クリスマスワークショップ2016のレポート-2(室礼編) 

先週のクリスマスワークショップに参加してくださった方から、ドアに飾ったよ~と画像が送られてきています。どれもとてもお洒落に見えてね、もう嬉しくて嬉しくて!5日のブログでは、そんな方々の作品をご紹介しましたが(→コチラ)、本日はおもてなしの室礼について。画像多めでいきますよー!

クリスマスのスワッグを作るからには、インテリアやお茶のテーブルなど、やはりクリスマスの雰囲気は欠かせません。師走の慌ただしい中、わざわざ来ていただいているので、ディアガーデンのドアを開けてからは、そんな日常をしばし忘れ、華やかでワクワクするような雰囲気を感じていただきたいと思いました。

 

まずは玄関から。

ドアに自作のスワッグを掛けてお出迎え。「今日作るスワッグってこういう物かぁ。」なんて、期待を膨らませる瞬間?!

 

中に入ると、もうひとつのスワッグ、ヤドリギのシンプルスワッグが掛かっています。枝を数本束ねてリボンを結んだだけ。薄緑の丸い実が可愛いでしょ?西洋ではクリスマスの象徴です。

 

ワークショップの会場(というほど大きな部屋ではないのですが)は事務所です。普段はPCや電話を置き、書類や図面、文房具など収納しているカウンターに花材をズラリと並べました。植物のいい香りとイルミネーション照明、BGMなどで五感を刺激しつつ、クリスマスムードを盛り上げます。いつもの事務所とは様子が違うので、「お花屋さんみたい」とか「アトリエみたい」って言ってくださる方もいて、皆様、写真をたくさん撮ってくださいました。

 

植物でいっぱいのカウンター。小さな灯りがクリスマスっぽいと好評でした。

 

スワッグを完成させたあとはティータイムです。手を洗っていただいてから席にご案内します。予めテーブルセッティングは済ませておき、作業がそろそろ終わりかというタイミングで、ちょっと退席してお茶の準備をしました。私一人なので、講師や助手、ホストと色々な役を兼務していて、ちょっと忙しい。なるべく待ち時間のないように段取りをしたつもりですが、粗相がなかったかしら・・・。

今年のテーブルは、グレー(シルバー)&白でコーディネートしました。ツリーのオーナメントもモノトーンですし、大人っぽく落ち着いた中にキラキラした華やぎもあって、狙ってる非日常的な雰囲気が出せるのではないかと思って。

 

テーブルにセットする植物や小物は、キッチンカウンターにスタンバイさせておきます。

 

センターピースのお花は、スワッグに使った花材と同じもので、ゆったりと置いているだけです。このセッティングはナント5分で完了します。

 

テーブルの画像は、事前にシュミレーションしたときのものです。肝心のお菓子が写ってなくてごめんなさい。お客様が寛いでいらっしゃる最中はどうかと思い、撮りそびれてしまいました。こういうテーブルの写真って、本当に難しくて。背景やアングルが変だと、ごちゃごちゃに写ってしまいます。なので、今回は事前にゆっくりたくさん撮った中からの3枚です。

それでお菓子ですが、今年はアフタヌーンティーセットっぽくしてみました。テーブルの中央にケーキスタンドをセットし、下段にはスコーンとサンドイッチを、上段には生チョコレートやマカロン、ヨーグルトのデザート、フルーツなどを。日によって、午前と午後の部によって、若干違ってましたが、大体そんな感じ。有り難いおもたせのお菓子も美味しくいただきました♪

ほとんど市販のものですが、スコーンとヨーグルトのデザートだけは自家製です。スコーンはあったかい方が美味しいし、不器用な私でも作れるものですから、いっちょ頑張ってみました。肝心のクロテッドクリームが残念ながら手に入らなかったので、簡単バージョンで一緒に作りました。

シンプルな味が案外ウケて、お子さんもたくさん食べてくれました~ヾ(*´∀`*)ノ ワーイ! ザクザクした食感が好きなので、また近々自分用に作ります。

 

このコーデの中で一番気に入っているのはペーパーナプキン。Francoise PAVIOTの「GRAND SIECLE SILVER 40x40cm」です。フランスのブランドでスタイリッシュなデザイン。とてもシックでこういうナプキンを探していました。紙は上質で分厚く、一見使い捨てに見えないところもいい。オススメです!

 

終わってしまえばあっという間でした。お客様のことや作らせていただいた庭の現状も聞けて、これからの管理のことなども話せたし、私の悩みまで聞いてくださった方もいて!(なんか、すみません>< )それに色々な情報交換もいっぱいできました。いつもながらワイワイゆるい女子会(あ、男性もいました!)のノリ、とても好きなのですが、お客様にもリラックスしていただけたかなぁ。

皆様、お元気でいらっしゃることが何よりですし、お子さんは大きくなってるしねー。植物を触りながら、少しでも癒しを感じてもらえたのなら、ガーデンデザイナーとしてやっぱり嬉しいのです。庭から始まった関係が、こんなに続いて本当に有難いです。いつでも相談相手になれるよう、私はここで頑張っていこうと思うので、これからもどうかよろしくお願い致します♡

今年は都合がつかなかったお客様も、また来年新しい企画で、多分、たぶん?すると思うので、ご参加くださいね~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

クリスマスワークショップ2016のレポート-1 

ディアガーデンのクリスマスワークショップ、お陰様で無事終了しました。ご参加くださったお客様、お忙しい中お越しいただき本当にありがとうございました。

 

ws1130-1

ワークショップ中は、事務所の一角が花材でいっぱい。まるでお花屋さんのようでした♡

 

先日は作っていただいている様子をUPしましたが(→コチラ)、今日はお客様の作品をいくつかご紹介します。

同じ花材を使っても組み合わせ方で違ってきますし、リボンを変えるとまた雰囲気も変わるところが面白いです。人それぞれで、どれも魅力的!立派なスワッグが出来上がりました♪もうドアに飾られているでしょうか?クリスマスまで、どうかきれいでいてくれますように。

 

shic

redgreen

 

これを見て作りたいなと思われた方のために、簡単な手順と使った花材について。

まずは土台の緑。ディアガーデンで育てている生垣のレイランドヒノキです。この日の為に!という訳ではないのですが、一年間手塩にかけて育ててまいりました。そこに変化をつけるためにヒムロスギを足し、更に実のついた枝を重ねて、きつく結わえます。松ぼっくりや綿の実といった枝のない実はグルーガンでつけます。最後にリボンを飾って出来上がりです。

実(み)は、ユーカリ・ポポラスベリー、シャリンバイの実、ペッパーベリー、ヤドリギの実、ローズヒップ、ナンキンハゼの実、綿の実、松ぼっくり(ラメ加工したもの、そのままのもの2種、大中小いろいろ)などをご用意しました。どれもお花屋さんで注文していただけると手に入ると思います。1本500円以上するかもしれません。ボリュームによって値段が結構変わりますので、注文の際に大きさを指定してください。

私はほとんど自然素材を使って作ります。自然のものは、色も形も面白いし、紅葉してたりするので、一味違うスワッグになります。またふんだんに使っていただけるので、作っていて楽しいのです。庭や自然の素材を使うのが、ディアガーデンのワークショップ、なんですよねぇ。お客様には、それらの名前や特徴などもじっくりお伝えしました。

大きさは掛けるドアや場所によって決めて下さいね。画像のスワッグは長さ約60cm、幅35~40cmです。

 

t-2

毎年来てくれて、作ってる女の子。年々腕を上げています!

 

次回は、お茶のテーブルをUPします♪スワッグを作った後、ゆっくりお寛ぎいただきながら、色々なお話をしました。

 

 

ディアガーデンのX’massスワッグ2016 

ディアガーデンでは今年を締めくくるイベント、お庭を作っていただいたお客様をご招待してのクリスマスワークショップの真っ最中です。毎年11月の終わり頃から12月の始めにこのイベントを開催しておりまして、今年でもう5回目となります。

私は手順やコツをお教えするくらいで、基本的には好きな素材をお選びいただき、自由に作っていただいております。難しいところはお手伝いしたり、一緒に考えたりしながら完成させます。そんなとき実物のサンプルがあると、イメージしやすいし、おさまりなども見られるので、便利じゃないかと思って、いつも事前に作って飾っています。

これまではリースが多かったのですが、今年初めてスワッグに挑戦。サンプルは2種類、敢えて全く異なるタイプのものを作りました。一つはシックな雰囲気で、もうひとつはクリスマスらしい赤がポイントの可愛らしい雰囲気のものです。

 

myswag2s

シックバージョン。大人ピンク色の実ペッパーベリーがアクセントになっています。大きさは60cm超。

 

myswag8

玄関ドアに飾りました。スワッグを飾るのは初めてですが、案外納まっているような。

 

myswag3-1

ディティール。色々な実や葉っぱを使っていますが、テイストを揃えてうるさくならないように気をつけました。ユーカリ「ポポラス・ベリー」もピンクっぽい実を選んでいます。

 

myswag7s

クリスマスカラーの赤をポイントにした、可愛らしいスワッグ。野ばらの実や唐辛子を使っています。事務所のドアに掛けました。

 

myswag5

シャリンバイの実の黒を影色として使うことで、小悪魔的?可愛さに。ラフィアっぽいリボンを無造作に巻いてみました。

 

私のスワッグやリースは、いつも庭で育てているレイランディがベースになっています。毎年この時期に剪定するので、枝は困るほど採れるのです。レイランディとは檜の一種で、下の画像の生垣がそれです。年中緑の壁は、テラスの背景となり、プライバシーも保ってくれています。

 

img_3924

黒い実の植物は、個人的にとても好きなシャリンバイ。冬のフラワーアレンジメントに欠かせない素材です。スワッグにも入れています。更に今年はテラスのテーブルにふんだんに盛ってみました。

 

明日も午前午後共お客様が来られます。楽しんでいただけますように。

 

 

 

クリスマスワークショップ2016開催中 

今日から12月。あぁ、月日の経つのは本当に早い。早すぎる~(>_<)なーんて思いつつ、ディアガーデンでは今年を締めくくるイベント、庭を作っていただいたお客様をご招待してのクリスマスワークショップを開催中です。

今年はスワッグを作ります。スワッグとは、ドイツ語で壁飾りという意味で、リースと同じクリスマスの伝統的な飾りです。昨年あたりからじわじわと流行っているのをご存知でしょうか?ここ滋賀では、飾っておられるお宅がまだ少ないので、目立つこと間違いなし!なんて思いまして、ワークショップで取り上げることにしました。

 

ws1201-1

花材やオーナメントをたくさん集めて、クリスマスっぽい演出もして、お客様のお越しをお待ちしております♡ このトナカイのモビールは事前にあるお客様から差し入れていただきました。可愛いでしょ?

 

ws1201-2s

スワッグ製作中。材料の組みわせやレイアウトを決めるまでが楽しくも悩ましい時間。この日はお取引のある会社様からお二人ご参加下さいました。ありがとうございます♡

 

今週日曜日まで、毎日色々なお客様にお越しいただきます。スワッグ作りは、リースより簡単なのですが、フォルムを作るのが意外と難しいような気がします。どこまで素材を追加するのか?シンプルなだけにやめ時も難しいかも。でも、皆様とても素敵に仕上げてくださってます!それぞれ微妙に違って本当にいい感じなんです。また後日まとめてUPさせていただきますのでお楽しみに。

作業しつつも色々なお話が聞けるのが毎回の楽しみです。ひさしぶりにお会いする方でも、作りながらだと不思議なほど自然に話が弾みます。植物好きな方ばかりだからかな?お客様のいいお顔が見れてとても嬉しいです。

明日は私が作ったスワッグをご紹介しますね (^▽^)/

 

 

京都市美術館で開催中の若冲展へ 

先週のある天気のいい日に、若冲展に行って参りました。京都は若冲の故郷とあって、やっぱり人気です。ウィークデーの午前中でしたが、人の頭越しに見るような場面も多々ありました。

若冲展と銘打った展覧会へ足を運ぶのは今年だけでもう3回目です。ファン歴はまだ浅いのですが、毎年見ているので、同じ絵を何度も見ることもあります。でも、その度新鮮で「また会えた」と感激してしまいます。

久しぶりに会えて嬉しかった絵「果蔬涅槃図」「双鶴・霊亀図」「石燈篭図屏風」など。11月の目玉だった「象と鯨図屏風」は、入れ替えで見られませんでしたが、2009年だったか?MIHOミュージアムで初公開された時にじっくり見たし、またいつか出会える日を楽しみにします。

 

img_3849

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」展は、京都市美術館にて開催。12月4日迄です。

 

京都市美術館は、昭和8年11月、東京都美術館に次ぐ日本で二番目の大規模公立美術館として設立されました。重厚でとても美しい建築、見所がたくさんあります。建物裏には日本庭園があるので、また今度ゆっくり散策してきます。

 

img_3848

本館のエントランスホールの階段スペース。シンメトリーなデザインで重厚感あります。灯篭のような照明が京都らしい。

 

img_3844

ホール入って左奥のステンドグラスはシャープなデザイン。色合いが素敵。

 

img_3843

見上げると天井も凝っていて素晴らしい。 階段が封鎖されており2階にあがれませんでした。

 

ここは開館から80年以上経つということで、用途面の再整備計画が進行中です。今回ご紹介した西正面玄関の地下に新たにロビーが出来、外にはスロープ広場が整備されます。スロープを介して地下に入場するようになるみたいです。現在のレトロな空間ときっと超モダンであろう新しいエントランスの組み合わせが、互いにどう作用し合うのか?かなりイメージが変わりそうで、とても楽しみです。

 

 

☆*::*:☆クリスマスツリーを飾りました☆:*::*☆

クリスマスまであと1ヶ月・・・というタイミングで、ツリーを飾りました。昨年はもう少しこじんまりとしたツリーにしようなどと言っていたのに、結局過去最大級の大きさになってます。(^^;

というのも、バルコニーで養生していた2mのレイランディが、クリスマスツリーにピッタリじゃん!ということに最近気づきまして。綺麗に洗って、根を整理後植え替え、ちょびっと剪定もして、室内に運び込みました。やはり外に置いていた時よりも大きく感じます。

このレイランディにはひと月間辛い思いをさせてしまいますが、触れると清々しい香りを放ってくれてね。終わったらまたバルコニーに戻そうと思っています。それまで何とか耐えてちょーだい。

 

xmastree2

オーナメントは今年も大好きなシルバー系ですが、いつもより白を多めにしました。黒もアクセントに加えて、ちょっとモダンな感じ。

 

img_3710s

IKEAのオーナメント、飾ってみると予想以上に可愛かったです♡

 

xmastree1

ライトは5mに100球ついた点滅しないタイプです。6hタイマーもついてて便利なの。もう少し増やそうか迷い中ですが、夜はオーナメントに反射するのでこんなもんかな。うまく撮れたらまたUPします。

 

ツリーがあると、やっぱりワクワクしますね。夫には「気が早いな~。」と言われましたが、クリスマスワークショップはもう来週なので、気が早いどころか、ギリギリセーフという感じ。各部屋のデコレーションはこれからです。

私のクリスマスは、いつも11月で燃え尽きてます(笑)

 

 

真っ赤なハート♡ 

関西はそろそろ紅葉の見頃を迎えています。今週来週位がピークのようですね~。皆様はどこかに見に行かれるご予定はありますか?私は、たぶん出掛けたついでに、歩きながらの見物になりそうです。

紅葉というと掌の形のモミジを思い浮かべますが、ハート型があるのをご存知? 赤くなると、ハートマークそのもの♡ とても可愛らしいのでご紹介しますね。

 

%ef%be%8f%ef%be%99%ef%be%8a%ef%be%9e%ef%be%89%ef%bd%b7%e7%b4%85%e8%91%892

マンサクの仲間は、かなりハートに近い形の葉。これはマルバノキ。

 

%ef%bd%b1%ef%bd%b6%ef%be%8a%ef%be%9e%ef%be%85%ef%be%8f%ef%be%9d%ef%bd%bb%ef%bd%b8%e7%b4%85%e8%91%89

赤花マンサクの紅葉

 

%ef%be%8a%ef%be%85%ef%bd%bd%ef%be%9e%ef%bd%b5%ef%bd%b3%ef%bd%a2%ef%be%8c%ef%bd%ab%ef%be%9a%ef%bd%bd%ef%be%84%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%be%9d%ef%bd%bc%ef%bd%b0%ef%bd%a3

ハナズオウもハート型に近い。これはアメリカハナズオウ「フォレストパンシー」という品種。芽吹きから夏まで赤紫の葉が楽しめ、秋には黄色くなります。

 

マルバノキは3~4m程になる低木で、庭植えにもオススメです。ディアガーデンのお客様のお庭にも植えたことがありますよ。ハナズオウは成長すると5mは超える木で、葉張りもありますから、場所を選びそうです。以下の木、ナンキンハゼやカツラは大木になるので、公園や街路で見かけることが多いですね。庭植えはオススメ出来ません。素敵ですが、眺めるだけで我慢、我慢(^^;

 

%ef%be%85%ef%be%9d%ef%bd%b7%ef%be%9d%ef%be%8a%ef%bd%be%ef%be%9e%e7%b4%85%e8%91%89

ナンキンハゼの葉っぱもハートに見えなくもありません。紅葉の見事さは群を抜いています。

 

%ef%bd%b6%ef%be%82%ef%be%97%e7%b4%85%e8%91%89

ハート型の葉といえば、代表的なのはカツラですが、こちらは真っ赤でなく黄色になります。

 

 

dscn2216

落ち葉を集めてハートに。北海道の公園で撮ったものです。たぶん管理されている方が作られたのでしょう。粋なことされますよね~。

 

何となく思いつきで画像集めてみたのですが、調べているとハート型の葉っぱって結構たくさんありました。樹木以上に草花の方が多いですしね。お庭を探すとひとつくらいあるかもしれませんね。ハートだと思って見ると、余計に愛着が湧きませんか?

湧くといえば、ハート、ハートと何度も書いているうちに素朴な疑問が湧いてきました。ハート型って、いつ誰が作ったのでしょうか?ヒトの心、愛のシンボルは、植物のカタチとつながりはあるのでしょうか? ( `・ω・) ウーム…

掘り下げるとかなり深そう・・・。今日はここまで。

 

 

霧の朝 

今朝は珍しく霧が立ち込めていました。日曜日ですが、普段と変わらない時間に目が覚めて、庭を見てみると、「わー。真っ白!」

ここ近江八幡市では、何故か霧が出ることが少ないので、ちょっと興奮気味。「早く目覚めて良かった~(´∀`)」外に出ると全く寒くなくて、湿気が心地いいくらい。いつもと違う景色に、思わずシャッターを切りました。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-2

30m先も見えないくらいの濃い霧に包まれた朝。幻想的な雰囲気でした。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-5

ミューレンベルギア「カピラリス」に雫が点々と。

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-4

つぶつぶ、きれい♡

 

%e5%89%8d%e5%ba%ad20161120-3

普段はよく見えない蜘蛛の糸。こんなにまとわりついてたんだな。

 

我ながら、同じ庭で、よくも飽きずにいちいち感動するなーと思います。ブログの読者様も、きっと同じように感じてらっしゃるのでは(笑)また撮ってるよ、なんて呆れてますよね?

だって今朝のように、思いがけなく昨日と全く違う眺めになる時は、どうしても目がいってしまいます。それは地球がタダでくれるサプライズです。誰でも平等に与えられたこの機会に、気を止めるか止めないか。蜘蛛の糸に雫がいっぱい付いてたからって、大したことないと言えばそれまで。それを美しいと思うと、ちょっと気分よくなります。

レイチェル・カールソンさんは「Sence of wonder」の中でこう書かれています。

「地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力をたもちつづけることができるでしょう。」

自分で自分の機嫌をとれるのって大事なことだと思うのよ。方法は人それぞれだと思いますが、自然鑑賞はいつでも始められて、お金もそうかからないし、性別や年齢、それこそ所構わずできるところがいいのかなと思います。

もっと寒くなったら霜の降りた庭や植物の写真撮りたいな。葉っぱが砂糖菓子みたいに見えるのです。でもすぐ雪になっちゃうから、霜が降りることも少ないのよね。どうかな。

 

 

小さな灯り 

冬が近づくに連れ、小さな灯りのつくる暖かな空間にますます魅了されています。夜はもちろんですが、昼間でも天気の悪い日は薄暗いのでね。ここ近江八幡市では冬になると雪の日も結構ありますから、余計に灯りの存在を大切に感じるのかもしれません。

明々と照らすのではなくて、コーナーでぼんやりと灯っているような小さな灯りがいい。暗い部分もしっかりあって、だからこそ暖かい光に目が吸い込まれる。それは灯してみて改めて感じたことでした。

 

xmassdeco1119-4

Xmassワークショップ用の花材が集まってきました。養生を兼ねて家のあちこちに飾ってあります。LEDイルミネーションライトと一緒にすると一気にクリスマスっぽくなるような。これは雫の様なデザインでとても気にいっています。

 

%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80

キャンドルはクリスマス時以外にも、それこそ一年中傍らにあって欲しい灯り。

 

普通の家でも、小さな灯りを灯すと、雑多なものも見えなくなり、ちょっと小じゃれた空間になります。でも自宅には違いないから気兼ねなくゆっくりも出来てね。このオレンジ色の灯りは、夕日と同じ効果があって、眠り向かう準備と身体が受け止めるらしい。だからリラックスするのね。

何かで読んだのですが、あるオフィスで照明を全て「電球色」に変えたことがあるそうです。それでしばらくすると、夕方になると集中力が切れるスタッフが続出。結局あいだをとって「昼白色」に変えた、ということです。

うわ、思い当たる節アリです。わたしの事務所にある照明3つも、雰囲気重視の電球色。作業するには昼光色がいいとは知っていますが、夜遅く作業することも少ないし、電球色でもよく見えているから、別にいいかと思っていました。でもやらなきゃいけないとき、集中力が切れるのはまずい。今度、ドラフターの照明だけは、「昼白色」の電球に戻そうかと思います。この照明は可動式なので、近くのテーブルを照らすことも出来ます。

 

%ef%be%84%ef%be%9c%ef%bd%b2%ef%be%97%ef%bd%b2%ef%be%841s

夜のディアガーデン。通りからは、小さな窓から漏れる暖かな光とライトアップされた庭の景色が見られます。植物も眠りたいだろうから、ここの照明は22時には消えるようにセットされてます。

 

太陽の動きをイメージした灯りが、ヒトに一番合っているのですね。

秋冬暗くて夜が長いということは、ヒトはゆっくりしなさいっていうこと?でも、やることと楽しみが多すぎて、そうも言ってられません。だから小さな灯りが一番しっくりくるのでしょうか。

 

 

最近の仕事から 

私はガーデンデザイナーである前に、一人のガーデナーでもあります。デザインを考えて形にすることが主な仕事ですが、植物を育てるのも大好きです。自分の経験を元にお客様にオススメしたいので、狭い敷地ですが、試験場でもあるため、目いっぱい植えちゃってます( ´艸`)

自ら育てたり、また実際に育っているものを見たりして、これはいいなと思うものをブログに書いたときは「おすすめ植物」というタグをつけるようにしています。その条件としては、

  1. 姿が美しいこと(花は美しいのは当たり前で、しかも一時期しか見られない為、それ以外の時期に葉や姿が美しい事の方が重要)
  2. 日本の気候にあっていて育てやすいこと
  3. 雨が当たるところに植えると、夏場以外は水遣りしなくてもいいこと
  4. 丈夫で病害虫の被害が少ないこと
  5. アフターガーデニングの楽しみがあること

といったものです。

先日デザインさせてもらったお宅におすすめした植物はコレ↓。今回のイネージパースはプチ劇画タッチ。(๑≧౪≦)

img_3792

大好きで、自分で簡単に育てられた植物は、お客様のお庭によく提案しています。これは最近デザインしたお宅のイメージパースの一部分。描いているのはアジサイ「アナベル」です。大のお気に入り!

 

img_3792

着彩すると更にわかりやすいかな。白からライム色に変わる綿帽子のような花が長く楽しめるアナベル。丈夫で育てやすい♪こんなふうにたくさん咲くと素敵でしょ!

 

いかん!仕事人の手が写り込んでしまいました(;´Д`A この頃は、X’massワークショップの材料を採取しに行っているのと、大掃除もしてて、手がボロボロです(泣) しかもこれから見本を作ったり、ツリー(本物の木です♡)を飾ったりするので、毎年のことですが、もっと傷まみれに・・・。クリスマス当日にはきれいな手になってたいけれど、どうなることやら。

普段からネイルもしない私ですが、一応女性だしね。人前に出るときは、清潔感ある手であるべきとは思っております。気を付けよ。

 

img_3798s

材料を集めている途中、ふと足元に目をやると、カラフルな落ち葉の絨毯が広がっていました。とっても可愛くて、皆様にもお見せしたいと思って撮りました。赤いのは南京はぜの葉。

 

今度は私の足が(笑)これは、わざと写りこませたものですが~。お気に入りの長靴をはいて、野を駆けています。