十五夜に月光浴

昨夜の十五夜の月はちょうど満月でしたね。

皆様はお月見なさいましたか?

ここ近江八幡市の夜は、時折、叢雲がかかることもありましたが概ね晴れてくれ、美しい月を堪能できました。

 

昨夜の空はちょうどこのような。

 

観月の際は、テラスに出るのが常ですが、昨夜は寝室の窓辺で長く過ごしました。

そこからも月は良く見えて、置いてあるパーソナルチェアにゆったりと身を預けながら、飽きるまで眺めていました。月の光は、照明を消しても字が読めるほど明るくて、じっと見ていると眩しいくらいでした。

はじめの方は空け放した窓から虫の声が聞こえて、それがいいBGMになっていました。これぞお月見という感じです。

でもそのうち虫の声にも飽きて、何か他にないかなとサブスクで探して波の音を流してみたら、それがとっても月に合っていい雰囲気に。家の中にいるはずなのに、海辺に座っているような心地がするから不思議です。

白い光に包まれ、心が落ち着いて、いつの間にかウトウト。気付けば夜も更けて、月は屋根の向こう側に行ってしまい見えなくなっていたので、ベッドに入ったのでした。

 

月と波音、とても合います。

 

こんな風に月の光を浴びて過ごすことを「月光浴」というそうです。

日光浴、森林浴はよく聞きますが、月光浴ってのもあるんですねぇ。

一般的に月が地球に与える影響は、光というより引力や運行によるもの。潮の満ち干、天気の動向、妊娠・産卵をはじめとする動物の行動、植物の生育などが、月の動きに大きく関わっていることはご存知でしょう。

月光浴とは、たぶん光だけでなく、そういった月の作用を感じようとする行為なのかなぁと思います。一説によると、幸せホルモンと言われる「セロトニン」や睡眠ホルモン「メラトニン」といったものが分泌され、心身を良い方向に導いてくれるとも聞きます。

私は元々月が好きなので、影響があるなら精神面かなと思います。

美しいものを見ると、気持ちが高揚したり、心が洗われるような感じがしますが、月に対してもそういう感情が湧いてきます。加えて、大きな存在に見守られているようにも感じ、気持ちが落ち着くというか、安らいできます。

 

以前手持ちのカメラで月の撮影にチャレンジした時の画像。表面の様子も何とか捉えることが出来ました。

 

月光浴をするには、満月の前後2~3日が最も効果を得やすいといわれています。

今晩、晴れたら月光浴してみませんか?

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください