今年のお花見 

今春から新たに「インテリアグリーン」業務をはじめた関係で、最近は、ご興味を持っていただいた会社様のところへお訪ねに回っております。「初めまして」の会社様が多いので、なかなか刺激的な日々を過ごしています。

私は人見知りは全くないので、新しい出会いは全力で楽しめる方です。目の前の方にすぐ興味を持ってしまいます。でも設計や工事監理の仕事に比べると営業はかなり緊張します。その道のプロの方が見ると、セオリーも何もあったものではないと思いますが、とにかくインテリアグリーンや造園についての素晴らしさを知っていただきたい一心で、きっと顔を真っ赤にして?一生懸命お話しています。

折しもちょうど桜の見頃。今年のお花見は、そうして出掛けたついでの道すがらちょっと寄って、お散歩する程度で済んでしまいました。帰宅前の夕方が多かったです。夕暮れの桜は、昼間よりも赤味を帯びて色っぽいというか、とても幻想的でした。人も少なくて結構穴場的時間帯だったのかもしれません。ほんの15分か20分くらいでしたが、とてもゆったりとした気持ちになりました。

何枚か撮ってきましたので見てください♡

河川敷の公園にて。満開の桜が「重いよー。」と言ってるみたいでしたw

 

こちらはヒョローンとした桜たち。どういうわけか密集して植えられているので、上に伸びるしかなかったのでしょう。トンネルになっているのですが、その天井の高いこと!珍しい眺めでした。幹にも夕日が当たってきれいでしたよ。

 

こちらは近所で毎年必ず行くところ。近江八幡市の八幡堀りという観光名所です。ちょっと画像を加工してみました。堀に向かって悠々と枝をおろしている桜がたくさんあり、船も所々に浮かんでいます。時代劇の撮影によく使われる場所なんですよ。

 

最後はやっぱり琵琶湖と桜。湖周道路沿いにたくさん植えられていて、道からはもちろん、湖から船で楽しめるような場所もあります。この時は、雲の切れ間から光が降り注いで、本当に神々しい眺めでした。凪で穏やかな湖面にはいつも癒されます。

 

皆様もきっとお近くで桜を堪能されましたよね?今年は咲くのが遅かったようですが、花散らしの雨にも負けず、意外と長く観賞できたように思います。誰が植えてくれたのか、誰が守りをしてくださっているのか、わかりませんが、こうして毎年見せていただけるのは本当にありがたいことです。

桜は花の時期は皆様とても喜ばれます。でも他の時期、青葉の姿も紅葉の姿もとても美しい木です。私は特に紅葉している桜が好き。グラデーションが素晴らしいの。一度、年間通して眺めてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください