ムック本「小さな家。」

家づくり真っ最中の方、ナチュラルなインテリア好きの方におススメの素敵な本を見つけました。建物と緑の関係性もすっごくいい感じ。参考になりますのでご紹介します。

ページを繰りながら、行きつ戻りつ何度も眺めてはため息。あぁ素敵。これはデジタルではなく紙でじっくり見た方がいいかも。

 

「小さな家。」時をつむぐ、豊かな暮らし(発行:株式会社エクスナレッジ 1,600円+税)

ひと昔前は、少しでも大きな家に住むことが、豊かさの基準の一つでした。けれど、暮らしや住まいの質がよくなったかというと、そうではありません。もう、ものも多く入らないし、家を大きく作ろうという時代は終わりました。これからは身の丈にあった家で、豊かに暮らすことを目指す時代なのです。(序文より引用)

 

延べ床面積48㎡から116㎡の「小さな住まい」の記録

 

小さな家とありますが、掲載されている住まいはどれも狭さを感じさせず気持ちよさそう。共通点は、ライフスタイルに沿った間取りの素晴らしさ、無垢の建具や家具の上品な佇まい、そして視線の抜ける先には溢れる緑、です。

街中であっても、自然を近くに感じられるような暮らし・・・季節や時間で変わる光を楽しんだり、窓外の緑を愛でながら寛いだり、そんなことが当たり前に取り入れられている住まいばかり。背景が素晴らしいのでインテリアも映えるんです。

 

家の中も外も溢れんばかりの緑のお宅。インテリアも素敵ですが緑があると生き生きとして見え暮らしに潤いを感じます。

 

 

私はガーデンデザイナーですから、庭目線で見ますと、

とてもさり気ないのですが、成功の要因として、ご近所の庭や裏山、公園の緑など、借景となりそうな要素を見逃さずうまーく取り込むような窓の切り方や、庭木の配置が伺えます。インテリアと庭の間にもグリーンが配されているので、視線が自然と流れていきます。絵になります。

景色づくりって何気に大事。それがわかる実例でもあります。

 

 

ショップデザイン観察ーCAFE AALTO

新型コロナウィルス肺炎の感染要注意期間ながら、京都で用事があり電車に乗らねばならず、マスクをして行って参りました。

噂どおり静かで、中国人観光客には出会いませんでした。寺町通りのある鳩居堂さんを覗くと、欧米の方がちらほら、日本人客もまばらという感じで、なんだったら店員さんの方が多い。商店街の中には採算がとれないのか「しばらく休業します」と張り紙してあるお店もあって事態は深刻です。

以前なら、歩いていると必ず中国語が聞こえてきたし、バスに乗っても日本人の方が少なかったりして、なんだかなぁと思っていました。静かな京都は落ち着くし、正直、この方がいいな・・・と思わないでもありませんが、経済のことを考えるとそんな呑気なことも言ってられないようです。

 

++++++++++++

 

用事を済ました後、街がこんなに空いているんだったら、噂のカフェ「CAFE AALTO」も空いているかも?と行ってみました。

フィンランドの有名な建築家アルヴァ・アアルトが手掛けたヘルシンキのカフェが昨年12月京都に世界初出店!と聞き、訪れるのを楽しみにしていたんです。

「CAFE AALTO」は映画「かもめ食堂」に登場したことから日本でもとっても有名になったカフェ。ご存知の方も多いと思います。小林聡美さんが演じるサチエと片桐はいりさんが演じるミドリがこのカフェでガッチャマンの歌で盛り上がるシーン、私もすごく印象に残ってます。

本国ではアカデミア書店の2階にありますが、京都ではカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO(マヤ ホテル キョウト)」の1Fにあります。

 

「CAFE AALTO」はフィンランドの著名なデザイナーによるカプセルホテルの1Fにあります。京都らしく建物の入口はこじんまり&奥に伸びる作りです。格子で囲われモダンながら景観に溶け込んでました。水道のメーターボックスがここまで大きいと玄関マットのようでお洒落に見えます。

 

そして、店内は・・・

予想通り!めちゃ空いてました~(^^

お昼どきでしたが、お客は、女性2人連れが1組、あとおひとり様が私入れて3~4人。大丈夫かな?と心配になる程の少なさでした。

 

内装は本国と同じにしてあるそう。アアルトデザインのペンダントライト、A330 GOLDEN BELL(1954年)がモダンな華やかさを醸し出しています。

 

壁に本国のカフェの写真が飾られてます。

 

空いているので、店内が見渡せる隅の席に陣取って、じっくり空間を観察。楽しんできました。

このカフェのためにデザインした黒いレザーに真鍮のフレームを合わせた椅子、なんて名前がついているのか知りませんが、座り心地はとっても良かったです。黒と白、そして金というインテリアコーデは、近頃のモダンテイストとはまた違いどこも尖ってなくて、むしろ落ち着いた感じがしました。

 

突き当り、ガラスの向こうに坪庭が。

 

そして店内奥を見ると、本当に僅かなスペースが石庭っぽく設えてありました。ほんのちょっとの空間でも、こんな風に整えてあると、遊び心や抜けが感じられていいな。どんな建築にも必ず庭を付けるところが京都らしいです。

隅に大きな灯籠が竿の部分を取って据えられていました。これはインテリアに合ってるの???私的にはちょっと違和感を覚えましたが、外国の方から見ると日本に来たって感じがしていいのかもしれませんね。

 

++++++++++++

 

フィンランドらしいメニューの中から私がいただいたのは、実は前から決めてたんですけれど・・・、シナモンロールです。

ちゃんと温めて出して下さったので、シナモンの甘い香りが立ち上ってきました。ふわっとした食感にカルダモンが想像以上に効いていて、なるほど、ヘルシンキのカフェもこんな味なのかしらね?今度自分で焼く時カルダモン増し増しで作ってみよう。といっても、さすがにこんなに大きなのは焼けないけれど。

 

直径20cmはあろうか?!とにかくビックなシナモンロールが出てきました。

 

そうそう、海外のカフェ出店といえば、ロンドン発「FLANZE & EVANS」がひっそりと撤退してたーっ( ;∀;) 昨年11月だったみたい。インテリアは可愛かったし、ケーキは海外っぽくコテコテと大きく、見る分には罪がないので楽しく拝見していて、お惣菜も好きだったのに・・・残念です。1年半で撤退って早すぎません?

「CAFE AALTO」はどうでしょうか。他にも食べてみたいメニューがあるので、しばらくは居て欲しいな~。

 

 

琵琶湖半周して現場へ

少しづつ春めいてきたこの頃、琵琶湖を半周して高島市の現場へ打合せに行って来ました。ここ近江八幡市からは車で1時間半程かかる場所です。

ご存知ない方も多いと思うので、googleマップでご説明すると、こんな道のりです↓

 

水色のルートが一番近くて1時間26分って出ました。グレーのルートはありえへ-ん!

 

途中には、フォトジェニックな場所が点在していて、目を楽しませてくれます。

例えば下の画像は守山市湖岸の菜の花畑。琵琶湖大橋の近くにあります。

 

暖冬でいつもより早く咲いたみたいです。

 

マップでお分かりのように、

車で対岸へ行くには、南下して橋のところまで行って渡るか、北上してぐるっと回るかしかなく、これが結構時間が掛かります。邪魔くさいです。向こうに見えているのに、スッと行けないもどかしさ。地続きなら30分くらいで行けるのに・・・。もうこればっかりは仕方がないとはいえ、じれったいです。

菜の花畑を過ぎ、琵琶湖大橋を渡って、どんどん北上しますと、高島市にある白髭神社の大鳥居が見えてきます。

この鳥居は、社殿から道を挟んで、正面に広がる琵琶湖の中に立っています。時に大きく荒れる海辺に立つ鳥居とは違って、こちらは穏やかで静かな印象。いつ見ても神秘的で心癒される風景です。

 

白髭神社の大鳥居。車道から良く見えます。

 

高島市のフォトジェニックなスポットといえば、メタセコイヤの並木道。今回の現場からも近いです。そこから更に北上すると桜の名所 海津大崎に辿り着きます。

こんな感じで、滋賀県では琵琶湖を背景に風光明媚なスポットが点在しています。最近はその近くに、ポツポツと小ジャレたカフェが出来始めているみたいなので、暖かくなったら是非いらしてください♡

 

春のような光の中、こうして見ていると、天女でも降りてきそうな気がします。実際、日本最古の羽衣伝説のひとつが滋賀県なんですって。

 

対岸の湖西~湖北にかけての地域は、山が琵琶湖近くまで迫っている地形のため、平野が多い湖南や湖東地域とは気候もだいぶ違います。風の強さや積雪量などの点において差があり、庭作りは微妙に調整が必要です。

施工に向けてそのあたりを慎重に進めたいと思います。

 

 

Happy Valentines day-2020

最近のバレンタイン事情、友チョコや自分へのご褒美チョコが増えているそうですね。

特別なこともドキドキ感も全くありませんが、今年も家族で食べる生チョコをいっぱい作ります。そしてついでに自分へのチョコも。

 

これは自分のためのチョコレート。

 

年を重ねるにつれ、神経は図太くなり、行動力は増し、こだわりも少なくなり、物事を良い方に考えられて、忘却力にも拍車がかかり・・・お陰で自分のことで思い悩むことが少なくなりました。その反面、自分以外の者やことにやたらと心配をするようになってしまいました。

愛ゆえに心配が止まらないのでして、余計なお世話とわかっていても、どうにも止まりません。そのストレスで免疫が低下しています。自分でも呆れる反面、まだこんな繊細なところがあったのかと驚いたりもして。

そんなとき考え方を変える言葉に出会いました。

相手に譲る、避ける、好きなようにさせる、相手にならない。同じ土俵に立って考えない。そうすれば、イライラや心配事、不愉快な悩みは消え去る、というもの。そして、厄介な問題を持ち込まれたときは「それはそちらの事情ですよね?」と言うと相手も冷静になるとのこと。

愛はあっても、好きなようにさせる、同じ土俵に立って考えないことにしよう。そう思うと、気持ちが軽くなるような~。

 

柔らかくしたホワイトチョコレート(120g)とクリームチーズ(100g)に苺ジャム(大さじ1)を混ぜて丸めたもの。TVおは朝で紹介されていたレシピです。モチモチ触感がいい!

 

結局のところ、私の心配は杞憂に終わり良かったのですが、ちょっと精神的にしんどかった今週。好きな音楽でも聴きながらチョコを食べ、馬鹿な自分を慰めています。

皆様には、どうか愛溢れる一日を。

 

 

 

初雪

この冬初めての雪です。

立春を過ぎて、もう降らないのかなぁとちょっと寂しく思っていたところでした。

 

事務所への階段。真綿を掛けたようにふっくら積もりました。

 

確かに寒いけれど、降り方に勢いがなくて、せいぜい5cm積もるのがやっとという感じ。

でも、そんなわずかな積雪で庭の景色は一変します。

雪化粧したディスプレイガーデンをご覧ください。

 

侘助椿

 

テラス

 

雪景色を庭で楽しむ場合、積雪10cm迄くらいが一番美しく見えるのではないかと思います。その位だと植物や庭の骨格が埋もれてしまわず、うっすら化粧した感じに見えるからです。

白銀の世界というのにも憧れますけれど、白銀の苦労もそれなりに味わったことがあるので・・・(^^;

そういう意味でも10cm迄がちょうどいいなぁと。

 

「この日を待ってたよ~」と現れた雪だるまくんです。

 

今日は全国的に寒波の影響が。

お出掛けされている方は無事のお戻りをお祈りしています。

 

 

追儺

古来、季節の変わり目には鬼が出てくるとされていました。鬼とは、病気やら不幸やら不作やら悪いことすべての「象徴」です。今なら新型コロナウィルス肺炎がまさにそう呼べるかと。そして世界で広がりつつあるアジア人に対する偏見の心も鬼でしょうか。

しばらくは続くであろうこの不穏な雰囲気。でも今日ぐらいは、そんな目に見えない鬼に豆を打ち、気晴らしをしたいものです。

 

例年通り節分の室礼。豆に鬼ならぬお多福の面を添えて。

 

明日は立春。春の気配が感じられる頃という意味ですが、2月ですから寒いのは当たり前。立春は寒さのピークとも言えます。

立春を迎える喜びとは、寒さに中に一瞬のゆるみを感じること。峠を越えた瞬間、ふと次を感じさせてくれるような景色をみると、安堵と期待が混じったような嬉しい気持ちになります。

例えば、玄関先の坪庭に咲く椿。冬になると咲く花です。厚い葉は少しづつ力を増していく陽の光を照り返し光っています。そんなところに寒さのゆるみを感じ希望を重ねるのです。

庭ある暮らしは、このように僅かな変化を前向きなものと捉えます。それが気晴らしにもなるように思います。

 

 

餅花の向こうに見えるのは坪庭。ただいま椿が満開です。

 

木偏の春と書く椿は春を呼ぶ花。

 

龍(ドラゴン)のオブジェの近くにまだ色艶の残る落椿。

 

とはいえ、今年は暖冬。何となく椿もほっこりとして見えます。

それにいつもなら、ヒヨドリが椿の蜜を求めて花を食い荒らすところ、今年は割と綺麗に残っています。彼らは他に食べるものがいっぱいあるのかしらね?