2020真夏のディスプレイガーデン

真夏のディスプレイガーデンに森の妖精が降り立ちました。

日本固有の1属1種の植物「レンゲショウマ」が咲いています。

 

レンゲショウマ。蝋細工のような可憐な花がうつむき加減に咲いています。重たげな花を支えている茎はとても細いけれど意外と固くシャンと立って。

 

1属1種とは孤高の存在。

monotypic。

人が勝手に生き物を分類したその法則の中の話ですけれど、そのグループには近縁種がこの世に存在しないのであります。

進化論上は綱渡り的に生きている。大昔は何種も存在していたところ何らかの理由で絶滅してしまい、現在1種のみとなってしまったのですね。

植物では他に分かりやすいものだとイチョウがあります。

ちなみに私達ヒトも1属1種です。

そんな貴重な植物、レンゲショウマ(蓮華升麻)を今春、初めて植えてみました。

 

花の中心にほんのりとうす紫が入る気品漂う姿にウットリ。花の可憐さとは裏腹に、葉は切れ込みが入り大き目です。

 

うだるような暑さの中、ヒト科ヒト属の私はこんなにも弱っているのに、キンポウゲ科レンゲショウマ属のレンゲショウマは、こうまで凛と咲くのか。

ヒトは強いようで弱い。

ディスプレイガーデンのレンゲショウマは、今年、1mに満たない程の茎1本だけ。奥多摩の御岳山には大群生地があるそうです。どんなにか素敵でしょうね。

適地は木陰なので、ここのモミジの足元の薄暗い場所に株を増やし、そのような景色のミニチュア版を再現出来ないかしら?と妄想しています。

 

++++++++++++

 

ディスプレイガーデンネタをもうひとつ。8月に入ってすぐ気づいたこと、一番ビックリしたことです。

例年9月20日頃から10月に咲くシュウメイギクに蕾が上がってきました。なんと咲こうとしているではありませんか!20年近くシュウメイギクを育てていてこんなこと初めてです。

この植物は気温が下がると咲くのですが、今年の異常に長かった梅雨のせいで低温が続いたのを、秋と勘違いしたのかも?この暑い中、咲くのでしょうか。本当の秋はまだこないのに。

 

今朝のシュウメイギクです。炎天下の中蕾を上げて。今月中に咲きそうな感じ・・・ひと月早いよ。

 

同じ様に、アオダモが落葉しかかっていました。

落ちる葉っぱの様子が、秋の感じと似ていたんです。

はじめは、この7月に剪定したときに落とし忘れた切り枝が、落ちているのかと思っていましたら、何だか毎日落ちてくるのでアレ?と。

ディスプレイガーデンのアオダモは、他の落葉樹よりも早めに落葉し始めるのですが、いくら何でも8月は早すぎるって!どうしよう、9月で丸裸になるんじゃないか?あまりに早く葉がなくなると、来年の樹勢に影響するかもしれません。

気が気でならず心配していましたところ、ここ数日様子を見ていたら、何となく落ち着いてきたような。おいおい、どうなっているの?

静かにおかしなことが起こっています。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください