淡くなっていく日差しをつかまえる

街を歩けばどこからかキンモクセイの香りが漂ってきます。

ディスプレイガーデンには、キンモクセイならぬヒイラギモクセイの生垣があって、こちらはこれから咲きます。いま白い蕾がたくさんついていて、ちょうどキンモクセイが終わった頃に咲き香るのです。

この二つのモクセイの香りをかぐと秋も深まってきたなぁと感じます。

 

風に乗って香ってくるキンモクセイ。植え育てて下さっているどなた様かに感謝しつつ堪能。

 

この頃は日差しがどんどん淡く、そして暖かく感じられるようになって、好きな音楽を流しながら部屋の窓辺で日向ぼっこをしていると、しみじみと言ってしまう。

「あぁ。秋って大好き」

夏の日差しは疲れますのでシャットアウトしていましたが、これから冬にかけては取り入れるつもり。

今夏、ダイニング照明用のダクトレールにハンギングプランツを設置したところ(詳しくは→コチラ)に、サンキャッチャーを足してみました。

ちょうど手許にクリスタルパーツがあったので、いつもの如くテキトーに作ったものですけれど。

 

サンキャッチャー。植物のアクセサリーのようにも見えます。たくさん吊るすと素敵なデコレーションになりそう。

 

サンキャッチャーとは、窓辺に吊るしたクリスタルやガラスをカットしたものに、太陽光を反射させて、その輝きを楽しむインテリアアイテム。

起源は不明で、北米大陸の南部に住んでいるネイティブ・アメリカン発祥説、冬季の日照時間が少ない北欧発祥説、様々です。

 

朝日を受けて虹の粒が部屋に広がります。夕日は直接当たらないのですが、窓に反射した光が上手い具合に当たることに気が付いて以来、夕方も楽しんでいます。

 

この場所に吊るしていると、朝と夕方だけですが、乱反射した光が虹の粒となって、ダイニングの壁に映ります。

小さな虹がいくつも浮かぶ様子はきれいで不思議で・・・見ていて飽きません。

屋外でふいに現れる虹を見つけると、何だか嬉しくて気持ちが明るくなりますよね。それと同じような感じがします。屋外の虹は滅多に見られませんが、サンキャッチャーの虹は晴れていれば必ず見られるところがいいです。

小さな子供さんにも喜ばれそうなインテリアです。

 

++++++++++++

 

長く自宅で仕事をしている私は、Withコロナのずっと以前から、こうした些細な+Oneを暮らしに取り入れてきました。

それは、自分が日々の暮らしに飽きないように、自分のご機嫌を取るために、です。

おうち時間を飽きないためには、季節の移り変わりに心を寄せたり、小さな変化を取り入れるのが結構効いてるように思います。

庭作りのことだけじゃなくて、気分が変わるちょっとした植物のあしらい方や、庭や植物との向き合い方、植物に足すと面白くなるもの、それにまつわるアレコレを、私なりに検証しつつ、これからもご紹介していこうと思います。

皆様がとっくに知っておられることも、きっと書いてしまうだろうけれど、読んでいただいたときに「そういえば」と思い出すきっかけになるといいな。

 

 

久しぶりに雑誌見てますーCasa BRUTUS特別編集版

ふらりと寄った本屋さんで目に付いた雑誌。

今秋発売された Casa BRUTUSの特別編集版です。

  • 美しいキッチンと道具。
  • 【完全版】杉本博司が案内する おさらい日本の名建築— マガジンハウス 編

これは手に取ってじっくりと眺めたい。雑誌を買うのは久しぶりです。

 

どちらも好物です。

 

おさらい日本の名建築 のトップには「妙喜庵 待庵」が掲載されています。言わずと知れた千利休作とされる現存唯一の茶室。国宝です。

待庵はお隣の京都大山崎にあり比較的近いので、行って見てきましたが、とにかく狭く暗い印象だけが残っています。もう10年以上前になりますか。

いくつかある小窓は開いてなかったような?記憶が定かではありませんが、躙り口から覗くと最初は洞穴を見るが如く真っ暗でした。「怖っ」と思ったことは覚えています。

ここでは座って過ごすより他なく、囲われているから相手の息遣いまで聞こえそう。想像するに、180cm近くあったといわれる利休と一緒となると、結構な威圧感を覚えるのでは?なんて。

そして本物の侘び寂びの雰囲気って、今にも自然に戻ってしまいそうな程、素っ気ないものだなぁと感じたものでした。

そんなことを思い出しつつ雑誌を眺めています。

杉本博司氏のセンス、写真、とても素敵です。

 

料理は苦手。出来ないくせに、いやだからこそ助けてくれる道具に興味があります。少数精鋭の道具を揃えたキッチンに憧れます。

 

夜、ソファでブランケットにくるまってお洒落雑誌を眺めている時間が至福です。

すぐにウトウトしてしまうのですが。

 

 

 

 

近況諸々

withコロナでの暮らし。不本意ながらも、だいぶ慣れてきました。

夏に比べるとマスク生活もかなりラクになりましたね~。いかがお過ごしでしょうか。

私は、今のところ、マスクのデザインにこだわりはなくて、でも今冬は遊んでみようかしら?お洒落なものが出回っていて、目移りしています。

ガーデンデザイナーだけど・・・フラワープリントやボタニカル柄は絶対にないな。ふんわりとした可愛い系が全く似合わない見た目なので、たぶんシンプル&クール系になりそう。

さて、長らくブログの更新が滞っておりまして。今日は近況を諸々。

 

++++++++++++

 

新しい庭作りのお打合せが始まりました。

まだどうなるかわかりませんが、現場に通って色々と検証しているところです。

外構と庭、トータルで考えていきます。

お客様にとっては終の住処となる場所。使い勝手よく暮らしに彩りを添えられるように・・・頑張りたいです。

 

元々前栽にあった景石や沓脱石も生かす予定です。

 

++++++++++++

 

先日、京都の地下鉄の駅構内で、クリスマスツリーを見ました。いくら何でも早すぎませんか?と戸惑いましたが、季節は冬に向かって進んでいるんですね。今年もあと2ヶ月半かと思うと何気に焦ります。

事務所のインテリアの冬支度、ゆるりとはじめました。

まずは、打合せスペースの椅子をリフォーム。久しぶりに座面を張り替えました。

 

愛用のヴィンテージの椅子の座面を張り替えました。スタッカーで留めるだけなので簡単。

 

WOOL100%の北欧っぽい?柄にチェンジ。スポンジも新しくしたのでフカフカです。

 

次に外からも見える窓辺を。

春夏はプランツハンガーでグリーンを飾っていたのですが、ヒンメリに変えました。

 

昨年作ったものを大事に保管していました。本来は長持ちさせるものではない、と作り方を教わった先生がおっしゃってましたが、1年限りではどうも勿体なくて・・・。

 

北欧の国フィンランドでは、太陽と豊穣のシンボルである麦藁を使ってつくる幸運のモビールとして、冬の時期以外にも日頃から食卓やゆりかごの上などに吊るし、幸福を願うためにも飾られるそう。

日本ではクリスマスの印象があるので、ツリーほどではないにしろ、ちょっと気が早いように思うけれど、長く楽しみたいので飾ることにしました。

羽毛のブランケットも出して、ほっこりしながらお仕事してます(^^*

 

 

十五夜の室礼2020

10月になりました。そして昨夜は十五夜でしたね。

皆様はお月見されましたか?私はテラスに室礼を整え、ゆるりと中秋の名月を拝みました。

雲一つない晴天の空に神々しいばかりに輝く月、ずっと見ていると「吸い込まれそう・・・」と感じるのは私だけでしょうか?引力を感じるというと、大げさですが、それに近い感覚です。

下の画像↓はお月様が空高く上った22時過ぎの様子です。違う角度から19時頃に撮った画像をインスタグラムに投稿していますので、宜しければご覧ください。(→コチラ

 

テラスでお月見。まあるく輝く美しい月、まさに名月です。

 

ディアガーデンは東~西側の3方を住宅で囲まれているのですが、テラスのある場所だけは比較的開いているため、午前中はお日様がサンサン、そして夜になるとお月様が眺められます。夜半にはもう裏のお宅の屋根で見えなくなりますが、その頃には私も休みますので、ちょうどいい時間帯だけ見る感じです。

観月の為に造営された桂離宮のように、緻密に計算して設計した訳では全くなくて、たまたま上手くいっただけなんですが、月が好きな私にとってはラッキーでした。

 

2008年に訪ねた桂離宮。月へのこだわりは尋常ではありません。

 

 

桂離宮内には「月見台」「月見橋」「月波楼」「歩月」などの建造物があり、屋内には月の字の引手、「歌月」の額など、装飾品も多々。桂という場所自体が古より月と関係が深く、源氏物語や藤原道長との関連もあり・・・と、知れば知るほどに奥深い、そして美しい場所です。

これから家を建てられる方は、ここまでではなくとも、月に拘ってみるのも一興かと存じます。勝手な想像ですが、素敵に歳の重ねた大人の邸宅って感じがします。

 

++++++++++++

 

さて、十五夜の室礼ではお団子と芋類、秋の収穫物、秋の七草などを供えます。このとき、月から見て左側に自然が育んだ作物、右に人が作ったお団子を配するのが習わしのようです。

私の場合、この頃はお団子は省いて、お花と野菜、果物のみお供えすることが多いです。

 

十五夜の室礼を準備。依り代の薄に合わせたのは庭から手折った藤袴です。どちらも秋の七草。花器と果物は丸いものを選び、満ちる月の豊かさを表現。

 

年中行事の根底にあるのは生かされている感謝と喜び、そして繁栄を願う気持ち。室礼には全てそのような意味が込められており、それを植物に託して表現します。

年中行事と植物の関連を知ると、日本に自生する植物の素晴らしさを実感しますし、そんな自生植物を取り入れた庭づくりは、風土に合った滋味深さがあります。

ただ華やかだったり、使い勝手がいいだけではない、日本人の暮らしに沿ったものとなるのです。