週末、庭づくり・エクステリア秋の大相談会を開催致します。

『家を建てるけれど、まだ外のことは何も決まっていない』
『新築時に一通りエクステリアとお庭はやってるんです。でも・・・』
『最近、使い勝手が悪くなってきたなぁ』
『植木が大きくなって手に負えない』
『毎年剪定代がバカにならない。庭をコンパクトにできないか』

そう感じられたら、まずはお気軽にご来店ください。

デザイナーが常駐しておりますので、直ぐにその場でラフプランや概算金額をご提示いたします。
ご相談は無料です。

『お庭の一部分だけでも大丈夫ですか?』
『アプローチだけなんですが・・・』
『駐車場を一台増やしたいんです』
『もっとお洒落にならない?』

もちろん、部分的なデザインだけでもOK。ご相談ください。
同じコストなら、素敵にスタイリッシュにしたいですよね?

この期間にどうぞご来店ください!

尚、ご予約優先とさせていただきますので、事前にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

 

詳細

日時:2016/10/15(土)16(日)、22(土)23(日) 10:00am~17:00pm 開催

場所:ディアガーデン →アクセス(詳細地図等) 駐車場1台分有

ご予約:こちらのフォームが便利です→ Contact (e-maliでも可:info@deargarden-style.com)

ご希望の日時、時間帯もご明記ください。受付けましたら1日以内に確定メールをご返信いたします。

お問い合わせ:0748-33-5747(馬渕)まで

 

 

新月にInstagramはじめます 

今日から9月。新しい月のはじまりで、しかも新月です。同じことを二度書いているみたいですが(^^;)、月の満ち欠けの「新月」のことね。月の作用としては、今日は「浄化」や「解毒」に最適な日であり、何か新しいことを始めるのに適しているそうです。

月が好きな私は、たまにそうやって、月のリズムに合わせてというか、かこつけて、何かやろうとします。そうして、満月の夜には、新月に始めたことがどうなったか、振り返ることもするのです。

それでこの新月に始めたことは、遅ればせながら、Instagram!・・・といっても、まだアカウント作っただけですが(笑)

これまでは専ら見る方でして、自分がするつもりはありませんでした。文章を書くのが面白くなってしまった私には、画像メインで文字が少ないInstagramは、とっても物足りないのよね。twitterもアカウント作ってはみたけれど、文字数が物足りないので、すぐやめてしまった位ですから。

今日、ある方と話していて、イマドキのSNSユーザーのこと、考え方などを色々教えていただきました。Instagramユーザーはfacebookとはまた年齢層も違うようですし、アクティブユーザー数はついにtwitterを越えたそうですね。

こんな風にSNSもどんどん進化していて、いろいろなツールもありますが、ディアガーデンを知っていただくキッカケになるのなら、庭のある暮らしについて考えていただけるのなら、入口は何でもいいのかなと思うようになりました。食わず嫌いは勿体無い。それに、素敵な庭や植物などを見ながら、あれこれ語り合えたらいいな〜なんて淡い期待もします。Instagramの方が、ブログを読んでメッセージ送るよりも、気軽な感じですしね。

 

302970

私は四季折々の植物の美しい姿に心を動かされます。その瞬間をたくさんの方に見てもらって、植物との暮らしを想像できたら、庭がもっと身近に感じられるのかも。この画像は、まだまだ暑い中、シャンと咲いている百日紅の姿。元気をもらえます。

 

そんなことで、これはいいキッカケかもしれない。Instagramやってみようかな~と思った次第です。まぁね、結構軽い気持ち。blogに掲載しきれなかった画像は、これまでお蔵入りだったのですが、活かせそうで嬉しい。実は、一枚載せる為にめっちゃいっぱい撮ってるの(;^_^A

これから追々してUPしていきたいと思いますので、よろしければ覗いてみて下さい。

 

 

ウェブサイトリニューアルのお知らせ

 

この度、私共のサイトを全面リニューアルしました。

今後共どうかよろしくお願い致します。

 

  • コンテンツを絞り込み、シンプルですっきり。見やすいデザインになりました。
  • 施工例の内容を大幅に更新いたしました。また大きな画像で見ていただけるようになりました。
  • ブログを外部サイトから本サイトに変更。内容はこれまで通りで日々綴ってまいります。よろしければ「お気に入り」や「ブックマーク」等のアドレス変更をお願い致します。(新:http://deargarden-style.com/blog/、もしくはhttp://deargarden-style.com/)これまでの記事はRecommendからの閲覧可能です。
  • 当サイトへのご意見、ご要望等お聞かせください。→Contact