関守石のさり気なさ、から派生して 

茶庭、露地ともいいますが、そのお庭で「この先ご遠慮ください」という場所には、「立入禁止」と書くかわりに、石がひとつ、そっと置いてあることがあります。

小ぶりで丸みのあるその石は、縄で器用に縛られています。その縄の先をひょいと持って、ちょんと置いた、そんなさり気ない感じなのです。ただ石を置くだけだと、きっと見逃されますし、座りも悪く、すぐ転がって行っちゃいそう。縄には意味があるんですね、きっと。

 

飛び石や延段に置かれた石は「この先ご遠慮ください」の意。色々な呼び方はありますが、私は「関守石(せきもりいし)」と呼ぶのが好きです。

 

「入らないでくださいよ」という気持ちが、たったひとつの石で表現されていることに驚きます。小道の途中に置いてあるため、どなたでも、例えば外国の方でも何かしら気づくはず。庭に溶け込んでいる様子が美しく、ダメと言われているのに、嫌な気持ちは全くしません。むしろ「露地ではこういう事すらも、粋に表現するんだな。」って思いました。

自分の言いたいことを、こんなにさり気なくスマートに伝えられるなんて素敵だな。

さり気なさってセンスですよね。

さり気ない行い、さり気ない装い・・・それらのベースには常識や良心があり、控えめながら、どこか光るものがあるというか。その方の細やかな心配りの現れかな、って思います。大人な振る舞いの最たるもの、憧れます。

どうすればそのようなことが出来るようになるのでしょう。

ひとつのヒントが、最近読んだ本「坐禅のすすめ」(臨済宗全生庵住職 平井正修著)の中にありました。

禅の修行僧のことを雲水と呼びますが、その方たちは修業期間中は道場で生活されます。行住座臥の一切合切が修行ですから、例えば、朝、起きるときは、音や太鼓が打ち鳴らされたら、ただちに起きて身繕いをし、本堂に駆けつけなければならないそうです。暖かい布団の中で「あと5分・・・」など余計なことを考えている暇はありません。直ちに本堂へ行くには、起きる事に専念し、そこに心を配ること。それでいっぱい一杯なんだそうです。読経も、食事も、掃除も、托鉢も、何もかもが同じ調子。

そのときやるべきこと、目の前のこと、当たり前のことだけに心を配る。これがね、かなり難しいことで、普通は何かをしながらも、つい別のことを考えたりするものです。雑念だらけで「心ここに非ず」なことが多いのは、私も自覚するところ。それで手落ちがあったり、バタバタするのかなぁと思います。見ているようで全然見えていない、だから見逃す。あぁ。さり気なくスマートにこなすとは遠い姿。

禅の修行で、来る日も来る日も何年間も、そうしたことを続けると、何をする時も自然に心が配れるようになる、心を配るという思いを持って何事にも迎えるようになるといいます。

そうして「心を配る」という思いを持っていると、物事に対する向かい方、ふるまい、所作が変わってくるのだそうです。さり気なさって、まさにそれかな!と思いました。

ちなみに雑念を消すには、坐禅がよいトレーニングになるそうです。坐禅と瞑想、似ているようでちょっと違うみたい。坐禅は、まず禅僧の指導を受けることが重要なポイントで、それは、初心者に教えることが奥義であり極意であるから、とありました。正しいカタチから入り、それを身体で覚えることが大切なんだそうです。

なるほどー。で?坐禅会に?行ってみる???

 

 

いい家とは?-「トトロの住む家」より

お盆休み中に読んだ本で、宮崎駿監督の「トトロの住む家」をご紹介したいと思います。絵が素敵です。

 

住む人の心根が偲ばれる・・・、そんな家を宮崎駿監督が訪ね歩き、その風景を絵と文で綴る。2010年7月に完成した宮崎監督デザインの公園「Aさんの庭」の新たな写真、インタビューも収録した増補改訂版です。

 

そういえば、先日TVでたまたま「となりのトトロ」が放送されてましたけれど、ご覧になった方いらっしゃいますか?

私はこれまで何回見たかわからない程ですが、やっぱり最後まで見てしまいました。可愛らしくて不思議な物語は、いつ見ても心がほっこりと温かくなります。そして、あの田舎の景色、美しくて懐かしくてキュンとします。

私が幼児の頃は、田舎ということもあって、村の中はまだ舗装されていない道も多くありました。恐らく小学生になる前後くらいには舗装されたと記憶していますが・・・。そんな世代ですので、物語に出てくる畦道とか、青田を吹き抜ける風とか、家の土間のヒンヤリ感や縁の下、あちこちにある仄暗い場所など・・・ああいった雰囲気は実感として残っています。なので懐かしい。

曲がりくねった土の道、屋敷を囲む青々とした生け垣、昼間でもヒンヤリ暗い場所、そんなものが少なくなりました。

それでこの本。

宮崎駿監督が仕事の合間に散歩して見つけたお宅の様子が描かれています。東京の高円寺~吉祥寺あたりで昭和初期に建てられた7軒のお宅。どのお宅も変に増改築をされず、丁寧に住まれており、広い敷地には緑豊かなお庭があります。開発の波に逆らうように、そこだけ時間が止まったかのような風景なのです。

宮崎監督は、建物だけじゃなく庭のあり方にも重きを置いておられるようで、そのお考えにとても共感しました。いくつか本文から抜粋させていただきます。

そうなのだ。住まいとは、家屋と、庭の植物と、住まう人が、同じ時を持ちながら時間をかけて造りあげる空間なのだ。私たちの住むこの土地では、少しでも隙間があれば植物は生えてきてくれる。その植物たちと、生きもの同士のつきあいをしている家、時にはためらいながら鋏を持ち、でも植物へのいたわりを忘れない家、それがいい家なのだ。

 

ぼくは、子供が育つには、光や暖かさだけでなく、闇や迷宮も要ると考えている。ぼくがどんな家に興味をもつかというと、それは「闇」みたいなものがある家ですね。それを作った人や住む人の、心の襞(ひだ)の奥行きが感じられるような。庭はね、ちょっと荒れた感じのがいいですね。地域全体で、緑を育てよう、いい感じの空間をつくろうという見識をもっているのがいいですね。

「ちょっと庭が荒れている」というのは、庭の植物を育つままにさせておくからです。植物好きは、やはり敷地の形通りにスパッと切れないものです。美しい枝、元気な枝は切れないのです。植物の自由にさせてやりたい気持ちもあるのです。

でもそこはご近所の方のお考えもあって、自分の価値を押し付ける訳にもいかず、難しいところです。だから「地域全体で緑を育てよう」という見識があればいいなぁと、身勝手ながら思うのです。

「お宅のモミジ、今年もきれいに紅葉していますね。うちには木がないけれど、お蔭で秋を身近に感じられます」という発想か、それとも「モミジが紅葉して落ち葉がうちにまでくる!ン、もう!許せん!」という発想か。その方の捉え方次第で、モミジの形は随分と変わり、景色も変わってきます。

もちろん落ち葉は掃除しますよ。しますけれど、多少の迷惑にあくせくせず、充ち足りることを知る、そんな大人の余裕があれば、どんなにか世の中過ごしやすいだろう・・・っていうことを宮崎監督はおっしゃっているんです。

ディアガーデンのご近所さんは、有難いことに、大人の余裕をお持ちな方ばかりです。それに甘えてはいけない!って、もちろん自覚もしていますけれど。

 

ディアガーデンの前庭より。ペニセタム「JSジョメイニク」がふわふわと可愛い穂を出しました。秋になってうまく枯れたらいいなぁ。

 

また本文中に戻りますと、こんな苦言も。

花を植えたらいい人になれるわけじゃない。本気で手入れをしているから住みやすい、いい庭になっていたわけで、それができないところにいい家もいい庭も、いい景色もない。だから手入れができないならば花も勝手に植えるもんじゃないんです。

 

結局住みやすさって、自分を語ることじゃないんですね。大事なのは借景です。自分の住まいをいかにして人様に借景してもらうか、ということを考える。いかに自己主張するかじゃないんです。そして自分も人様のところを借景する。そうやってお互い様というふうに考えれば、結局は人との出会いと繋がりで、感じのいい風景というのは出来ているものなんだと思います。

いま自己主張しない家を設計する建築家はいないのでは?・・・なんて、炎上覚悟で書いてしまいました(^_^;

隣と違うデザインの家、というのは大前提ですし、大体が外界を追い出し、内に向いた形ですので、隣との風景のつながりなどは、設計当初から頭にない。それが当り前。宮崎監督の思う「人と繋がりのある住みやすさ」を叶えるのは難しいのかもしれません。理想論ですよね。理想とも思わない方もいらっしゃるでしょう。

ただ造園をやっている者としては、こんな風に考えてくれる建築家、住宅会社が増えると、絶対風景は変わるし、暮らしが変わるのでは?新しいことをやってるな!って、違う意味で自己主張できると思ってます。

それと、色々なデザインの家を繋げ、景観を作っていくのは、庭の緑しかない!とも思っています。

 

 

毎日解毒生活 

昨年は人生で一番肥っていました。筋トレやヨガは変わらずやってるのに。これは明らかに代謝が落ちている!食べ過ぎだ!と思ってファスティング(断食)本を片っ端から読みました。

それで、これなら出来そう?と思ったのが朝食を食べない半日断食。カロリー摂取を抑えられ、胃腸を休めることで病気のリスクも格段に減ります。これまで朝食は大事と刷り込まれてきたから不安でしたが、成長期はとうにすぎているし、もうそんなに食べなくとも大丈夫じゃないかと思いまして、夫婦で挑戦することにしました。

本当は水分だけにすべきなんですが、さすがにイキナリは無理で。消化のよいフルーツ少しとヨーグルトを食べています。あとお水とコーヒー。半断食モドキですね。初めて3ヵ月くらい経ったでしょうか。だいぶ慣れてきました。

おなかが鳴ることはありますが、午前中はあっという間に過ぎるので、そんなに苦痛ではありません。昼食夕食は普通にいただきます。胃が小さくなったのか?全体的な量が少なくなっています。

そしてやっと元の体重に戻りました。時々ホームベーカリーで作ったパンが恋しくなりますが、まだ続けるつもりです。

 

朝食のフルーツセット。フルーツは色がきれいだから、食べるまではこうしてキッチンカウンターの上に飾っています。

 

フルーツはビタミン・ミネラル・酵素などの栄養が豊富なので、美容効果にも密かに期待。朝食の支度が簡単なのもありがたい。

でもフルーツって結構お高いんですよね。お肉を買うのとそう変わらない。季節問わずお値段と味が安定しているバナナは絶対買って、あとは旬のものをいただくようにしています。先日、贅沢にも箱買いされた甘夏をお裾分けしていただいたときは、めっちゃ嬉しかったです。

フルーツは出来るだけ皮ごといただきます。食べられない皮は大抵自家製コンポスト行きです。ブラックボックスか?!と思う程入れても入れても増えません。面白いですよ。最後はちゃんと庭に還元しています(詳しくはコチラ→「落ち葉の活用法-コンポストのある暮らし」

 

りんごをドカン!といただくことも。これはほとんどジャムになりました。ジャム作りにはまだハマリ中。またまとめて記事にしますね。前はパンと一緒に食べていましたが、今はヨーグルトにかけていただいてます。

 

それに朝イチフルーツを食べることは理にかなっています。他の食べ物に比べて消化が早いので、空腹時に食べると、胃から腸へ栄養がダイレクトに素早く届き身体に吸収されやすいんだとか。逆に食後に食べると、長く胃に留まってどんどん酸化。果物を放置していると変色しますよね。それと同じことが胃の中で起こるので身体にとってよくないそうです。

なんかやたら詳しいなぁとお思いですね?

実は「Mattyのまいにち解毒生活」という本のウケウリです。ファスティングのあとは解毒にハマっています。

 

薄い本なのですぐ読めます。理論的でなるほど~と納得。すぐやろ!と思いますよ。足ツボ師さんが書いた本なので、ツボのことも書かれています。

 

本の中から、ガーデンブログということで、植物ネタをひとつご紹介します。

以前ローズ精油の効果について書いたことがありましたが(→「「ローズの精油で印象UP出来るという話」)、バラ一輪で女性ホルモンの分泌を高める方法です。女性らしさやモテ度(フェロモン)を高めたい方におすすめらしいです。

生理の2週間後の排卵日の時に、好みの色のバラを一輪買って寝室に飾ります。そして寝る前にそのバラをしばらく見つめたら電気を消して寝ます。以上!

え?たったそれだけ?それだけなんです。

寝る前にバラを見ると色や香りなどによって五感が刺激されて脳に伝わり、寝ている間の女性ホルモンの分泌が高まるそうです。飾ってしばらくしたら、花びらをちぎって塩をひとつかみ加えてバラ風呂にすると更によくて。不妊や更年期トラブルの改善にもバラは効果的なんだとか。ちなみにこの方法は男性ホルモン分泌の安定にも効果を発揮し、抜け毛や薄毛予防になるんだって。

バラってすごいですね~。夫婦の寝室に一輪いかがでしょう?

 

私はバルコニーで3種のバラを育てています。今年もたくさん咲くといいなぁ♡

 

育てているバラはもう蕾をつけています。これまで、そうとは知らずに時々ベッドサイドに飾っていましたが、今年は意識的に!効果を期待して飾ろうっと(^m^*

・・・といっても更年期の方ね。今さらフェロモン出てもね。

 

 

「陰翳礼讃」の新刊

日本の美について深く考えてみたい人々にとってのバイブル「陰翳礼讃」。文豪 谷崎潤一郎(1886-1965)が昭和8年に書いた名作で、ご存じの方もきっと多いことと思います。

初めて読んだのはいつだったか定かではないのですが、恐らくそれから12、3年、いやもっと経つかな。日本の文化や美学の成り立ちについて「なるほど、そういうことか」と納得した覚えがあります。以来、折に触れ読んでいます。

最初は文庫本でしたが、近頃はデジタルになり、タブレットで読んでいました。それが今年になって新刊が出たのです。なんと、美しい写真つきです。

「空気を撮る名匠」「気配を捉まえる達人」と評される大川裕弘さんという写真家の100点を超す作品が、谷崎ワールドをビジュアル化しています。それがなんとも美しく、まるで写真集を見ているよう。文面からはピンとこないという方も、写真と一緒だとわかりやすいと思います。

 

2018年1月に出たばかりの「陰翳礼讃」。これから読む方にオススメです。

 

昔の住まいの陰影は、その深さは、現在の物とは掛け離れているように思います。だから若いころの私は、派手な金屏風や蒔絵の存在価値も、眉を落とし鉄漿(おはぐろ)や玉虫色の紅を塗る化粧の美意識も分からなかった。この本を読んで初めて腑に落ちた事柄は多い。腑に落ちたからといって、鉄漿が素敵!とは思わないように、昔に戻れない価値観もありますが。

でも、陰翳があるからこそ、一瞬のきらめきが美しい。陰の濃淡に侘び寂びも感じるのです。成熟した庭でそういう光景を見たとき、魂が震えるような心地がします。自分はやはり日本人であると思う瞬間です。

私達は、新しくて明るいことよりも、時の流れとか翳りとか、そんなことの方を大切に感じてしまうところがある。

 

昨夏訪れたとある場所。谷崎曰く「庭を造るにしても、我等が木深い植込みを設ければ、彼等(ここでは西洋の人々を指す)は平らな芝生を広げる」

 

実はここ15年程和室のない暮らしをしています。私に限ったことではなく、そういう方も多くおられると思います。それでも和のない生活は考えられなくて、室礼や工芸品、伝統芸能、書、着物、器、食事、花活けに至るまで、触れる機会は沢山あるものです。その時、そういうものがかつて置かれていた背景や物語を知っているのと知らないのとでは、受け止め方が変わってくるのではないかと思うのです。

この本にある風流な暮らしと今の私の暮らしとは、確かに違いがあるけれど、陰影に美をみる感性は捨てずにいたいです。

 

和室のない我が家での陰翳礼讃はこの程度。ライトアップした庭を美しく見るために室内の照度を落とします。谷崎氏には、まだ明るいと言われそう。

 

月の美しい夜は灯りをつけないとか。

 

以前宿泊したとある温泉旅館のロビー。ロビーなのに暗い。この感性こそが新しい!と思いました。

 

これからの時期、うららかな光の傍にある春独特の陰翳が楽しみです。陰影にも季節感はあると思う。私なりの陰翳礼讃をこれからも発信していきますね。

 

 

正月迎えのルーティーン 

ゆく年くる年に思いを馳せながら、慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。

普段はファッション雑誌しか買わないのですが、お正月特集号の出る今月だけは婦人雑誌を買って、どんなお正月にしようかな?ってワクワクしながらページを繰っていましたら・・・。あっという間に大晦日です。アワワ。

今年はお正月情報が一番豊富だったミセス紙にしました。晴れ着姿が素敵な波瑠さんが表紙。雑誌名がほぼ隠れてるケド。

俵屋旅館さんの歳事や月ごとの設えをまとめた「俵屋相伝」。私の室礼の教科書です。2018年のお節の見本はコレ!

年末は主婦業に専念しているマブチです。「THE・日本のお正月」って感じの我が家。掃除の仕上げや、お正月飾りの準備、着物の準備、お重などの漆器を出したりと、この時期ならではの仕事が色々とありますよね。久しぶりに手にする品々に、いちいち見入っているため、余計時間がかかったりして・・・((+_+))

今日は買い出しデーでした。毎年遊びも兼ねて、京都にある錦市場まで足を延ばします。こちらには普段からちょくちょく通っているので、いつもと違う今日の威容な賑わいは、いかにも年の瀬という雰囲気がして興奮します。近くに百貨店やお気に入りのお花屋さんもあり、色々一気に済むので、混雑は承知の上で、やっぱり行ってしまいます。

お目当ての食材をゲットして、明日はいよいよ仕込みです。

我が家の年の瀬恒例行事。お正月の食材を求めて錦市場へ。

お取引先様や実家から頂戴した有難い品。お蔭様で良いお正月が迎えられそうです。(左)お餅はワサビと一緒に密封袋に入れて、冷蔵庫で保管するとカビにくいです。

鏡餅を初めとする細々とした飾り付けをし、花を生けて、正月迎えの準備があらかた整いました。この毎年繰り返される一連のルーティーンを、ひとつひとつこなしていくうちに、家の中に新しい年を迎える気配がどんどんと色濃くなっていきます。

大晦日は事もなく、どうか来る年も平安であって欲しいと祈ります。

今週末じっくり読む 

朝から雨で薄暗い部屋。こういう雰囲気も気分的に落ち着けるので大好きです。まだ早い時間帯なのに、照明やキャンドルなんか、灯しちゃってさ(^m^)

 

事務所の照明を秋冬用に変えました。愛のこもった頂き物セット、栗蒸し羊羹とモンブラン・ティーをPCの傍らに置いて書いています。

今週末も雨予報なので、じっくり読書でもしようと思っています。

読書は毎日のことですが、私はどちらかと言うと小刻みに読むタイプ。日に30分づつ位×数日 で1冊読み終える感じです。今度の土日は久しぶりに時間をかけて読んでみようかな。

 

今週末読もうとしている本をいくつか。あと時間が許せばファスティング関係やビジネス書なども。相変わらずの乱読ぶり(^_^;)

「樹木たちの知られざる生活」は、ドイツでベスト・セラーになった本。チラ見しただけですが、すごく興味深いことが書かれてあります。これはハマりそう!まだ読んでいませんが、ガーデナーにはオススメ出来る内容。庭に関することで参考になりそうな部分は、ブログでご紹介するかもしれません。

アドラーブームは一段落したのかしら。著者曰く、誤解されている節が多々あるという。「アドラーをじっくり読む」は、アドラーの原著に立ち返って書かれた今年夏に出たばかりの新書です。

 

皆様はどんな週末を?穏やかに過ごされますように♡

 

 

見る窓、見られる窓

夕暮れどき・・・太陽が沈んで薄明りが残るころ、家々に灯りがともりはじめます。これからの季節、窓からもれる暖かな灯りは、心を和ませる景色のひとつです。

ディアガーデンでは、まず庭の照明が自動点灯し、それに気づいて部屋にも点けるという感じ。事務所は道路からよく見える場所にありますが、窓のロールスクリーンは下ろさずにいますので、灯りをつけると特に、丸見えです・・・^^;

ほぼ車しか通らないため、恐らくですが、じーっと見られている感じはありません。私は仕事をしているだけだし、どちらかというとインテリアの方に目が行くと思うので、この程度ならいいかなと思って。

昼間とはまた違った前庭や建物の雰囲気を、感じていただけたらと思います。

 

夜のディアガーデン。

 

小さな事務所ですが、照明は天井、ドラフター、PC机用に3か所にあります。このガラスのシャンデリアは4月から9月まで限定です。

 

建築家でエッセイストの故宮脇檀氏は、著書「暮らしをデザインする」の中で、窓についてこんな風におっしゃられています。

 

「見る窓、見られる窓」

窓を開けるときには、まず隣近所をよく調べる。お隣の家の窓の位置、クーラーの屋外機などとぶつからぬように、また、奇麗に山が見える方向、風の吹いてくる方向など考えてから慎重に開けるようにしたい。環境を上手く取り込むという工夫をして窓を開けることが窓作りのコツ。

そして同時に、窓のもう一つの大事な役目は、町に向かって楽しい家の中の雰囲気をこぼしてあげること。美味しいコーヒーの匂い、奇麗な花、楽しいピアノの音が道を歩いていて感じられれば誰でも気持ち良くなる。

ヨーロッパの人たちが皆窓に花を飾っているのは、窓は道のショウウィンドウだと思っていて、道を飾るためにしているのだ。いま流行の出窓などは、まさにそのための窓といってよい。

道から見える位置に白い格子のはまった可愛いこんな窓を作り、花や季節の飾りものをしている。そんな家が立ち並んだ住宅地が出来たら、それは本当に住んでみたくなる街、環境だと思いませんか。

貴方がそんな家を作り、そんな住み方をすれば、貴方がその街の環境を作ることになるのです。

 

宮脇檀氏はバルコニーガーデンをおしゃれに楽しんでおられた方です。ご本はどれも面白くて大好きです。これを読んだのは2005年でした。

部屋から「見る窓」は当たり前だけれど、外から「見られる窓」という発想で設計された住宅はどれ程あるでしょう?また道を飾るとか雰囲気をこぼすという意識を持って暮らしている人がどれだけいらっしゃるでしょう?日本に足りないものだと思います。とても共感したのでメモってました。

じゃあ、ディアガーデンは街に向かって、何をこぼす???

今のところは、外から見える窓に観葉植物やリースなどを飾るとか、先程ご紹介した夜の暖かな灯りをこぼすとか、しています。いかにも事務所という感じにならないように、柔らかでいてスタイリッシュな雰囲気をこぼせたらいいな、なんて思います。

 

冬の窓際には、スノーフレークのオーナメントを。

 

魅力的な窓。これは7月に訪れた有馬温泉街のカフェ。格子の窓ごしに、赤い照明やお客さんが各々くつろぐ様子が見えて、ふらっと入りたくなります。店舗だから可能?窓の上半分なら個人邸でも出来そう。

 

 

最後に日本の現実を。

 

道路沿いのお宅なのに、窓からベランダからお布団がベロン!!(+o+)キャー 如何にも日本人的なというか。これは最もこぼして欲しくないものです。ベランダ内に納めて下さい。

 

 

洗濯物(特に下着類)や寝具などは超プライベートなもの。それらを晒しているとは、しかも見られているなんて、全く思っておられないようです。あぁ〜(ー ー;)

 

 

実測の大切さ 

庭やエクステリアをプランするときは、頭の中にその空間を作りながら、あっちこっちから眺めつつ、バランスや納まりを考えます。でも本来空間とは、そんな小さな頭の中だけでは捉えられないもの。光や風や周りの景色、様々な人々が絡んできます。みずみずしくてどんな可能性もある、それ自体生き物のような存在です。

でも人が作る以上は、設計者は空間を数字で表さなければなりません。寸法というのは本当に大事です。こんな雰囲気というのは、自分ではわかっているつもりでも、実際図面に表すとなると、体感しなければ説明ができないと思っています。カタログに載っている商材なら組み合わせてこの位というのが大体わかりますが、もっと大きなものになるとそう簡単ではありません。

いま取り組んでいるお庭はとても広いので、芝の築山をいくつか作り、地形に変化を出そうと考えています。子供さんたちが登ったり降りたり、駆け回ることもできるような、楽しい空間にしたいのです。

時間と予算が無限にあって、職人さんも体力と忍耐が無限にある場合は、その場で何度も試行錯誤して作れるのでしょうが、実際の現場でそんなことを言える訳はないのです。土量計算して見積りもせねばならないので、やはり最初からほぼ正確な姿を数量化しないと。

図面に表すために、実際の大きさを感覚と身体で把握するために、その場にあう築山にするために、いくつかサンプルを実測をしてきました。

 

好きな築山のある某所。ひとりスケールを当てては記録。

 

大体これくらいかなと頭で考えている寸法と、実際これくらいかなという実物の寸法は、結構違いました(-.-;) やっぱり測ってみなければわかりませんね。測りながら手で仮の築山を作り景色に重ねてみたりして、はたから見ると、かなり変な人。

出掛けた先で素敵なモノに出会ったら、自分の身体をモノサシにして測ったりもします。例えば私の手のひらを広げると、親指の先から小指先まで20cmです。また両手を広げた端から端までが自分の身長と同じ寸法だそうです。歩幅とか色々なものを駆使して測ります。小さなスケールを携帯していくときもあります。

むかし、ディアガーデンを立ち上げた頃に出会った女性建築士さんが「実測は大事よ。私も建具をデザインするときには実際いろいろ測ってみるの。」という風なことをおっしゃっていました。そして庭を設計するならと、こんな本を紹介していただきました。

 

「建築と庭」西澤文隆「実測図」集(建築資料研究社)

 

薄っぺらい本で写真もカラーではないのに税別3,800円もして!ひえーっと思ったけれど、お話に感銘を受けたので、すぐ買いました。実際内容を見ると、安すぎると思うほどです。建築家の西澤文隆氏(1915年~1986年)が生涯をかけて遺してくれた寸法です。

西澤氏はここ滋賀県(愛知郡秦荘町 現在は愛荘町となっています)生まれの方でした。この本には厳島神社や桂離宮などの文化遺産の建築と庭園の平面図断面図などがたくさん掲載されています。鉛筆で描かれた図面はとても美しく見惚れてしまいます。プロの方におすすめの本です。

実測とは、実際に磁石やスケールを使って測量するのですが、対象物の完成すなわちそれを実際にデザインして作った人の感性が、直に体に伝わってきます。空気に浸り、光に包まれながら、プランや断面で表せない本当の空間がわかってきます。(本文内より)

測りながら空間を味わう・・・って私も少しわかる気がします。いつかこの本が活かせる自分になりたいな・・・なんて大それたことを夢想しながら、まずは目の前の仕事を頑張ろうと思います。

 

 

いろんな生き方があるよね 

大型連休が終わり、また日常が戻った今週。かなり前からお聞きしていた案件が本格スタートしたので、ここにきてギアを上げました。・・・って、テニスの錦織圭選手みたいな言い方っ(笑)一回してみたかったのよね!(ૢ˃ꌂ˂⁎) ウシシ

ガーデンデザインというよりランドケープデザインと行ったほうが良いようなお仕事。建物の配置から関わらせてもらえたので、有難いですし、やりがいを強く感じています。

 

計画を練りつつ、窓外を見ると、ヒラドツツジが今を盛りと咲いています。図面にあるまだ見ぬ景色も、頭の中では同じように輝いて見えています。(事務所が真っ暗みたいですが、実際はもっと明るいですよ~(^_^; )

 

一人で手に負えない部分は、自分で抱え込まないで、周りに助けていただきながら、こなしています。投げかけた質問に一発解答!なんてスゴイ瞬発力の方もいらっしゃいます。同じ事務所に同僚や先輩はいませんが、ブレーンというか、そんな風に相談出来る方がいてくださって、本当に有り難いし、感謝の気持ちでいっぱいです。

全てをカバーできるほどの知識や技術など持ちようがないのですから、悩んでいる時間が勿体無い。一緒にお仕事していただいて、いいものが出来たら、喜びは独りで作った時より倍増します。人物的に、温厚で出し惜しみのない方が多く、私もそうなりたいと常々思っています。人間関係、生き方、仕事しながらも学ぶ点は多々ありますね。

そういえば連休中に読んだ本の中で、面白いものがありましたよ。

 

「LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方」(麻生羽呂・篠原かをり共著/文響社出版) 他にもコミュニケーション関係の本を数冊、読んでいる最中です。

 

わたし、生き物や植物の知られざる生き方にもとても興味があります。そこには想像もつかない理由があり、それを知ると「気持ち悪い」とか「あっち行け」的な偏見が吹き飛びます。「そうなんや・・・。ホンマに大変やなぁ。私やったら到底つとまらんわ。」と同情したり尊敬したり。

本の前置きにこうあります。

私たち人類の祖先、猿人が生まれたのは700万年前。地球の歴史を365日のカレンダーであらわせば、まだ12月31日の出来事である。つまり、私たちはあまりに若い。他の生物たちに比べ、私たちの生き方はあまりにも「定まっていない」のである。(中略)生き物たちの知られざる生態から、人間が生き残るための「戦略」と「習慣」を学ぶ。

少数を犠牲にして大多数を守るペンギン、働かないものがいることで巣の消滅を防ぐハチ、常に周りを攻撃して自分の権力を見せ巣の統率を守るハダカデバネズミ、どんな動物にも愛され仲良くすることで平穏に過ごすカピバラ、などなど、同じ群れで暮らすにしても様々で、へぇーと唸るところ多し。でも人間と違って常に生死がかかっていますから、残酷に感じるところも。進化の過程で身につけた生き方は深いです。

ハダカデバネズミのようではしんどいし、カピバラのようになるにも、相当の修行が必要です。それに、私、お釈迦様のような生き方のナマケモノだけには、なれそうもない・・・。

ラッコは気に入った石を小脇に挟んで常に携帯し、それを仲間の鼻先に高く掲げて自慢したりするそうです。もしも、その石がなくなったら、食事も喉が通らないくらい落ち込むのだとか!石へのこだわりが強すぎて、適当な石を与えても拒むそうです。なんか人間ぽくて笑っちゃいますね。またパンダの場合、ラッコ以上にこだわりが強い性格で、絶滅の危機に瀕している理由のひとつはそれによるらしい。こだわるのも程々にせねばね。

この本は漫画(迫力とユーモアあるタッチ)とエッセイが対になっており、とても読みやすいですよ。オススメです♡

 

生き物つながりで。久しぶりにオカメインコをお預かりしていました。事務所では、図面を見たりインコと遊んだりの今週。

 

オカメインコのクッキーちゃん、テラスに出すのは初めて。ケージの中からではありますが、外の空気を堪能。まったりと日向ぼっこしているみたいですね。

 

この子クッキーちゃんと言いますが、何度も来るうちにどうやらここを覚えたらしく、仕草に慣れが見えます。前回お預かりした時には見たこともない遊び方をしたり、聞いたこともない声で鳴いたりしたのです。飼い主さんによると、おうちではよく見られる仕草なんだって。だいぶリラックスしてくれたのかなぁ。

短い期間とは言え預かるとなると、インコの習性も勉強して、少しは詳しくなりました。やっぱり相手を知らないとコミュニケーション出来ませんものね。で、なんとなーくですが、互いの意思疎通が進んだような・・・気がします。(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

わたし、これからも様々なものの生き方に興味を持ち続けると思います。面白いことがあったら、また書きますね。

 

 

「カフェのある美術館」のご紹介 

美術館大好きなワタクシ。俗世とかけ離れた贅沢な空間で、芸術と対峙し、ひとり静かに過ごすことが至上の喜びです。そして鑑賞を終えると、美術館併設のカフェに立ち寄り、寛ぎながら、もうしばらく感動の余韻を楽しみます。

・・・と言うとカッコイイのですが、実は、結構歩き回るので意外と体力を使ってるようで、ちょっと休んでいきたいというのが本音です。鑑賞中は夢中で気づいていないのですが、カフェのテーブルについた瞬間、ぐったりしていることもしばしばです。

美術館のカフェは、静かで落ち着いていて、本当に癒されます。大規模な企画展でもない限り大抵空いていますしね。お洒落な雰囲気で、メニューも結構充実しているので、企画展目当てでなくとも、敢えてカフェ目当てで立ち寄ることもあるくらいです。

初めて訪れる美術館では、ここのカフェはどんなだろう?と興味津々。花も団子もどっちも欲しい!私のような人にピッタリな本を見つけたのでご紹介します。

 

素敵な時間を楽しむ「カフェのある美術館」(世界文化社/青い日記帳監修)

 

全国22の美術館と7の施設(博物館、文学館、記念館など)、合計29のカフェが掲載されています。その中で既に行ったことのある美術館は6つ(京都文化博物館、根津美術館、ポーラ美術館、金沢21世紀美術館、細見美術館、石川県立美術館)です。

年に何度も訪れるお気に入りの細見美術館が選ばれているのはかなり嬉しい♪こちらは夜「trattoria en」というレストランになります。

 

細見美術館の「CAFE CUBE」地下2階にあり、テラス席は地上3階まで吹き抜けているという不思議空間です。

 

インテリアで特筆すべきは、大好きな堀木エリ子氏作の和紙の大きなオブジェ。ここでよくケーキをほおばっています( ´艸`)

 

京都文化博物館やアサヒビール大山崎山荘美術館、京都国立近代美術館などは近いので、絶対制覇したいところ。ちょうど4月29日から京都国立近代美術館では、憧れのハイジュエリーブランド「ヴァン クリーフ&アーペル」の技を極めた267もの作品が見られるとのことなので、是非行ってみたいです。(女性でめちゃ混みそう!日時を吟味せねば)

どのカフェも素敵で目移りするのですが、とりわけ、重厚で大人な雰囲気の三菱一号館美術館と菊池寛記念智美術館、隈研吾さんファンなので那珂川町馬頭広重美術館、モダン建築つながりで坂茂さんの大分県立美術館に惹かれています。旅行や出張ついでに是非とも寄ってみたいなぁ。

 

根津美術館のカフェ「NEZU CAFE」は、東京青山という都心にいるとはとても信じられない広大な庭園の中にありました。和紙のような天井や開放感ある大窓、根津邸で使われてた暖炉など、充実のインテリア!

 

この日はアップルパイをいただいたのですが、本によると人気はミートパイだとか。次行ったら絶対注文するぞー。このカフェはまさに市中の山居です。しかも周りから聞こえるのは標準語ばっかりで!ちょっと不思議な気持ちの関西人マブチでした。

 

ご本の監修をされているのは、展覧会ブログで有名な「青い日記帳」さん。だから、カフェ情報以外にも、もちろん美術館建築やコレクションなどの情報も満載です。こちらのブログは私も日頃情報収集のためによく拝見しております。併せてオススメです。