庭仕事の前に 

日本は季節の変わり目に雨がよく降ります。それぞれに名前が付く程で、春に降る雨は「春雨」「春霖」「菜種梅雨」「催花雨」「桜雨」「穀雨」などと呼んだりします。大地を潤し、芽吹き始めた草木を育てる雨です。

そんなことを意識して庭に出て見ると、確かに雨の後は、一段と植物の勢いが増しているように思います。

長らく沈黙を保っていたディスプレイガーデンがいよいよ動き出しました。

 

ギボウシの芽、アジサイの芽が勢いよくふきだして。

 

ドウダンツツジの花が鈴なりに咲いています。背後に見える若葉はアオキ。

 

昨年のうちに植栽の配置替えをして、枯れ枝や落ち葉も取り除き、寒肥も施していたワタクシ。春を迎える準備はほぼ整っており、今のところまだ庭仕事という程の作業はありません。

同じように芽吹き始めた雑草たちを取り除く位かなぁ。今なら表土を掻くだけで抜けるので楽チンです。とは言え、全部抜くのではなく、個人的に好きな雑草は残しています。例えばスミレとかヒナゲシは、庭の前を通る歩道にポツポツ咲くように、敢えて抜かずにそのままにしています。

この歩道には、庭で育っているオキザリスがいつのまにか繁殖して、残した雑草と混じって、庭の景色の延長のようになってきました。

5月にオキザリスの花が咲いたらUPしますね。

 

++++++++++

 

庭仕事ですることがない今のうちに、窓ガラスを拭いたり、テラスのガーデンファニチャーやタイルを洗ったり、しようと思います。

新緑を部屋から眺めたときに、きれいに見えるように。

テラスONシーズンに向けて、いつでも気持ちよく使えるように。

 

拭きたての窓ガラス越しにテラスを見る。冬の間物置に仕舞っておいた散水ホースもスタンバイ。

 

窓ガラスは雑巾で二度拭きするだけです。ついでに窓枠と網戸も拭きます。しょっちゅう拭くのでそんなに汚れがたまっていないし、無駄に精魂こめてピカピカにはしません。疲れちゃうもんね。

窓ガラスはテキトーにいつもきれい。それがディアガーデン流。

 

 

現場帰りに隈さん建築を探訪-守山市立図書館

来週、仕事をする現場で打合せを行ってまいりました。

昨年から計画していた事案。かなり変更はありますが、有難いことに作らせてもらえることになりました。

 

来月オープンに向けて追い込み中の建築現場にて。ここに新たに花壇を設けます。

 

この度の現場打ち合わせは、パートナーの造園会社さんと、実際に仕事をする手順に沿って確認しつつ行いました。建築工事も佳境で、いろいろな職人さんが賢明に作っておられます。邪魔にならないようにしないとです。

建築工事といえば、よくあることなんですが、いただいている図面と変わることもあります。そういうところ、私達はいちいち説明を受ける訳ではないので(^^;

「あれ?ここ、図面と違いますね。」「このままではうまく収まらへんな。」「うーん。」ってな感じになることは、しょっちゅうなんですね。でもなんとか収めます。最後に収まりの帳尻を合わすのも造園の仕事。逆に言うと、最終工程の造園でしか出来ない帳尻合わせもあるのです。

 

+++++++++++

 

さて、今回の現場は守山市というところ。この近くにかねてから見たい建築があったので、ついでに寄ってまいりました。

それは、新国立競技場の設計でも注目の建築家・隈研吾さんが手がけられた「守山市立図書館」。オープンしたのは昨年11月1日でした。隈さんファンのワタクシ、まさかこんな近く(ディアガーデンから車で30分ちょいのところ)で見せていただけるなんて!思いもよらず嬉しすぎます。

実はオープンの少し前に外観は探訪していたのですが、内観は混雑が治まってからじっくり・・・なーんて思っていたら、うっかり半年近く経ってしまいました。

 

外観は如何にも隈さんらしく縦格子のデザイン。でも他の作品と違ってかなりカジュアルな印象を受けました。

 

トサミズキやサンシュが満開。もともとあったのか?新たに植えたのかわかりませんが。山にあるような木々と杉の意匠の建物が青い空に映えてます。

 

人々を引き込むように外に開かれ、散策しながら本と人との交流を生み出す「みち」のような図書館を目指したとか。図書館の周りには散歩道があって、その両脇に植栽スペースもあります。自生植物がランダムな感じで植えられていました。今はまだ苗ですが、おそらく梅雨明けにはモリモリと茂っていることでしょう。

デザインコンセプトは「本の森」で外装や天井など管内全体に滋賀県産の杉を使い木のぬくもりを感じるよう設計されています。私が素敵だなぁと思ったのは、内装のカラーコーディネート。淡いベージュのスギの木の色にグリーンっぽいグレーを合わせておられて、とても優しい色合いで和みます。

 

解放感ある大きな窓。本から視線を外しぼーっと外の景色を眺める・・・そんな動作が自然にできるのはこういうピクチャーウィンドウがあるから。

 

スギの木に包まれた、もしくは杉木立の中にいるような意匠。吹き抜けが予想以上に高く気持ちいい。

 

ガーデンファニチャーはディアガーデンでも取り扱っている「Altec(アルテック)」。デッキスペースでは飲食可能らしい。

 

図書館の中に併設されたカフェで。

 

訪れたのは春休み中のウィークデー、時間はお昼前でした。ご年配の方や子供さん、ママさん等で結構賑わっていましたが、吹き抜けの大空間のせいか、まだまだ余裕が感じられます。本棚が大きすぎるのか?肝心の図書は物足りない感じで今後に期待です。ここで調べものが出来るくらい植物や庭の本が充実するといいなぁ。

ともあれ、滋賀県にまたひとつお洒落なスポットが出来て嬉しいな。天気のいい日なら、テラスに出たり・・・、一日いても退屈しないかも。近江八幡市民の私は本は借りることは出来ませんが、スペースを使うことは可能なので、ちょくちょく寄ってみたいと思います。

 

 

最近少し余裕が出来まして~

事務所で使っているPCの動作が重くて、仕事に支障を感じるようになり、この度新しくしました。初期設定やアプリのダウンロード、データの移行などようやく済ませて、ブログを書いています。

サクサク速くて気持ちいい(^^

サクサクついでに施工例もUPしました。コチラ→works

 

右が新しいPC。移行ついでにデータも整理整頓しました。

 

このところ有難いことに業務多忙で、確定申告もあったし、加えてプライベートでも大きな変化が。その準備に結構な時間がかかり、3月はホントにバタバタでした。

今は諸々一区切りついた感じ。またブログ更新に精を出したいです。

誰にも期待されていないディアガーデンブログですが、ちゃんと営業してます的なことが伝わる要素でもあると思うのでこれからも続けたいと思っています。相変わらずガーデンの話に留まらず、話題があっちこっち行きそうですが、よろしければお付き合いくださいませ。

 

++++++++++

 

そんな訳で気持ちの余裕が出来たので~。

先日、諸用を済ませたあと、好きな照明を見にインテリアショップに寄ってみました。

私の中で照明器具は、年々重要な存在になりつつあります。どんな高級な家具に囲まれた素晴らしい豪邸でも、それが蛍光灯に均一に照らされた空間だったら、興ざめです。照明は光を灯すものですが、同時に影を作ることもできます。美しい影を作る照明こそが理想の照明、そう思います。

ライトアップした夜の庭の景色を眺めるとき、室内の照明は暗い方がいい。室内が明るいと窓ガラスに家具やら自分が映りこんでしまい、せっかく照らした庭の景色が見えません。だからインテリアの照明器具は要所要所を照らす間接照明でなければならないのです。

そんなことで次買うとしたら、どんな照明器具がいいかなぁと思い巡らせて見ていました。

 

この中に意中の照明アリ(^m^

 

折り紙のような。プラスティックペーパーが使われていて陰影もきれい。事務所にどうかな?これは大きすぎるかな。

 

次に寄ったのは書道具でお世話になっている鳩居堂さん。長らくリニューアル工事中でしたが、お稽古仲間からオープンしてたよって聞いて行ってみました。以前のお店は落ち着いた重厚感ある雰囲気でしたが、さてどんな風になっているのかしら?

 

耐震工事が終わってリニューアルオープンされた鳩居堂さん。モダンな和でかっこよくなってました。

 

吹き抜けが気持ちいい。商品は以前より少なくなったような?選りすぐりのものが置いてあるのかな。

 

木とアイアンのインテリアは今時どこでも見かけますが、それを和の雰囲気に納めるには?またファサードの石の貼り方がモダンで、でもなんでモダンに見えるのだろう?なんて、ついデザイン的な観察をしてしまいます。

なんとなくお洒落~と感じるだけでは、漠然とした記憶しか残りません。じっくり観察&自分なりに考察することが大事だと思っています。こちらの場合、部材の寸法にヒントがありそうと感じたので、石の寸法を測ってメモ。実測の記録は必ずデザインの役に立ちます。

どこでどうしてても常に仕事のことが頭にあるというか、デザインに生かせそうか?という目で見てしまうって、どうなんでしょうね~(^^;

 

 

ニュアンスカラー‘Taupe‘

Taupe(トープ)色ってご存知?

ベージュとグレーを混ぜたようなとてもシックな色です。グレージュとも呼ばれて、ファッションでは数年前から注目されている色。控えめな色合いなので主張し過ぎることがなく、どんな色合いのアイテムにも馴染んでくれます。ひと差しするだけで上品にまとめてくれる、そんな大人の便利色です。

グレーが好きな私ですが、このニュアンスカラーに魅せられて、iPhoneケースやキーケース、バックとトープ色のアイテムが増殖中(^^*

 

iphoneケースはBonaventuraのエトープを愛用中。

 

どこか見慣れた感じがする色だなぁと思っていたら、そうそう、樹の幹色にトープって多いです。ガーデンデザインでパースを着彩するとき、緑以外で一番使う色がトープだったりします。幹以外にも石や地面、柔らかく陰をつけたいときなど、あらゆるところに塗っているので、すぐ減ってしまうのよね。

 

+++++++++++

 

最近リメイクした照明(フロアスタンド)も実はトープ。

このフロアスタンドは、20代の頃に建てた家のお祝いでいただいたものです。滋賀に引っ越すことになって、家は売ってしまいましたが、フロアスタンドはずっと大切に使っています。シンプルでナチュラルな雰囲気のスタンドで、主に寝室に置いていました。

大事にしてきたつもりですが、年月が経ちだいぶシェードが日に焼けて、本体にもところどころ小さな傷がついています。

 

長年愛用してきたフロアスタンド。リメイク前です。本体は明るめの茶色、シェードは生成色。

 

そんな折、寝室の家具を動かす必要があり、このスタンドが不要になってしまいました。でもちょうどリビングのフロアスタンドが替え時だったので、そこに合うように思い切ってリメイクすることに。

シェードを取り換えて、本体を違う色に塗り替えたら何とかなるかな?と、ひとまず塗装を剥がしてみました。

すると現れた生地がトープっぽくてびっくり!

 

塗装を取ってみると、トープっぽい色目でとってもいい感じ。

 

乾いた感じも今の気分だし、結局何も塗らないことにしました。

サンドペーパーの番手を変えながら丁寧に磨いて仕上げ。小傷も消えてスベスベになりました。そしてシェードはグレーにチェンジ。元よりも幅の広いモダンな雰囲気のシェードです。

 

リメイク後。本体は素地をそのまま生かし、シェードを落ち着いたグレーに変えました。

 

ちょっぴり大人の雰囲気になったかなぁと思います。

トープなので周りと馴染み感が凄くて、リメイクしたのに、しかも割と大きなものなのに、夫は全く気付きませんでした。まぁ、普段からしょっちゅう色々なところを変えているので、いちいち言わないのかもしれませんが~(^^;

 

点灯ーっ。シェードを変えると光の色がやっぱり変わる。少し暗めでより落ち着きが出ました。

 

一口にト-プといっても色々なトーンがあるそうで、このスタンドの色はPaleTaupe(ペールトープ)、もしくはLightTaupe(ライトトープ)でしょうか。

長年見続けたスタンドがちょっとのことで一新、とっても嬉しいです。トープとグレー、ベージュの組み合わせにハマりそう。

 

 

雛祭りの室礼2019

今週末は久しぶりに夫婦で片づけに励みました。クローゼットの中の不用品を一気に処分!!美品はメルカリに出品して、売れたら必要なものに変えたいと目論んでいます(^m^

しかしまぁ、一度片づけを始めると、ここもあそこもと気になるところが出てくるものですね。何となく不便だなぁと思いつつ使っていたお鍋や照明、はたまたPCまでも、見直したい心境に。今月半ばまでにはスッキリさせて気持ち良く春に臨みたいと思っています。

 

++++++++++

 

さて、本日は桃の節句。

今年は節分のあと、割とすぐに雛飾りをしましたので、もうずいぶんと愛でている気分です。飾っているのは、ブログではお馴染みのコンパクトな「小石のお雛様」。出すもの仕舞うのもあっという間で、経年変化が出にくい所も気に入っています。

小道具は手作りで、毎年何かしら変えて飾っています。今年は桃色ではない感じに。

 

一緒に飾っているのは、桃の花ではなくサンシュの花で、もうひと月くらいここで咲いています。割と花持ちいいです。

 

ちんまり可愛い小石のお雛様。穏やかな表情、滑らかな手触りに癒されます。

 

昨年の長浜盆梅展で見た素敵なガラスのお雛様。小道具も立派です。将来的にはこういう風に飾ってあげられたな。

 

お正月からずっと飾っていた餅花も雛祭りが終わればそろそろお役御免です。

 

年行事をひとつ済ませると、季節の進みを実感します。

 

花活けの仕事

先月、花壇を作らせてもらいました京都祇園「仁々木」さんに、引き続き、店内装花のご依頼をいただきました。初めは観葉植物をご提案しましたが、もっと自然なもの、季節感のあるものをという社長様のご意向で、お生花を活けることになりました。

花壇の詳細 →コチラ

普段、根っこの付いたものばかり扱っているディアガーデンが、花活けをするなんて?でも、自分でも意外な程あっさりと、庭のお仕事と同じように、このご依頼を受けていました。

 

・・・というのもひとつは、私自身、日常生活の中で毎日当たり前に花を活けているから、かもしれません。

花屋さんで買ってきた花材に、庭で育てているちょっと虫に喰われたような葉っぱや曲がった枝を加えて活けるのが得意です。庭と部屋がそこで繋がった感じがして気に入ってます。

来客がある時などは、地元には気の利いたお花がないから、仕方なく京都で探すことになります。月2回お稽古で行くので、その帰りにいろんな生花店を周りお洒落な花を調達しています。そんな経緯で、市内のどこにどんな材料を置いてあるかやお値段なども、漠然とですが把握していました。当然ながら、季節の植物は分かっていますしね。

また、花好きの延長で、これまで洗練されたお店やアーティストさんの素敵なアレンジをたくさん見てきました。それに、大昔の話になりますが「嵯峨御流」という流派で准華範(師範のひとつ上)までは一応取得していたので、和の活け込みの経験もあります。

全部ただ植物のことが好きで、見たりやっていたことで、それが花活けの仕事に役立つ日が来るとは思ってもいませんでした。専門にやられている方と同じようには出来ませんが、庭づくりの要領で、そこで育った姿を知っている私っぽい活け方でやれればとお請けした次第です。

お菓子づくり、特に和菓子は季節を大切にされます。また、前栽やお花はおもてなしの気持ちの表れですからこの仕事はとても重要。心を込めて当たらせていただきました。

++++++++++

 

例によってまた前置きが長くなりました(^^;

メインの花活けは、入口から見て突き当たりの壁に。店内で一番目立つところです。大きな花器を据え、サンシュの枝と白玉椿をふんわりと投げ入れました。

サンシュはミズキ科の落葉小高木で、3月以降に鮮黄色の小花を木一面に咲かせます。素朴な花ですがとても可憐で、春の山を連想させてくれます。椿は蕾が玉のようで野趣ある薮椿の風情。大きなしべの色が黄色なので、サンシュに合うと思い選びました。白玉椿は茶花にも使われますし、和菓子店にあってもよいかと。

お客様が何気なく目を落とした先に花があってふんわり笑ってるといいな。お菓子を買う、そんな楽しい時間がより特別になりますように。

 

お店の一番目立つ所に大きな活け込みを置きました。看板に花を添えるようにサンシュと椿をざっくり投げ入れ。向かって右にベンチがありお客様が通るため、邪魔にならないようそちらの枝は控えています。

 

椿はたくさん挿しているように見えますが。大枝1本の他は2,3本挿しただけです。はじめから根締めにするつもりで、幅のある暴れた枝を選んで仕入れたもの。計算通りおさまってくれました。

 

口の大きく開いた水鉢。活けやすいように流木に苔を貼った小物を添えました。こういうのも全部自分で考えて作ります。

 

たぶん白玉椿?ころんとした蕾、どっしりとしたしべをふんわり包むように咲く筒咲きの品種。素朴な感じがいい。

 

大鉢の向って右側にあるベンチには和の寄せ植えを。ご要望が草盆栽っぽく、だったので苔を貼りました。土が見えないので清潔な感じになります。

このベンチは、お菓子を包んでいるあいだ腰かけてお待ちいただく、そんなスペースだそうです。ここで食べてもいいそうで、そんな時少しでもおもてなしできたらと、花を添えたいとのことでした。素敵ですね。

小さくまとめながらも、生き生きと枝先葉先が踊っている感じにしたつもり。待っている間、お菓子を食べている間、しばらく眺めていられるように何種類か寄せています。結構安定感あるので、ちょっと当たったくらいでは倒れることはありません。

 

草盆栽。これも春を感じさせる小手鞠をメインに寄せ植えしてみました。

 

足元に苔をこんもり大らかに貼って。意識してまあるい感じに作ってます。

 

入口脇、揚げ菓子の傍にはトクサの緑を配しました。常緑で手入れの簡単な植物です。入り口の近くですが、他より控えめな印象の場所となっており、そのためあえて抑え気味にしています。その方がメインを引き立てそうな気がして。

 

木賊は庭でよく使う植物です。乾燥に強くとても丈夫。すっと立ってくれるので邪魔にならないところがいい。

 

器は3つとも滋賀県産の「信楽焼き」です。

和の空間に合うものの中からシンプルでモダンな鉢をご提案しました。色目はお選びいただきましたが、壁の色とよく合っているなと思います。花活けの器としてだけでなく、鉢カバーとして、また水鉢としても使えるようになっているので、色々なアレンジが楽しめるお得なデザイン。

ディアガーデンでは、鉢は和洋問わず、大きさ問わず、色々取り扱っておりますので、場に合わせてご紹介できます。よろしければご相談ください。

 

+++++++++++

 

そうそう、昨日(7日)のお昼頃、日本テレビの「ヒルナンデス!」で、仁々木さんが紹介されたそうです。ご覧になった方おられますか?

萌え断(きゅんとする断面)グルメツアー特集で取り上げられたこちらのフルーツ大福、私も何度かいただきましたが、ジューシーでふわふわで食べ応えあって大満足の美味さ!しかも種類がいっぱい。オススメです。ウェブサイトからお取り寄せできますよ~。

 

不用な枝は切り落としますが、まだこれから咲きそうな部分はゴミとして捨てるには可哀想。こうして活け直して愛でてます。器はアンティークの火鉢です。

 

私も仕事で伺うたびに違う種類のお菓子を買って、その日の夕食後に夫と楽しんでいます(^m^*

 

 

節分の室礼2019

今日は節分。

節分といえば豆撒き、ですよね。追い払う鬼とは、病気やら不幸やら不作やら悪いこと全てをいうそう。私的には、流行中のインフルエンザを払ってもらいたいなぁ。

日頃の健康管理と予防が功を奏して?今のところ感染していないので、このまま乗り切れたらと思います。私自身はあまり人混みにはいかないからリスクは低いけれど、毎日電車で都会に通っている夫が心配なんですよね。

なので、今日は夫にしっかり豆撒きをしてもらいます!(いつも照れながらも一応やってくれるw)

そのための準備がそのまま室礼になっています。

 

シンプルな節分の室礼。家の中の厄払いをする豆と、福を呼んでくれそうな柔和なお顔のお多福さんです。彩りに庭で育てている柊木犀の枝を添えて。

 

お正月に作った餅花はいつも春まで飾っておきます。今年は白一色です。

 

白のリフレインで、どこか清らかさの漂うお室礼に。

 

直会では、福豆も少しいただきますが、メインディッシュはもちろん恵方巻き(^m^*

凝った太巻きを存分に味わえるので毎年楽しみです。

 

 

和の庭小物を作りました-関守石編

前回のブログの続きで、和菓子屋さんの花壇に使う和の庭小物を作っています。

前は竹で井筒蓋を(→コチラ)、今回はその蓋がズレないように載せておく重石です。ただの石では面白くないので、関守石のように棕櫚縄で結わえます。

関守石については、以前にも書いたことがあるのですが(→コチラ)、簡単に申しますと、露地やお庭で「この先の立ち入りはご遠慮ください」と知らせるために、通路の途中に置かれる石のことです。縄でにぎりをつけて持ち運びができるようにしたものが一般的です。和の庭にさり気なく溶け込むその簡素なデザインは、まさに用の美。一度見るときっと忘れないでしょう。

 

関守石。とめ石とか、関石とか、色々な呼び方があります。

 

今回は、先程も書きましたように、本来の使用目的とは逸れ、そのデザイン性を買って、重石兼オブジェとして使います。

作り方は簡単。

まずは、場に合う大きさで、座りの良さそうな石を選んできます。その石を棕櫚縄で十字に縛り、握りやすいように少し立ち上げたり結んだり。それだけです。作り手によって色々な結び方があるようです。

 

棕櫚縄を編んでいるところ。画像では見えませんが下になる部分には、座りがよくなるように、丸く縄をかけてあります。

 

黒い棕櫚縄を触ると、手が真っ黒になっちゃう(T_T) かといって手袋を付けての作業はしずらいし。いつもこんなだからネイルも諦めてます。

 

毛糸でセーターや帽子を編んだり、プランツハンガーを作ることを思ったら、とってもカンタン!!!

手芸で鍛えた?甲斐がありました。

 

手前のポトスを吊っているのが、自作のプランツハンガー。マクラメ編みです。

 

で、この関守石。9割作って、あとは現場でスケールとか雰囲気を合そうかなと、最後の結び目の部分は仕上げていません。

・・・なので、まだ途中なんですが、ディスプレイガーデンに置いてみました↓↓↓

 

マブチ作関守石。なかなかの安定感です。上の結び目はまだ仕上げていませんが、これでもいい感じ?

 

こちらの現場は、今週植え込みをします。もう配置は決めてるけれど、さて、どうまとめるか?

頑張ります╰(*´︶`*)╯

 

 

お正月の室礼2019

三が日は終わりましたが、松の内ということで、今回は私のブログではお馴染みの「お正月の室礼」記録です。

日本には年中行事という素晴らしい風習があり、私はそれをとても大切にして暮らしているの。室礼とは年中行事の心をかたちにしたものです。

はじめは両親がしていたことや誰かの真似をしながら行っていました。そうして、型の不思議、どうしてその植物を飾るのだろう?といった、素朴な疑問を解いていくうち、神仏や祖先、自然、地域、家族とのつながりや命の有難さをしみじみ感じることが出来ました。

行事を通して、自分が生かされているという実感も得られました。だから変に孤独を感じてひねくれることもないし、日々周りへの感謝の気持ちが増すように思います。年中行事で感謝という気持ちが湧いたのは思いがけないことでしたが、実際そうなのです。生活にハレとケのメリハリが付き、分不相応な暮らしはいたしません。

今年も出来る限り、ですが、丁寧に行ってまいりたいと思います。

ブログで紹介する意味は、やはり多くの方に薦めたい気持ちと、年中行事で使う植物が、実は庭づくりにオススメの植物が多いものですから。日本に昔から生えている植物=風土に合っている植物なので、手間をかけずに育てられます。育てると年中行事のために、わざわざ買ってくるのではなく、庭から気軽に手折って使うことが出来ますしね。植物と年中行事は深い関係なのです。

 

++++++++++

 

さて、お正月の室礼。

これは主に歳神様をお迎えするためのものです。玄関に飾る注連縄や松の飾り、鏡餅、お節、・・・それぞれに役目があるのですね。人の為ではない神様の為、と知ると、やはり心の込め方が変わってきます。

以下、我が家の室礼を一部をご紹介いたします。

 

2019年のお飾りは大王松。清らかな白の水引を添えて。シルバーのドアに合わせて、大抵モダンな感じに整えています。

 

玄関の室礼。今年は白っぽいお飾りに合わせて、餅花も白一色、お花も白で整えました。餅花は五穀豊穣を願う飾りです。

 

竹の器に白い蘭とグリーンの実、レモンリーフ、日陰蔓、庭で咲いている椿を活け、新春の清々しい雰囲気を表現してみました。縁起物の亥の置物も添えて。これは頂き物で、とっても気に入ってます。ありがたく飾りました。

 

ダイニングの盛り花は蘭「バンダ」の紫が主役。日陰蔓で間を埋めてみました。うっかりいつもの調子で地味な花色ばかり選んでしまったので、金や水引、扇など飾りお正月っぽく。

 

生け花の脇役で使った日陰蔓は、古事記や万葉集にも登場する植物です。

関西のお正月飾り「掛け蓬莱」によく使われ、その長く這いつたう様は長寿の象徴です。掛け蓬莱にする程長い大物となると、入手困難ですが、いつか飾ってみたい植物です。

入手困難といえば、餅花づくりに使う柳の枝も、たくさんはありませんでした。花屋の店主いわく、昨年夏の台風の影響で柳の木に損傷が多く、細い良い枝が採れなかったそうです。今年は災害がないといいのだけれど。年末はどれにしようか迷う程、たくさんあるといいなって願います。

 

事務所の室礼その1。獅子柚子(鬼柚子ともいう)の飾り。柚子は柑橘類、キツ=吉に繋がり、柚子もこれだけ大きいと大吉ということでお目出度い。そんな「言葉の盛り物」です。

 

事務所の室礼その2。打ち出の小槌、紅白で目出度さを表現してみました。小さな壷は大好きな和田麻由美さん作。

 

今年もディスプレイガーデンで育てている、数寄屋侘助椿、南天、千両、葉蘭などが、室礼やお節に大活躍してくれました。

歳神様にあやかって、縁起の良い品、縁起の良い言霊があちこちに。いつもと違うハレの雰囲気に身も心もあらたまります。こんなふうに緑いっぱい華やかな花々と共に、平和に新年を迎えられたことに感謝です。

 

 

2019年 新年の挨拶

新年あけましておめでとうございます!

今年もディアガーデンと、ディアガーデンブログをよろしくお願い致します♡

++++++++++

 

ディアガーデンの2019年度の年賀状は、昨年ディスプレイガーデンを撮影した中からお気に入りのショットを選んでプリントしました。

  1. ポストカード風1月のカレンダー付バージョン
  2. もしディアガーデンがガーデンマガジンを出したらならこんな表紙?   の2種類です。

どちらも年賀状らしくないって夫に言われちゃいましたが、私が育てた美しい植物のパワーを、亥の一番に?感じていただけたらと思い、このままお届けすることにしました。

 

2019年のディアガーデンの年賀状。2種類つくりました。

 

実はさりげなーく今年の抱負的なことも盛り込んでいます。

How Dear Garden Creat Modern Meadow・・・

そう、ディアガーデンらしいカッコいい植栽デザイン、厳しい昨今の気候に適応した日本のモダンメドウをじっくりと考えていきたい。実験・検証、提案していきます。

 

++++++++++

 

さて、元日の朝。晴天に恵まれ初日の出を拝むことができました。それからすぐ氏神様へ初詣。帰宅後、夫とお節とお雑煮をいただきました。

氏神様とは徒歩20分程の日牟礼神社。大抵お節の後に初詣にいくのですが、参拝者の列が年々長くなるので、今年は思い切って逆の順で。7時半くらいに家を出ました。着くと駐車場にまだ空きがあるくらいで、車で来ても良かったくらい。行列も全くなくて。

朝日をたっぷり浴びながら、厳かな雰囲気で参拝出来て、とても良かったです。

 

能の舞台に奉納品が飾られていました。豊穣を願うおめでたいお飾り、新年らしい。

 

大晦日に仕込んだお節。なんと過去最速で17時にはもう詰め終えていました。慣れですかね?

毎年何かしら品を変えて、工夫しながら楽しんで作っています。

 

買ったばかりのおめでたい鶴の抜型。茶色い煮物の上にちょこんとのせると映えます(^^*

 

まずは三つ肴から。我が家の田作りは夫のリクエストでナッツを一緒に合えます。黒豆は29日から仕込んだのでふっくら柔らかく。これはもう得意料理です!

 

お酒によく合う甘エビの塩麹和え。柚子窯風にしました。これと栗きんとん以外は買ってきたもの。

 

今年は松風(一番奥)を手作りしました。鰆の白味噌漬けは錦市場丸松さんの。肉巻牛蒡は義母ゆずりの一品で、馬渕家のお節には欠かせません。

 

日本酒のスパークリング澪。これ大好き!お正月バージョンで金粉入り♡私だけ朝から飲んでます。

 

馬渕家のお雑煮は、角餅でおすまし仕立て。具は餅菜という葉っぱだけというシンプルなもの。特徴といえば、これでもか!って程鰹節を乗っけること。追い鰹みたく出汁が濃厚になります。とは言え、少しづつ私のアレンジも加えて、今年はこんな感じです。

 

お節は大変なようですが、これで三が日は食事の支度を休めます(^^イエイ♪