陰翳に感動 

今朝のTVは、北米で見られた日食の話題でもちきりでしたね。そういえば何年か前に日本でもあったような~?って、ブログの過去ログを見ていたらそれは2012年5月21日のこと。しっかり記事にしていました。

面白い画像を載せていたので再掲載しますね↓

 

 

影の中に丸い光が写っています。これ何だか分かりますか?

日食の瞬間、ディスプレイガーデンで撮った木漏れ日です。その日はテラスに出てワクワクしながら欠けていく太陽をずっと見上げていました。そのうち首が疲れたのか何かでふと下を向いた時「ン?!」何だかいつもと違うような?と二度見して、この不思議な形に気づいたのです。

日食の時は、木漏れ日までもが日食の形になるんですね。知りませんでした。太陽の欠けていく様子と木漏れ日の形は同じ具合に出来ていくので、それも不思議で。よくぞ気づいた!って興奮したのを覚えています。わずかな時間だから、忙しく上を見たり下を見たりして、感動しまくりでした。

詳しくは→コチラ

2011年6月からの膨大な過去ログ、途中引越しもありましたが、その記事総数ナント!1100超え!!!カウントして自分でもビックリです(゚o゚;;ヒエー

造園や植物関係以外にも、こういった時事関連の記事がたくさんあって、しかも大抵クドい程長文なため、結構色々な情報が詰まっています。日付やカテゴリー、タグ、フリーワード検索などで絞込みがしやすいようにしております。お時間とご興味があれば是非ご覧下さい。(~2015年2月分はRecommendから見られます)

 

さて、最近撮った影の画像もあります↓

 

午後ふと外に出てみると、茂みの影が足元にあって、木漏れ日が揺れているのも同時に映っていて。美しい陰翳にしばらく見とれていました。

自然が見せてくれるこのようなSHOWは、思いがけない贈り物。それで感動することが出来たら、なんと安上がりな幸せなんでしょう。胸にジーンときます。

庭があると、外に出やすいということもあって、自然の贈り物に気づきやすいのかもしれません。もの言わぬ植物の世話をするうちに、独自のセンサーが発達していくようで、僅かな変化でも深く感じやすくなるようです。こんなことで、そこまで感動するか?と呆れることもありますが・・・(^^;

人は修行するためだけじゃない、感動するために生まれてきたんだもんね~。

 

日が落ちる頃に茶香炉を焚いて。お茶のいい香りが風にのって部屋に広がっていきます。陰にうかぶ灯りの模様がうまく撮れた(*´ω`*)

感動といえば、先週の大河ドラマのラストシーンに感動して、フィクションとは知りつつも、もう泣けて泣けて!

今年は珍しくちゃんと見ているの。なので只今わたくし、政次ロスの真っ最中です。(T ^ T)カンバーック!

録画を何回も見ては、その度号泣。しんどいのでそろそろ止めようと思います。