処暑だけど、処暑だから

残暑お見舞い申し上げます。

処暑とはいえ日中の蒸し暑さにウンザリしていたある日、ふと、そういえば今年の夏はかき氷を食べていないなと思い出しました。

それで、たまたま頂き物のスイカがあったので「スイカのグラニテ」というデザート作ってみましたら、あまりの美味しさに、夏嫌いの私がもう少し夏を味わってもいいかという気分に。

グラニテとはフランス発祥のデザートでシャリシャリとした氷菓子のこと。

 

バジルがいい感じの奥行を感じさせる大人のシャーベット。少しの塩と酢がスイカの甘みを引き出しています。身体の熱がすーっと引きますよ。

 

午後外から帰ってきたときや、お風呂上りなどに、処暑だけどまだまだイケます。

作り方は簡単。スイカの美味しいうちにお試しあれ。

レシピはコチラ→【マイナス3度の過ごし方】01:揉んで、凍らせるだけ。スイカのグラニテで、食べる前から涼しくなる – 北欧、暮らしの道具店 (hokuohkurashi.com)

 

++++++++++++

 

暑くて仕方がないのでこの頃は専らインテリアプランツと戯れています。

何となく見飽きた風景は、飾る位置を変えたり鉢のデザインを変えたりしてリフレッシュ。伸びに伸びた茎を整理してスッキリと。

ただ飾るだけではなく「扱う」愉しみというか。どんな状態でも、少し扱いを変えるだけで見慣れた風景が変わる面白さを感じています。

 

窓辺に植物をたっぷりと茂らせて。緑で部屋と庭を繋ぐ。

ハンギングプランツは今夏また増えました。時々場所を替えています。

 

夏場成長した葉や切り取った枝は水に差しておくだけで発根することも多くて、生命の力って凄いなっていつも感心します。

 

 

++++++++++++

 

虫の声が聞こえる朝夕に庭へと出て見ると、処暑らしく秋に花を咲かせるヤブランやシュウメイギク、フジバカマの蕾が上がっています。

庭木たちは徐々に活動を弱めて、体内の水分を減らしているようです。葉っぱが明らかに乾いてきているのです。これから、来春に備えて、木は葉っぱに貯えられた養分をどんどん分解して、幹や根に移動させていきます。

 

ディアガーデンのテラス。色々な葉色の植物を集めた花壇です。何となく葉っぱがカサコソとして。

 

そう、植物はいつも自分の目標を見失わず着実に支度をする。

 

 

雨の止み間に

雨続きで庭の手入れが難しいこのごろ。

止み間に出て見ると結構虫がついています。ディアガーデンの場合は蓑虫やスギドクガの赤ちゃんがたくさん居て、病気は発生していませんが、日照不足なのか徒長ぎみな宿根草も見られます。

虫は手で取れるものは取って、倒れ気味の茎に剪定枝で支えをする。茂り過ぎた部分を透かしたり、足元を掃除して風通し良く・・・そんなことで、庭全体が小さっぱり。植物たちも気分良さげです。

また雨が降り出しても、部屋から眺める庭がちょっとスッキリしていることで(たとえそれが自分しかわからなくても)気分良く過ごせます。

 

出来るだけ手入れをぜずともいいような自然な感じの植栽なので、野趣感を残しつつ整えます。手入れをしたかどうかはパッと見は分からないかも・・・ってどうなん???(笑)

 

茂り過ぎたアジサイ「アナベル」を整えて。雨でうな垂れて重そうな花茎をカットしました(手前の花)。もう少し乾かしてリースを作ろうかな。

 

またある日の雨の止み間のこと。

久しぶりに夕日が差した時間帯に完璧な虹を見ました。

こんな絵にかいたような半円形の虹を見たのは、生まれて初めてのような。

上手く撮れた画像を2点ご紹介します。

 

ある日の夕方、陽が沈む前~後の長い時間、完璧な虹が出現しました。よく見るとダブルレインボーです。

 

突然の自然からの贈り物に、その美しさに、ただ感動するばかり。そして言いようのない高揚感に包まれます。

たまたま車で走っていた時だったので、タイミングよく見つけられたのかもしれません。普通に室内で過ごしていたらきっと見逃していただろうなと思うと、ほんとラッキーでした。

次の雨の止み間に日が差したら、空を眺めてみようと思います。もしかしたら虹が見られるかもしれません。

そう思うと雨も悪くないね。

 

++++++++++++

 

連日の雨、そしてコロナが再び蔓延し始めて、なかなかに閉鎖的な暮らしを強いられているけれど、お陰で和やかでとっておきの孤独を楽しんでいます。

孤独な時間は、自分を整え直し創造する時間。私にとってはなくてはならないものです。

孤独がなかったらきっと疲れ果てて自分が分からなくなってしまうと思っています。

 

孤独のお供は美しい音楽。雨の日に似合うと思う私の大好きな曲です。

※注意:再生すると音が流れます ↓

 

やせ我慢じゃないよ。

こんなとき辛いばっかりじゃ、やるせないじゃない。

 

 

暮らしの近況

7月の造園工事は、自分が思っている以上にキツかったらしく、暮らしの記憶がありません。

オリンピック中継を見ていても5分と目を開けていられませんでした。そういえばデザートのゼリーを左手に、スプーンを右手に持ったまま寝落ちしていた夜もあったっけ (^^;

それでも一応健康状態は良好だし夏バテもないので、ちゃんと作って食べていたみたい?庭の植物も生きているし、仕事の抜かりもないはず。一見普通に暮らしていたようですが、些細なことやちょっとした話のいきさつやなんかが全然思い出せない。不義理もあったんじゃないだろうかと思うと不安になります。

まったく困ったもんです。

それで8月に入り、完工が見えかけたころだったか、気持ちにほんのちょっと余裕が出来たのか大事なことを思い出しました。

「梅、干さなあかんやん! 」

6月に梅干しの仕込みをして、いい感じに梅酢が上がり上手く漬かってるなぁ…と思った記憶はあります。その後、28日の土用の鰻はしっかりいただいておきながら、土用干しをすっかり忘れていたのでした。

別にお盆過ぎてからでも干せばいいのですが、日差しが違うだろうし、天気も変わりやすいので、出来れば土用の間に干したいのです。何とか思い出し干せて良かったです。

 

2021年度の梅干し、無事完成です。これから熟成期間に入り、いただくのは2、3年先かな。

 

毎年、数は少ないながらもコツコツと作り続けて、梅干しのストックがだいぶ出来つつあります。

梅仕事は私にとって暮らしのバロメーター的な存在。気持ちにゆとりがないと上手く運びませんからね。そういう意味で、今年は追熟させすぎたり土用干しを忘れそうになったりと、余裕のなさがしっかり出てしまいました。

 

梅干しといえば素敵な贈り物が届きました。南高梅の中に鯛やマグロなどのほぐし身が入った贅沢な逸品。じっくり味わいたいと思います。ありがとうございます♡

 

++++++++++++

 

さて、お盆期間中は静養、もしくは事務所でゆっくりと内勤予定です。

ここ滋賀県はまん延防止等重点措置が実施中で、このごろは梅雨末期並みの雨が降り続くという予報も出ており、ほとんど家にいるしかない感じですね (^^;

そうそう、ようやくコロナワクチン注射の予約が取れました。地域医療機関での個別接種です。ワクチン接種が終わっても、きっと暮らし方は変わりませんが、気持ち的に少しは楽になるかしらと期待しています。

気持ち的なことを言うと、こんなものも↓

 

これも気持ち的なお守りで角大師の護符を玄関に貼っています。随分前ですがネットで申し込んで郵送してもらいました。こんな感じで壁に直接糊で貼るのが正しい貼り方だそう。本当は玄関の外に貼るのがベストなんだけど上手く貼れそうもないので玄関内に。

 

それにしても大雨つづきで災害が心配です。

昨今の気象は何でも極端で恐ろしい。

植え付けたばかりの庭が心配です。ホントやめて欲しい。

 

 

(株)仁々木様新店舗「ほのあかり」のお庭が完成しました

今春から進めておりました(株)仁々木様の統括工場に新しく増設された直営店「ほのあかり」のお庭が完成しました。

こちらは滋賀県守山市千代町の県道145号線沿いにある和菓子店で、店内には大人気のフルーツ大福他、出来立てのお菓子やここ限定のお菓子等がずらり並んでいます。

202185日(木)10OPENアクセス等詳細GOOGLE MAP が開きます)

ブログをご覧の皆様、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

仁々木様、この度は新店舗オープン誠におめでとうございます。

こちらの会社様とはかねてよりお付き合いがあり、祇園本店の作庭や月々の花生け、守山市内にある近江工房店の作庭などご愛顧いただいております。

今回新店舗の造園計画でもお声掛けくださって、このような機会をいただけましたこと、心より感謝申し上げます。

 

道路から見た店舗エントランス。街中にありながらも木立に囲まれた緑豊かな空間を目指しました。

 

建築工事や道路工事の兼ね合いで苦労もありましたが、庭の完成がオープンに無事間に合ってホッとしています。

振り返れば7月の猛暑の中、もうこれ以上は出ませんというくらい汗を流しながら、パートナーの造園会社様と一緒に作り上げました。

工事関係者の皆様に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

工事中の一コマ。この日は大きな景石(景色を作る石)を据えていました。石は植物を引き立ててくれる大切な存在。相性が良いのは言うまでもなく自然でダイナミックな景色を作ってくれます。造園会社様のご厚意で銘石もいくつか入っています。滋賀県産の銘石「守山石」も何気に居ます。見つけて!

 

木や景石を入れて土を整形したところ。まだ乾いた印象で、これから低木や宿根草、苔や化粧用の砕石などを入れると一機に潤いある空間になります。

 

時折、社長様から差し入れをいただきました。これは特産の守山メロンで作ったソフトクリーム。意識が朦朧とする午後、疲れた身体に染みわたる美味しさ。ご馳走様でした。

 

夏場の植栽工事はいつも以上に気を使います。

木が活発に活動している成長時期ですから、水をたくさん吸うのはもちろん、たくさん吐き出してもいます。植え付けたばかりの苗木はにとって、強い日差しや高温といった夏の環境は過酷そのもの。なにより水管理が大変です。

個人邸ならば「植えるのは休眠期まで待ちましょう」とか「葉っぱを大幅にむしって植えます」とか提案できるのですが、店舗さんの場合はオープンの日取りが決まっているし、見栄えも大事なので、なかなかそうもいかなくて。

それで蒸散抑制剤の散布に加え、見場えと活着の狭間ギリギリのところを狙って植えていただきました。葉の量はこれからも微調整せねばと思います。

水遣りしやすいような工夫や散水装置の提案もしていますが、この夏はとにかくしっかりと手で遣ることが大事。これからは台風も来ますのでなかなか気を抜けません。

「なんとか根付いて!!!」

お庭を引き渡した後はいつもそう祈ります。お客様と一緒に見守っていくしかありません。

 

ひとまず完成の姿。造園はここからがスタートです。

 

社長様のコレクションであり手塩にかけて育てておられたアジサイやウツギ類をあちこちに植えました。来年の初夏が楽しみでなりません。

 

オープンの日。庭の様子見ついでにお店に伺いました。暖簾がかかるとお店感が出ますね~。素敵です。アプローチ脇に遊びで転がしたコロンとまあるい虎石も以外と目立ってるかも。

 

許可をいただき店内を撮影。白木が清々しい素敵な内装。工事中はしょっちゅう見ていたけれど「こうなりましたか~」とため息。

 

お客様が引けた一瞬のタイミングを狙って撮った一枚。

 

看板商品のフルーツ大福をゲット。旬のシャインマスカットと桃です。フルーツの酸味と白あん、クリームのバランスが計算されているところが素晴らしくて、お餅はやわやわと優しい。季節毎に一番美味しいフルーツを厳選して作っておられるのでフレッシュでジューシー。新商品がいつも楽しみです。

 

オープン限定???お楽しみ袋なる商品もあって、もちろんゲットです。こちらは私も普段から慣れ親しんでいる仁々木さんの定番商品がいっぱい。内勤のお供です。

 

さて暦は立秋を迎えました。立秋は小さな秋の誕生であると同時に、夏のピークでもあります。

昼間は残暑は厳しいものの、朝や夕方にふと涼しさを感じる瞬間があり、寝苦しさからも解放されつつあるこの頃。昼間の蝉の声と入れ替わるように草むらや植え込みの中から、ちらほらと虫の声が聞こえ始め、大好きな秋の到来を予感させます。

来る季節を楽しむべく、また新しい庭作りに向けてパワーを蓄えるべく、お盆の期間は養生しようと思います。