近江八幡市 S様邸

※画像をクリックしていただくと大きく見やすい画像でご覧いただけます。

滋賀県近江八幡市
2013年6月完成

広い前庭のリフォームです。新築と同時にエクステリアと植樹、庭の土入れは済まされたとのこと。草花を植えたいけれど土が堅く何を植えても育たない、道路からの視線が気になってテラスでも寛げないとのことでした。こちらの住宅地は風景づくり協定のあるため、境界に高い塀は設置できない決まりになっています。

道路境界に沿って高さ750mmの石の壁を設け、その壁を挟んで道路側庭側高さの違う花壇をご提案しました。高い塀が設けられないので、庭側の盛土の上部に1.2m程の銀マサキを列植して、道路からの視線を遮るよう工夫しました。

壁は美濃石、大きな石は信楽のサビ御影石です。繊細かつ大胆な石使い。庭に立つと目線近くに植物があり、緑に包まれているような感覚です。石と植物が馴染んで四季折々の表情を見せてくれます。和室の掃き出し窓から庭に出られるように沓脱石も設置。少し浮いて見えるよう設置しました。よく見ないとわかりませんが遊び心です。