久しぶりの健康診断

先日久しぶりに健康診断を受けて参りました。

コロナ禍で受診をためらっていたこともあり、前回からかなり期間が空いてしまいました。でも、そろそろ行かないとな~と思い。

個人事業主にとって健康は一番大切なこと。変りはいないので、倒れたら収入が減るし何より周りに多大な迷惑を掛けてしまいます。

ですので、定期的に健診を受けることは大事。不穏な種があるのならば芽吹かせないことが肝心です。

お陰様で今のところコロナにも感染せず、大きな病気もないし、大方に置いて健康であると思っていますが、気になる自覚症状がありました。

私はストレスが胃にくるタイプなので、時々胃が痛みます。夏頃からなんとなーく胃の辺りに鈍い痛みが続いていて、でも食事は美味しくいただけるので、これって何の痛みなんだろ?ってちょっと心配でした。胃が痛い=潰瘍じゃないだろうか?なんて不安がよぎります。

実は過去に要観察を言い渡されたこともあり、胃は私にとってウィークポイントのひとつ。なので内視鏡検査を自分に強制しています。

でも、あれって何度受けても本当に慣れない!

私が受ける団体の健康診断では「全身麻酔は出来ません」と言う病院ばかりなので、仕方なく局部麻酔で挑むことになるのです。局部でも全く苦痛がないという方もおられるようで、どうしたらそんな風になれるのか?コツがあるなら教えて欲しいくらい、私はめちゃめちゃ辛いです。鼻から挿入する方がラクだと聞いてやってみましたが、同じでした。

健診をためらうのはここにも一つ要因があるんですね。大人げないけど。まぁ、いっとき辛くとも、異常なしの診断をいただく方が嬉しいのでやらねばと、緊張しながら挑みました。

それで結果。胃に異常はありませんでした。局部麻酔だと自分でモニターも見られるし、お医者様の見解もすぐ聞けるのがいいですね。良かったです。ホントに嬉しい。

今回の痛みは逆流性食道炎で、薬もいらないくらい軽いものでした。とはいえ炎症はあるので喜んではいけないのだけれど、胃酸過多と姿勢が悪いことが要因かな(胃を圧迫することで胃酸が逆流するから)と言うことで生活習慣を見直すよう指導をいただきました。

血液検査等の全ての結果が届くまでは、手放しで喜べないけれども、一番のネックだった案件がクリア出来て、一安心です。

 

++++++++++++

 

あと、ちょっとしたサプライズが。

健診の会計を済ますとき、なんと、お土産をいただきました。

最近ってそういうシステムになってるの?それともこの病院だけでしょうか?嬉しいけれどビックリです。

当日のみ有効の食事券1000円分 or グッズ のどちらか選べて、私は内視鏡検査後で喉が痛かったので食欲が湧かずグッズを選びました。

 

受診した病院はヴォーリズ記念病院といいまして、系列の近江兄弟社の製品をいただきました。メンタームが有名な会社で、近江八幡市に本社があります。結構たくさんですよね?どれもすぐ役立つもので有難いです。

 

ちょっとした痛みでも長引くと最悪のことまで考えちゃったり、怖いから検査に行かないとか、他人事だと「そうなるのはわかるけど、早期発見、早期治療が最善だからサッサと行かないと」なんて思いますが、いざ自分の身に降りかかるとね、やっぱり怖いです。怖いからコロナや忙しいのをいい訳にして「今度、また今度」と先延ばしにしがちです。

でも調べてもらわないと、本当の意味で前に進めません。

私も不安材料がひとつ消えて、これから更に頑張れそうです。

 

お客様からいただいたストレスを軽減するハーブティ。打合せ中に健康に関する話題も時々あがり、お客様から色々教えていただくこともしばしば。有難いです。

 

自分ではちゃんとしているつもりだった生活習慣も見直さないと。

健康について過信しないように考えを改めます。

オミクロン株の蔓延が心配なこの頃ではありますが、とにかく感染しないことが一番なので、また気を引き締めて!対策にも当たろうと思います。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください