雨あがる

こんな大雨になるなんて!本当に想定を超えた雨の恐ろしさに言葉を失います。悲しいです。被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

ここ滋賀県でも流されてお亡くなりになった方がいらっしゃって、広島や岡山のような大規模ではないけれども、7日までに16か所で土砂災害が発生。ずっと降っていましたので、これからも警戒が必要と肝に銘じます。

数か月毎に目を覆いたくなるような災害が発生して、その都度、自然の脅威に気持ちが押しつぶされそうになります。七夕の室礼も何もやる気なしでした。でもこの状況の中から、せめて自分が出来る事といえば、やはり経験から学ぶこと。とっさの時に行動できるかどうかも大事ですよね。

参考になさってください。国交省リンク→家庭で役立つ防災(抜粋版)

このページの中で「下水の逆流を防ぐ方法」というのがあります。これ読んで、いざというときは絶対やろう!と思いました。

 

今朝は久しぶりの青空です。

 

朝のテラス。雨粒が輝いて。日差しを感じるのは久しぶりだな。

 

土砂降りの雨にあんなに晒されていた植物たち、どうしているだろう?!早朝に庭に出て見ると、何事もなかったかのように佇んでいました。雨に洗われてむしろスッキリと清らかな印象。特にテラスは雨の後、いつも、植物のアロマに満たされて・・・。それらがいつにも増して心地良く感じた朝でした。

平穏であることは当たり前ではない。感謝。

 

 

水仕舞について

昨日から尋常ではない降り方の雨。何事も過ぎるとよくありませんね。各地被害が大きく出ませんようにと祈るばかりです。

ここ滋賀ではJR線が朝から全て運休。こんなの越してきて初めてじゃないかな?って驚いています。毎日電車が動くのは当然のことと思い込んでいますが、実は当たり前でないのだなぁと痛感します。

そしてこういう状況では、離れている家族も心配で、安否確認しあいます。災害は起こって欲しくないけれど、大切なことを再確認するいい機会なのかもしれません。

 

テラスのテーブルの上で雨粒が盛大に跳ねてます。今日は止み間がありません。

 

庭やエクステリアにおいて、大切なことのひとつが「水仕舞」です。

外ですから大部分は当然雨がかかります。今回のように何年かに一度のような大雨も降るし、植物に水も遣る。そんな水をどう捌けさせるか?水仕舞いの良し悪しが仕事の良し悪しにもつながるのです。

アプローチや駐車場などの土間に水たまりを作らないよう、樋からの水の処理、配水管の角度や枡への結合がしっかりできているか、防水防腐機能のしっかりした製品の選択、芝生や土の場合は暗渠排水の検討、水はけのよい植栽地盤づくり、などなどやるべきことはたくさんあります。

不用な水は不衛生ですし、植物にとっては根腐れの原因になります。夏ならボウフラがわいて蚊が発生しやすく不快ですし、冬は凍結して危険です。水じまいは本当に大切です。

 

植栽の際は、客土にバーク堆肥やパーライトなどを適量投入し、水持ち水はけのいい土になるよう改良してから植えます。

 

配管や暗渠(透水パイプなどを地下に埋設し余分な水を排水するもの)など、後から施すことが難しい工事については、計画段階で結構慎重めに提案します。暗渠は予算の都合でカットされることもありますが、その結果水たまりが出来てしまうと、やっぱりもっと強く言うべきだったな・・・と後悔したり、樋からの排水でコンクリートに思わぬシミを作ってしまい反省。枡蓋を何気に開けて覗くと、配水管が枡に繋がっておらず、冷汗をかいたことも・・・。

そんな時思い出すのは、ガーデンデザイナーになってすぐの頃、ある造園職人さんがおっしゃった一言です。「僕らは、水たまりを作ってしまう=恥をかいている、と言います。不細工な仕事を晒している、ってことです。」と教えて下さいました。

自分が恥をかいていないか、いつも問いかけながら仕事をしています。

 

雨の中届けて下さったお土産。有難く、ありがたく。

 

はぁ。それにしても雨はしつこく降り続いています。明日は七夕ですのにね。

空の様子が心配です。

 

 

水遣りについて、プチ講座。

7月になり、庭の水遣りが本格的にスタート。

これから9月いっぱいまで、雨が降らなければ、出来れば朝と夕の2回遣っていただきたいです。それぞれの植物の様子を見ながら遣れればベストです。

作って10年以上経つディスプレイガーデンでは、苔や一年草、鉢植えには朝晩しっかりと遣りますが、その他は加減しています。出来るだけ資源と手間を節約すべく、今年は更に乾燥に強い植物を増やしました。そもそも水を遣らないでいいようなプランツデザイン、これから重要になってくるでしょう。

一般的な水遣りのタイミングについて、ですが。

草花は根が浅く、土は表面に近いほど乾きやすいので、朝夕やる方がいいというのは分かると思います。では根の大きな木の場合はどうでしょう。

水は葉の光合成に使われるので、昼間、特に暑い日にたくさん吸い上げられます。その分や蒸散で失われる水分を取り戻すためにも、夜の間にたくさん水を吸収します。水の吸収には時間がかかるので、水遣りはそれにあわせて、夕方行うとよいと思います。根の先めがけて、バケツ2,3杯はやるつもりでゆっくりたっぷりとあげて下さい。

朝は何かと忙しいですから、木は夕方。そう思えば少し気持ちがラクになりませんか?

植えつけて間もない木は、基本的にこんな風に。弱っている木、根の小さな木はその状態に合わせて。しっかり深く根を下ろした木なら、雨さえ当たればよくて、よっぽど日照りが続かない限り水遣りは必要ないです。

 

モリモリと育ってきたディアガーデンの前庭。

 

それからもひとつ。

上の画像のワタクシは突っ立って水を遣っていますが、コレ、撮影用のポーズです。実はほとんどの時間、中腰で水を遣っています。水は植物の根にかけねば意味がないため、前屈みになる方が自然なんですね。

そうやって顔を近づけ、植物を良く観て、コミュニケーションも取りましょう。植物のことを解りたいという気持ちがあれば、水遣りはきっと上達するに違いありません。

そうだ、あとホースについて。夕方にはホース内の水がお湯のようになっていますので、そのままかけないように注意してくださいね。

 

個々の状態を観察していると、こんな場面を見ることも。三尺バーベナ(バーベナ「ボナリエンシス」)の花には、蝶々がよく来ます。

 

そして、そんな風に一生懸命やった水をちゃんと枝先まで届けるには。

水は茎や幹の表面近くに通っている導管と呼ばれる細い管を通って運ばれますよね。ですから茎や幹を傷つけると、管を切ってしまったり、空気を入れることになり、水が途切れてしまいます。そうなれば、いくら根にたっぷりやっても、届かない部分が出てきます。花を活ける時、水切りをしますが、それも導管に空気を入れないためです。

なるべく茎や幹を傷つけないように育てることも大事なことです。

 

++++++++++

さて、朝、家事をして水遣りを終えたら、もう汗だくです ^^;

お仕事の前に自分にも水遣り。本日は抹茶ソイラテ♡

 

小休止に。抹茶ソイラテ+お疲れさん手当のバニラアイス添え。汗が引く~。

 

水遣りの基本的なことアレコレ。参考になりましたでしょうか?

暑いので、どうせなら「水浴びだ~。」なーんて、童心に帰って楽しんでやってしまいましょう。

 

 

夏越の祓え-2018

2018年、はや半分過ぎようとしています。

関東・甲信地方はもう梅雨が明けたとか?!ここ関西もまもなくという。ちょっと待ってーっ!早すぎます。夏が長いのは人にとっても酷ですし、植物にとっては更に過酷なこと。ディスプレイガーデンも心配ですが、それよりも今年作ったばかりお客様のお庭とか、今月設計して来月植えてもらう庭だとかの方が心配です。

++++++++++

昨日の夕方は、大気が不安定になって、近くの米原市で竜巻が発生。大変な被害が出ました。

米原市はディアガーデンから車で一時間程のところ。他人事ではありません。画像を見ると恐怖の一言です。被害に合われた皆様には本当にお気の毒で言葉もありません。

突発的な自然災害の恐ろしさ、竜巻の脅威を見せつけられました。人間の作るものって、いとも簡単に壊れてしまいます。本当にか弱いもんなんだと思い知らされます。

 

そんなことを考えながら、夏越の祓えの時を迎えました。

水無月の末に半年分のケガレを落とす行事で、神社に設けられた「茅の輪」をくぐりながら、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。なかなか不思議な行事ですが、大抵の神社で行われている年行事です。短い時間で済みますので、私は毎年行くようにしています。皆様は行かれてますか?

今年は沙沙貴(ささき)神社に伺いました。

 

ディアガーデンからは車で10分以内のところ安土町にある沙沙貴神社。建物の多くは江戸中期に再建されたもので県の有形文化財指定されています。こちらは表参道から見た楼門。立派です。

 

こちらは近江源氏一族の氏神様。実は私の苗字、馬渕氏(うじ)も分系の一つとされ、一族の家紋が全く同じ。そんなことから、勝手に親しみを感じていて、時々お参りさせてもらっています。

趣ある建物ほか、境内には名物のナンジャモンジャの木や近江百花苑なる山野草の庭、近江の作庭家呑月さんの庭などがあり、決して派手ではありませんが味わい深い神社です。

引っ越しでたまたま住むことになった近江八幡という土地、しかもウチから車で10分とかからない所に、家の守護神様がおられた。何か不思議なつながりを感じずにはいられません。頼る人もいない土地で不安だらけでしたが、これまで平安に過ごせているのは、この神様のご守護の下に置かせてもらえたからかもしれない???、などと有難く思っております。

茅の輪。この神社の氏子さんが地元常の浜に自生する葦と真菰で作成されたのだとか。くぐり方が書いてありますので作法を知らなくても大丈夫 !たまたま誰もいなくて私だけの空間に。贅沢だ~。

 

雨に洗われた境内を歩くと、まずは木々や土の香り、そして荘厳な静けさを感じます。そして茅の輪をくぐると清々しい茅の香り(イネ科の葉っぱの香り)が。8の字に添って3回くぐりますが、くぐる度に香りがまとわり、身を清められる感があります。

時々こうして神聖な緑の空間に身を置くと、人間ごとき小さな者は、流れを受け入れ何事も謙虚に、目の前のことを一生懸命やって、細やかなことでも何か世の中の役にたつことをしていればいいんだ・・・。なんてね、何故かそんな風な気持ちになります。普段好き勝手生きてるくせにね、不思議です。

また次の半年、そんな謙虚な気持ちで仕事に向き合えたらと思います。

 

お参りの後は、6月限定の水無月というお菓子をいただくのが習わし。毎年それが楽しみです(^m^

三角の形は氷を表し、上に飾られた小豆は厄除けの意味があるとのことで、今日6月30日に食べるお菓子なのです。

 

たねやさんの水無月。店頭では29日と30日しか買えない季節の和菓子。もちもち食感&あっさりした小豆、少し冷やして食べると格別です。より涼しくみえるように青葉を添えて。

 

いわゆる期間限定スイーツ。夫にも喜んでもらいたくて、ちょっと盛り付けを工夫してみました。青紅葉は庭にあるものです。

モミジ以外にも、ハランやナンテン、ミントなどは、こうして添えると美味しそうに見える便利な葉っぱです。少しだけですが、ディスプレイガーデンにもさり気なーく植えています。丈夫で育てやすいのでオススメです。

++++++++++

梅仕事もいまのところ順調・・・かな?(←言い切る自信がない)

梅酢は仕込んで2、3日程で半分浸かる程に上がり、6日後には無事全部ヒタヒタに浸かるまで上がりました。良かった~。水を入れたビニール袋が重石がわりで、実をまんべんなく圧していてカビる心配もなさそうです。軽すぎないかと心配でしたけど大丈夫でした。時々揺すってはいますが、塩はいつ溶けるんだろ?それが今のギモン。

 

梅仕事で漬けた梅干し、たぶんいい感じ~。

 

土用過ぎたら干します。とっても美味しそうな色なので毎日飽きずに眺めています。

これは今年後半から来年にかけての養生食ですから大事に育てなきゃ。

 

 

インテリア映えするドウダンツツジ

今週は梅雨らしくジメジメと蒸し暑い日が続いていますが、皆様どのようにお凌ぎでしょうか?

最近、というか数年前から?初夏に出回るドウダンツツジの枝をお部屋に飾って、涼を楽しんでおられる方が多いみたい。ピラッと開いた瑞々しい葉っぱ、自然な枝ぶりがとっても涼しげで大人気です。大振りな枝でも圧迫感がなく、インテリア小物ともよく合って、とっても素敵。

以前は生け花(盛り花や投げ入れ)や店舗のディスプレイ等でよく見かけましたが、パーソナルな場所でガラスの花瓶にシンプルに挿して飾ることがこんなに流行るとは。いつからかしら?

 

私もドウダンツツジの枝をダイニングに飾ってみました。部屋に自然を連れてきたような雰囲気になります。

 

葉っぱの形が可愛い♡

 

普段から部屋の中はグリーンがいっぱいなので、見栄えしそうなところは既にいろんな鉢が置いてあって、どこに飾ろうかと随分迷いましたが、思い切ってダイニングの真ん中にドーンと。

部屋の真ん中に置くと枝越しの眺めが「景色」になりますね。夏にかけてはお花を活けても長持ちしませんから、こんな緑を飾る方が向いていますよね。枝ものは特に長く楽しめてオススメです。

 

シンクからドウダン越しにリビングを見る。なんだか新鮮な眺め。

 

このドウダンツツジ、実はディスプレイガーデンから剪定してきた自前の枝です。

ドウダンツツジは紅葉する姿が大好きなので、庭を作った当初から入れていました。育て始めて12年目になります。これまでこのブログでも数えきれないほどご紹介してきました。

ディスプレイガーデンでは、北西向きの花壇に植えているため成長が遅く、ほとんど剪定はいらないのですが、蒸れを防止するのに時々透かし剪定をしています。今回は、混みあっている部分で、しかも飾れそうな枝を切ってきました。

 

事務所の入り口のところに植えたドウダンツツジ。大好きな木なのでよく見えるところに。鈴のような白い花や新緑もいいけれど、何より真っ赤に紅葉した姿が一番素敵です。

 

ドウダンツツジは造園材料としてはポピュラーな落葉低木。

日本庭園のみならず公園や洋風の庭でもマッチするので、あちらこちらで見かけます。病害虫も少なく本当に育てやすい木で四季折々の姿が楽しめます。

ですから庭をデザインするときは、大抵のお客様にオススメして、これまでもいっぱい植えてまいりました。そういえば3年前に「ドウダンツツジを部屋に飾りたいので植えて欲しい」というご依頼がありましたっけ。

そんなドウダンツツジ、植えるのにベストな場所は午前中よく日が当たるところ。私のように西日が当たる場所ですと、気を付けていないと葉が焼けてしまいます。

紅葉時期まで葉っぱをきれいに保ちたいので、水遣りに工夫をしています。ドウダンツツジに限らずですけれど、葉焼けする場合は、夕方葉水をあげてクールダウンさせてあげると被害が少なくて済みます。お試しを。

 

赤い花の咲くサラサドウダンも可愛い♡

 

庭に木があると、手入れついでに枝をパチパチ切って飾れて本当に便利です。

他に夏に飾る低木ですと、ブルーベリーなんか如何でしょう?今頃は熟す前の緑がナチュラルで可愛らしいと思います。スモークツリーはお花屋さんで見て憧れますけれど、大きくなる木なので要注意。広いお庭向きです。

インテリアで緑を楽しむ方が増えて、とってもいいことだなぁと思います。小さなスペースがあれば育てられるものも多いので、庭づくりにもぜひ挑戦していただきたいな。

 

 

青に夢中

6月の色といえば、梅雨や紫陽花から青が浮かびます。青という色は、空にもあるし海にもあって、色彩の中でも最も鎮静効果のある色。青い花を見ると穏やかな気持ちになります。

年を重ねると、何故だかこのレイニーシーズンが嫌いではなくなってきました。ほの暗くてちょっと肌寒い雨の日、雨粒の音もいいし、庭も生き生きとして・・・。ただその様子を部屋で眺めている時間が静かでとても落ち着きます。

雨の日は青の見え方も違うよう。晴れた日の紫陽花の青は可愛らしいのですが、薄暗い雨の日の青は濃く冴えて美しい。

 

秋色アジサイ「マジカルシリーズ(青系)」とトラノオ

 

紫っぽいのも。

 

青い花は大好き。たぶん嫌いな人は少ないと思います。でも庭で青い花を素敵に使いこなすのはなかなか難しいのです。

青は緑と似ているので目立ちにくく、影や闇にもすぐ同化してしまいます。おまけに縮小色で後退色。それに厳密に探すと紫の花の方が多くて、青い花は意外と少ないもの。

ディスプレイガーデンは日陰が多いので、好きだけど、ディスプレイとしてはパッとしないため、ずっと避けていた色でした。特に人目につく前庭に関してこれまでは、春はピンクの花が咲き、夏~秋はオレンジの花、という風に遠目からも目立つ配色にするよう心掛けていました。

でも今年、前庭の植栽を一部リニューアルするにあたり、夏を涼しげにする青、難しけれど・・・その青に挑戦することにしました。

青を引き立てる色と言えば黄色。メリハリがついていいのですが、自分の中ではやりつくした感のある配色。そこでややボンヤリしがちですが優しげな白を試してみることにしました。とにかくいろいろ実験したいのです。背景の白い壁と同じような銀白葉や白い穂の植物をたくさん植えてみました。

植えて2か月が経ち、それぞれだいぶ成長してきたので、今後は予想と違ったところや全体のバランスを修正していきます。少しだけ仕込んだレモンイエローの葉っぱが大きくなるのに期待。あと水色の花が見つかれば足して、明るさを補おうかなぁなどと考えています。

 

サルビアネモローサ「カラドンナ」の青が沈まないように白い植物を後ろに植えています。白でもフワフワした白なので、一層優しげでナチュラルな雰囲気。

 

私自身は、好きな青を見ていられて、毎日幸せなのですが、ここはディスプレイガーデン。常に他人目線も持ち合わせなければ自己満足で終わってしまう。

なかなかコレって決まりませんが、遠目で見ても近くで見ても「なんかいい雰囲気だな」という印象を持っていただけるような前庭を目指しています。

 

 

 

 

震災に対しエクステリアデザインに出来る事

昨夜のサッカーW杯初戦のコロンビア戦、日本が大金星をあげてくれました。これまでのモヤモヤを払拭してくれ快勝!ホント良かったですね。

サッカーに疎い私ですが日本代表戦だけは見ようかと思っています。実はMFの乾選手がここ近江八幡市出身なんです。そうなるとやっぱり応援にも熱が入りますでしょ?最後までどうか怪我のないよう、活躍していただきたいです。

 

近江八幡市役所の垂れ幕、ちょっと小さくない?地味なんですけど。乾選手応援してまーす!

 

さて、関西北部地震の被害状況が明らかになってきました。一刻も早く普段の生活に戻っていただけるようにとお祈りするばかりです。そして昨日は、倒壊したブロック塀による死亡事故のニュースが大々的に取り上げられました。

大きな地震が起きると必ずブロック塀の倒壊事故が起こってしまい、エクステリアに携わる者としては本当にやりきれない思いです。

法改正前に建てられたブロック塀は、控え壁がないことが多く、本当に危ないです。心当たりのある方はどうか見直されてください。そして、もし補修されたい方はご相談くださいませ。

私のブロック塀に関する考えは、2年前の熊本地震で同じような事故が起こったとき書いた回にまとめました。コチラ→「地震に強い生垣」

でも。いくら法基準通りのブロック塀でも、想定外の揺れが来るとやはり倒壊してしまうのではないかと思います。それではせめて道路に面する場所だけでも、生け垣に出来ないのかしら。生け垣だったら、大地震でも歩行者を死亡させるような事故にはならないし、どんなに街が美しくなるだろうかと思います。まずは公共施設から積極的に取り入れていただきたいものです。

 

そんな思いもあって、ディアガーデンでは、育った生け垣を実際に見ていただきたく、2か所で育てています。

道路境界に接する場所は、目隠しをする必要がないので、色々な木々や宿根草を植えたオープンな庭になっています。でも隣地境界2か所については、生け垣にして緑を楽しみつつプライバシーを保っているの。

 

ディアガーデンの東側境界にあるヒイラギモクセイの生け垣です。トゲトゲの葉で侵入を防ぎ、秋に咲く花はいい香りをふりまきます。こういう生け垣は魔除けにもなるそう。

 

テラスと隣地との境界はレイランディの生け垣です。狭いスペースでも圧倒的な緑を楽しめるのが生け垣のいいところ。お隣のご家族とはゆるい感じでつながっています。でも部屋の中は見えていません。晴れた日はテーブルにまで緑が写って。

 

「生け垣を推奨することはガーデンデザイナーの使命かもしれない・・・」そんなことまで考えてしまう今回の事故でした。断られるかもしれないけれど、これからも一度は必ず提案しようと思います。

そしてこのブログでも。「また生垣の話か」と思われても、書き続けるつもりです。

 

秋色アジサイ-ディアガーデンの場合

梅雨になりアジサイが見頃を迎えています。今日はディアガーデンの前庭にある秋色アジサイ(マジカルシリーズ)について書きます。

これまではもっと空色っぽかったのですが、今年は紫が強く出ました。空色のままがよかったのにな…。バルコニーで鉢で育てているアジサイの色も同じような色合いになってきたので、共通してやっている肥料のせいかしら?なんて疑っています。

 

前庭の秋色アジサイ、いま(2018年6月17日)はこんな感じの色です。

 

このアジサイはライムグリーンから次第に青や紫に変化します。7月にはその色が抜けてアンティークっぽいニュアンスカラーになり、夏以降はだんだんそのニュアンス的な青が薄れていきほぼ緑に。そして晩秋の寒さにあたると赤く紅葉してきます。

秋色アジサイは蕚が肉厚で茎もしっかりしているので、このように秋まで花がしっかりしているのが特徴なんです。

「え?でも切り花の秋色アジサイは、秋口でもニュアンスカラーのままじゃなかった?」と言われる方もいらっしゃるでしょう。

そう、切り花は上手く色が維持出来ていてとってもきれいです。それはたぶんハウス栽培で、遮光調整や防風雨対策がしっかりなされているからだと思います。

普通に庭植えだとなかなかそこまで手を掛けられません。地植えのままニュアンスカラーを長く維持することは難しいと思うのですが、その代わり花数多く育てられるので、私は良しとしています。鉢植えの秋色アジサイなら、夏以降の置き場所を工夫するとニュアンスカラーを維持できるかもしれません。

 

では、花色がどんな風に変わるのか、過去の画像でご覧ください。↓↓↓

 

同じアジサイ。昨年の7月に切り戻した時の花です。青がだいぶ抜けてこんなニュアンスカラーに。この頃の色合いが一番好きです。うまくすると飾りながらドライフラワーになるかも?と毎年挑戦しています。

 

8月頃。シモツケのピンク花のむこうにチラリと見える秋色アジサイ。ほぼ緑ですが、まだ青が薄く残っていますね。

 

この株は確か2011年に植えたもの。滋賀でも秋色アジサイの苗が並び始めた頃で、ひょっとして将来需要があるかもしれない、試しに育ててみるかと植えてみました。

秋色と言うからには普通のアジサイのように7月に剪定しては意味がない、色の変化を観察をするために最初の頃は11月まで花を残しました。そしたらニュアンスカラーは秋まで残るとは限らないという事(その年の気候による)、そしてやっぱりというか、翌年の花芽がどんどん少なくなってく、という事も分かりました。なるほど、こういうもんか・・・と。

でもせめて翌年の花を増やせないかと、剪定のかわりに芽かきをしたり、肥料をたっぷりやったり、色々工夫もしましたが効果はありませんでした。アジサイは7月中にキッチリ剪定し、株のチカラを新しい花芽に集中させてこそ、翌年も立派な花が見られるのだ・・・ということを身を持って体験しました。

最近はセオリー通り剪定してしまいますので、今年もこんなに咲いています。(大きく咲かせたいのでこれでも花数を減らした方です)この前庭では、ニュアンスカラーは8月以降減っていくので、7月のアジサイを切り花として飾り、部屋で楽しむこと満足しています。これが結構長持ちするんですよ。

 

同じアジサイ。2014年10月30日に撮影したもの。このころまで株に残しておくと、寒さにあたって紅葉します。普通の庭植えだと大抵こんな風になると思う。

 

紅葉したアジサイをドライにして、アナベルと共にリースを作りました(2014年作)

 

秋色アジサイに限りませんけれど、アジサイって年によって微妙に色が違うので、それが栽培する楽しみでもあります。その場に合う高さや花のバランスも、経験を重ねるにつれ分かってきて、上手くいったときは、カナリ自己満足!

でもね、大抵の植物は花が咲くにしても年1回のことですから、庭仕事を10年やったって、その植物に関してはたった10回しか経験できないの。

だから普通は10年も同じ仕事やると、ベテランって言ってもいいと思いますが、庭づくりに関してはそうとも限らないんですよ、ね。

 

 

ディスプレイガーデンのアジサイ2018-1

5月末に薔薇の生産者さんから20本買ったモダンローズ。今週いよいよ最後の時を迎えています。毎日水を変えたり切り戻したりしていましたが、少しずつ散っていき・・・でも20日間程も楽しませてくれました。

残った3本は、花びらの端が少し茶色くなって、揺すると今にも散ってしまいそう。そっと活け直しました。

 

最後の2輪(右)は、とっても危ういので器の縁にもたれるように。バルコニーで咲いたバラとフロックスを寄せて入れました。

 

そしてこれが最後の一輪。花だけ水を張った器に浮かべました。半端な花や葉たちはいつもこうして浮かべて楽しんでいます。

 

梅雨に入りバルコニーのバラも2番花が終わました。ディスプレイガーデン次の主役はアジサイへと交代します。私は4種のアジサイを育てていて、それぞれが今しっとりと咲き進んでいます。

 

ではでは。雨の休み間に撮ったものを順に紹介いたします。

まずは野趣あふれる山アジサイから。存在感のある西洋アジサイに比べると、このアジサイは圧倒的に周りに馴染む派。それがまたいいところなのです。

 

前庭の山アジサイ「クレナイ」です。さほど大きくならない品種なので3本も植えています。白から紅に変わって行きますが、今はその途中。透明感ある赤です。

 

これは2年前の画像ですが、今の眺めとほとんど変わらないので。ここは6月だけ赤のコーナーになります。自然な赤だから気に入ってます。

バルコニーで育てているアジサイ。こちらはアジサイ専門店で買ったものなのに品種がわかりません。昨年は赤紫でしたが、土が酸化してきたのか?肥料のせいかな?今年は青みがかった紫になりました。買った当初の薄紫にしたいのだけれど。花色の調整は難しい。

 

このアジサイの花。結構大きい。可愛らしい露草色です。蕚の中央部はまだ蕾なので咲くのが楽しみです。

 

今の時期、アジサイ園やアジサイ寺へ行ってみるものいいですね。

社寺にはその場所を象徴するような花があります。いつだったか朝刊(京都新聞)を読んでいると、勧修寺(京都山科区)筑波門跡のお言葉に目が留まりました。

「花を見て癇癪を起こす人はいない。花は和みや安らぎを与えてくれる。花は無言の説法をしているわけで、それぞれが仏である。」

本当にそうだな、って感動しちゃって。ディスプレイガーデンで直向きに咲いている花の姿を毎日みるにつけ、その都度どれだけ慰めをもらっていることか。

花を見る時間が長いと、穏やかな気持ちが長く続くことになりますから、いつの日か穏やかな人になれるのでしょうか。そんな風に思ったり。

・・・そんな私が、いま一番見ている花は、テラスのアジサイ「アナベル」です。

 

アジサイは日陰でも咲いてくれる貴重な植物。モミジの樹冠の下なので、アナベルにしてはこじんまりと咲いています。

 

 

アジサイ「アナベル」が盛りです。この株は日が当たる方。綿帽子のような大きな花、今年もたくさん咲かせてくれました。

 

テラスの花壇は白い植物を多く植えており、小さいながらホワイトガーデン風です。今年はここに縦のフォルムを追加したくて、スパイク状に咲く白いトラノオ(ベロニカロンギフォリア「アルバ」)を植えたのだけれど、日照不足でひょろんひょろん。全く咲かない。やっぱダメかぁ・・・残念。

こんな風にいまだ試行錯誤、実験中です。

このテラスに白い植物を集めたのは、リビングダイニングに接しており、夜も眺める場所だから。特に美しい時間帯は、夕日が落ちてポツポツと灯りがともる頃。ブルーアワーと呼んでいますが、その時間帯は白い植物が特に神秘的に見えます。闇に同化していく植物が多い中、白だけが徐々に浮かび上がってくるからです。

そして暗くなっても、白い花だけは見えるのね。だからお勤めや学校などで家には夜しかいないようなご家庭に、ホワイトガーデンをよく提案しています。私はこうして毎夜見ているので、提案におもわず実感がこもってしまいます。

 

初夏19:00pm。何もかも青く染まる中、白い花だけがぼうっと浮かび上がります。この眺めが好き。

 

ディスプレイガーデンには、まだ秋色アジサイもあるのですが、長くなりましたので次回に書きます。

アジサイの季節は始まったばかりですが、大好きな低木なのでいつもにも増して饒舌になってしまいます。マブチ的アジサイ論、しばらくお付き合いくださいますか?

 

 

ツゲのリース

ここんとこ梅雨前の庭メンテをしています。と言っても、暑いし疲れるので、せいぜい小一時間くらい。

今回は坪庭にあるツゲの生け垣を整えました。

植えてすぐの数年は、せっかく芽吹いた新芽が害虫(クロネハイイロハマキだと思う)にやられ、残念な姿のときもありましたが、剪定をしっかりやり続けているお陰かな?最近は割といい感じです。

そんな訳で、切り取った枝もすごくきれいですから、捨てる前にアフターガーデニング。久しぶりにリースを作りました。

 

テラスのテーブルが作業台です。ちょっと切っただけで結構な量の枝。

 

新鮮な葉っぱの香り…今まで意識しなかったけれど、ツゲの葉っぱって割といい香りがします。1,2週間前は小さな白い花がたくさん咲いていて、その時も上品な香りを振りまいていましたっけ。

そういえば、12、3年前だったか?ツゲでトピアリーガーデン作ったことがあったな~。メンテナンスも請け負っていたので一生懸命刈り込みしてました。その時、屈んだ姿勢で黙々と刈っていたせいか、ぎっくり腰になっちゃって!それ以来、腰に爆弾かかえてます。

・・・そんなことを思い出しながらやってると、1つ作るつもりが2つも出来てしまいました。シンプルなリースもいいけれど、何もないのも愛想がないかなと、細いサテンのリボンだけつけました。

 

直径25cmくらいのミニリースは事務所のガラス扉に。吸盤で貼り付けています。

 

作り方はカンタン。

切り枝を何本か束にして、リースリングに置き、ワイヤーで巻きつけて固定。次の束は前の束を留めたワイヤー部分を隠すように重ねておき固定。それを何回か繰り返すだけです。

ワイヤーは予め糸巻き状にしておくこと。サイズは掌に収まる位が巻きやすくてオススメです。枝が外れないように、都度しっかりとワイヤーを引き締めるのがコツかな。

 

直径60cm程の大きい方は玄関ドアにかけました。緑だけの方が涼しげです。

 

そういえばツゲのリースを作るのは初めて。クリスマスにボール型のオーナメントを作った記憶はありますが、さて、夏はどのくらいの間きれいに飾っておけるものなのかしらね?

ツゲはこれからどんどん成長するので、虫がつかなければ、夏にもう1回は作れそうです。

常緑樹は落葉樹と違って、剪定後もしばらくシャンとしてきれいです。常緑樹には水分を奪われないよう葉っぱにワックス層があるからです。切り枝を利用して、皆様もシンプルなグリーンのリースを作ってみては如何でしょうか?