師走の事始め、2017年の手帳を準備

恒例の時事ネタ、手帳にまつわるアレコレです。皆様はもう来年の手帳をご準備なさいました?そもそも手帳なんて持たない派ですか?

スケジュール管理に関しては、アナログ派のマブチです。さっと開いていろいろ書き込める手帳が断然使いやすく、長年HIGH TIDE社製で、タスク管理出来る手帳を愛用しています。そろそろ注文しないと、と思っている矢先に、先日買った婦人画報の付録に手帳がついていまして。

婦人画報1月号の付録で「幸運を呼ぶ和ダイアリー」がついていました。表紙は2017年のラッキーカラーになっているそう。(エメラルドブルーですって)

 

所詮は付録。紙は薄いし、メモのページもありません。しおりも、ポケットも付いてなくて、あんまり使えそうな気がしません。でも、心惹かれる点がひとつだけ。それは和の暦情報が詳しく掲載されていること。新暦と旧暦が併載されて、二十四節気七十二候や雑節、月齢などがマンスリーのページに載っています。

私は仕事は、もちろん新暦ですが、暮らしでは和の暦を重んじています。それで、手元にいつも高島暦を置いて見ていましたが、この手帳だと、それを見る手間が省けて、しかもウッカリ忘れることもなさそう。

まだ迷っているけれど、来年の手帳は、浮気して、この付録にしようかなーっ?!

 

今日は一日雨模様。朝から薄暗い日は、日中もキャンドルを灯して。これは事務所の飾り棚です。ちょっと前までは、ワークショップの花材で溢れかえっていましたが、終わってすぐ片付けて、飾りものも変えました。

 

今日は師走の事始め。昔はこの頃より大掃除を始め、お正月の飾り付け準備を行ったそうです。現在では、その前にクリスマスがあるし、まだお正月準備という雰囲気ではありませんね。私は11月に主だったところの掃除をほぼ終えたので、事務所の資料整理をはじめようと思います。

手帳も用意できたことだし?こんど晴れた暖かい日に、お正月飾りの松を採りに行こう。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください