ジャムのある暮らし-柿バタージャム編

有難いことに、この頃よく柿をいただきます。もぎたてなのでパシッと張りがあり、とても甘くて美味しいです。

今年は豊作なのかしら?ある方にはもう2回もいただいています。「今まで生きてきた中で一番の豊作や!何でやろ?」とおっしゃってました。

何で?でしょうね???(‘∀’;)

あまり手を入れていない柿の木は、隔年で収穫量が変わると聞いたことがあります。木が調整しているという説が有力ですが、その年の気候など不確定要素が関わってもきますので、やっぱり「何ででしょうね?」としか言えません。

以前のブログで、柿の木の良いところ7つ書きました。下の関連記事にも出ているかもしれませんが、よろしければ →「柿の七絶」

 

柿三昧の日々です。

 

そのまま食べるなら固く締まった実が好き。薄くスライスしてサラダにしても美味しい。でもあっという間に熟してしまいますので、食べるのが追いつきません。

そこで昔からよく作るのがコンポート。固いうちにワインとグラニュー糖でコトコト煮ると、桃みたいになって長く楽しめます。あるいはジャムにします。ジャムにするには完熟の方がかえって都合がいいんです。

長くブログを読んでくださっている読者さんには「出た!またジャムの話?!」と言われそう。キリがないのでいちいち書いてないけれど、実はほぼ毎月何かしらジャムを作っています。ブログで既に連載化してる「テラスdeランチ」に次いで、この際「ジャムのある暮らし」も連載化するかな。仕事とは全く関係ないけれども、ま、いっか。今回この二つのタグを作りました(^m^

柿に話を戻しまして…。

そういえば、先日訪れた奈良は柿が特産品です。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」と正岡子規も俳句に詠んでますでしょ?お土産の定番である柿の葉寿司以外にも柿ジャムが売られていました。

特産品とジャムとは切っても切れない関係があるのよね~。いっぱい採れる→必ず商品にならないモノが発生する(傷モノや熟れ過ぎたモノなど)→苦労して育てたし、十分美味しいから捨てられない→ジャムを作ろう!みたいな。しかも保存が効くし持ち運びも出来てお土産にはピッタリ。珍しいジャムはもらっても嬉しい。あぁ、ジャムって素晴らしい。

そんなことを考えながら見ていると、柿ジャムの横に柿バタージャムなるものも発見。リンゴバタージャムは有名ですが、柿バージョンも商品化されていたとは知りませんでした。

帰って早速レシピを探して作ってみました。

 

やさしい橙色のジャムが出来ました。

 

柿ジャムを作る工程で二つに分け、一方にバターを投入したら柿バタージャムになります。それだけでした(笑)

ということは、フルーツジャムに飽きたら、とりあえずバターを投入したらいいんじゃないだろうか?恐らく何でもイケそうです。

柿ジャムと柿バタージャムでミニどら焼きを作りました。柿ジャムはフルーティでバターの方は甘じょっぱい。それそれ全然違う感じです。トーストにも合うそうです。

 

次はさつま芋ジャムだな。バニラ風味のを作りたい。

 

 

 

美味しいものをちょっとづつ。

立春も末候ともなるといよいよ春の兆しが見えてまいりました。今頃は、七十二候では「魚氷出(うおこうりをいずる)」。春の暖かさで湖や川の氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃と言う意味だそうで、厳しい冬を乗り越えた生命の喜びのようなものを思わせる言葉ですね。

何か我が身にも重ねて感じ入っています。

 

最近はブログの更新もままならぬ程の仕事量。有難いことと思い頑張っています。そんな仕事中心の生活ですので、実は先日のバレンタインデーも、朝になって「あ、今日だった!」って気づく程うっかり忘れてて。慌てて買いに走った(^^:

例によってプレゼントするのは、私的に定番の「手作り生チョコ愛情込めてドーンと100個」です。(←忘れてたくせに愛って…w)

生チョコはとにかく作るのが簡単。仕事の合間に30分ほどかな?チャチャッと仕込んでも絶対失敗しないのがいい。作り立ては食感がとにかく滑らかで、洋酒の風味も効いたビターな大人味、結構美味しいんですよ。小さいのでちょっとづつ食べられて、しかも数日楽しめる、そこがウケてます。

 

温めた純生クリームで400gの製菓用チョコを溶かしたところ。滑らかに溶けてます。レシピではラム酒を入れるようになっていますが、私は手直にある洋酒を入れています。今年はウイスキー「知多」を。

 

冷やし固めたものを適当な大きさにカットして、ココアパウダーをまぶしたら出来上がり。少々カタチが歪でもココアパウダーがいい感じに仕上げてくれる。

 

実は100個以上できるので、私も休憩時間に何個かつまんでいます(^m^

このごろは、甘いものは以前ほどたくさん食べなくなって、というか全般的に少食傾向にあり、本当にちょっとだけあればいいなと思うように。なので、ちっちゃくて美味しいものが嬉しい。最近いただいたお菓子でツボだったものをご紹介します。

まずは桃林堂さんの「小鯛焼」。大阪・八尾市の和菓子屋さんで、いつもお世話になっている素敵マダムさんが買ってきて下さいました。ありがとうございます♡

 

小さくて愛らしい鯛焼き。サワラの葉っぱもついていて、なかなか凝ったパッケージ。

 

頭から尻尾まで10cmくらいかな?小さいけれど丹波大納言粒餡がぎっしり詰まっています。お祝い事の贈り物にもよさそうで、お取り寄せも可能です。

オーブンで焼くと美味しいと書いてあったのでやってみました。皮が普通の鯛焼きと違ってクッキーに近い感じになって、あっさり味の餡もホクホクでとっても美味しい。

 

焼くとぷっくり膨らみました。尻尾が焦げちゃいましたが、皮がクッキーのようにサクサクに。これはたまらん。

 

次にご紹介するのは、デリチュースさんの「チーズケーキ」。

大阪・箕面市に本店があるのですが、大阪駅ナカでも買えるので、夫にお願いして仕事帰りに買ってきてもらいました。お店は他に新大阪の駅ナカにもありますが、残念ながらお取り寄せは出来ないみたいです。

実はこれ、浅田真央ちゃんオススメのチーズケーキとTVで紹介された評判のケーキ。美味しいチーズケーキは沢山あるので、そんなに変わらないだろうと思っていただきましたが、風味と食感がすっごく好みでした。過去イチじゃないかな。

余りに気に入って、もう既にリピしてるwww

 

デリチュースのチーズケーキ。パッケージも可愛らしい。直径12~13cm程のサイズです。このくらいが我が家にはちょうどいい。

 

ブリー・ド・モーという特別なチーズを使っているそう。白カビ系の独特な風味がして、ベイクドなのにレアチーズのように滑らかな食感。杏ジャムとのバランスも絶妙!とにかく美味しい!

 

ちっちゃいけれど、大人的に大満足の2品。オススメです。

 

食べる量は減りましたが睡眠時間は増えているの。寝てないと悲しいかな、集中力が半端なく低下するお年頃に・・・。しかも、何でかわかりませんが、唇も荒れて悲惨になるんです。目立つので困ります~(T_T)

なので毎晩、如何に早く寝られるか考えながら生活しています。理想は22時半にはベッドに入る、です。そこから本を読んだりしてグダグダしつつも23時には寝てるように。

 

毎日仕事と家事を一生懸命して、少食で、夜はとにかく早く寝て。目指した訳ではないけれど、なんて健康的な毎日なんだ~(^^*

 

 

一陽来復

今日は冬至。

それに先立って、義兄さんちから、もぎたての柚子が届きました。段ボール箱には、同じくもぎたての蜜柑、畑で採れた黒豆、手作りの干し柿が入っていて、何とも贅沢な詰め合わせに感謝感激です。

 

 

義兄さんは早期退職後ファーマーに転身!「Dear Farm(ディアファーム)」という屋号で、野菜やお米の栽培&販売をされています。

元々Dear Gardenという響きか何か?わかりませんが妙に気に入られていて、「俺はDear Farmにしようかな?」「いいですね~。」ってな、ゆるーいやりとりで屋号でも兄妹に。将来的に何かコラボ出来たら面白そう。ウェブサイトが出来たら、リンクを貼りたいと楽しみにしています。

几帳面で凝り性な兄ならではだと思うのですが、作る野菜は、新鮮で美味しいのはもちろん、ものがとっても美しいです。身内だから贔屓目で見ているのかもしれませんね。でも本当にきれいな野菜だから、さぞ美容に良かろう!なーんて、思いながら食べています。

今晩はこのいい香りのする柚子をお風呂に入れてあったまる予定♡

 

柚子、てんこもり~(^m^ お風呂に入れてもまだ余りそうだから、お節に入れたりジャムを作ったり、いろいろ出来そう。

 

冬至は、陰が極まり陽に転ずる日、と言われます。

柚子をこれからゆっくりと復活していく太陽に見立てて、その香りで邪気を払い、来年は更によい方向へ流れが変わっていきますように、一陽来復を祈るとしましょう。

 

 

まだハマってます!ジャム作り

今年はイチジクが豊作らしい。「食べるの手伝って!」と何度もいただきました。

イチジクの原産地はアラビア半島あたりなので、今夏の猛暑は、イチジクにとって過ごしやすかったのかもしれませんね。暑くてしんどいしかなかった夏ですが、新鮮なイチジクが食べられて救われました。有難いことです。

まずは切ってそのまま、次はサラダでしょ、その次は赤ワインと煮てコンポートに。昨日はジャムを作りました。

その方の木は一回で60個以上も収穫出来るらしいです。「あともう一回くらい持ってくるかも」とおっしゃっていたので、次は何を作ろうかな?なんて、厚かましくも楽しみに待っています(^^

 

イチジクのジャム。シックな赤色、優しい甘さとツブツブ食感が楽しいジャムです。

 

私がジャムおばさんになるタイミングは突然やってきます。それは、たまたま覗いた市場で熟れた果物が安売りしていたり、今回の様にご厚意でドーンといただいたときなど。

早く食べないと傷んでしまうよ!さぁさぁ!さぁさぁ!と果物が急かします。

 

夏の長野旅行では、地元の市場で果物を買いました。ブルーベリー、ワッサー(桃とネクタリンの交配種)、クリムソンなんとかという珍しい色の洋ナシ、ナガノパープルというぶどう。ナガノパープルは高級品だそうですが、これは地元価格でお買い得だと言うことでした。ブルーベリーの一部はジャムにしました。手前の2瓶がそうです。

 

ブルーベリーは大量に買うことがないので、ジャムにするのは初めてでした。こうしてグラニュー糖をまぶしてしばらく置いておくと、果汁がたっぷり出てきます。つい摘まんで食べたくなりますがガマンです。

 

6月に作るプラムジャム。ジャムの中ではこの色が一番好き。濁りのないピュアな赤です。酸味が効いていて、とにかく美味しい。

 

実はブログにUPしそびれていたジャムの話が溜まっています。昨年の冬の話です。なんとリンゴを20個以上も頂戴しました。

「毎年産地の知り合いからたくさん届くんだけど食べきれなくてねぇ。いっそジャムにしたらどうかと思って。作ってもらえる?」なんて、私がジャムを作るのが好きだということを覚えて下さって持ってきてくださいました。嬉しかったです。

 

「ジャムにして」といただいたりんご、こんなにたーくさん!家の中にりんごの香りがふんわりと漂って幸せでした。

 

この量のりんごを自分で買うことはないと思うので、折角だし、3種類のジャムに挑戦。それぞれ1Kg強煮たので、ものすごい量のジャムが出来上がりました。りんごをくださった方用、手土産用、そして自分ち用にと、ストックしていた瓶、全て使い切りる程たくさん出来たの。

どれも結構うまく煮えました。

 

3種類並べてみました。プレーンジャム(左)タタン風(中)シナモン&バニラ(右)色合いや食感もそれぞれです。個人的にはシナモン&バニラが一番のお気に入りでした。

 

これはグラニュー糖だけで煮たプレーンジャム。レモンの果汁とすりおろした皮で風味付けしています。

 

ジャム作りの工程はどんな果物でも大体同じ。細かく切った材料に砂糖を加えて煮るだけという簡単なものです。私がこだわっていることと言えば、灰汁取りを徹底的に行うことくらいでしょうか。

レシピによっては一晩寝かせたりしますが、大抵は小一時間ほどで出来てしまいます。切ったり煮たりしている間中、家中甘い香りが広がって、すごく癒されるので、ヤミツキになりました。

あとは材料を組み合わせに凝ったもの、その辺に売っていないジャムを作りたいと思っています。昨年11月中頃に作ったキウィのジャムは、シンプルにキウィだけのジャムと、バナナと組み合わせたジャムの2種類作りました。食べ比べが出来て楽しいです。

 

キウィジャム作りの様子。左の鍋がバナナ入り。プレーンは濃い緑色に、バナナ入りは優しい黄緑色に仕上がり、どちらの色合いも本当にきれいでした。

 

季節を問わず思いついた時に作れる塩バターキャラメルジャム。キャラメル好きにはたまらない味でこれまで何度も作りました。

 

こうして並べてみると、いろいろ作ったもんだな。色とりどりのジャムの瓶をキッチンの棚にズラリと並べると素敵だろな~と思うのですが、すぐ食べてしまったり、あげちゃったりするので、飾って楽しむまでも及びません。

今年の秋には、栗とかサツマイモなどのジャムに挑戦したいと目論んでいます。きっと美味しいゾ~!

 

 

梅仕事-2018

梅雨の中頃になると店頭に並ぶ梅の実。あぁいつ仕入れよう?今年は何を仕込もうかしら?とソワソワします。最適な状態で仕込みたいので、材料を買ったら、お仕事の締切りは気にしつつも、やっぱり何より梅の状態が最優先です。

仕込む前に香りも存分に味わいたい。梅仕事を始めてもう何年経つけれど、完熟梅の豊潤な香りを知ってしまったら、青梅だけの梅仕事では全然もの足りない。近年はむしろこの香りを楽しみたいがための梅仕事。

なんか変な方向に走ってます。

 

完熟梅はこうして盛っているだけで部屋中甘い香りで一杯になります。

 

熟すにつれどんどん香りが増してきます。小さな家なので、ワンプロアいっぱいに梅の香りが広がって幸せな気分。仕込むのが惜しくなってくるくらいです。傍を通るたび近づいてクンクンかいでは「ぁあぁぁーーー、いい香り~たまらん。」って感じで、ホント変です。

でもいつまでもそうしている訳にもいかず。

美味しく戴かなくては意味ないやんと、昨日の午前中に仕込みました。

今年は南高梅2kgを全部梅干しに。昨年慣らしで1Kgだけ作って、まぁまぁの出来だったので、今年は倍に増やしてみました。

 

美しい実、こんなので梅干し作ったら美味しいに違いないでしょ。(※失敗しなければの話^^;)

 

水に浸すと産毛が水をはじいてメタリックっぽい膜が出来ます。あまりにきれいなので、これを見るといつも感動します。

 

最初は昔ながらの梅干し風に塩分18%で漬けて仕上げ、そのあと一部塩抜きして蜂蜜や昆布風味に加工するつもりです。なので紫蘇も使わない白干しです。昨年の酢を使った漬け方はカビの心配はなかったけれど、あとで加工するには酢の味が邪魔になるかなぁと思い、今年はベーシックな方法で漬けました。

参考にしたのはこのレシピ→紀州梅苑「おうちで作る白干梅干レシピ」

中身の見える瓶が1kg用しかなくて、重しが頼りない気がするのですが、さて如何に。上手く梅酢が上がってくれるといいなぁ。これで上手に出来たら来年はいよいよ義母譲りの甕で仕込んでみたい!

 

直射日光の当たらない涼しいところで梅雨が明けるまでじっくりと漬けます。

 

梅仕事の前半はこんな感じで、続きはまた梅雨明け後です。どんなふうになるかこれまた楽しみだなぁ。

 

仕込みついでに。

梅の実を買う時に見つけたプラムで久しぶりにジャムも作りました。やっぱりいい香りで、こちらもしばらく飾って楽しみました。

 

完熟のプラム。梅に劣らず可愛くていい香り。

 

実をざく切りにして、グラニュー糖を振りかけたところ。美味しそうで思わず一切れつまんでしまいます。

 

プラムジャム出来ました。透明感ある赤、キリッとした酸味で本当に美味しい。

 

朝食のヨーグルトやバニラアイスにかけていただきます。

あーそれにしても。仕込み終えたら、プラム系の香りが消えてしまったので寂しいです。また買おっかな・・・^^;

 

 

毎日解毒生活 

昨年は人生で一番肥っていました。筋トレやヨガは変わらずやってるのに。これは明らかに代謝が落ちている!食べ過ぎだ!と思ってファスティング(断食)本を片っ端から読みました。

それで、これなら出来そう?と思ったのが朝食を食べない半日断食。カロリー摂取を抑えられ、胃腸を休めることで病気のリスクも格段に減ります。これまで朝食は大事と刷り込まれてきたから不安でしたが、成長期はとうにすぎているし、もうそんなに食べなくとも大丈夫じゃないかと思いまして、夫婦で挑戦することにしました。

本当は水分だけにすべきなんですが、さすがにイキナリは無理で。消化のよいフルーツ少しとヨーグルトを食べています。あとお水とコーヒー。半断食モドキですね。初めて3ヵ月くらい経ったでしょうか。だいぶ慣れてきました。

おなかが鳴ることはありますが、午前中はあっという間に過ぎるので、そんなに苦痛ではありません。昼食夕食は普通にいただきます。胃が小さくなったのか?全体的な量が少なくなっています。

そしてやっと元の体重に戻りました。時々ホームベーカリーで作ったパンが恋しくなりますが、まだ続けるつもりです。

 

朝食のフルーツセット。フルーツは色がきれいだから、食べるまではこうしてキッチンカウンターの上に飾っています。

 

フルーツはビタミン・ミネラル・酵素などの栄養が豊富なので、美容効果にも密かに期待。朝食の支度が簡単なのもありがたい。

でもフルーツって結構お高いんですよね。お肉を買うのとそう変わらない。季節問わずお値段と味が安定しているバナナは絶対買って、あとは旬のものをいただくようにしています。先日、贅沢にも箱買いされた甘夏をお裾分けしていただいたときは、めっちゃ嬉しかったです。

フルーツは出来るだけ皮ごといただきます。食べられない皮は大抵自家製コンポスト行きです。ブラックボックスか?!と思う程入れても入れても増えません。面白いですよ。最後はちゃんと庭に還元しています(詳しくはコチラ→「落ち葉の活用法-コンポストのある暮らし」

 

りんごをドカン!といただくことも。これはほとんどジャムになりました。ジャム作りにはまだハマリ中。またまとめて記事にしますね。前はパンと一緒に食べていましたが、今はヨーグルトにかけていただいてます。

 

それに朝イチフルーツを食べることは理にかなっています。他の食べ物に比べて消化が早いので、空腹時に食べると、胃から腸へ栄養がダイレクトに素早く届き身体に吸収されやすいんだとか。逆に食後に食べると、長く胃に留まってどんどん酸化。果物を放置していると変色しますよね。それと同じことが胃の中で起こるので身体にとってよくないそうです。

なんかやたら詳しいなぁとお思いですね?

実は「Mattyのまいにち解毒生活」という本のウケウリです。ファスティングのあとは解毒にハマっています。

 

薄い本なのですぐ読めます。理論的でなるほど~と納得。すぐやろ!と思いますよ。足ツボ師さんが書いた本なので、ツボのことも書かれています。

 

本の中から、ガーデンブログということで、植物ネタをひとつご紹介します。

以前ローズ精油の効果について書いたことがありましたが(→「「ローズの精油で印象UP出来るという話」)、バラ一輪で女性ホルモンの分泌を高める方法です。女性らしさやモテ度(フェロモン)を高めたい方におすすめらしいです。

生理の2週間後の排卵日の時に、好みの色のバラを一輪買って寝室に飾ります。そして寝る前にそのバラをしばらく見つめたら電気を消して寝ます。以上!

え?たったそれだけ?それだけなんです。

寝る前にバラを見ると色や香りなどによって五感が刺激されて脳に伝わり、寝ている間の女性ホルモンの分泌が高まるそうです。飾ってしばらくしたら、花びらをちぎって塩をひとつかみ加えてバラ風呂にすると更によくて。不妊や更年期トラブルの改善にもバラは効果的なんだとか。ちなみにこの方法は男性ホルモン分泌の安定にも効果を発揮し、抜け毛や薄毛予防になるんだって。

バラってすごいですね~。夫婦の寝室に一輪いかがでしょう?

 

私はバルコニーで3種のバラを育てています。今年もたくさん咲くといいなぁ♡

 

育てているバラはもう蕾をつけています。これまで、そうとは知らずに時々ベッドサイドに飾っていましたが、今年は意識的に!効果を期待して飾ろうっと(^m^*

・・・といっても更年期の方ね。今さらフェロモン出てもね。

 

 

メリークリスマス-2017

メリークリスマス!

北日本、特に北海道は大雪とのことで心配な朝。皆様、週末はどのように過ごされましたか?

昨夜、私はいつもと同じように、家でまったり過ごすイブでした。クリスマスらしい雰囲気の中で、普段よりちょっと手をかけた食事と普段はやらないテーブルセッティングで、夫をもてなしました。私は目の前に彼がいてくれて、デザートにクリスマスケーキがあれば幸せです♡

 

 

クリスマスにあわせてワークショップを開催している関係で、事務所はもちろん、室内のあちこちにデコレーションをしています。お越しいただいたお客様に、クリスマスらしいキラキラした雰囲気を楽しんでいただきたくて、試行錯誤を重ね、自分なりに工夫して飾ってきました。

お客様がいらっしゃらなければ、たぶん、毎年こんなに飾ってないかも。なので、ワークショップのお蔭で?おこぼれ的に、クリスマスが楽しめていますwww

12月のブログは、クリスマスデコレーションネタが多くなってしまいましたが、それも今日で最後です。

 

キッチンカウンターの上のデコレーション。スワッグを掛けずに置いています。3週間以上も前に作ったものなので、随分乾いていますがまだきれいです。テーブルをセットするときは、このスワッグがセンターピースの役目を果たします。真ん中に置くだけで華やかになるので楽ちんです。

 

このスワッグに使った花材の一部は「Odetto」というお花屋さんで見つけました。特に気に入っているのは、ふわふわベージュのお花で「リューカデンドロン ケープスパイス」といいます。初めは蕾っぽかったのが、乾燥すると開いて、中の種があらわになります。一見お花っぽく見えるけれど種なんです。だからたぶんしばらくはずっとふわふわのまま。

その他、バーゼリア(シルバーブルニア)、シャリンバイ、ピンクペッパー、南京ハゼ、松、早乙女花などの実は、どれもドライの状態できれいなものばかりなので、また違うアレンジでブログに登場する可能性アリです。(^m^;

 

オーナメントがきれいに見えるようにこの時期だけ網戸は外しています。これは早朝の空。

 

最近は日暮れが早いので、4時くらいにはもう灯りをつけています。こんな風に小さな灯りをあちこちに飾って。でも木に巻きつけることは絶対しません。

 

小さな窓辺からもクリスマスの暖かな雰囲気を街にこぼします。

 

マブチ作のワイルドシックなスワッグ。玄関ドアと事務所のドアの2か所に飾りました。

 

イブのディナーテーブルは、ワークショップのテーブルを再現。イルミネーションライトやキャンドルを沢山つけるとクリスマスっぽいし、テラスとダイニングが一体化して、広く感じます。

 

イブのディナーは、我が家の定番メニューの「りんご煮豚」。お出汁で有名な茅乃舎さんのレシピです(→コチラ

鍋に材料を放り込んで煮るだけなのに、とっても美味しくて見栄えする仕上がり。りんごがお肉を柔らかくしてくれるみたいで、茅乃舎だしとも不思議とマッチしています。

おもてなし料理やお正月料理としても出せそうなので、超オススメです。良かったら作ってみてください♡

 

りんごは皮つきのまま煮るので、しっかり洗うようにしています。最初だけ、浮いてきた灰汁を取って、あとは落し蓋をして煮込めばOK。

 

煮あがったりんごはジャムのよう。お肉に乗っけて食べるとめっちゃ美味しいです。

 

ケーキは夫の担当。毎年こだわって選んでくれているようです。今年はCRIOLLOというお店の濃厚ケーキ。たくさん食べられないので直径12cmのを1/4にカットして。ご馳走様でした。

 

今日でクリスマスデコレーションを片づけます。ひと月間楽しませてもらったので、もう十分なようにも思えて、でもやっぱりどこか惜しいような。

庭仕事の喜びも少ない暗い冬に、デコレーションのきらめきや、手仕事の楽しさ、外の緑を部屋の中にふんだんに取り入れること等は、本当に気持ちを明るくしてくれるものでした。日本でクリスマスがこんなにも楽しまれるのは、やぱりそういう要素が大きいのだろうなと思います。

これからはお正月の準備に追われることになりますが、これはこれで、また趣があって、もちろん手仕事も楽しみもふんだんにあって、カタチは違えども同じように植物を飾って・・・。

洋から和へ室礼が変わると、気持ちもパッと変わるのが、自分でも面白いなぁと思います。

 

 

クリスマスワークショップ2017レポート(おもてなし編)

昨日に引き続き、ディアガーデンのクリスマスワークショップのレポートを書きます。前回はスワッグを作っていただいた様子をレポートしましたが、今回はその後のおもてなしについて、です。

作品を完成させたあとも、ゆっくり寛いでいただきたくて、いつもお茶の時間を設けています。

手を洗ってからテーブルまで、クリスマスらしい室礼を楽めるようにと、10月の終わりごろから少しづつ準備してきました。

一足早いクリスマスの雰囲気、皆様もお楽しみください♡

 

˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚

 

クリスマスの催しに欠かせないのは、やっぱりツリーですよね。お客様を最初にお通しするリビングに飾っています。

今年は試しにフェイクのツリーを買ってみました。RSグローバルトレード社製の高さ90cmのツリーです。枝葉に結構なボリュームと濃淡があり、想像以上に良く出来ていてビックリしました。枝も自由に方向を変えられるし、軽くて収納もコンパクト。木の香りはないけれど手軽。これなら気負いなく来年も出せそうです。

 

朝日を受けてキラキラまぶしいツリー。

 

90cmサイズは小さいかなと心配でしたが、鉢カバーで高さを調整すると、我が家のリビングダイニングに、ちょうどいい位になりました。カウンターに置いても良さそうな大きさですから、来年はまた違うところに置くかもしれません。

 

今年のオーナメントは白がメイン。ツリーが小さいとオーナメントも少なくて済みますね。

 

ワークショップが終わるころ、大体15時前位ですが、ツリーのデコレーションライトやキャンドル、部屋の隅にあるスランドライトを灯しておきます。お茶を飲みながらお話している間に外が次第に暮れてくると、だんだん照明が映えてきて、更にクリスマスっぽく・・・(*ノ∀`*)

 

デコレーションライトは100球の点滅しないタイプで便利なタイマー付です。暗くなるとツリーの存在感が増しますね。

 

照明が点くとガラスのオーナメントが輝きを増すよう。

 

˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚

 

ダイニングのテーブルコーディネートはこんな感じになりました~↓

昨年と色合いは変わらないけれど、今年はテーブルランナーを2枚使ってみました。ワイルドシックをイメージしてのコーデです。

 

 

テーブルの真上にシルバーのボールオーナメントをランダムに吊るして。座った状態で頭のすぐ上、わりと近くにあります。

 

テーブルコーディネートで今回一番工夫した点は、テーブルの頭上に飾ったボールオーナメントかなぁ。ちょうどペンダントライトのレールが通っているので、それを利用して吊るしました。

頭で考えていたときは、たくさん吊るすと大げさで取ってつけたようにならないかな?と心配でした。でもやってみると、特別なイベント感が出て、平凡なダイニングがパッと華やいだように思います。何でもやってみないとわからないものですね。

 

ワイルドシックスタイルはテーブルセンターの花飾りにも意識して。お花のように見えるのはリューカデンドロン・ケープスパイスという植物。乾燥すると花のように開きますが、見えてるのは種です。他にバーゼリアやピンクペッパー、ユーカリなど、ワイルドにざっくりと並べています。

 

普段はさすがにここまでは飾りません。もうサッパリしたもんです。でもイベントだから、サプライズ感やいつもと違う雰囲気を感じていただくこと、とにかくクリスマスっぽく、というのが目指した所。こういう機会でもないと出来ませんし、私どうもこういうことが好きみたいです。

お客様曰く「わぁ、なんかすごーい!」「何これーっ?!」って、サプライズという点ではウケたかも?・・・(^_^;)

 

˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚˚✧₊⁎⁺˳✧༚

 

そして、コーヒーや紅茶のお供にご用意したのは、焼き菓子やアイスクリーム、フルーツなど。取りやすいようにサービススタンドに盛り合わせしました。

 

メインは京都寺町二条にある村上開新堂さんの焼き菓子をご用意しました。こちらのティールームが大好きでよく行くのですが、どこか懐かしいお菓子にいつもほっこりします。美味しいんですよ。

 

お客様が撮影されて送ってくださったpic。構図といい背景の玉ボケといい、こんな風に撮りたかったなぁって!素敵に撮って下さってありがとうございます♡

 

ほとんど並べるだけなんですが、唯一の手作りが「塩バターキャラメルアイスクリーム」・・・といっても、ソースの塩バターキャラメルジャムを作ってかけただけ。お口直し用に冷たいものもいいかもと思いまして。

このアイスは自分でも好きで、作り慣れているので、慌てなくて済みます。(ジャムの作り方とか詳しくは→コチラ

 

塩バターキャラメルアイスクリーム。

 

ティータイム中は、ホストとしての仕事もありますが、かなり寛ぎモードです。昨日も書きましたように、お庭のことや近況に始まり、色々なお話に花が咲きました。

嬉しいことは、庭の植物に特に問題なく、皆様もお元気でいらっしゃること。一年早いねーなんて言いながら、こうしてまたワークショップに来ていただけたことが本当に有難いです。また来年、庭を愛でていただき、ディアガーデンもよろしくお願い致します、って締めくくりました。

 

お客様から手土産や差し入れ、御心のこもったメッセージなど沢山いただきました。いつもお気遣い本当にありがとうございます。あと、お持たせで並べさせてもらう&すぐ食べてしまって、撮り損ねたものもアリ(^_^;)

 

スワッグを早速飾りました!って画像をいただきました。シックです(^^* (画像をクリックいただくとその方のブログにアクセスします♡)

 

これからクリスマスまでの数週間、庭や自然の素晴らしさがギュッとつまったスワッグを飾っていただいて、ウキウキした気持ちで年末を過ごしていただけたらと思います。

私はやりきった感あるので…。もうクリスマスが終わった気がしてなりませんw これから現場もあるし、気持ちを入れ替えてまた頑張ります!

 

 

マイブームのジャム作り-秋

近頃ジャム作りがマイブームです。休日の午後、果実の甘い香りをかぎながらコトコト煮ている静かな時間に、とても癒されています。

6月には「プラムジャム」、8月は「イチジクジャム」を作りました。そして9月は「塩バターキャラメルジャム」10月は「ぶどうの白ワインジャム」と毎月何かしら煮ています。旬の果物がメインなので、ジャムってこんなに季節感のある食べ物だったんだなぁと、今更ながら思ったりして。

そんな中、塩バターキャラメルジャムの材料は年中手に入るので、思い立ったらすぐ作れるジャムです。キャラメル好きの私にとって、このジャムは定番になりそう。

 

左:バター、グラニュー糖、少量の水を合わせて煮ていく。中:8分位経った状態。ホントに色がつくのかな?不安に。 右:10分位経つと急にキャラメルっぽい色になります。後はここに熱した生クリームを何回かに分けて加えたら完成。はやーい!

 

田中博子著「ジャムの本」のレシピを参考に、140~150ml容量の瓶×3本分出来ました。濃厚でコクのある、ちょっとビターなお味に仕上がり、なかなかうまくいったと思います。

2本は自宅用。残り1本は手土産用にと、自作のタグをつけてみたら、なーんか可愛い♡

 

塩バターキャラメルジャム出来ました。手作りらしくタグは手書きで。

 

このジャムはパンに塗る以外に、バニラアイスとの相性がいいみたい。刻んだナッツを振りかけていただくと、もうーたまりませーん!!!

 

休日の夕食のシメに、美味しいものをちょっとづつ乗せたスイーツプレートを作ってみました。塩キャラメルを好きなだけトッピング出来るなんて幸せ(^m^*

 

そして、今月のジャム「ぶどうの白ワインジャム」は、旬のピオーネを砂糖と白ワインで煮たジャムです。

 

ピオーネは巨峰とマスカットの一種を掛け合わた品種。粒が大きく香り良し風味良しでとってもジューシー。ジャム用にぴったりな特売品をゲットしました。

 

ロゼ色のジャムが出来ました。白ワイン風味ってのが珍しいでしょ?すぐ食べます♪

 

 

一回に小瓶2~3本しか作らないせいか、プレゼントにもするし、あっという間になくなってしまいます。棚に可愛らしく並べるには、相当作らないといけないというのがわかってきました。それに出来れば瓶も統一したいんだよね~。目下ディアガーデンっぽいデザインの探してます。

秋のジャムはまだまだ作るつもり。和栗ジャム、洋ナシのタタン風ジャム・・・。名前を見ているだけで、既に美味しそうですね♡

 

 

ジャムのある暮らし

前回のづつきです。

無花果をたくさんいただいたので、半分ほどはジャムにしました。

 

皮をむいてザクザク刻みます。

 

基本的には、旬の果物を細かく切ってお砂糖と一緒にコトコト煮るだけ。小一時間もあれば完成してしまう簡単なものなのに、作る喜びというか達成感があります。ガラスの小瓶に詰めて見ると、なんてきれいな色をした食べ物なんだろう、こんなに可愛らしくて愛おしいものはそうそうないなー、なんて思ってしまいます。

市販のジャムも美味しいけれど、自分で作る場合は、材料の良い部分を選ったり、アクを丁寧に取ったり、甘さを調整したりと、納得した過程を経たものだから、余計に美味しく感じてしまうの。

煮ているとき、焦がさないように鍋をかき混ぜていると、すごく集中していることに気が付きます。庭の草取りと同じように無心状態というか。もしも嫌なことがあっても、作っている間はそのことを頭の中から追い出せるし、出来上がった可愛い小瓶を見ると、もうそんなことなんて忘れてしまってるの。果物の甘い香りにも癒されます。

・・・単純かなぁ。そうやって、自分の機嫌は自分でとっています。

 

無花果のジャム(手前)と、ラスト1瓶のプラムジャム(奥)。とってもきれいな色、これ自然の色ですよ。イチジクのジャムは粒々の触感がいいです。癖のないマイルドなお味。

 

実は初夏に作ったプラムジャムがもう無くなりそうだったところ。グットタイミングです。朝食はパンなので、こういうものは沢山あればあるほど嬉しい。一日のうち、果物を食べるなら朝がおすすめとのことですから、ジャムもしかり?!たっぷり塗っていただきます。

 

ホームベーカリーで焼いたパンに手作りジャム、あとは有り合わせのワンプレート。昼はあまり食べないので、朝はモリモリ。

 

最近はいろいろな素材を掛け合わせたジャムを見かけます。そういえば、鎌倉のジャム専門店「Romi-Unie-Confiture」さんで買ったTerrasse(テラス)という名のジャムは、白桃にミントと白ワインを加えて煮たもので、大人のジャムって感じでした。そういうのに挑戦してみたいです。

 

良さげなレシピ本発見!

 

ジャム作りがマイブームになりそうです。

これからこの本を見ていっぱい作ろー!それでもって、

棚に可愛く並べるぞーっ!(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾