「香道 教林坊流」体験

前回の続きです。ディアガーデンのある近江八幡市のモミジ名所として有名な教林坊さんで香道体験をしてきました。

きっかけは先月お香喫茶で沈香をかがせてもらったこと。そのときのことをブログに書いて(→コチラ)それを読んでくれた友人と話が盛り上がりまして。今度は本格的な香道を体験させてもらえる所はないかと探してみたら、案外近くで見つかりました。こちらの募集は年に2回だけなのですが、たまたまタイミングが合ったことも幸いでした。

 

新緑が美しい教林坊さん。こちらの書院で香道を体験させてもらいました。

 

何も知らないので身一つで伺って、しかも普段着です。

先生とお寺の方、他にもお着物を召された方がおられました。先生はモダンな飛び柄の小紋。着慣れておられるのでそれはもう素敵で、やっぱり着物はいいなぁと見とれていました。勝手な想像で女性ばかりかと思いきや、半分は男性。しかもお若い方もおられ、少しばかり驚きました。私たちのような初心者もあわせ全部で17名の会です。

まずは、先生が簡単に香道のいろはを教えて下さいます。香道とは、灰の整え方や用具について、聞くときの香炉の持ち方、聞き方の作法など、なんとなくの知識の意味がわかり、この時点でもう引き込まれました。

そしていよいよ沈香を聞くことに。順番に香炉が回ります。

 

香炉です。持つとほのかにあったかい。聞いている間は鼻もあったかい。電子香炉よりもだいぶあったかい。

 

嗅覚だけでなく五感全てを研ぎ澄ませて香ること。それを「聞く」と表現します。心静かにゆっくりと3回。綺麗なもので身体の中を浄化するかのようなひと時でした。

次は組香というお遊びです。あるお題に基づいて問題がだされ、香りを聞きあてるゲームです。これ、やってみたかったんだ♪

 

香炉が回っている間、先生がいろいろなお話をしてくださいます。

 

今回は夏の会でしたから、先生は、百人一首の中から「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ」という夏の句をテーマに選ばれました。清原深養父という方の句。この方、実は清少納言のおじい様なんだって。

月と見立てた香りを最初に聞いて、それに当てる3つの香りを雲一、雲二、雲三とします。その中に月と同じ香りがあるかどうかを判断するゲームです。答えは月の名前で、雲一が同じ香りと思ったら「宵」雲二なら「暁」雲三なら「有明」などと紙に書きます。さて雲のいずこに月宿るらむ?

計4回聞くので、もうわかりません。先生曰く、ほとんどわからないものらしい。だから正解しなくても当たり前なんですって。それを聞いて気が楽になりました。

ぱっとわかるものもあれば、微かに違うような?というものも。どれも柔らかないい香りです。私は香りの余韻の違いで判断しましたら、たまたま正解しましてビックリ。嗅覚を一時失っていた私が正解したなんて~感無量です(泣)

香りがしないと味もわからない、季節の花の香りもわからない、かなり侘しい日々でした。でも見た目どこも悪くないので、良くなるまでは近しい人にしか打ち明けていませんでした。薄紙をはがすように徐々に治ってきていたのですが、今回「もうすっかり良くなったんだよ」と、こちらの観音様が教えて下さったんだなぁと思いました。

下の画像はその記録紙です。どうも記録の書き方なるものもあるみたいです。

 

この日の香席タイトルは「夏目香之記」。正解者には名前の下に「叶」と書きます。記録紙は正解した中で上座の方がいただけるのですがその方が譲ってくれて。いい記念になりました。

 

最後にお菓子と薄茶を頂戴しました。

たぶんこの日のために特別に選ばれたお菓子だと思います。いただくのが勿体ないくらい綺麗でした。

 

生菓子を頂戴しました。新緑を映したような美しい緑色。青葉か?それとも苔?上に一粒の露がのっています。美味しかったです。

 

香りを聞くときは風が入らぬように閉められていた障子が、お茶の時間になると一斉に開け放たれます。すると見える景色は一変!緑したたるお庭が現れます。その鮮烈な色、解放感。庭がまるで絵のごとく眺められ・・・至福の時間です。

庭ってこんな風にも使われるんだ。この感動を体験させてもらったことだけでも、来てよかった、そう思えたのでした。

 

書院の窓を開けると、まるで掛け軸を掛けたよう。風情ある眺めが飛び込んできます。

 

香道の良いところとは、香りを通して、日本文化の知識や嗜みが覚えられること、と先生がおっしゃられていました。先の歌も、ただ覚えるよりは、組香という遊びを通じて覚えた方が覚えやすいのだと。

今回の歌は清少納言のおじい様ということで、清少納言のこと、平安時代の風習や常識、月にまつわることそれが現代でどうなのか、先生の体験なども交え広く語っていただいて、聞いていて本当に楽しかったです。先生の知識の抱負さ、語り口調など、ただただ感服するばかり。

それに加え、着物に憧れる私にとっては、着られる貴重な機会。とても魅力的ですが、次があっても間違いなく洋服だな。友人も「まず長時間の正座がムリやわ」と。確かに!激しく同意です。

ほとんどの時間、足を崩していたのに、立つとき相当ヤバかった。和服を嗜むまでの道は遠い。

 

 

お気に入りのカフェの庭

この夏、習い事で通っていた建物の耐震工事が始まり、お教室が移転しました。といっても降りる駅は同じ。少ししか離れていないのですが、散策ルートも多少変わって、目新しい日々です。

ランチやお茶をすることもあって、そういう時は味もさることながら、やっぱりお庭の美しいお店があると嬉しくて入っちゃいます。一人なので眺めるものがあると落ち着くの。静かなことも大事です。席がゆったりと配されてるとか、座り心地のいい椅子だとか、そんなところも重視します。それとなく客層も観察して、品のある大人の方が多ければアタリ!

今日画像をUPしたのは、そんなお気に入りのカフェのひとつ。今のお教室から歩いてすぐ、とても近いので通っています。そこは表通りから見ると、奥にカフェがあるなんてわからないので、知らない人がたまたまフラリと入るような感じではありません。私が伺う時間帯はウィークデーのお昼間ということもあり、人が少なめで静かに過ごせるの。

 

坪庭を眺めながらお茶をいただけるお席にて。ぼーっと見ているけれど、頭の中では勝手にこのお庭の植栽リストと平面図が出来上がっています。ガーデンデザイナーの性でしょうか?!

 

こちらは築90年、明治大正の雰囲気が漂う和洋折衷のつくりで、カフェスペースは今春リノベートしたばかりです。扉や壁のこちら側と向こう側の雰囲気全く違ってたりして面白いの。北欧の照明やビンテージ家具が配され、そのあたりはまぁイマドキなパターンなのかもしれません。

坪庭の植物たちがとても元気に育っていて気持ちいい。席から見ると手前に見える、本磨き仕上げの黒御影石の部分が、少しキツイなという印象です。庭の中で浮いている感じがしないでもない。でもしばらく眺めていると、光が変わった途端にクッキリと空や緑が写りこんできて、なるほど、これは池(水面)と同じ効果を狙ったものなんだと気付きました。

雨の日はここに波紋ができたら素敵だろうな。あの違和感は、良く言えば、注意をひきつける装置だったのかも?・・・なんて、コーヒーをいただきつつ、深読みしてます。

 

石貼りに写る景色。こういうことを計算して張られているのよね。

 

日によってはこんな個室に座らせてもらうこともあり。ルイスポールセン照明のPHシリーズが印象的な席です。この日はここに籠って短歌を推敲していました。これも習い事の延長で。

 

このくらいの広さのお庭は個人邸の参考になりそう。奥行きを感じさせる植物の配置、先に書きました黒御影石の効果、大き目の縁先手水鉢や灯籠の奥ゆかしい見せ方、背景の整え方、表通りからは想像できない意外性、など印象的なところがたくさん。

リビングダイニングからこういった眺めがあると、暮らし、いや生き方さえも変わるんじゃないでしょうか。

 

 

秋の夜の手習い 

今日は小筆の練習をしました。今年に入り、先生に「仮名をやるなら古筆もやってみなさい。」と勧められ、無謀にも挑戦しております。

古筆とは、平安時代から鎌倉時代にかけて書かれた和洋書道のすぐれた筆跡のことをいうそうで、いまに伝わる色々なお手本集があるのです。私のお手本は「伝 藤原行成筆 大字朗詠集」というもの。本当言うと、まだよくわかってないけれど、平安時代の人の書いたものが、現代においても、そのまま読めて敬愛されるといることに、日本文化の奥深かさを感じ、改めて感動しています。小筆を習わなければ、たぶん目にすることもなかったでしょう。

先生曰く、一生かかっても修められないだろうということですが・・・(  ̄▽ ̄)ソリャソーダ、理屈だけでもわかれば、きっと為になるのではないかと思うの。続くかどうかわかりませんが、今のところは楽しくやってます。

画像は俳句です。自分の選んだ句を毎月二首書いています。「涼しさの 肌に手を置き 夜の秋」という高浜虚子の句です。

%e5%b0%8f%e7%ad%8609-2

お手本を書いていただいたのは、今月初めで、句と合った気候でしたが。それにしても、なかなか思うようには書けませんなー。添えた花は吾亦紅。

 

「夜の秋」とは、聞き慣れない表現。どうやら「秋の夜」と同じではないらしい。秋の気配の感じられる、夏の終わりの夜、というような意味で夏の季語です。夜風に涼しさを感じ、肌に触れてみるとすっかり冷えている。もう夏も終わりだなぁというような意味でしょうか。手を置いた肌が自分の肌なのか、はたまた隣にいる誰かさんの肌なのか?それによっては、また違った情景が浮かび、案外色っぽい句なのかもしれません。勝手な想像ですが。

そういえば一昨日のこと。なんとなく寝苦しく、薄着で寝てしまい、うっかり寝冷え。鼻水が一日止まりませんでした。あぁ、私ときたら、色っぽさのカケラもないのです。今はなんとか回復しましたが、もう「秋の夜」なのですね・・・。

皆様もお気を付けください。

 

 

小筆のお稽古 

月2回のお教室へ変わらず楽しく通っています♪ブログに書くのは数カ月ぶりでしょうか。

最近は自分で選んだ句を書いてます。初めに先生が目の前でお手本を書いてくださるので、墨継ぎのタイミングや筆の運び方なんか、間近で見れるのがすごく有難い。先生の字大好き!バカみたいにポーッとのぼせて見とれてます(笑)字の選び方やバランス、余白の使い方等など、結構細かく教わり、あとは繰り返し繰り返し練習です。いずれは自分で詠んで書に出来たらいいな。それまで色々な句に触れて勉強です。

sho0511-1

折手本帳にお手本に書いてもらいました。うっとりです。

 

季節や気分に沿った句、好みの情景が描かれてる句(月とか植物とか)を選んでいます。今回選んだ句はコチラ。

 「春惜しむ いのち惜しむに 異ならず」 (高浜虚子)

春が過ぎ去ろうとしています。惜しんでも自然の移り変わりは止められません。そして同じように人の命も意のままにはなりません。折しも熊本大震災のあとです。美しいけれど無情な自然。その中でなすすべもなく失ってしまった尊い命を思うと本当に切ない。悲しいけれど、人は自然の一部なんだと思い知らされました。

先生は初心者でも書き易いようにいつも工夫してくださるのですが、「惜しむ」という言葉を書き分けて、単調な眺めにならないようにまとめてくださいました。2行目が平仮名でやさしい雰囲気になっているところが素敵だなと思います。

sho0511-2

書を学んでいると、美しい紙や小道具にたくさん出会えます。ほとんどが職人さんの手作り品なのでとても趣があります。折手本の表紙にある唐草模様も光の加減で見え方が違って素敵!手の届く範囲で、ゆっくりお気に入りを揃えていこうと思います。

 

字をただ書いているのではない、探れば探るほど奥深い世界です。まだ踏み入れたばかりですがどんどん深みにはまりそう。若かりし時には想像もしなかった世界にいて、それがなんとも心地いいのです。大人になるってこういうことかしらね?