国葬の花

金木犀の花香るころになりました。

私が香りを特に強く感じるのは早朝。良い香りで一日を始められて幸せです。

何処かで植え育ててくれている方にありがとうを伝えたい。

 

常緑樹の金木犀は単木で植えてもいいし、生垣にしてもいい。素晴らしい木です。

 

++++++++++++++

 

この秋は、イギリスと日本の国葬があって、色々と物議を呼びましたね。

安倍元首相の国葬について、個人的には「政府が勝手に決めて勝手にやってしまった」という印象です。少しは国民の意見を聞いて行われた国葬ならば、もっと違ったものになったでしょうに残念です。

そういえば、弔問外交をアピールしておられましたが、その成果はあったのでしょうか?全然聞こえてません。式が済んでしまえば、メディアで取り上げられることも議論されることも減って、政府はホッとしているのだろうと思うと、何だかなぁ。モヤモヤだけが残ります。

さて。

どの国でも葬儀には必ず花は飾られますが、今回の二つの国葬で花の使い方に、お国柄が出てるなぁと感じました。

安倍元首相の式壇のお花は、荘厳な中にもモダンな印象もあって、シンプルで、なかなか素敵なアレンジだったのでは。

富士山をイメージしたとありましたが、これは安倍さんが富士山を好きだったかららしい。外国の方にとっても、日本=富士山という印象はあるでしょうから、国葬のモチーフとしてもピッタリ、と思われたのでしょう。

ちなみにこのとき使われた花や献花は、堆肥の材料となって、都内の公園に施肥される予定だとか。国葬があったことで菊の値段が高騰したらしいので、せめてゴミにしないようにね。良い使い道だと思います。

一方イギリスの国葬では、女王陛下の棺を飾った弔花が大きな話題になりました。

棺に添えられた王室の庭の花たち。マートル、バラ、アジサイ、スカビオサ、ダリア、セダム、ローズマリーなど。他にキンギョソウやフロックス、南天っぽいのも見えました。品種は違えどほとんどが日本の花壇でも見られる植物で意外と馴染み深い。それほどイングリッシュガーデンが日本に根差したということかしら。

 

王室の庭の花々を束ねたもので、花の選定には、園芸家として有名なチャールズ国王も関わられました。

庭の花だから、あんなに可憐で自然な雰囲気のブーケになったのですね。

花々の中には女王陛下の婚姻時のブーケを挿し木で育てたマートルの枝も含まれており、束ねる際にはフォームを使わずオークの枝と苔をベースにして、余計なゴミを出さないような方法で作られたとか、様々な情報があります。

それにしても、人生の最後を飾る花が庭の花とは、さすが園芸大国イギリスの王室、です。

このような使い方が自然に出てくるということは、もちろんエリザベス女王が、生前庭を深く愛していらしたからだと思いますが、そもそもイギリスの暮らしに、庭の植物が深く関わっているからでしょう。

庭を造る者として、また、ガーデナーの一人として、庭との関係性の理想を見せていただいた思いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください