パンデミックで変わった住まい方

パンデミックが人々の暮らしを変化させて3年目に突入。

この間、我が家では夫のリモートワークがすっかり定着しました。初めは何の心の準備もないまま進むので戸惑うことも多かったです。だってこんな暮らしは彼が定年退職した後に訪れるものと思っていましたから。

それでも幸いだったのは、夫婦それぞれに完全個室のワークスペースがあったことでした。お互いのプライバシーが守られたことで波風立てず過ごせていると思っています。

 

私のワークスペース(=ディアガーデンの事務所)です。少し前は正月花を飾っていましたが、今はユーカリのドライスワッグやリースが飾ってあります。しょっちゅうお花やディスプレイを変えることで在宅ワークのマンネリを解消。

 

振り返れば15年前に家を建てたとき、夫の書斎と言う名目で作ったお籠り部屋が、まさか本当に書斎になるとは!思いもよりません(笑)

そういえばもう一つ。以前は犬を飼っていたので、玄関は収納を多めにして手洗い場を設けていたのですが、それが今、室内にコロナ菌を持ち込まないために大いに役立っています。

本当に何が功を奏すか分かりません。パンデミック後、住まい方が変わったとつくづく実感します。

 

++++++++++++

 

一方変わらないのは庭との距離感。庭はパンデミック前からずっと私を慰め楽しませてくれる存在です。

この家の設計は庭と建物が同時進行でした。窓は庭と繋がるように、そして出来るだけ嫌なものをみないように配置したつもりです。

家の設計って外部をどう取り入れるかで暮らしが全然違ってきます。一体どのくらいの方が気づいているでしょう。家の中だけで完結するのってちょっともったいない。豊かなものは外にあります。

遠くに見える山、季節ごとに変わる光の色や風の香り、雨音、鳥の囀り・・・それら外にあってしかも無償で手に入るものばかり。都市や住宅地で自然の恩恵が受けられない、見るものがないならば、なおさら庭に頼るべき。庭は光や風を身近に引き寄せ、暮らしに新たな楽しみを与えてくれます。

 

冬枯れの庭で。餌の少ない野鳥のために自作のバードフィーダーをテラスのイロハモミジの枝先に吊るしています。庭木の枝をザックリと束ねて厚みのあるリースを作りお皿をセット。お皿は意外としっかり固定出来ていて鳥の巣のような雰囲気です。毎日果物を置いて部屋の中から時々観察して楽しんでいます。

 

人工的に作った庭でも、そこには常に命があります。そしてデジタルな情報とは違う、私達のDNAに直接訴える情報が絶えず発信されているのですね。それによって人は癒されるのだと思います。

パンデミック後、日常のデジタル化が一気に進み、人との交流や外出を制限されたことによる閉塞感から、身近に自然を求める方が増えたと聞きます。一時もてはやされた田舎への移住はインフラやら考えるとやはり現実的ではありませんしね。

昨年からディアガーデンでは、おうち時間の充実を求めて庭作りを依頼される方が増えました。

これまでのお客様は時間に余裕がある熟年層中心でしたが、若い層が増えたことも嬉しい変化です。ディアガーデンの前を通りかかって前庭を気に入って下さった方が、ウェブサイトを見てご依頼、というパターンが多いです。

そんな前庭の植物たちも立春を前に、そろそろ動き始めてる様子。

昨年の終わりにいくつか配置替えや入れ替えをしたので、すこーしだけ眺めが変わります。樹々の剪定もし、新たな気持ちでまたお手入れを始めます。

 

春の前庭。

 

初夏の前庭

 

春になったら見にいらしてください。

道路に面したオープンな庭なので通りすがりでもよく見えます。

 

 

久しぶりの健康診断

先日久しぶりに健康診断を受けて参りました。

コロナ禍で受診をためらっていたこともあり、前回からかなり期間が空いてしまいました。でも、そろそろ行かないとな~と思い。

個人事業主にとって健康は一番大切なこと。変りはいないので、倒れたら収入が減るし何より周りに多大な迷惑を掛けてしまいます。

ですので、定期的に健診を受けることは大事。不穏な種があるのならば芽吹かせないことが肝心です。

お陰様で今のところコロナにも感染せず、大きな病気もないし、大方に置いて健康であると思っていますが、気になる自覚症状がありました。

私はストレスが胃にくるタイプなので、時々胃が痛みます。夏頃からなんとなーく胃の辺りに鈍い痛みが続いていて、でも食事は美味しくいただけるので、これって何の痛みなんだろ?ってちょっと心配でした。胃が痛い=潰瘍じゃないだろうか?なんて不安がよぎります。

実は過去に要観察を言い渡されたこともあり、胃は私にとってウィークポイントのひとつ。なので内視鏡検査を自分に強制しています。

でも、あれって何度受けても本当に慣れない!

私が受ける団体の健康診断では「全身麻酔は出来ません」と言う病院ばかりなので、仕方なく局部麻酔で挑むことになるのです。局部でも全く苦痛がないという方もおられるようで、どうしたらそんな風になれるのか?コツがあるなら教えて欲しいくらい、私はめちゃめちゃ辛いです。鼻から挿入する方がラクだと聞いてやってみましたが、同じでした。

健診をためらうのはここにも一つ要因があるんですね。大人げないけど。まぁ、いっとき辛くとも、異常なしの診断をいただく方が嬉しいのでやらねばと、緊張しながら挑みました。

それで結果。胃に異常はありませんでした。局部麻酔だと自分でモニターも見られるし、お医者様の見解もすぐ聞けるのがいいですね。良かったです。ホントに嬉しい。

今回の痛みは逆流性食道炎で、薬もいらないくらい軽いものでした。とはいえ炎症はあるので喜んではいけないのだけれど、胃酸過多と姿勢が悪いことが要因かな(胃を圧迫することで胃酸が逆流するから)と言うことで生活習慣を見直すよう指導をいただきました。

血液検査等の全ての結果が届くまでは、手放しで喜べないけれども、一番のネックだった案件がクリア出来て、一安心です。

 

++++++++++++

 

あと、ちょっとしたサプライズが。

健診の会計を済ますとき、なんと、お土産をいただきました。

最近ってそういうシステムになってるの?それともこの病院だけでしょうか?嬉しいけれどビックリです。

当日のみ有効の食事券1000円分 or グッズ のどちらか選べて、私は内視鏡検査後で喉が痛かったので食欲が湧かずグッズを選びました。

 

受診した病院はヴォーリズ記念病院といいまして、系列の近江兄弟社の製品をいただきました。メンタームが有名な会社で、近江八幡市に本社があります。結構たくさんですよね?どれもすぐ役立つもので有難いです。

 

ちょっとした痛みでも長引くと最悪のことまで考えちゃったり、怖いから検査に行かないとか、他人事だと「そうなるのはわかるけど、早期発見、早期治療が最善だからサッサと行かないと」なんて思いますが、いざ自分の身に降りかかるとね、やっぱり怖いです。怖いからコロナや忙しいのをいい訳にして「今度、また今度」と先延ばしにしがちです。

でも調べてもらわないと、本当の意味で前に進めません。

私も不安材料がひとつ消えて、これから更に頑張れそうです。

 

お客様からいただいたストレスを軽減するハーブティ。打合せ中に健康に関する話題も時々あがり、お客様から色々教えていただくこともしばしば。有難いです。

 

自分ではちゃんとしているつもりだった生活習慣も見直さないと。

健康について過信しないように考えを改めます。

オミクロン株の蔓延が心配なこの頃ではありますが、とにかく感染しないことが一番なので、また気を引き締めて!対策にも当たろうと思います。

 

 

冬も極まる

1年でいちばん寒い季節「大寒」が今年もやってきました。
二十四節気では冬の最後になり、大寒の最終日は季節の変わり目で節分となります。

それにして今冬は雪の日の多いこと!

この頃は毎日降っていて、出掛ける際にはちょっとした気合が要ります。

 

夜明けの庭景色。モノトーンの空に薄っすらと日が昇ってきた瞬間を撮影。雪の静けさとこの空の微妙な色合いがとても好き。

 

そこらじゅう雪だらけなので、当然庭仕事もお休みです。

冬枯れの庭に雪が積もる様を、暖かい部屋から眺めるのが、この季節の醍醐味なのです。

この完璧なモノトーンのバランスを崩したくないから、ビオラやストックなどを植えたりして無理に色を添える気にはなりません。椿が控えめに咲いてくれれば、小さな赤い実に雪がのってくれれば、それだけで十分です。

だってそれが日本の冬だもの。

 

++++++++++++

 

部屋は暖房器具で暖かいけれど、暖かさは肌だけでなく五感でも感じたいもの。

火が見えれば目にも暖かく感じますね。

我が家には暖炉がないのでキャンドルで代用してあちこちで灯します。

画像は事務所の灯りです↓

 

事務所のカウンターにもひとつ。

 

小さな灯りはどこにでも置けます。窓辺に置いて眺めたり、PC脇まで引き寄せたら凄く暖かい。手あぶりとして使えます。

 

他にも本棚や部屋の片隅に、ランタンや暖色系照明を置いて。

事務所のあちこちに小さな灯りがいて、So Cozy・・・

外は雪。昼間でもほの暗いからこそ、暖かな灯りが映えて、これも冬の醍醐味ですね。

 

成人の日に思う、孤独とは。

お正月開けての三連休、まだエンジンのかかっていない身体にとっては有難く・・・さて皆様はいかがお過ごしでしょうか。

新成人の皆様はおめでとうございます。今年は各地で成人式も開催されているようで、小春日和の下、晴れ姿が眩しい限りです。コロナ禍ではありますが、どうか希望を持って生き抜いていただきますよう。

昨今の痛ましい事件の元凶は「孤独」だとか、聞きます。

コロナ禍で孤独に陥る人々が増えた、とも。

孤独は自分の捉え方次第で良くも悪くもなるもの、孤独が悪い訳ではないと思います。孤独でなければ自分の考えが深まらないし。

本当の孤独がどのようなものなのか、私は分かっておりませんが、良かれと思ってやった行為がひたすら裏切り続けられたら、自分から扉を閉じてしまい、何も聞こえなくなるのかもしれません。でもどうしてその人が裏切ったのか?「その人の孤独」を考えると、自分だけが孤独という偏見を捨てられると思います。皆、どこか孤独なんです。

新成人の方へ、孤独と上手に付き合う方法を共に学びましょう。

 

++++++++++++

 

私は庭づくりや装花室礼を生業としているので、その分野から孤独を考えれば、

例えば、人が周りにいないのを孤独というのでしょうか。

人という種の生物がいないだけで、他の生物は周りにたくさんいるはずです。

植物、動物、鳥、虫、山や石、もっと言えば太陽や月、それらはいつも私の周りにいて、見れば応えてくれるものです。そういう存在を一切見ないで孤独と決めつけるのはいかがなものかと思います。

庭作りを通して、私が時々思うのは石の孤独です。雨風に晒されて、踏みつけられ、埋められて、尚、存在しつつける石。この小さな石は、一体いつからここにいたのだろうと想像すると、自分の孤独など大したことではないなと思いました。

もっと言うなら、日本には八百万の神々がいて、感じようとするならば、一人ではないことを感じるはずです。ですので、一人で年中行事をせっせと行ってください。昔の人の生きることの大変さ思えば、今の時代、生きることの「お膳立て」が如何に有難いことか。

命は勝手に捨てられない。よく言う「自分が生かされている、有難い」という感覚は、私の場合、年中行事を通して学んだ感覚です。

 

++++++++++++

 

さて、その年中行事では、明日は鏡開きの日。

一足早いのですが、本日有難い鏡餅の御下がりをいただきました。

 

我が家には床の間がないけれど、歳神様にお供えしたい気持ちはあります。鏡餅はリビングの飾り棚に。今年は紙垂を垂らしてみました。

 

鏡開きのお餅は善哉にしていただきました。御下がりをいただくまでがお正月行事。

 

 

お正月のあれこれと仕事始め

本日6日が仕事始めのディアガーデン。

お正月休みの間、自分とディアガーデンが数年先どうなっていたいか、ずっと考えていました。

なりたい姿を想像することは大事なことと思います。具体的に想像できれば、あとは動くのみ。今から遠回りでもコツコツと準備を始めます。

時には思いがけない風が吹いて脇に逸れるかもしれませんが、その時の自分が楽しい、心地良いと思うならそれも良し。変化を受け入れ、肩の力を抜いて、私らしく行こうと思います。

そのうえで、小さくとも誰かのお役に立つ存在でありたいです。また、この頃の造園現場では私が一番年上という場合が増えてきましたので、次の世代の方々のお役にも立てればと思います。

皆様どうか本年もよろしくお願い申し上げます。

 

++++++++++++

 

さて、年初めのブログは、ディアガーデンのお正月の室礼をご覧いただくのが常です。

この場より一足早く、インスタグラムにサラッと掲載しましたので、ご覧になられた方もいるかもしれませんね。

今年のお正月飾りは南天の実が主役でした。

南天はその読みから「難転」すなわち「難を転じて福となす」に通じ、縁起の良い木で知られています。昨年末からこの言葉がどこか頭に引っかかっていて、思わずたくさん仕入れてしまいました。昨年は豊作だったのか安かったし。

ともかく何事も真心で当たれば福に転じるものと、半ば祈りにも近い思いで、色々な場所に飾りました。赤は目出度い色で魔除けにも通じます。

 

玄関用のお正月飾り。注連縄に祝い亀、松、南天の実などを飾り紅白の水引を添えました。亀は一歩一歩歩みを進めることから継続の象徴。

 

事務所のドアには南天のみを束ねたスワッグを。紅白の水引を掛けるとお正月飾りらしい。素朴だけれど華やかさもあり。

 

玄関ホールの壁には餅花。今年は仕入れのタイミングで短い柳しか手に入りませんでした。結び柳用の枝は年々価格が高騰していて困る~。

 

玄関ホールに正月花。今年はライムグリーンの花を集めてフレッシュな雰囲気に。奥にぼやけて見えているのは干支飾り。薫玉堂さんの白虎の匂い袋。玄関に良い香りが広がっています。

 

テーブル用のお花。我が家の重箱は朱色なので合わせて。南天の赤を主役に。

 

事務所用の正月花。南天のこぼれた実と剪定枝の残りで作ったアレンジです。どれも捨てるには惜しい程きれいだったので。余り物を使って10分くらいで適当に活けましたがいい感じにまとまりました。

 

我が家の正月花は、どれも場に合わせてささやかなものではありますが、お正月の色を差すだけで、そこが言祝ぎの気に包まれるのに、いつも不思議な心地がします。

植物にはそのような作用もあるのでしょうね。

++++++++++++

 

元日はこの辺りは大雪でして、外に出掛ける気にならず、また人出も気になるので、初詣は二日に行きました。

 日頃お参りに行っては良い気をいただいておりますが、新年の空気感はひときわ清々しく有難いもの。

挨拶をし、たくさんご加護もお願いし、おみくじで良いアドバイスもいただきました。去り際、何か縁起物をと破魔矢を買いました。事務所に飾ります。

毎年初詣は氏神様である日牟礼八幡宮へ。

 

その後、夫の実家へ新年の挨拶と称して押しかけて。

コロナ禍の移動は気をつけて、家と実家のドアTOドア。それでも会えることに感謝です。

夜は恒例の蟹鍋パーティ。手前はセコガ二、奥に見えるのは馬刺し。

姪が教えてくれた撮り方で蟹鍋を撮影。

実家のお節とお雑煮。素敵!お店に来たみたい。

 

後の休みは、読みたかった梨木香歩さんの本を読み耽り、楽しみにしていた海外ドラマ「AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章」を見たりして、ゆっくり過ごしました。

特にAND…は、2004年のシーズン6放送終了から17年、2010年の映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』から11年経っての続編ということで、もちろん全て見ている私としてはもう楽しみで仕方なかったのです。

しばらくハマりそうな予感。

これから始まるケの日々のお楽しみができて嬉しいです。

2022年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

旧年中はディアガーデンのサイトをご覧いただき 誠にありがとうございます。

2022年が皆様にとって、健康に恵まれた、そして実り多き一年でありますように。

本年もお庭やエクステリアに役立つ情報、庭のある暮らし情報など発信して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年ディアガーデンの年賀状① 画像は昨年夏に作庭した(株)仁々木様のお庭です。

 

大寒波襲来で、自宅で過ごす静かな年末年始となりました。

そういえば、昨年の元日も大雪だったような。違うのはコロナ自粛が緩みつつあるという点かしら。私も夫の実家へ里帰りする予定。

皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。

 

今年のディアガーデンの年賀状② 画像は同じお庭ですが、雑誌の表紙風にデザインしてみました。

 

ここんとこずーっと休みなしだったので、仕事も主婦業も休めるお正月休みは天国です♡

我が家のお正月テーブル。お節って実はお酒の肴にピッタリなんですよね。しばらく何も作らないぞー。

 

私なりに定番化したお節。この度は松風焼き(手前奥の重左下)が特に美味しく出来ました。

 

心と身体の健康をこれまで以上に意識した一年にしたく、今日はそのスタート。