自分に少し贅沢を

コロナ禍、外出が減ったこともあり、お出掛け用の服やバッグ、靴などはほとんど買わなくなりました。

ショッピング熱の矛先は、自分だけの時間を少し贅沢に、よりリラックス出来るようなものに向けられ・・・パジャマやボディケア用品を見直しました。

 

++++++++++++

 

最近、ボディケアは、美容というより健康を保つために必要と思うようになってきました。

色々と使ってきて今ハマっているのは、パリの総合美容薬局「Officine Universelle Buly(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)」というブランドのオイル。

肌に合うことに加え、ピュアなのに深みがある香りにとても癒されます。入浴後タオル前に使うのが基本ですが、軽いテクスチャーでベタつかず、すぐに服を着ても気になりません。クラシックなボトルのデザインも好みです。

ネットでも買えますが、めちゃめちゃお洒落な実店舗(京都店)で買っています。

 

BULYの京都BAL店。お店の入口は白木の梁や縄暖簾、茶室の意匠を取り入れていて、和そのものなんですが、一歩入るとパリ!このギャップが凄い。外国の方が思う和のミックスが面白く感じますが、インテリアはさすが本場。重厚感あって素敵です。(画像はBULYのサイトより拝借)

 

静かで重厚なインテリアの中で、ゆったりお買い物が出来るのでおすすめです。店員さんは香りのプロなので色々な使い方を教えてくれます。コスチュームもすごく可愛い。

それで、6種類の香りの中から気になった3種類をお試しさせてもらい、時間経過後の香りの変化も吟味して「ローズ・ドゥ・ダマス」という香りを愛用中です。

 

商品包装の際、スタッフの方が鵞ペンを用いたアラベスク紋様で名前、商品名、香り名をしたためてくれます。実際に見るとカリグラフィーって本当に美しい。特別感が凄い!

 

香水は滅多につけないけれど、とはいえ、香りに癒されたい、素敵な香りに包まれたい…そんな気分にピッタリなのがフレグランスブランドのボディオイルでした。

眠りに落ちるときに香って、朝起きるとほのかに残っているような、そんな軽さがいい。

Bulyの香水に興味なくはないのですが。実は既に目をつけてる香りあり。

 

クラシックなガラス製のボトルが素敵でインテリアとしてもいい感じ。結構な量で3ヶ月くらい持つそう。

 

摘みたてのバラの香りとシルクのパジャマに包まれて眠る幸福感・・・♡

それで一日のいろんなことをチャラにしています。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください