同業者様のご訪問 

昨日は、神奈川県相模原市でご開業された同業者様がいらっしゃいました。

キッカケはこのブログ。なんと3年も前からご愛読いただいているようで、有難いやら照れるやら!同業者がどのように仕事に取り組んでいるのだろうかと、ガーデンデザイナーのブログを探しておられ、私に辿り着かれたのだとか。

最近は2、3日に1回ペースの更新と以前に比べるとちょっとサボり気味なんですが、それでも途絶えることなく続いているという印象を持って下さり、また私の考えに深く共感してくださって、本当に嬉しいです。「他では知りえない情報がさりげなく紹介されていることが度々あり、参考にさせてもらいました」なんておっしゃってくださると、書き続けてきて本当に良かったなと思います。

これはいい事なんじゃないかと思うことは、自分一人の中におさめていても何の発展もないと思いどんどん書いてきました。拙い文章ですが、書く事で考えがまとまるので、自分にとってもいいことなんですよね。

ブログを開設して7年目に突入しますが、また新たな気持ちで向き合えそうです。

 

さて、猛暑の中、遠く離れた滋賀県までお越しくださったのは「暮らしとみどり研究所」の代表の方です。

 

事務所にて代表と。

 

まだ開業されて間もないのでいろいろ模索中とのこと。ディアガーデン開業当初のことやガーデンデザイナーの実務についてご質問いただき、僭越ながら参考になればとお話させていただきました。

お話しながら、誰も知り合いのいない近江八幡市で開業して、一体どこに行けばいいのか?自分は本当は何をしたいのか?と、悶々と悩んでいた頃のことが思い出され、胸がキュンとしました。無茶なことしたなと今でも思います。

それで現在ディアガーデンがあるのはどうしてかと考えますと、やはり様々なご縁をいただけたこと。それが一番だと思うのです。ご縁をいただくには、最初は出向いて行き、何とか話をさせていただくしかありません。

・・・それがね、わかっていても事務所でデザインしている者にとっては、結構勇気がいることなんですよ~(ノД`) でも腹くくって!自分がワクワクする場所へ(←ここわたし的に大事なポイントです)行くようにしています。行けば結果はどうであれ、生の情報が手に入ります。

こんな所はどうですか?あんな所はどうですか?と・・・、えらそーにどの口がそう言っているのかわかりませんが(汗)。自分の背中もちょいちょいと押しつつね、お話しました。

はぁ。私も頑張らないとなー。

 

ディスプレイガーデンもご覧いただきました。テラスでお茶をしながら語り合って、あっと言う間に時間は過ぎていきました。

 

暮らしとみどり研究所様よりいただいた広告フライヤー。素敵な写真、事務所のベランダにモデルガーデンを作られたそうです。

 

関東全域、静岡・山梨の東部エリアの方へ 暮らしとみどり研究所様のサイト→http://www.kurashitomidori.com/

 

長く仕事を続けていると、全国いろいろな同業者様とお話する機会も増えました。とても良い刺激になっています。今回も、暮らしとみどり研究所様へエールを送りつつも刺激を受けて、これまた仕事に対する気持ちが一新しました。

ご来訪ありがとうございました。