苗を買う時、植える時のちょっとしたアイデア

あちこちで桜の開花が始まりましたね。

今は春の庭仕事に向けて準備をしておく時期です。

ご存知ですか?桜の開花は種まきの合図でもあります。雑草対策は今頑張っておけば、後々苦労しなくて済みますよ。(参考記事→コチラ

4月に入ると新しい苗も植えられますので、いまのうちに購入しておくといいですね。

今日は、苗を買うときや買った苗を植えるときの、ちょっとしたアイデアを書きます。

 

++++++++++++

 

苗を買うときは、どうしてもどんな花がいつ頃咲くのかを重視しがちです。一年草ならばそれは重要なことかもしれません。

しかし宿根草ならば、重視すべきは草姿。どのような形の葉なのか、葉の色なのか、どのくらい伸びるのか、そういう点をふまえて買うことをおすすめします。宿根草の場合、花期は大抵1~2カ月程。殆どは葉っぱだけの時期の方が多いからです。

草姿に変化を付けて植えると、花がない時期でも花壇は見応えのあるものになるでしょう。花が咲けば、より一層輝くのは言うまでもありませんね。花は咲く時期と色さえ押さえておけばまず失敗しません。

 

ディアガーデンの前庭、昨年5月の様子です。葉にバリエーションを持たせて植えています。日当たりが悪い場所なので、咲いても暑苦しくもなく自然風。

 

お金に余裕がないときは、1種類の花に持ち金をつぎ込んで大量に咲かせてみると、それはそれは豊かな気持ちになります。シンプルで統一感がありながら、とても印象的な庭となるでしょう。

一年草なら1ポット100円程。パレットで買うと、もっとお安く手に入ると思います。

 

++++++++++++

 

次に植えるときのアイデアです。

宿根草でも例えば2株植えるところ、ちょっと広めに場所を取り5,6株植えてみる。ボリュームのインパクトと共に、万が一、一つ二つ上手く育たなくても、残った株があるので、他から補う必要がないという利点もあります。

それから初めて植える苗は、庭の異なる場所、最低でも3カ所程に植えてみて一番咲くところを探します。

植物が喜んで育つ場所をみつけてやるのが、ガーデニングのコツ。セオリー通りでないこともあるので、自分の庭ではどうなのか?試行錯誤しても、きっといい経験になります。

 

同じくディアガーデンの前庭昨年の5月の様子。手前の青いサルビアは、前庭の色々な場所に植えてみて、この場所が一番喜んで咲いてくれることを確認。今年もここで元気に育ってくれるでしょう。

 

いくら好きでも、その場所で上手く育たなければ植物も気の毒というもの。

そこで喜んで育つ植物を選ぶ方が大事です。

美しい庭への近道です。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください