自家製の粒あん

この冬はあんこをよく煮ています。

家族みんな粒あん好きで、以前は缶詰のあんこを買っていたのですが、最近は消費スピードに追い付かなくって、そんなに好きなら大量に仕込んでやるかと、自家製あんこを作るようになりました。

粒あんを添えると何でも美味しくなります。私は特にあんバターパンが好き♡

こっくりとした粒あんと有塩バターの甘じょっぱいハーモニーがたまりません。香ばしいハード系のパンに挟んであるタイプが特に好きで、出先で見つけるとつい買ってしまいます。

 

お粥メーカーで予め柔らかく煮ておいて、仕上げに砂糖と塩少々を入れお鍋で煮詰めていきます。

 

煮る時間がかなり長いため、私は手持ちのお粥メーカーを使います。そうすると、ずっと付いてなくてもいいので気が楽。最後の仕上げはいつものジャム作りの要領です。

あんこ作りは日常で、何度も仕込むから、あんまり手間かけてらんない。私なりの工夫です。

 

北海道産小豆200gを煮ると大き目のジャム瓶3個弱のあんこが出来ます。あんバターパンにして味見。出来立てアツアツを食べられるのは作る者の特権です♪

 

手作りあんこで作る「いちご大福」。求肥はレンチンでOK。意外と簡単に出来ます。

 

学校閉鎖で揺れる3月。トイレットペーパーが無くなるデマまで流れました。昨日スーパーに行くと、案の上というか、棚は空っぽ。そして傍には、最後の数個を買い占めるべくカートに積もうと四苦八苦している年配の女性が。無理やり何個も載せるから落としてばっかりいるんですよ。ホント、滑稽でした。

今はひとり一人が冷静に、慎重に、そしてちょっとのあいだ我慢を共有する時です。

外出がためらわれるこんな時こそ、家の中のことに目を向けてみる。家でも出来るよう工夫をする、そんな良い機会じゃないでしょうか?私はそう捉えます。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください