霧の朝 

今朝は珍しく霧が立ち込めていました。日曜日ですが、普段と変わらない時間に目が覚めて、庭を見てみると、「わー。真っ白!」

ここ近江八幡市では、何故か霧が出ることが少ないので、ちょっと興奮気味。「早く目覚めて良かった~(´∀`)」外に出ると全く寒くなくて、湿気が心地いいくらい。いつもと違う景色に、思わずシャッターを切りました。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-2

30m先も見えないくらいの濃い霧に包まれた朝。幻想的な雰囲気でした。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-5

ミューレンベルギア「カピラリス」に雫が点々と。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-4

つぶつぶ、きれい♡

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-3

普段はよく見えない蜘蛛の糸。こんなにまとわりついてたんだな。

 

我ながら、同じ庭で、よくも飽きずにいちいち感動するなーと思います。ブログの読者様も、きっと同じように感じてらっしゃるのでは(笑)また撮ってるよ、なんて呆れてますよね?

だって今朝のように、思いがけなく昨日と全く違う眺めになる時は、どうしても目がいってしまいます。それは地球がタダでくれるサプライズです。誰でも平等に与えられたこの機会に、気を止めるか止めないか。蜘蛛の糸に雫がいっぱい付いてたからって、大したことないと言えばそれまで。それを美しいと思うと、ちょっと気分よくなります。

レイチェル・カールソンさんは「Sence of wonder」の中でこう書かれています。

「地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力をたもちつづけることができるでしょう。」

自分で自分の機嫌をとれるのって大事なことだと思うのよ。方法は人それぞれだと思いますが、自然鑑賞はいつでも始められて、お金もそうかからないし、性別や年齢、それこそ所構わずできるところがいいのかなと思います。

もっと寒くなったら霜の降りた庭や植物の写真撮りたいな。葉っぱが砂糖菓子みたいに見えるのです。でもすぐ雪になっちゃうから、霜が降りることも少ないのよね。どうかな。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください