夏におすすめ簡単デザート

コロナ渦の自粛生活中はホームメイドスイーツが流行ったようで、バターや生クリーム、ホットケーキミックス、イーストやゼラチンなどスイーツ材料が売り場から消えてしまいました。最寄りのスーパーでは、未だにバターやイーストが買えない日があります。

そこで、最近は普通に冷蔵庫にあるものや、手に入りやすい和の材料(黒糖、きな粉、小豆など)で、ホームメイドスイーツを楽しんでいます。

ヒットだったのが「ミルクもち」

材料は片栗粉と牛乳、砂糖だけで、作業時間15分程のお手軽スイーツです。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてからいただきます。

 

蒸し暑い日にぴったりの癒しのデザートです。

 

ミルクもちは、モチモチとツルンの間くらいの触感。この日のトッピングはきな粉と黒蜜に餡子です。

 

参考にしたレシピはコチラ→外部サイトへ

あれば何かと活躍する黒蜜と餡子も手作りです。

小豆は水で戻す必要がなく、そのまま煮て最後に砂糖と少しの塩で味付けするだけ。黒蜜に至っては黒糖をただ水で煮溶かすだけ。隙間時間にちゃっちゃと作れるものばかりです。

これらを市販のバニラアイスにトッピングするだけでも、目先が変わって美味しい。

 

頂き物のお手製フルーツケーキ。さっぱりふんわり口当たり良いのはクリームに水切りヨーグルトが入っているから。一切れで大満足の美味しさ。贅沢だ~♡

 

いつも夕食は腹6分とか7分で済ませ、デザートタイムに突入します。

チョコレート数かけ、市販のアイスクリームだけと、お口直し程度の日も多いけれど、たまに夫の出張土産や頂き物、ホームメイドスイーツが登場します。

そんな日のデザートタイムは一応それらしく、空いたお皿やお茶碗をひとまずシンクに移動させて、テーブルをリセットしてからいただくように。

一日のご褒美のような時間です。

まめとかではなく、要は自分が食べたいだけ、デザートを作る面倒を食欲が凌駕しているのでしょう。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください